このキーワード
友達に教える
URLをコピー

古ペルム文字とは?

Unicode範囲: [1]
ISO 15924 コード: Perm
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

古ペルム文字(コミ語: Важ Перым гижӧмアブール Abur或いはアンブル Anburとも呼ばれる。)は中世のコミ語において用いられた独自に発展したキリル文字の一種である。

歴史

古ペルム文字はロシアの宣教師、聖ステファン・ペルムスキー(ロシア語:Стефан Пермский, Stefan Permskij)、本名ステパン・ハラップ(ロシア語:Степан Храп, Stepan Hrap)によって1372年に作られたものである。 俗称の「アブール」は始めの2字の名称(An, Bur)からとったものである。 このアルファベットはキリル文字ギリシャ文字、コミ族のタムガ(Tamga、騎馬民族が自分の一族の象徴として使うルーン文字のようなもの。古ペルム文字は通常筆記よりも刻印されることが多かった為。)から借用した。 この文字体系は当時の話者に受け入れられることになった。 このアルファベットは17世紀まで用いられ、キリル文字に取って代わった。古ペルム文字はロシア語の暗号文にも用いられた。 聖ステファン・ペルムスキーの聖名祝日である4月29日は古ペルム文字の日として祝われている。

意義

古ペルム文字の入ったウィキペディアのロゴ

古ペルム文字の碑文はウラル語族の中では最古のものである。 ウラル語族においてこれよりも早く書かれた文章は、ロヴァーシュ文字1000年以降はラテン文字を用いて書かれたハンガリー語のみである。 対照的に、フィンランド語においては、プロテスタントへの改宗後の1543年ミカエル・アグリコラ (Mikael Agricola) によって書き言葉が成立した。 しかし、1957年に、独自の「樺の木皮碑文」(英語: Birch bark letter No.292)がノヴゴロドで発見された。これは13世紀頃に書かれたバルト・フィン諸語の文章である。

文字

Lyktinによる1952年の研究がこの文字体系について最も権威的な文献であるとされる。 24の固有文字と10の追加文字からなる。また、ダイアクリティカルマーク付きの文字もある。

文字一覧

【文字】
【翻字】
【名前】
【音価】
備考
 | 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/05 16:27

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「古ペルム文字」の意味を投稿しよう
「古ペルム文字」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

古ペルム文字スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「古ペルム文字」のスレッドを作成する
古ペルム文字の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail