このキーワード
友達に教える
URLをコピー

合字とは?

 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年6月)

合字(ごうじ、: Ligature)とは、複数の文字を合成して一文字にしたもの。抱き字連字とも呼ばれる。ユリウス・カエサルの表記「Julius Cæsar」の「æ」が典型的な合字の例である。

総説

世界の様々な文字体系において、合字が考案され用いられてきた。国際音声記号 (IPA) にも合字が採用されている。

現代の欧文組版では、特定文字の組み合わせのときに、読みやすくする効果を狙って結合させることを合字と呼ぶ。

ラテン文字における合字のステージ

ラテン文字の代表的な合字

合字には、いくつかのステージが認められる。

  1. 筆記体の影響などから、デザイン上、単に複数の文字をくっつけて書いたもの。
  2. 活版印刷において、スペースを調整する目的(カーニング)により、いくつかの文字をくっつけた活字を作り、必要に応じて使用したもの。
  3. fi(fi), fl(fl) など、特定の組み合わせについて、統一的に合字を使うようになったもの。
    (恐らく)中文における博物館の合字
    ビャンビャン麺の「ビャン(
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2020/08/15 08:25

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「合字」の意味を投稿しよう
    「合字」のコンテンツはまだ投稿されていません。

    合字スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「合字」のスレッドを作成する
    合字の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail