このキーワード
友達に教える
URLをコピー

南北朝時代_(日本)とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
出典検索: "南北朝時代" 日本ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2017年11月)
日本の歴史

吉野山

旧石器時代 | – 紀元前14000年頃
縄文時代 | 前14000年頃 – 前10世紀
弥生時代 | 前10世紀 – 後3世紀中頃
古墳時代 | 3世紀中頃 – 7世紀頃
飛鳥時代 | 0592年 – 0710年
奈良時代 | 0710年 – 0794年
平安時代 | 0794年 – 1185年
王朝国家 | 10世紀初頭 – 12世紀後期
平氏政権 | 1167年 – 1185年
鎌倉時代 | 1185年 – 1333年
建武の新政 | 1333年 – 1336年
室町時代 | 1336年 – 1573年
南北朝時代 | 1336年 – 1392年
戦国時代 | 1467年(1493年)– 1590年
安土桃山時代 | 1573年 – 1603年
江戸時代 | 1603年 – 1868年
鎖国 | 1639年 – 1854年
幕末 | 1853年 – 1868年
明治時代 | 1868年 – 1912年
大正時代 | 1912年 – 1926年
昭和時代 | 1926年 – 1989年
GHQ/SCAP占領下 | 1945年 – 1952年
平成時代 | 1989年 – 2019年
令和時代 | 2019年 –

Category:日本のテーマ史

南北朝の内乱
戦争:南北朝の内乱
年月日:
和暦:延元元年/建武3年12月21日 - 元中9年/明徳3年閏10月5日
西暦:1337年1月23日 - 1392年11月19日
場所: 日本
結果:明徳の和約による南北朝合一
実質的には室町幕府の武家単独政権の成立
交戦勢力
南朝 |  北朝
室町幕府
指導者・指揮官
 | 
戦力
- | -
損害
- | -
南北朝の内乱


南北朝時代(なんぼくちょう じだい)は、日本の歴史区分の一つ。1336年から1392年までの57年間を指す。ただし、始期の日付から終期の日付までの期間は、56年弱である(後述)。鎌倉時代と(狭義の)室町時代に挟まれる時代で、広義の室町時代に含まれる。始期はユリウス暦1337年1月23日(延元元年/建武3年12月21日)、建武の新政の崩壊を受けて足利尊氏京都で新たに光明天皇(北朝持明院統)を擁立したのに対抗して、京都を脱出した後醍醐天皇(南朝大覚寺統)が吉野行宮に遷った時期であり、終期はユリウス暦1392年11月19日(元中9年/明徳3年閏10月5日)、南朝第4代の後亀山天皇が北朝第6代の後小松天皇譲位するかたちで両朝が合一した時期である(明徳の和約)。始期を、建武の新政の始まりである1333年とする場合もある。

概要

鎌倉時代の後半から半世紀にわたって両統迭立という不自然なかたちの皇位継承を繰り返した皇統は、すでに持明院統と大覚寺統という二つの相容れない系統に割れた状態が恒常化するという実質的な分裂を招いていた。それが倒幕と新政の失敗を経て、この時代になると両統から二人の天皇が並立し、それに伴い京都の北朝と吉野の南朝の二つの朝廷が並存するという、王権の完全な分裂状態に陥った。両朝はそれぞれの正統性を主張して激突し、幾たびかの大規模な戦が起こった。また日本の各地でも守護国人たちがそれぞれの利害関係から北朝あるいは南朝に与して戦乱に明け暮れた。

こうした当時の世相を、奈良興福寺大乗院の第20代門跡尋尊は自らが編纂した『大乗院日記目録』の中で「一天両帝南北京也」と表現した。これを中国の魏晋南北朝の時代を模して南北朝時代と呼ぶようになったのはかなり後のことである。なお明治以後に南朝の天皇を正統とする史観が定着すると、この時代の名称が「北朝」の語を含むことが問題視されるようになったため、吉野朝時代(よしのちょう じだい)という新語が作られたが、第二次世界大戦後に皇国史観が影を潜めるとともに死語同然となった。現皇統は南北朝の合一以来、北朝である。

南北朝時代の意義とは、上部構造から見れば、公家勢力のほぼ完全な無力化、そして武家単独政権の成立である。前代鎌倉時代鎌倉幕府朝廷の公武二重権力であり、公家もなお荘園・公領を通じて一定の権力を有していた。ところが、天皇親政を掲げる南朝の失敗により、天皇家など旧勢力の権威は失墜し、一方、北朝の公家も、室町幕府第3代将軍足利義満によって、警察権・民事裁判権・商業課税権などを次々と簒奪されていった。南北朝が合一したとき、後に残った勝者は南朝でも北朝でもなく、足利将軍家を中心とする室町幕府守護体制による強力な武家の支配機構だった。

一方、南北朝時代の意義は、下部構造から見れば、二毛作の普及等で生産力が向上し、民衆の力が増したことにより、それまでの日本社会は族縁(血筋・婚姻)を元に形成されていたのに対し、この時代に「」(村落)、つまり地縁で結ばれるようになったことにある。氏族の支配ではなく、地域の支配が重要になったのである。戦乱が60年近くの長期に及んだのも、この社会構造の変化が、基本的な要因である。こうして、地域を単位とした新しい勢力は「国人」と呼ばれ、南北朝の内乱を契機として台頭し、やがて国人層への優遇政策を打ち出した室町幕府につくなど、大勢力の政治動向を左右した。南北朝の社会をリードしたのは、バサラ大名(旧来の権威を無視する武士)に加えて、下部構造から出現した「悪党」(悪人という意味ではなく、旧勢力に反抗的な地域組織という意味)だった。河内の一悪党に過ぎなかった楠木正成が南朝に有力武将として登用されて『太平記』でヒーローとして描かれ、その息子の楠木正儀公卿である参議にまで登りつめていることは、その端的な象徴である。

南北朝の内乱における上部構造と下部構造の変化は、日本という国の有り様を根底から変革した。

こうして、南北朝の内乱は、生産力から美意識まで、全ての角度において、新しい日本を形成していくことになった。

天皇

南北朝の天皇
暦 南朝 北朝
 | 花園天皇(1308-1318)
文保2年(1318年)2月26日 | 後醍醐天皇(1318-1331)
元徳3年(1331年)9月20日 |  | 光厳天皇(1331-1333)
正慶2年(1333年)5月25日 | 
建武3年(1336年)8月15日 | 光明天皇(1336-1348)
延元元年(1337年)12月21日 | 後醍醐天皇(1337-1339)
延元4年(1339年)8月15日 | 後村上天皇(1339-1368)
貞和4年(1348年)10月27日 | 崇光天皇(1348-1351)
観應2年(1351年)11月7日 | 
観應3年(1352年)8月17日 | 後光厳天皇(1352-1371)
正平23年(1368年)3月11日 | 長慶天皇(1368-1383)
應安4年(1371年)3月23日 | 後円融天皇(1371-1382)
永徳2年(1382年)4月11日 | 後小松天皇(1382-1392)
弘和3年(1383年)10月 | 後亀山天皇 (1383-1392)
明徳3年(1392年)10月5日 | 後小松天皇(1392-1412)

系図

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

後嵯峨天皇 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

宗尊親王
(鎌倉将軍6) | 
 | 【持明院統
後深草天皇 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 【大覚寺統
亀山天皇 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

惟康親王
(鎌倉将軍7) | 
 | 伏見天皇 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 久明親王
(鎌倉将軍8) | 
 | 後宇多天皇 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 後伏見天皇 | 
 | 花園天皇 | 
 | 守邦親王
(鎌倉将軍9) | 
 | 後二条天皇 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 直仁親王 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 邦良親王 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 康仁親王
木寺宮家〕 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

持明院統
北朝〕 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 【大覚寺統
南朝〕 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 後醍醐天皇 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

光厳天皇 | 
 | 光明天皇 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 後村上天皇 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

崇光天皇 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 後光厳天皇 | 
 | 
 | 
 | 
 | 長慶天皇 | 
 | 後亀山天皇 | 
 | 惟成親王
護聖院宮家

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

(伏見宮)栄仁親王
(初代伏見宮) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 後円融天皇 | 
 | 
 | 
 | 
 | (不詳)
玉川宮家〕 | 
 | 小倉宮恒敦
小倉宮家

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

(伏見宮)貞成親王
(後崇光院) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 後小松天皇 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

後花園天皇 | 
 | 貞常親王
伏見宮家〕 | 
 | 称光天皇 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


歴史

前史:元弘・建武の乱

詳細は「両統迭立」、「元弘の乱」、「建武の新政」、および「建武の乱」を参照

鎌倉時代半ばの寛元4年(1246年)、後嵯峨天皇の譲位後に皇統は皇位継承を巡って大覚寺統持明院統に分裂した。そこで鎌倉幕府の仲介によって、大覚寺統と持明院統が交互に皇位につく事(両統迭立)が取り決められていた。

元弘元年(1331年)、大覚寺統の後醍醐天皇は全国の武士に討幕の綸旨を発し、元弘の乱を開始した。初めは実子の護良親王や河内の武士楠木正成など少数の者が後醍醐のため戦うのみだったが、やがて足利高氏(のちの尊氏)新田義貞らも呼応したことで、鎌倉幕府とその実質的支配者北条得宗家は滅んだ。

元弘3年/正慶2年5月22日(1333年7月4日)、建武の新政と呼ばれる後醍醐天皇による親政がはじまった。はじめ後醍醐は足利高氏を寵愛し、自らの諱「尊治」から一字を取って「尊氏」の名を与えた(偏諱)。後醍醐が実施した法制改革や人材政策は基本路線としては優れた面もあったものの、戦争後の混乱に法体系の整備や効率的な実施が追いつかず、政局の不安定が続き、また恩賞給付にも失敗があったため、その施策は賛否両論だった。建武2年(1335年)7月、北条時行ら北条氏の残党が中先代の乱を引き起こすと、その討伐を終えた尊氏は、恩賞を独自の裁量で配り始めた。すると、建武政権の恩賞政策に不満を抱えた武士たちの多くが尊氏に従った。

尊氏の恩賞給付行為を、新政からの離反と見なした後醍醐天皇は、建武2年11月19日(1336年1月2日)、新田義貞や北畠顕家に尊氏討伐を命じ、建武の乱が開始。新田軍は箱根・竹ノ下の戦いで敗北。さらに、新田軍は京都で迎撃し(第一次京都合戦)、結城親光(三木一草の一人)が戦死するが、やがて陸奥国から下った北畠軍の活躍もあり尊氏軍を駆逐した。尊氏らは九州へ下り、多々良浜の戦いに勝利して勢力を立て直したのちの翌年に、持明院統の光厳上皇院宣を掲げて東征する。迎え撃つ建武政権側は新田義貞・楠木正成湊川の戦いで敗れ(正成は戦死)、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/12/05 23:04

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「南北朝時代_(日本)」の意味を投稿しよう
「南北朝時代_(日本)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

南北朝時代_(日本)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「南北朝時代_(日本)」のスレッドを作成する
南北朝時代_(日本)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail