このキーワード
友達に教える
URLをコピー

古橋舞悠とは?

古橋 舞悠(ふるはし まゆ、1998年10月30日 - )は日本女性タレント女優ポップシンガー神奈川県横浜市出身。松竹芸能所属。

ガールズデュオBESTIEM」(ベスティム)のメンバー。以前は「アイドリング!!!」などに在籍し、現在はその後継集団「メンテナンス」にも籍を置く。

伯父は、トランペット奏者のミュージシャン・YOKAN

目次

  • 1 略歴
    • 1.1 子役時代(2010年 - 2013年)
    • 1.2 アイドリング!!!時代(2013年 - 2015年)
    • 1.3 ユニット / ソロ活動以降(2015年 - 現在)
  • 2 人物
    • 2.1 エピソード
  • 3 グループ活動
    • 3.1 BESTIEM関連
    • 3.2 アイドリング!!!関連
      • 3.2.1 アイドリング!!!卒業
      • 3.2.2 NEO fromアイドリング!!!関連
    • 3.3 メンテナンス関連
  • 4 出演
    • 4.1 テレビ
    • 4.2 ドラマ
    • 4.3 映画
    • 4.4 配信テレビ・アプリ
    • 4.5 舞台
    • 4.6 ラジオ
    • 4.7 CD
    • 4.8 ファッションショー
    • 4.9 雑誌
    • 4.10 イベント
  • 5 W・Mayu名義
    • 5.1 配信テレビ・アプリ
    • 5.2 ライブ・イベント
  • 6 脚注
    • 6.1 注釈
    • 6.2 出典
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

略歴

子役時代(2010年 - 2013年)

ミライ・アクターズ・プロモーションに所属し、小学5年生の頃から子役として活動を始める。

2010年
8月、バラエティ番組『ピラメキーノ』のコーナー企画にレギュラー出演。映画主題歌「フォーエバーユー〜愛しいあなたへ〜」でCDデビュー。
12月、教育ドラマ『時々迷々』に出演。
2011年
1月、ドラマ『スクール!!』に出演。
2月、ナルミヤ・インターナショナル・Girls fes『シンデレラオーディション2010』にて準グランプリを獲得する。
5月、ファッション誌ニコ☆プチ主催『JSガールズコレクション2011』に出演する。
2012年
6月、ドラマ『カエルの王女さま』に出演。
11月、映画『女子カメラ』に出演。

アイドリング!!!時代(2013年 - 2015年)

2013年
4月、松竹芸能タレントスクールに23期生として入所。
7月、受講生から同事務所正式所属となり、女性アイドルグループアイドリング!!!」に31号として加入する。
8月、自身を含む5人の新メンバーは、アイドリングNEOとして活動するとアナウンスされる。同31日、メンバーとしてデビュー曲「mero mero」でライブデビュー。
11月、初のレギュラー番組『NEO殿talk night』、冠番組『古橋舞悠のOh!騒ぎLOL』を開始。
2014年
6月、バラエティ番組『おと☆スタ』に番組MCとして出演。
7月、スポーツ中継『第96回 全国高等学校野球選手権西東京大会』にて、初のリポーターを務める。活動中のアイドリングNEOが「NEO fromアイドリング!!!」と改名。
8月、冠番組『ふるさとの さつまいモードLOL』『古橋舞悠&佐藤麗奈 プレミアム放送』を開始。
2015年 アイドリング!!!卒業
4月、情報番組GirlsNews〜エンタメ!』のレギュラーMCに就任。教育番組NHK高校講座 書道I』にレギュラー出演。
6月、情報バラエティ番組『Rの法則』にレギュラー出演。
9月、アイドリング!!!主催名義の朗読歌唱劇『あの日、たしかに私たちは「アイドル」だった。』で初舞台。
10月、劇団コラソン舞台『ハローウィン』及び、同劇団主催ライブ『コラソンフェス vol.10』に出演。
10月31日、NEO fromアイドリング!!!の活動が終了し、2年以上在籍した女性アイドルグループ・アイドリング!!!を卒業。

ユニット / ソロ活動以降(2015年 - 現在)

11月、女性アイドルグループ・Prizmmy☆主催LIVE『〜DigitaReal Party!!!!〜』に出演。28日、よゐこ濱口・主宰『はまぐちコントサークル』に出演。その濱口が発起人となり、アイドリング!!!OG主体による女性アイドル集団「メンテナンス」が発足、メンバー5号として参画する。
12月、第60回『映画の日』中央大会に出席。定期アイドルイベント『音楽女子倶楽部』にレギュラー出演し、同僚だった関谷真由とガールズ・デュオ「W・Mayu」名義で活動開始。
2016年
1月、W・Mayu名義の冠番組『セッさんフルさんの今夜もすべらNight』を開始。
2月、朗読歌唱劇『あの日、たしかに私たちは「アイドル」だった。<2016>』で再演。
3月、W主演舞台『てーきゅう〜先輩とめぐりあう時間たち〜』が上演。
4月、NEO fromアイドリング!!!時代のプロデューサー・伊秩弘将が主催する定期ライブ『IJICHI’s Living Door』に、W・Mayu名義で継続して参加。
5月、主演Vシネマ『ぞくり。怪談夜話恐すぎて眠れない話 2016年初旬版』がリリース。舞台『みちこのみたせかい』で初の単独主演。
7月、主演級舞台『時空警察クロノゲイザー』が上演。
8月、「どる☆NEO」名義で大型アイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL 2016』に参加。フジテレビ主催『お台場みんなの夢大陸』の企画にて、W・Mayu名義の単独ライブを実施。
11月、出演舞台『マケイヌバー』を上演。
2017年
1月、ライブイベント『アイドルのすゝめ』に参加。
4月、出演舞台『ブラックダイス』が上演し、かつての同僚・橋本楓と共演。
5月、活動中のユニット「W・Mayu」が「BESTIEM」(ベスティム)と改名し、正式デビューを公表。伊秩弘将 定期ライブにて、同氏提供の新曲を初お披露目。
8月、所属するBESTIEMがアルバムデビュー、大型アイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL 2017』に参加する。対バンライブでかつての同僚達、Booing!!!遠藤舞河村唯と共演。
9月、アイドリング!!!OGが集結した次世代への新番組『アイドルING!!!』に参加。
10月、5年ぶりの出演映画『リンキング・ラブ』が公開。月末、自身の生誕を祝したBESTIEMの2ndワンマンライブを開催。
11月、高専ロボコン30年目を記念するスペシャルドラマ『大江戸ロボコン』に出演。
12月、出演映画『デメキン』が公開。
2018年
3月、ヒロインで出演の舞台『Z〜ゾロ〜』が上演。
7月、出演映画『虹色デイズ』が公開。
8月、昨年に続き大型アイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』に参加。

人物

特技はヘッドスパ(マッサージ)、ドイツ語で1〜10まで数えられること。趣味はヘッドマッサージ、ダンス。チャームポイントは父親譲りの福耳。LAファッションなどのアメリカンスタイルを好み、モデル活動にも意欲を示している。芸能の方面ではバラエティタレントを目指し、喋りを活かした仕事を当面の目標に置いている。

自身のモットーとして「誰かを蹴落とすような汚い事はしたくない、人の痛みを感じ、誰かを助けたり恩返しをしたい」と述べている。ブログなどの文言に、よくLOL(laughing out loudの略)を用いていた。

父親の影響で昭和の芸能文化に造詣があり、例えば「ザ・ドリフターズ」など往年の芸能を好む。特に矢沢永吉の大ファンであり、理想の男性像に挙げている。憧れの女性有名人では本田美奈子.、同業者では青明寺浦正(風男塾)、アイドリング!!!のメンバーでは菊地亜美三宅ひとみなどを挙げている。敬愛するお笑いタレントは、事務所の先輩・クロちゃん(安田大サーカス)。

親族
伯父は、トランペッターで管楽器プレーヤーの水江洋一郎(通称:YOKANヨーカン)。姉は元モデル/元ダンサーの古橋舞香。姉とはドラマ『カエルの王女さま』で共演をしている。母方の祖母もモデルの仕事をしていた。愛犬にティーカッププードル「りん」がいる。実家は、ドラマ・映画などに劇用車提供の協力もしているバイク店「MISTY」。TV番組でも紹介され、共演した事もある。自身も原付免許を所持しており、いずれは実家所有のカワサキ・Z-II 乗車を夢見ている。
松竹芸能入りまで
現所属事務所「松竹芸能」には、同社タレントスクール23期生を経て入所。同期には女性お笑いコンビ・ガール座脇屋敷、⊿あべみな(ジョリー惑星)などがいる。入所までの過程のひとつに、徳井義実(チュートリアル)主演の2012年映画『莫逆家族-バクギャクファミーリア-』を撮影中のエピソードを挙げている。実家のバイク店「MISTY」が、同映画の劇用バイク貸し出しを担当。その縁で撮影現場を見学していた際に徳井の目に止まり、あまりの可愛さから父親に芸能界入りを勧める助言をした。実際には既に芸能活動を経ていた状態だったが、これらをきっかけに本気で各種オーディションを受けたと明かしている。

エピソード

前述の伯父YOKANは、矢沢永吉などの有名アーティストを音楽サポートしているマルチプレーヤーで、アイドル界ではハロプロジャニーズ関連との共演がある。アイドリング!!!では3rdシングル「告白」で、編曲のブラスアレンジを担当した繋がりがある。その伯父とは、2014年10月に管楽器季刊誌『ブラストライブ』で初共演を果たした。

中学では演劇部に所属していた。また、校内のクラス対抗合唱コンクールで、中学2年生の時に最優秀賞、中学3年生の時には優秀賞を獲得したと語っている。

グループ活動

BESTIEM関連

詳細は「BESTIEM」を参照

アイドリング!!!で同期であった関谷真由とは、名前が同じ「まゆ」であったことから"ダブルまゆ"とあだ名されてペアを組み、在籍時代にライブで共演する事が多かった。音楽を通じて親和性が強かった二人は、グループ卒業後の年末からガールズ・デュオW・Mayu」(ダブル・マユ)名義で活動を開始し、冠番組やイベント等にレギュラー出演をしている。

その後ユニットは、女性アイドル集団「メンテナンス」傘下に所属し、アイドリング!!!関連の楽曲を歌い継ぐ活動もしていたが、2017年に「BESTIEM」(ベスティム)と改名して初夏に正式デビュー。楽曲リリースやライブ活動を本格化させた、新たな展開を開始した。

アイドリング!!!関連

詳細は「アイドリング!!! (グループ)」および「NEO fromアイドリング!!!」を参照
NEO期生
アイドリング!!!ナンバーは31号。イメージフラワーはスイセン。イメージカラーは黄色(NEO fromアイドリング!!!では紫)。歴代メンバーの内、関谷真由橋本瑠果佐藤麗奈佐藤ミケーラ倭子と同期で、共に「NEO fromアイドリング!!!」のメンバーでもあった。
愛称 / キャラクター / 反骨精神
愛称は「ふるまゆ」「ふるちゃん」など。自己紹介をする時は「松竹芸能の可愛いアイドルふるちゃんです」を定番としていた。
普段から活発で人懐っこい。仕事等もオールラウンドにこなし、ポテンシャルが高い。同期メンバーの中でも芸能キャリアがあり、加入当初から大人びていた。反面、根は生真面目な性格で、重圧を背負い込んでネガティブになる事も多く、先輩メンバーからは「強いメンタルとガラスのハート」のギャップを指摘されている。
自己主張は強い方で、ライブ出演した際、機材数の関係でダミーマイクを持たされた事に不満を訴え、音声入りマイクの担当に変えて貰った、などのエピソードがある。また、2015年春に報道されたグループへの中傷記事に対し、反骨精神の気概をみせていた。
メンバーとの関係
歴代メンバーの内、江渡万里彩とは、江渡が退社する2014年3月まで同じ事務所だった。
同級生でもある佐藤麗奈とは、コンビで扱われる事がある。本人のイメージカラーである黄色と佐藤のイメージカラーであるの組み合わせが、さつまいもの色を連想させることから「さつまいもコンビ」と自称し、それを冠した佐藤との共演バラエティ『さつまいモードLOL』という番組もできている。
演者からの印象
普段から非常にお喋りなところがあり、元メンバー遠藤舞からの第一印象が「おしゃべりバクテリア(iPhoneのアプリ)に似てる」であった。
時折、的外れな発言をする事があるため、番組MCを務めているバカリズムから「世界一空気が読めない」「空気の読めなさの象徴、総本山」などと揶揄された。グループ内では、そうしたすべりキャラとしての立ち位置である一方で、橘ゆりかに「歌では滑らない」と言われるなど、ライブでのパフォーマンスは評価されている。
バカリズムは、楽屋前室で失敗事を反省し泣いていたりする古橋の様子を見て、普段のキャラとは裏腹に真面目な人だとも評している。担当アナウンサーだった斉藤舞子や、メンバーの三宅ひとみ伊藤祐奈も同様な印象を述べている。ミーティングなどでの姿勢を見ても、ハプニングに対して他の同期メンバーが、はしゃいだりした行為とは対照的に、冷静で生真面目な様子を見せていた。

アイドリング!!!卒業

2015年10月末日、アイドリング!!!の活動終了に伴いグループを卒業した。2年3ヶ月在籍し、シングル3枚・アルバム2枚参加などの実績を残している。レギュラー番組『アイドリング!!!』にも同期間200回以上出演した。

卒業コメント
「あと1年は続けたかった。まだやりたい事が沢山あった」と本音を明かしている。当初は「アイドルとは何かを知らないままに加入したが、活動を通して勉強し成長させて頂いた」と謝意を示し、「向上心の集まった同期とは本音をぶつけ合い、成長に繋がって自信がついた。グループ活動ではメンタルを鍛えられた。今後の芸能活動に生かしていきたい」と意欲を述べている。

NEO fromアイドリング!!!関連

2013年8月、アイドリング!!!の派生ユニット「アイドリングNEO(NEO fromアイドリング!!!)」に一員として参画した。母体アイドリング!!!に伴う活動の最後まで在籍し、シングル4枚・アルバム1枚参加などの実績を残している。

2代目リーダーの関谷真由は、「自分が言い辛い事を代弁してくれた。問題点があれば、まず最初に古橋に相談した」と、先導的な立ち位置だった事を明かしている。

メンテナンス関連

詳細は「メンテナンス (グループ)」を参照
アイドリング!!!後継集団「メンテナンス」
2015年11月28日、活動終了した女性アイドルグループアイドリング!!!」のOG主体による後継アイドル集団「メンテナンス」が発足。急遽請われ事情不明の状態で勧誘を受けた古橋は即日グループ入りが決まり、メンバー5号として参画した。主にトーク番組や音楽ライブなどを中心に活動し、アイドリング!!!時代の芸風を引き継いでいる。また、メンバーはあくまで個人の活動を最優先し、非常に緩く集合離散しているのが特徴。

出演

アイドリング!!! (グループ)」「NEO fromアイドリング!!!」「メンテナンス (グループ)」「BESTIEM」としての出演は、各グループを参照

テレビ

レギュラー番組

ドラマ

映画

Vシネマ

配信テレビ・アプリ

舞台

ラジオ

CD

収録曲:「フォーエバーユー〜愛しいあなたへ〜」(映画『Oh! マイ・ブラザー〜誰の心に届く・・・〜』主題歌)

配信曲

ファッションショー

雑誌

ムック

イベント

ライブイベント

その他

W・Mayu名義

BESTIEM」改名以降の出演は項目先を参照

配信テレビ・アプリ

ライブ・イベント

脚注

注釈

  1. ^ 濱口優の発案で、アイドリング!!!の番号制度に準拠

出典

  1. ^ FMヨコハマ「Lovely Day」に生出演させていただきました”. 関谷真由オフィシャルツイッター (2018年5月22日). 2018年7月9日閲覧。
  2. ^ 古橋舞悠 |松竹芸能株式会社
  3. ^ 元アイドリング!!!メンバーの意外な家系も発覚「野球×音楽」の白熱トーク後半戦”. ザテレビジョン (2018年4月13日). 2018年7月9日閲覧。
  4. ^ TWILIGHT FILE VII 〜コンピレーションアルバム〜 - OTOTOY
  5. ^ オフィシャルブログ「LOVEY-DOVEY」
  6. ^ 時々迷々 - NHK for school
  7. ^ [1][2] - ナルミヤシンデレラオーディション
  8. ^ 古橋舞悠、ドリフのようなコントをやりたい - SANSPO.COM
  9. ^ a-nationでNEOが初披露ですング!!! - ブロマガ「にこごります」
  10. ^ 古橋舞悠が「GirlsNews~エンタメ!」新MCに決定 - GirlsNews
  11. ^ 古橋舞悠。この度、R'sメンバーになりました☆☆☆ - LOVEY-DOVEY
  12. ^ 古橋舞悠「センターに違和感」 - Smartザテレビジョン
  13. ^ アイドリング!!! 涙の“全員卒業”「私の誇り」 5年後の再会も決定 - オリコンスタイル
  14. ^ よゐこ濱口と元アイドリング!!!の生配信、なすなかにしや紺野ぶるまも参加 - ナタリー
  15. ^ バカリズムが「残りカス」呼ばわり、元アイドリング!!!河村唯とバトル勃発 - ナタリー
  16. ^ 第60回「映画の日」中央大会開催、金賞は「妖怪ウォッチ」「ベイマックス」 - 映画.com
  17. ^ 元アイドリング!!!関谷&古橋、アキシブがMC 新ライブイベント「音楽女子倶楽部」スタート - デ☆ビュー
  18. ^ SHOWROOM情報 W・Mayu - Tokyo Girls' Scheduler
  19. ^ 【潜入レポート】 あの日、たしかに私たちは「アイドル」だった。 - yoppy
  20. ^ 舞台「てーきゅう」が再演!ユリ、かなえ、まりも、なすの4人娘は新キャスト - ナタリー
  21. ^ 元アイドリング!!!古橋舞悠、74歳役に挑戦「目を離さず見て」 - オリコンスタイル、「1分1秒、どこを切り取っても美しい」世界が拡がっていた舞台『みちこのみたせかい』レポート - おたぽる
  22. ^ アイドルたちがSF世界で大乱闘 舞台『時空警察クロノゲイザー』開幕 - デ☆ビューニュース
  23. ^ Doll☆Elements TIFでも変身=早着替えで魅了、元NEO from アイドリング!!!とのコラボも一夜限りの復活 - billboard JAPAN
  24. ^ W・Mayu「お台場みんなの夢大陸」ライブレポート Archived 2016年10月1日, at Archive.is - Poptalk MAGAZINE
  25. ^ メンテナンス古橋舞悠などが出演する朝倉薫演劇団の舞台「マケイヌバー」がスタート! - Poptalk MAGAZINE
  26. ^ 元アイドリング!!!の関谷真由、古橋舞悠が感涙 ユニットBESTIEMが初ライブ - SANSPO.COM
  27. ^ 元アイドリング!!!の関谷真由と古橋舞悠が“世界一仲の良いユニット”の「BESTIEM」で始動! - エンタメNext
  28. ^ 「TIF2017」第6弾はリリスク、わーすた、デビアン、転少、RYUTistら24組”. ナタリー (2017年5月27日). 2018年8月7日閲覧。
  29. ^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/02 07:31

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「古橋舞悠」の意味を投稿しよう
「古橋舞悠」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

古橋舞悠スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「古橋舞悠」のスレッドを作成する
古橋舞悠の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail