このキーワード
友達に教える
URLをコピー

台湾歩兵第2連隊とは?

(台湾歩兵第2連隊から転送)
歩兵連隊を表すNATO軍の兵科記号

歩兵連隊(ほへいれんたい)とは、歩兵を主とする連隊

概要

古今東西の陸軍では最も数が多く、戦力の基幹となるのが歩兵連隊であり、一般的に歩兵大隊を基幹として連隊本部、火力支援や雑務を行う特科中隊を組み合わせて編成される。 国や時代によって歩兵1個大隊編制と3個大隊編制があり、編制によって人数は大幅に異なり、おおむね1,000人から3,000人程度の兵力を指す。

大日本帝国陸軍

各歩兵連隊に下賜された帝国陸軍の軍旗(連隊旗)

大日本帝国陸軍には以下のような歩兵連隊があった。

歩兵連隊

大日本帝国陸軍連隊一覧#歩兵連隊」も参照

冠称無しの「歩兵連隊(歩兵聯隊)」は第1から第524連隊(間に欠番多数を有す)まで置かれた。帝国陸軍における歩兵連隊(歩兵)の軍隊符号(部隊符号)はi。隊号(連隊番号)などは符号に冠し321i(歩兵第321連隊)などと表記し、近衛歩兵連隊は近衛のGと合わせ1Gi(近衛歩兵第1連隊)、歩兵旅団・歩兵団は旅団のBと合わせiBとした。

明治4年(1871年)に設置された鎮台が明治6年(1873年)に6個鎮台になり、隷下に第1から第14までの14個歩兵連隊が置かれ、その後明治19年(1886年)までに24個の歩兵連隊が置かれた。これら24個歩兵連隊は明治21年(1888年)5月、鎮台が師団に改編されると師団隷下となった。各歩兵連隊には衛戍地が定められており、基本的に永久にその土地に駐屯するものとされた(改編・移動・廃止・復古はままあった)。鎮台が師団に改編される時点の陸軍常備団隊配備表(明治21年5月12日勅令第31号)では下表のように衛戍地が定められていた。

歩兵第1連隊〜14連隊
【歩兵連隊】
【軍旗授与】
【衛戍地】
鎮台
歩兵第1連隊 | 明治7年12月19日 | 東京 | 東京鎮台
歩兵第2連隊 | 明治7年12月19日 | 佐倉 | 東京鎮台
歩兵第3連隊 | 明治7年12月19日 | 東京 | 東京鎮台
歩兵第4連隊 | 明治8年9月9日 | 仙台 | 仙台鎮台
歩兵第5連隊 | 明治11年12月29日 | 青森 | 仙台鎮台
歩兵第6連隊 | 明治7年12月18日 | 名古屋 | 名古屋鎮台
歩兵第7連隊 | 明治8年9月9日 | 金沢 | 名古屋鎮台
歩兵第8連隊 | 明治7年12月18日 | 大阪 | 大阪鎮台
歩兵第9連隊 | 明治7年12月18日 | 大津 | 大阪鎮台
歩兵第10連隊 | 明治7年12月18日 | 姫路 | 大阪鎮台
歩兵第11連隊 | 明治8年9月9日 | 広島 | 広島鎮台
歩兵第12連隊 | 明治8年9月9日 | 丸亀 | 広島鎮台
歩兵第13連隊 | 明治8年9月9日 | 熊本 | 熊本鎮台
歩兵第14連隊 | 明治8年9月9日 | 小倉 | 熊本鎮台
歩兵第15連隊〜24連隊
【歩兵連隊】
【軍旗授与】
【衛戍地】
鎮台
歩兵第15連隊 | 明治18年7月27日 | 高崎 | 東京鎮台
歩兵第16連隊 | 明治17年8月15日 | 新発田 | 仙台鎮台
歩兵第17連隊 | 明治19年8月17日 | 仙台 | 仙台鎮台
歩兵第18連隊 | 明治17年8月15日 | 豊橋 | 名古屋鎮台
歩兵第19連隊 | 明治19年8月23日 | 名古屋 | 名古屋鎮台
歩兵第20連隊 | 明治18年7月21日 | 大阪 | 大阪鎮台
歩兵第21連隊 | 明治19年8月17日 | 広島 | 広島鎮台
歩兵第22連隊 | 明治19年8月17日 | 松山 | 広島鎮台
歩兵第23連隊 | 明治19年8月17日 | 熊本 | 熊本鎮台
歩兵第24連隊 | 明治19年8月17日 | 福岡 | 熊本鎮台
浮世絵『第二軍威海衛背面大攻撃』 中央の房付きの旭日旗は歩兵連隊の軍旗

近衛歩兵連隊

近衛歩兵連隊が第1から第10連隊まで置かれた。近衛歩兵連隊は、近衛師団創設後は同師団(後に近衛第1から第3師団に分かれた)に属した。

【】
【軍旗授与】
【衛戍地】
【創設時】
【師団創設後】
【第二次世界大戦中】
【大戦末期】
最終位置
近衛歩兵第1連隊 | 明治7年1月23日 | 東京 | 近衛局 | 近衛師団 | 近衛混成旅団 | 近衛第1師団 | 東京・皇居
近衛歩兵第2連隊 | 明治7年1月23日 | 東京 | 近衛局 | 近衛師団 | 近衛混成旅団 | 近衛第1師団 | 東京・皇居
近衛歩兵第3連隊 | 明治18年10月25日 | 東京 | 近衛 | 近衛師団 | 近衛師団 | 近衛第2師団 | スマトラ島メダン
近衛歩兵第4連隊 | 明治20年5月24日 | 甲府 | 近衛 | 近衛師団 | 近衛師団 | 近衛第2師団 | スマトラ島メダン
近衛歩兵第5連隊 | 昭和14年10月25日 | 佐倉 |  |  | 近衛師団 | 近衛第2師団 | スマトラ島メダン
近衛歩兵第6連隊 | 昭和18年9月7日 | 東京 |  |  |  | 近衛第1師団 | 東京・皇居
近衛歩兵第7連隊 | 昭和18年9月7日 | 東京 |  |  |  | 近衛第1師団 | 東京・皇居
近衛歩兵第8連隊 | 昭和19年4月26日 | 東京 |  |  |  | 近衛第3師団 | 千葉県成東
近衛歩兵第9連隊 | 昭和19年4月26日 | 甲府 |  |  |  | 近衛第3師団 | 千葉県成東
近衛歩兵第10連隊 | 昭和19年4月26日 | 佐倉 |  |  |  | 近衛第3師団 | 千葉県成東

台湾歩兵連隊

台湾歩兵連隊は2個置かれ、日中戦争開戦以前は台湾守備隊に属していた。太平洋戦争では第48師団に属しフィリピン攻略蘭印作戦の主力を努めた。

台湾歩兵第1連隊(本隊)- 台北
台湾歩兵第1連隊(第3大隊)- 台中
連隊長
岩田正吉 大佐:1907年9月16日 - 1910年5月14日
奥村信猛 大佐:1910年5月14日 - 1912年11月30日
鈴木秀五郎 大佐:1912年11月30日 - 1916年1月21日
藤田直太郎 大佐:1916年1月21日 -
新井亀太郎 大佐:不詳 - 1921年7月20日
鈴木義雄 大佐:1921年7月20日 -
浜島高義 大佐:1923年8月6日 -
恒岡小文吾 大佐
高嶋辰彦 大佐:1940年12月2日 - 1941年10月15日
台湾歩兵第2連隊(本隊)- 台南
台湾歩兵第2連隊(第3大隊)- 高雄
連隊長
杉村愿簡 大佐:1907年9月16日 -
竹下平作 大佐:1908年12月21日 - 1911年10月24日
吉野文四郎 大佐:1911年10月24日 - 1913年8月22日
阿久津秀夫 大佐:1913年8月22日 - 1915年8月10日
松山良朔 大佐:1915年8月10日 - 1917年8月6日
守永弥惣次 大佐:1917年8月6日 -
松野亀雄 大佐:1921年6月28日 -
篠原四郎 大佐:1923年8月6日 -
田中透 少将

支那駐屯歩兵連隊

北清事変(義和団の乱)に際して、朝による外国公館保護が十分でなかったことから、列強は自国の公館を防衛するため軍隊を駐屯させる権利を得た。これに基いて、日本も天津に清国駐屯軍(後に支那駐屯軍に改称)を駐屯させ、その隷下に北平駐屯歩兵隊と天津駐屯歩兵隊を置いた。その後、昭和11年(1936年)4月18日に支那駐屯軍を強化したのにともない、北平駐屯歩兵隊を支那駐屯歩兵第1連隊に、天津駐屯歩兵隊を支那駐屯歩兵第2連隊に改編した。

昭和12年(1937年)7月7日に盧溝橋事件が発生し日中戦争が勃発、同年8月31日に支那駐屯軍を第1軍に改編し廃止した際直轄部隊は支那駐屯混成旅団に改編され、翌昭和13年(1938年)3月12日に支那駐屯兵団と改称した際に支那駐屯歩兵第3連隊が設けられた。 支那駐屯軍廃止以前は支那駐屯歩兵旅団、廃止後は支那駐屯混成旅団、昭和13年(1938年)3月12日から支那駐屯兵団に、同年6月21日からは第27師団に属した。

独立歩兵連隊

独立歩兵連隊は関東軍の独立混成第11旅団に属していたが、後に第26師団に属することとなった。各独立歩兵連隊は第26師団に属して以降も「独立歩兵第○○連隊」を称し続けた。

その他の歩兵連隊

以上のほか、部隊名に「歩兵連隊」が含まれるが、特殊な性格のものとして以下がある。

歩兵連隊の定員(明治23年平時編制)

明治23年(1890年)11月1日制定時の「陸軍定員令」(明治23年11月1日勅令第267号)によると、当時の歩兵連隊の平時定員は次の通りであった。1個連隊は3個大隊12個中隊から構成されていた。なお、本章において単に「軍曹」としたものは1等軍曹(判任官3等)又は2等軍曹(判任官4等)の意味である。また、諸工長は1等軍曹相当官であり、諸工下長は2等軍曹相当官である。

連隊長:大佐又は中佐
連隊附:少佐
副官:大尉
連隊旗手:少尉
武器掛:軍曹
喇叭長:軍曹
書記2名:軍曹
2等軍医正(少佐相当官、3個大隊のうち1つの軍医を兼ねる)
縫工長又は縫工下長1名
縫工20名
靴工長又は靴工下長1名
靴工10名

この内、連隊長、連隊附少佐、連隊副官、2等軍医正、大隊長及び大隊副官が乗馬本分者であり、連隊長及び大隊長には乗馬2匹が用意される。

よって、連隊全体では、将校70名、准士官下士145名、兵卒1,440名、各部66名の総計1,721名、軍馬14匹が定員となっていた。

行事

軍旗祭等の行事も行われた。

陸上自衛隊

詳細は「普通科 (陸上自衛隊)#普通科連隊」を参照

アメリカ陸軍

第二次世界大戦時

第二次世界大戦当時のアメリカ陸軍の歩兵連隊は総員3,068名で、編制は以下の通り。

出典:wikipedia
2020/04/04 17:28

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「台湾歩兵第2連隊」の意味を投稿しよう
「台湾歩兵第2連隊」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

台湾歩兵第2連隊スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「台湾歩兵第2連隊」のスレッドを作成する
台湾歩兵第2連隊の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail