このキーワード
友達に教える
URLをコピー

南海ホークスの歌とは?

南海ホークスの歌」(なんかいホークスのうた)は、かつて日本プロ野球パシフィック・リーグに所属していた南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)の2代目球団歌。1952年(昭和27年)発表・制定。

目次

  • 1 解説
  • 2 参考文献
  • 3 脚注
  • 4 関連項目

解説

1938年(昭和13年)に結成された南海軍は、戦時体制下で南海鉄道が関西急行鉄道と合同して近畿日本鉄道となった影響で球団名が「近畿日本」に変更された。終戦後は旧南海鉄道の事業は再分離され、1947年(昭和22年)より「南海ホークス」となった。

戦前より日本ビクターの専属歌手として活躍し「歌手になっていなければ野球選手になっていた」と公言するほどの野球好きであった灰田勝彦は、1951年(昭和26年)に自ら映画『歌う野球小僧』を企画し、ビクターより発売された主題歌「野球小僧」も大ヒットを記録する。同曲のヒットに目を付けた南海はビクターに球団歌の制作を依頼し、1952年(昭和27年)に灰田が歌唱する2代目球団歌「南海ホークスの歌」が完成した。B面収録曲は灰田と暁テル子デュエット曲「乾杯! 南海ホークス」。しかし、このレコードは市販されず約3000枚が球団や南海電鉄の関係者に配布されたのみに留まった。CD化された音源は両曲とも、1995年(平成7年)にビクターエンタテインメントから発売された『灰田勝彦 大・全・集』に収録されている。

また、灰田のオリジナル以外に森田一浩が編曲した東京混声合唱団カバーバージョンも存在し、ビクター音楽産業からカセットテープが発売されていた。カラオケにっかつからビデオが制作されている。

参考文献

脚注

  1. ^ 『南海ホークスがあったころ』37ページ。
  2. ^ 『ホークスの70年』70ページ。
  3. ^ 『南海ホークスがあったころ』43ページ。
  4. ^ 『ホークスの70年』114ページ。
  5. ^ 産経新聞大阪本社版、2010年4月13日付夕刊「【舞台はここに】 なんばパークス」。

関連項目

先代:
南海の歌
(1938年? - 1944年?)
 | 
南海ホークス球団歌
2代: 南海ホークスの歌
(1952年 - 1988年)
 | 
次代:
ダイヤモンドの鷹
(1989年 - 2004年)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/07/20 00:44

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「南海ホークスの歌」の意味を投稿しよう
「南海ホークスの歌」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

南海ホークスの歌スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「南海ホークスの歌」のスレッドを作成する
南海ホークスの歌の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail