このキーワード
友達に教える
URLをコピー

協和発酵キリンとは?

(協和発酵キリンから転送)
種類
株式会社
【市場情報】
東証1部 4151
1949年8月22日上場

【本社所在地】
日本
100-8185
東京都千代田区大手町一丁目6番1号
【設立】
1949年(昭和24年)7月1日
(協和醱酵工業株式会社)
業種
医薬品
法人番号
7010001008670
【事業内容】
医薬事業
【代表者】
宮本昌志(代表取締役社長CEO)
大澤豊(代表取締役副社長)
【資本金】
267億45百万円
【発行済株式総数】
576,483,555株
【売上高】
連結:3,058億2,000万円
単独:2,462億7,400万円
(2019年12月期)
【営業利益】
連結:447億7,000万円
単独:500億2,900万円
(2019年12月期)
【純利益】
連結:670億8,400万円
単独:914億7,300万円
(2019年12月期)
【純資産】
連結:6,007億4,500万円
単独:4,453億3,800万円
(2016年12月31日現在)
【総資産】
連結:7,844億5,300万円
単独:6,183億600万円
(2019年12月31日現在)
【従業員数】
連結:5,267人
単独:3,619人
(2019年12月31日現在)
【決算期】
12月31日
【主要株主】
キリンホールディングス(株) 50.10%
(2016年12月31日現在)
【主要子会社】
協和キリンプラス(株) 100%

【関係する人物】
加藤辨三郎
松田譲(元社長)
【外部リンク】
https://www.kyowakirin.co.jp/

協和キリン株式会社(きょうわキリン)は、医療用医薬品事業等を行う、製薬企業である。キリンホールディングスの子会社で、キリングループに属する。

概要

1937年に寳酒造合同酒精・大日本酒類醸造の共同出資によって設立された「協和化学研究所」を淵源としている。当時は軍事用としてアセトンブタノールイソオクタンの必要性が高まっており、アルコール発酵の応用でアセトン・ブタノールやイソオクタンの微生物発酵による合成を研究することが主目的であった。1944年には製造プラントの稼動に漕ぎ着けたが、眠り病などの異常発酵の解決に手間取り、実際に量産体制を整えたのは終戦後の1948年にまでずれ込んだ。

その後戦時中の被害からの企業再整備に伴い、1949年に現在の会社を設立。加藤辨三郎が初代社長に就任し、発酵技術を基盤としてペニシリンストレプトマイシンなどの医薬品製造や焼酎をはじめとした醸造業として再出発した。1955年には合成清酒「利久」の醸造元だった利久発酵工業(理化学興業(株)、理研酒工業)を、1960年には「ダイヤ焼酎」などの醸造元だった日本酒類(大日本酒類醸造の後身)をそれぞれ吸収合併して酒類事業を拡大させる一方で、飼料や食品添加物、化学品への製造・販売にも進出した。

2000年以降は事業再編を精力的に行った。2002年9月に酒類部門をアサヒビールと合弁・分社化した「アサヒ協和酒類製造」に移行し、なお且つ酒類製造子会社であったサントネージュワイン(山梨県)、ほか2社の所有株式全てをアサヒビールへ譲渡。その後、2005年にアサヒビールとの合弁を解消し、現在はアサヒビールの子会社のニッカウイスキーが協和醱酵工業が製造発売していた焼酎(大五郎、かのか、玄海)・ワインの製造を引き継いでいる(アサヒ協和酒類製造は2006年1月1日付けでニッカウイスキーと合併した)。

フリーズドライスープの「本格派・たまごスープ」などで知られる食品調味料事業については、2005年4月1日に「協和発酵フーズ」として分社。その後、キリンビールグループとの経営統合により、2009年4月1日にキリンフードテック(旧・武田キリン食品)と統合し、キリン協和フーズ(現、MCフードスペシャリティーズ)が発足した。化学品部門は、化学品製造子会社である協和油化(1966年設立)と2004年に統合し、協和発酵ケミカル(現、KHネオケム)となった。

2007年10月、キリングループとの戦略的提携(キリン傘下入り)を発表。まずキリンホールディングスが友好的TOBによって協和醱酵工業株式28.49%を取得。そして2008年4月1日、協和醱酵工業がキリングループの医薬品事業会社であるキリンファーマを株式交換により完全子会社化。キリンホールディングスの株式保有比率は50.10%となり、同社の連結子会社となった。協和醱酵工業・キリンファーマ両社は、2008年10月1日に協和醱酵工業を存続会社として合併し協和発酵キリン株式会社となった。

創立70周年を迎えた2019年7月1日に協和キリン株式会社に商号変更した。

現在は、医療用医薬品が連結売上高の約75%(2012年)を占め、医薬品メーカーとなっている。また連結売上高の約23%(2012年)を占めるバイオケミカル事業では、各種のアミノ酸の発酵生産において味の素社と双璧である。うまみ調味料として用いられるグルタミン酸ナトリウムにおいては味の素社に先んじて世界で初めてその発酵技術を確立した実績がある。

旧・協和醱酵工業は第一勧銀グループだが、傘下入りしたキリングループは三菱グループに属するため、協和発酵キリンは第一勧銀(現:みずほ銀行)色と三菱色を併せ持つ企業であるといえる。2017年現在協和発酵キリンは第一勧銀グループの社長会である三金会に加盟している。

男子卓球部は協和発酵時代より日本卓球リーグ総合優勝4度を誇る名門として知られる。

防府工場には2002年まで硬式野球部があり、都市対抗野球にも何度も出場していた(1975年の第46回大会、1991年の第62回大会、2002年の第73回大会に出場)。主なOBには津田恒実(広島)・上本達之(西武)などがいる。

沿革

主な医療用医薬品

など。

国内グループ会社

海外グループ会社

かつてのグループ会社

不祥事

マウスを紛失した東京リサーチパーク

宣伝・広告

NNN JUST NEWS』の末期(1983年10月 - )から『NNNニュースプラス1』の途中( - 1995年3月)までと、『THEサンデー』(1995年4月 - 1998年3月)の中期の約15年間に渡り、日本テレビ系列のニュース番組や、TBS系列の『JNN報道特集』、フジテレビ系列の『小川宏のTOP情報』、『報道2001』、テレビ朝日系列の『ステーションEYE』、『スーパーJチャンネル』などの提供スポンサーを務め、「カラダワンダーランド」・「自然は大きなホスピタル」をテーマにした企業CMを流し、「医薬品メーカー・協和発酵」としての知名度を上げてきた。最近では、一社提供番組の水百景(テレビ東京系列、2005年4月 - 2009年12月)や全国ネット番組のウェークアップ!ぷらす(読売テレビ制作・日本テレビ系列、不定期枠)を提供していた。

2008年からは、竹内まりやの「人生の扉」をイメージソングとした企業CMが放映された(「協和発酵キリン」発足まで)。

現在は、『情熱の系譜』(テレビ東京系列)でCMと番組の垣根を越えた新たな形態のコンテンツを提供している。(2010年4月5日 - )なお、番組はYouTube情熱の系譜チャンネル、および番組連動HP上で番組放送と同時に視聴可能である。

なお、かつてアルコール類(焼酎「SUN」、チューハイ「SUNSHOWER」、「サントネージュワイン」)を展開していた当時、在京及び在阪局に限りスポットCMを多数出稿(=放送)していたが、焼酎「大五郎」については、全国基幹地域を中心にスポットCMを出稿。それと前後して「SUN」「SUNSHOWER」など焼酎関連商品のスポットCMも北海道、宮城、静岡など基幹地域の一部で出稿していた。

「SUN」については、歌手の麻倉未稀をCMキャラクターとして、1980年代末期に宇崎竜童と交代するまで比較的長きにわたり起用し続けた。

2001年には新聞広告として、両方の鼻の穴にティッシュペーパーを詰めた少女が登場する花粉症治療啓蒙広告(花粉なんか、)を発表した。同広告は第69回毎日広告デザイン賞の第3部「広告主参加作品の部」の最高賞を受賞した。

参考文献

脚注・出典

  1. ^ 「六大社長会の加盟企業 秘2017年版バージョン」『週刊ダイヤモンド』2017年7月29日号、32-33頁。
  2. ^ 合併前のシンボルマークについては、現在は協和発酵バイオが使用している。
  3. ^ FBIが隠し撮り--暴かれた味の素/協和発酵らの謀議
  4. ^ 遺伝子組換えマウスの不適切な管理について 協和発酵キリンニュースリリース(2010年9月10日)
  5. ^ 2001年度・第69回 毎日広告デザイン賞 入賞作品展 展覧会リポート、株式会社JDN。(2014/9/29閲覧)

外部リンク

1966年、前身企業である協和発酵の企画の下で東京シネマが制作した短編映画《現在、上記サイト内に於いて無料公開中》。
協和キリン

主な薬品







関連企業(事業子会社の関連企業を含む)


保険代理店業、食品原料・醸造原料等の販売

協和キリンプラス


医薬品の製造販売

協和キリンフロンティア - 協和医療開発 - 協和メディカルプロモーション


バイオシミラー医薬品の開発

協和キリン富士フイルムバイオロジクス株式会社



文化・スポーツ活動


文化

加藤記念バイオサイエンス振興財団


スポーツ

協和発酵硬式野球部(過去) - 協和キリン男子卓球部



関連項目


関連施設

協和キリンプラス卓球スクール




キリンホールディングス

主な製品


麒麟麦酒
ビール系飲料

キリンラガービール - キリン生ビール(終売) - キリンドライ(終売) - キリンファインモルト(終売)- キリンマインブロイ(終売) - キリン一番搾り生ビール - キリンできたて出荷(終売) - ハートランドビール - 麒麟淡麗〈生〉 - キリン極生(終売) - のどごし - バドワイザー(終売) - ハイネケン - ギネス - キリンフリー(終売) - キリンパーフェクトフリー - キリン休む日のAlc.0.00%(終売) - キリンゼロイチ


ウイスキー・その他

ロバートブラウン - ダンバー(終売) - エンブレム(終売) - クレセント(終売) - NEWS(終売) - ボストンクラブ(終売) - サタデー(終売) - Hips(終売) - テンディスティラリー(終売) - 富士 - 富士山麓 - - オークマスター - オーシャンラッキーゴールド - ジョニー・ウォーカー(輸入ウイスキー) - フォア・ローゼズ(輸入ウイスキー) - ホワイトホース(輸入ウイスキー) - I.W.ハーパー(輸入ウイスキー) - ロイヤルロッホナガー(輸入ウイスキー) - クラクンローヤル(輸入ウイスキー) - ザ・シングルトン(輸入ウイスキー) - タンカレー(輸入ジン) - ギルビー(輸入ジン/ウォッカ) - ニコライ・ウォッカ(終売) - スミノフ(輸入ウォッカ) - キャプテン・モルガン(輸入ラム酒)


チューハイ・ハイボールなど

氷結 - キリン本搾り - キリンビターズ - キリン世界のハイボール(終売)



キリンビバレッジ
ソフトドリンク

生茶 - 午後の紅茶 - ファイア - アミノサプリ(終売) - サプリ - キリンレモン - 力水 - トロピカーナ - ボルヴィック - 世界のKitchenから - スープストックトーキョー




関連企業(事業子会社の関連企業を含む)


綜合飲料

キリン (麒麟麦酒 - メルシャン - キリンビバレッジ - キリンディスティラリー - キリングループロジスティクス) - Lion Pty Ltd


医薬・バイオケミカル

協和キリン - 協和発酵バイオ


その他

小岩井乳業 - 横浜赤レンガ



文化・スポーツ活動


文化施設・活動

メルシャン軽井沢美術館 - キリンダンスサポート - キリン福祉財団


スポーツ

キリンカップサッカー - キリンチャレンジカップ - キリンオープンゴルフ(廃止)



関連項目


関連施設

キリンビール広島工場 - キリンビアパーク名古屋 - キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所 - フォア・ローゼズ ローレンスバーグ蒸溜所


歴代キャンペーンガール
キリンビールキャンペーンガール





【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/06/04 06:40

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「協和発酵キリン」の意味を投稿しよう
「協和発酵キリン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

協和発酵キリンスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「協和発酵キリン」のスレッドを作成する
協和発酵キリンの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail