このキーワード
友達に教える
URLをコピー

参議院議員通常選挙とは?

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。

日本の政治

日本国憲法日本法

天皇

国民(主権者)


政府

立法

行政

司法

地方自治


参議院議員通常選挙(さんぎいんぎいんつうじょうせんきょ)とは、国会議員のうち参議院議員を選ぶための日本の選挙である。参議院議員の任期は6年で、3年ごとに半数を改選する(日本国憲法第46条)。なお参議院議員通常選挙は任期満了による3年ごとの選挙のみを指し、これ以外の再選挙補欠選挙は「通常選挙」には含まれない。

目次

  • 1 概要
  • 2 選挙権および被選挙権
    • 2.1 選挙権
    • 2.2 被選挙権
  • 3 現在の選挙方式
    • 3.1 選挙区制
    • 3.2 比例代表制
  • 4 参議院議員通常選挙の沿革
  • 5 参議院議員通常選挙の一覧
  • 6 脚注
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

概要

参議院も衆議院と同様に全国民を代表する選挙された議員で組織される(日本国憲法第43条1項)。通常、参議院議員通常選挙は任期満了の日の前30日以内に行われる(公職選挙法32条1項)。しかし通常選挙を行うべき期間が参議院開会中または参議院閉会の日から23日以内にかかる場合、参議院閉会の日から24日以後30日以内に行う(公職選挙法32条2項)ため、任期満了後に行われる場合もある。

参議院議員通常選挙は全国規模の国政選挙ではあるが、総議員を一斉に選出するわけではなく半数改選であるから「総選挙」とは呼ばず、公職選挙法32条では3年ごとの参議院議員選挙を「通常選挙」と呼んでいる(ただし、国会議員の選挙の公示について定めた日本国憲法第7条4号では「総選挙」について、「国会議員の総選挙の施行を公示すること」と規定しており、衆参問わず各議院の国会議員を選出する基本的な選挙の公示を天皇の国事行為として定めた趣旨であると解されることから、憲法7条4号の「総選挙」には参議院議員通常選挙が含まれる、と解するのが通説である)。選挙対象の参議院議員のことを改選議員、選挙対象外の参議院議員を非改選議員と呼ぶ。公職選挙法により、参議院議員通常選挙の期日は少なくとも17日前に公示しなければならないとされている(公職選挙法32条3項)。

選挙は投票により行う(公職選挙法35条)。参議院議員の選挙においては選挙区選出議員及び比例代表選出議員ごとに一人一票を投票する(公職選挙法36条)。参議院議員通常選挙の選挙事務の管理については特別の定めがある場合を除くほか、選挙区選出議員の選挙については都道府県の選挙管理委員会が管理し比例代表選出議員の選挙については中央選挙管理会が管理する(公職選挙法5条)。選挙権被選挙権・選挙方式の詳細については次節以下参照。

参議院議員通常選挙が行われている時期に、衆議院が解散されて衆議院議員総選挙が行われることになった場合は、衆議院選挙と参議院選挙の両方の選挙を同時に行う(衆参同日選挙)。

選挙された参議院議員の任期は6年である(日本国憲法第46条前段)。参議院議員の任期は前の通常選挙による参議院議員の任期満了の日の翌日から起算する(公職選挙法257条本文)。ただし、通常選挙が前の通常選挙による参議院議員の任期満了の日の翌日後に行われたときは通常選挙の期日から起算する(公職選挙法257条但書)。

参議院議員通常選挙が行われたときは、その任期が始まる日から30日以内に臨時会(臨時国会)を召集しなければならない(国会法2条の3第2項本文)。ただしその期間内に常会(通常国会)や特別会(特別国会)が召集された場合、またはその期間が任期満了による衆議院議員総選挙を行うべき期間にかかる場合はこの限りでない(国会法2条の3第2項但書)。

選挙権および被選挙権

参議院議員及びその選挙人の資格は法律(具体的には公職選挙法等)で定められる(日本国憲法第44条本文)。

選挙権

被選挙権

現在の選挙方式

選挙区制

2015年現在の定数:146人

平成28年の第24回選挙から適用される選挙区割り一覧
【改選数】
【選挙区数】
選挙区
6人 | 1選挙区 | 東京都
4人 | 3選挙区 | 神奈川県愛知県大阪府
3人 | 5選挙区 | 北海道埼玉県千葉県兵庫県福岡県
2人 | 4選挙区 | 茨城県静岡県京都府広島県
1人 | 32選挙区 | 青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県栃木県群馬県山梨県新潟県
富山県石川県福井県長野県岐阜県三重県滋賀県奈良県和歌山県
鳥取県・島根県岡山県山口県徳島県・高知県香川県愛媛県佐賀県長崎県
熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県
平成25年の第23回選挙における改選数
リンクをクリックすると、各都道府県選挙区の記事に移動する。太字は2人以上の選挙区。
北海道 2
青森 1
岩手 1
宮城 2
秋田 1
山形 1
福島 1
茨城 2
栃木 1
群馬 1
埼玉 3
千葉 3
東京 5
神奈川 4
新潟 2
富山 1
石川 1
福井 1
山梨 1
長野 2
岐阜 1
静岡 2
愛知 3
三重 1
滋賀 1
京都 2
大阪 4
兵庫 2
奈良 1
和歌山 1
鳥取 1
島根 1
岡山 1
広島 2
山口 1
徳島 1
香川 1
愛媛 1
高知 1
福岡 2
佐賀 1
長崎 1
熊本 1
大分 1
宮崎 1
鹿児島 1
沖縄 1

平成28年の第24回選挙における改選数
リンクをクリックすると、各都道府県選挙区の記事に移動する。
太字は2人以上の選挙区。※は隣接県との合区(2県併せて改選数1)となる選挙区。
北海道 3
青森 1
岩手 1
宮城 1
秋田 1
山形 1
福島 1
茨城 2
栃木 1
群馬 1
埼玉 3
千葉 3
東京 6
神奈川 4
新潟 1
富山 1
石川 1
福井 1
山梨 1
長野 1
岐阜 1
静岡 2
愛知 4
三重 1
滋賀 1
京都 2
大阪 4
兵庫 3
奈良 1
和歌山 1
'鳥取・島根
鳥取・島根
岡山 1
広島 2
山口 1
徳島・高知
香川 1
愛媛 1
徳島・高知
福岡 3
佐賀 1
長崎 1
熊本 1
大分 1
宮崎 1
鹿児島 1
沖縄 1

比例代表制

2015年現在の定数:96人

参議院議員通常選挙の沿革

1947年(昭和22年)
参議院議員選挙法(昭和22年法律第11号)公布。全国区制を採用。全国区:100人、地方区:150人の総定数250人。
1950年(昭和25年)
公職選挙法(昭和25年4月15日法律第100号)が施行される(参議院議員選挙法廃止)。
1970年(昭和46年)
沖縄返還に備えた沖縄住民の国政参加特別措置法制定により定数2増で総定数が252人。
1980年(昭和55年)
初の衆参同日選挙(第36回衆議院議員総選挙・第12回参議院議員通常選挙)。
1983年(昭和58年)
全国区制に代えて「全都道府県」を対象とする比例代表制を採用(厳正拘束名簿式)。
1992年(平成4年)
「全都道府県」が揃って、初めて即日開票された(第16回参議院議員通常選挙)。
1995年(平成7年)
参議院議員選挙として初の選挙区の定数是正で8増(宮城、埼玉、神奈川、岐阜各2人)8減(北海道4人、兵庫、福岡各2人)。
1996年(平成8年)
1992年(平成4年)の第16回参議院通常選挙の定数配分の最大格差1対6.59につき、最高裁が違憲の問題が生ずる程度の投票価値の著しい不平等状態にあったと判断(最大判平8・9・11民集50巻8号2283頁)。ただし、格差がこの程度に達した時から選挙までの間に国会が議員定数配分規定を是正する措置を講じなかったことをもってその立法裁量権の限界を超えるものと断定することはできないとして違憲とはしなかった。
1998年(平成10年)
投票時間の延長(不在者投票期日前投票を含む)と、不在者投票・期日前投票の事由が緩和された(第14回参議院議員通常選挙)。
2001年(平成13年)
比例代表制を改定(非拘束名簿式)。選挙区で6減(岡山・熊本・鹿児島各2人)、比例区で4減で総定数242人に。
2007年(平成19年)
選挙区で4増(東京・千葉各2人)4減(栃木・群馬各2人)。
2012年(平成24年)
2010年(平成22年)の第16回参議院通常選挙の定数配分の最大格差1対5.00につき、最高裁が違憲の問題が生ずる程度の投票価値の著しい不平等状態にあったと判断。ただし、選挙までの間に国会が議員定数配分規定を是正する措置を講じなかったことをもってその国会の裁量権の限界を超えるものと断定することはできないとして違憲とはしなかった。
2013年(平成25年)
選挙区で4増(神奈川・大阪各2人)4減(福島・岐阜各2人)。選挙期間中のインターネット選挙運動が解禁された。
2015年(平成27年)
選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げ。
2016年(平成28年)
選挙区で10増(北海道・東京・愛知・兵庫・福岡各2人)10減(宮城・新潟・長野各2人、鳥取・島根と徳島・高知を合区し各2人)。初めて、参議院合同選挙区が導入された。

(注)一票の格差の判断について最高裁判例では

  1. 著しい不平等状態の有無
  2. その状態が相当期間継続しているかの可否

を判断基準とし、1に抵触している場合には「違憲状態」、1と2の双方に抵触していれば「違憲」として結論を導いており、違憲判決をとる場合には選挙の効力についてさらに判断を行う(議員定数訴訟における「違憲」や「違憲状態」については一票の格差も参照)。

参議院議員通常選挙の一覧

日本の政党別の国会議員数」も参照
【回】
【投票日】
【曜日】
【投票率】
【定数】
【改選】
【任期満了日】
備考
第1回 | 1947年(昭和22年)4月20日 | 日曜日 | 61.12% | 250 | - | 1953年(昭和28年)5月2日 | 半数(下位当選者)は1950年(昭和25年)5月2日で任期満了
(日本国憲法第102条及びその関連法規による特例)
第2回 | 1950年(昭和25年)6月4日 | 日曜日 | 72.19% | 125 | 1956年(昭和31年)6月3日 | 任期満了後の選挙
第3回 | 1953年(昭和28年)4月24日 | 金曜日 | 63.18% | 1959年(昭和34年)5月2日 | 
第4回 | 1956年(昭和31年)7月8日 | 日曜日 | 62.11% | 1962年(昭和37年)7月7日 | 任期満了後の選挙
第5回 | 1959年(昭和34年)6月2日 | 火曜日 | 58.75% | 1965年(昭和40年)6月1日
第6回 | 1962年(昭和37年)7月1日 | 日曜日 | 68.22% | 1968年(昭和43年)7月7日 | 
第7回 | 1965年(昭和40年)7月4日 | 日曜日 | 67.02% | 1971年(昭和46年)7月3日 | 任期満了後の選挙
第8回 | 1968年(昭和43年)7月7日 | 日曜日 | 68.94% | 1974年(昭和49年)7月7日 | 
第9回 | 1971年(昭和46年)6月27日 | 日曜日 | 59.24% | 251 | 126 | 1977年(昭和52年)7月3日 | 
第10回 | 1974年(昭和49年)7月7日 | 日曜日 | 73.20% | 252 | 1980年(昭和55年)7月7日 | 
第11回 | 1977年(昭和52年)7月10日 | 日曜日 | 68.49% | 1983年(昭和58年)7月9日 | 任期満了後の選挙
第12回 | 1980年(昭和55年)6月22日 | 日曜日 | 75.54% | 1986年(昭和61年)7月7日 | 衆参同日選挙(第36回衆議院議員総選挙)
第13回 | 1983年(昭和58年)6月26日 | 日曜日 | 57.00% | 1989年(平成元年)7月9日 | 
第14回 | 1986年(昭和61年)7月6日 | 日曜日 | 71.36% | 1992年(平成4年)7月7日 | 衆参同日選挙(第38回衆議院議員総選挙)
第15回 | 1989年(平成元年)7月23日 | 日曜日 | 65.02% | 1995年(平成7年)7月22日 | 任期満了後の選挙
第16回 | 1992年(平成4年)7月26日 | 日曜日 | 50.72% | 1998年(平成10年)7月25日
第17回 | 1995年(平成7年)7月23日 | 日曜日 | 44.52% | 2001年(平成13年)7月22日 | 任期満了翌日の選挙
第18回 | 1998年(平成10年)7月12日 | 日曜日 | 58.84% | 2004年(平成16年)7月25日 | 
第19回 | 2001年(平成13年)7月29日 | 日曜日 | 56.44% | 247 | 121 | 2007年(平成19年)7月28日 | 任期満了後の選挙
第20回 | 2004年(平成16年)7月11日 | 日曜日 | 56.57% | 242 | 2010年(平成22年)7月25日 | 
第21回 | 2007年(平成19年)7月29日 | 日曜日 | 58.64% | 2013年(平成25年)7月28日 | 任期満了翌日の選挙
第22回 | 2010年(平成22年)7月11日 | 日曜日 | 57.92% | 2016年(平成28年)7月25日 | 
第23回 | 2013年(平成25年)7月21日 | 日曜日 | 52.61% | 2019年(令和元年)7月28日 | 
第24回 | 2016年(平成28年)7月10日 | 日曜日 | 54.70% | 2022年(令和4年)7月24日 | この回より公職選挙法改正で投票権が18歳以上に改定される
鳥取県・島根県徳島県・高知県が合区となる

脚注

  1. ^ 宮沢俊義芦部信喜『全訂日本国憲法』125〜126頁、日本評論社、1978年(昭和53年)
  2. ^ マッカーサー草案では一院制の「国会」を定めていたため齟齬は無かったが、日本側で二院制に修正した際、当該規定は改められなかった。
  3. ^ “選挙権年齢「18歳以上」に 改正公選法が成立”. 47NEWS. (2015年6月17日). https://web.archive.org/web/20150617032536/http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015061701001110.html 2017年10月14日閲覧。 ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  4. ^ 猶予なしの立法府 判断は「違憲状態」「有効だが違憲」… 産経新聞 2013年3月26日 《全2頁構成→2頁目;2017年10月14日閲覧。現在はインターネットアーカイブ内に残存》

関連項目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2019/06/02 19:12

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「参議院議員通常選挙」の意味を投稿しよう
「参議院議員通常選挙」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

参議院議員通常選挙スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「参議院議員通常選挙」のスレッドを作成する
参議院議員通常選挙の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail