このキーワード
友達に教える
URLをコピー

南部陽一郎とは?

【生誕】
(1921-01-18) 1921年1月18日
日本東京府東京市
【死没】
(2015-07-05) 2015年7月5日(94歳没)
日本大阪府豊中市
【居住】
日本
アメリカ合衆国
【国籍】
アメリカ合衆国
【研究分野】
物理学
【研究機関】
大阪市立大学
プリンストン高等研究所
シカゴ大学
大阪大学
【出身校】
東京帝国大学
【主な業績】
自発的対称性の破れの提唱
カラーチャージ (QCD) の提唱
弦モデルの提唱

【主な受賞歴】
文化勲章(1978年)
アメリカ国家科学賞(1982年)
マックス・プランク・メダル(1985年)
J・J・サクライ賞(1994年)
ウルフ賞物理学部門(1994年)
ノーベル物理学賞(2008年)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者
受賞年:2008年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:自発的対称性の破れの発見

南部 陽一郎(なんぶ よういちろう、1921年1月18日 - 2015年7月5日)は、日本出身(アメリカ国籍)の理論物理学者シカゴ大学名誉教授大阪市立大学名誉教授・特別栄誉教授大阪大学特別栄誉教授、立命館アジア太平洋大学アカデミック・アドバイザー。専門は素粒子理論。理学博士(東京大学 1952年)。

日本の福井県福井市出身。自宅が大阪府豊中市にあり、シカゴに在住していた。1970年に日本からアメリカ合衆国へ帰化した。

人物

日系アメリカ人(一世)の理論物理学者で1952年に渡米、1960年代に量子色力学自発的対称性の破れの分野において先駆的な研究を行ったほか、弦理論の創始者の一人としても知られ、現在の素粒子物理学の基礎をなす様々な領域に多大な貢献をなした。特に、自発的対称性の破れの発見により、2008年ノーベル物理学賞を受賞した。シカゴ在住だったが、晩年は大阪府豊中市にもある自宅で暮らしていた。

来歴

生い立ち

日本の東京府東京市にて福井県出身の父親と福島県出身の母親の間に生まれた。2歳のとき、関東大震災に遭遇し、父の実家のある福井県福井市に転居した。旧制福井中学(現福井県立藤島高等学校)卒業。父の南部吉郎立命館中学校の卒業生で、福井県内の高校で英語教師を務めていた。吉郎は昭和23年福井県立丸岡高等学校で勤務中に福井震災を経験している。第一高等学校に補欠合格し、同校3年のとき湯川秀樹の評判に刺激されて理論物理学の研究を志し、東京帝国大学に進学した。1943年に課程を短縮されて2年半で卒業(繰り上げ卒業)した後、陸軍の召集を受けて宝塚市レーダー研究所に配属された(階級は陸軍技術中尉)。

朝日新聞社『朝日ジャーナル』第7巻第41号(1965)より

戦後の研究開始から渡米まで

1945年終戦後に東京帝国大学の理学部物理学教室(物理学科)に嘱託で復帰し、同室の木庭二郎らと共に、朝永振一郎の研究グループに参加し朝永の方法を吸収しつつ、時々訪れ議論を展開した武谷三男からも影響を受けている。コペンハーゲン学派の自由な研究を持ち込んだ仁科芳雄の下に朝永はいた。

1950年、朝永振一郎の推薦で早川幸男山口嘉夫西島和彦中野董夫と共に大阪市立大学理工学部に理論物理学のグループを立ち上げた。「大阪市大での3年間は年長の教授がおらず、学生が少ないため講義の負担も少なかったため、自由を満喫できた」と後に語っている。ここではベーテ=サルピーター(=南部)方程式の導出、K中間子の対発生の研究などの成果を上げた。

渡米とその後の活動

1952年に再び朝永の推薦を受け、木下東一郎と共にプリンストン高等研究所に赴任した。プリンストンでは強い相互作用の飽和性やスピン軌道力の研究を計画していたが、難航した。翌年もプリンストンに籍を置きながら、春から秋にかけては湯川秀樹が残していた資金を元にカリフォルニア工科大学でγ-π productionの研究を行っている。1954年にゴールドバーガーの誘いを受けてシカゴ大学の核物理研究所に着任。同研究所には小柴昌俊らもいた。シカゴ大ではグリーン関数の表示法を研究したほか、ω中間子の存在を提唱している。

1970年にアメリカ合衆国に帰化した。2011年現在、シカゴ大学物理科学部物理学科および同学部のエンリコ・フェルミ研究所においてハリー・プラット・ジャドソン殊勲名誉教授、大阪市立大学名誉教授、大阪市立大学特別栄誉教授、大阪大学特別栄誉教授、福井市名誉市民、豊中市名誉市民などの称号を持つ。大阪大学には研究室を持ち、年に幾度も来日して特別栄誉教授として研究を続けていた。晩年、自宅は米イリノイ州シカゴと大阪府豊中市にあった。

2015年7月5日、急性心筋梗塞のため逝去。満94歳没(享年95)。

研究

弦理論」および「自発的対称性の破れ」も参照

1960年代にクォークの持つ自由度としてのカラーチャージの導入(同時期にオスカー・W・グリーンバーグ韓茂栄南部陽一郎宮本米二堀尚一が独立して提唱)、自発的対称性の破れなど、素粒子の強い相互作用において先駆的な研究を行ったほか、弦理論の創始者の一人としても知られる。

1970年にハドロンの性質を記述する模型として弦理論(ひも理論)の提案を行った(同時期にレオナルド・サスキンドホルガー・ニールセンが独立に提唱)。しかし弦理論は、ハドロンの理論としては問題点があることが明らかになった。一方でゲージ理論としての量子色力学が確立していった時期でもあり、多くの研究者は弦理論から離れていった。弦理論はその後、ジョン・シュワルツらにより、ハドロンではなく重力を含む統一理論として研究が続けられた(超弦理論)。

 | 
この節の加筆が望まれています。

略歴

 | 
この節の正確性に疑問が呈されています。問題箇所に信頼できる情報源を示して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2008年10月)

学術賞歴

栄典

著作

一般向け

教科書

主な論文

論文集

エピソード

脚注

注釈・出典

  1. ^ “南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授死去 ノーベル物理学賞”. 朝日新聞デジタル. (2015年7月17日). https://www.asahi.com/articles/ASH7K4RD4H7KPLBJ001.html 2020年2月28日閲覧。
  2. ^ 南部陽一郎さん死去「破れ」理論でノーベル物理学賞受賞 産経新聞 2015年7月17日閲覧
  3. ^ 南部陽一郎 大阪大学特別栄誉教授のご逝去について 大阪大学 2015年7月17日閲覧
  4. ^ 南部陽一郎名誉教授へ大阪市立大学初の特別栄誉教授の称号を贈呈」『Osaka City University』。2018年11月7日閲覧。
  5. ^ 氏名表記、氏名の読み、生年月日、称号(シカゴ大学名誉教授、大阪市立大学名誉教授)、専門分野、博士号の種別・取得大学・取得年、出身地、国籍は、日外アソシエーツ株式会社編『新訂 現代日本人名録 2002 3. そーひれ』日外アソシエーツ株式会社、2002年1月28日、1334頁。
  6. ^ 同時期に提唱した人物として、レオナルド・サスキンド、ホルガー・ニールセンが挙げられる。
  7. ^ 日本は二重国籍を原則として認めておらず現在は日本国籍を喪失しているが、受賞対象の研究業績は1970年にアメリカに帰化する前のものであることから、日本の文部科学省は統計上はアメリカ人に算入しつつも、日本人受賞者としてその業績を紹介している(毎日新聞2008年10月15日)。
  8. ^ 『丸岡町震災復興記』丸岡町。
  9. ^ 「福井が育てたノーベル賞学者南部陽一郎」(3)東京での青春時代 福井新聞2008年11月15日
  10. ^ 大阪大学『大阪大学発!ときめきサイエンス』(大阪大学出版会、2011年3月31日)pp.2-3
  11. ^ 日本物理學會誌 57(1)、P.2
  12. ^ 素粒子論の発展 南部陽一郎
  13. ^ 日本物理學會誌 57(1)、P.3
  14. ^ O. W. Greenberg “Spin and Unitary-Spin Independence in a Paraquark Model of Baryons and Mesons” Physical Review Letters 13 (1964) 598-602
  15. ^ “Three-Triplet Model with Double SU(3) Symmetry”. Physical Review 139: B1006. (1965). doi:10.1103/PhysRev.139.B1006.
  16. ^ 夏梅誠『超ひも理論への招待』日経BP社
  17. ^ 福井新聞2008年10月9日付特集記事
  18. ^ The President's National Medal of Science: Recipient Details:Yoichiro Nambu 全米科学財団 2008年10月11日 閲覧(英語)
  19. ^ Max-Planck-Medaille ドイツ物理学会 2008年10月11日 閲覧(ドイツ語)
  20. ^ Dirac Medallists 1986 国際理論物理学センター 2008年10月11日 閲覧(英語)
  21. ^ 1994 J. J. Sakurai Prize for Theoretical Particle Physics Recipient:Yoichiro Nambu アメリカ物理学会 2008年10月11日 閲覧(英語)
  22. ^ THE 1994/5 Wolf Foundation Prize In Physics Archived 2008年10月10日, at the Wayback Machine. ウルフ財団 2008年10月11日 閲覧(英語)
  23. ^ Franklin Laureate Database:Yoichiro Nambu, Sc.D. フランクリン協会 2008年10月11日 閲覧(英語)
  24. ^ The Nobel Prize in Physics 2008 ノーベル財団 2008年10月7日 閲覧(英語)
  25. ^ 29歳で教授、87歳なお最前線 ノーベル賞南部氏 Asahi.com 2008年10月7日 閲覧(日本語)
  26. ^ 福井市名誉市民・市民栄誉賞 福井市 2008年10月11日 閲覧(日本語)
  27. ^ 名誉市民の南部陽一郎先生が逝去されました。 福井市ホームページ 2015年8月11日 閲覧(日本語)
  28. ^ 豊中市名誉市民 豊中市 2015年7月29日 閲覧(日本語)
  29. ^ 知の巨人 南部陽一郎 (下)続け若者 『福井が育てたノーベル賞学者 南部陽一郎』 福井新聞
  30. ^ 日経サイエンス1995年4月号p.91
  31. ^ ハイゼンベルグによる場の理論の論文が1年がかりで海軍の潜水艦により運ばれ、それを基にした導波管の研究が機密論文になっていた。
  32. ^ 日経サイエンス1995年4月号p.91
  33. ^ 「南部陽一郎 私の理論を理解できなかったアインシュタイン」月刊現代最終号(2009年1月)p.55
  34. ^ 「南部陽一郎 私の理論を理解できなかったアインシュタイン」月刊現代最終号(2009年1月)p.58
  35. ^ ブライアン・グリーン エレガントな宇宙松岡正剛の千夜千冊 1001夜、2004年07月22日

関連文献

南部の経歴・人柄に関するもの

関連項目

外部リンク

出典:wikipedia
2020/04/04 16:38

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「南部陽一郎」の意味を投稿しよう
「南部陽一郎」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

南部陽一郎スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「南部陽一郎」のスレッドを作成する
南部陽一郎の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail