このキーワード
友達に教える
URLをコピー

台湾諸語とは?

【台湾諸語】

【話される地域】
台湾
言語系統
オーストロネシア語族
【下位言語】

ISO 639-5
fox
台湾諸語の分布

台湾諸語(たいわんしょご、Formosan languages)は高山語台湾原住民語ともいわれ、言語学上はオーストロネシア語族(古くはマレー・ポリネシア語族)に属す台湾原住民言語である。かつては高砂語といわれていた。これは下位の「アタヤル語群」、「パイワン語群」、「ツォウ語群」からなり、23の言語が存在する。しかし、蘭嶼島に住むタオ族タオ語(マレー・ポリネシア語派に分類される)は除外される。オーストラリア国立大学の考古学者Matthew Spriggs教授はポリネシアに住む民族はみな台湾から分かれていったと考察している。形質人類学による解析データ、オーストロネシア語族における比較言語学による考証の成果も教授の提唱を支持している。 かつてシラヤ語の方言新港語で書かれた新港文書で書き言葉がみられる。現在は台湾諸語ローマ字を書き言葉としている。

歴史

オーストロネシア語族の拡散
詳細は「台湾原住民」を参照

台湾諸語はオーストロネシア語族の祖形を保持しており、考古学的にも新石器文化は台湾からフィリピンインドネシア方面へ拡大しているため、オーストロネシア語族は台湾から南下し、太平洋各地に拡散したとする説が有力である。

分類

オーストロネシア語族はまず台湾諸語マレー・ポリネシア語派の2つに分けられる。ただし台湾諸語は側系統群である。

台湾諸語は、アタヤル語群(タイヤル語群)、パイワン語群ツオウ語群に大別され、このうちパイワン語群に属するアミ語の話者が10万人前後と最も多く、その他の言語の話者は数千人以下である。

台湾諸語は23あり、そのうちの2つはアタヤル語群、18がパイワン語群、3がツォウ語群に所属する。

† は死語を表す。

台湾で話される言語のうち、台湾諸語ではなくマレー・ポリネシア語派フィリピン語群に分類される言語に、タオ語(ヤミ語)がある。

参考文献

中川,仁(監修・解説)王,麒銘(解説)(2019)『日本統治下における台湾語・客家語・蕃語資料 第3巻 蕃語研究』近現代資料刊行会 ISBN 9784863645387

参考資料


オーストロネシア語族
祖語

台湾諸語
※側系統群
アタヤル語群

ツォウ語群

パイワン語群


マレー・
ポリネシア
語派

フィリピン語群

ボルネオ諸語

中核マレー・ポリネシア語群
大洋州諸語
ミクロネシア
諸語


中央太平洋諸語
ポリネシア
諸語







・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/05/28 11:13

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「台湾諸語」の意味を投稿しよう
「台湾諸語」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

台湾諸語スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「台湾諸語」のスレッドを作成する
台湾諸語の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail