このキーワード
友達に教える
URLをコピー

吉田勝己とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2015年3月)
吉田勝已

吉田 勝已(よしだ かつみ、1948年(昭和23年)11月23日 - )は日本競走馬生産者、馬主ノーザンファーム代表、ノーザンホースパーク代表取締役社長、社台スタリオンステーション(有限会社社台コーポレーション)代表取締役を務める。

目次

  • 1 経歴
  • 2 親族
  • 3 主な生産馬
  • 4 主な所有馬
    • 4.1 吉田勝已名義
    • 4.2 吉田和美名義
  • 5 脚注・出典
    • 5.1 注釈
    • 5.2 出典
  • 6 参考文献
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

経歴

1948年11月23日、当時社台牧場千葉富里分場の経営者であった吉田善哉の次男として生まれる。1歳上の兄に照哉、3歳下の弟に晴哉がいる。出生当日に天皇賞(秋)を制したカツフジにあやかり「勝哉」と名づけられるはずであったが、出生当時に限り「哉」が人名用漢字と認められていなかったことから、勝已と名づけられた。幼少より馬に親しみ、小学校4年次に母と兄弟が東京都港区に購入した家に移ったのちも、勝已だけは善哉の勧めで牧場に残り、雑用を手伝っていた。小学校卒業後は東京に移り、青山学院中等部慶應義塾高等学校を経て慶應義塾大学商学部に進学。高校、大学では馬術に没頭し、また、その活動を通じて妻となる和美とも知り合った。

大学4年次の末から、照哉が管理を任されていたイギリスのリッジウッド・スタッドを手伝いに入ったが、遊蕩し2カ月で日本に帰され、以後は善哉が北海道早来町に新設する社台ファーム早来(後のノーザンファーム)の建設作業に2年間従事した。その完成後は場長を任され、アンバーシャダイが1981年に有馬記念を制したのを皮切りに、数々の八大競走GI級競走優勝馬を生み出した。他方、社台ファーム白老の生産馬でGI競走2勝を挙げたサッカーボーイの引退に際しては、種牡馬としての繋養場所を巡って善哉と対立した。輸入種牡馬の優越を主張する善哉に対し、勝己は同馬の優れたスピードは輸入馬に劣らず、社台で繋養すべきだと説き、これを認めさせた。この出来事について勝己は後年「兄貴(照哉)は若い時から海外へ行って、アメリカの競馬や生産も目の当たりにしてきた。私の学生時代は馬術に熱中していて、関東学生選手権で優勝したり、インカレで2位になったり。競馬や生産にしても、基本的には日本でしか見ていませんでしたから、内国産種牡馬に対しての思い入れはあったかもしれません」と語っている。

1989年には妻・和美とともに乗馬文化普及をテーマとした公園・ノーザンホースパークを創業した。これは従業員の乗馬技術の向上や、生産馬が余生を送る場所の設置という目的もあった。1993年8月に善哉が死去すると、照哉が場長を務める社台ファーム千歳、勝己の社台ファーム早来、そして社台ファーム白老は、それぞれ社台ファーム、ノーザンファーム、白老ファームに分社化され、独立した牧場となった。1999年、ノーザンファームは東京優駿(日本ダービー)に優勝したアドマイヤベガらの活躍で初めてリーディングブリーダー(生産馬の獲得賞金額首位)となり、以降も社台ファームと首位の座を争い続けている。両牧場のライバル関係について勝己は「スタッフの間ではお互いをライバルだと思って気合いが入っている人も多いでしょう。それはそれでいいことですが、兄弟の間では意識していませんね」と述べている。2005年にはディープインパクト中央競馬史上6頭目のクラシック三冠を達成、最終的にはシンボリルドルフ以来の「七冠馬」となり、2008年に社台グループの生産馬として初めて中央競馬の殿堂入りを果たした。

親族

妻の吉田和美

主な生産馬

詳細は「ノーザンファーム」を参照

JRA顕彰馬となったものにディープインパクトジェンティルドンナJRA年度代表馬となったものにエアグルーヴジャングルポケットアドマイヤムーンブエナビスタアーモンドアイリスグラシューがいる。

主な所有馬

吉田勝已名義

勝己の勝負服
社台グループオーナーズ」および「LEX PRO」も参照

吉田勝己名義の競走馬は大半が社台グループオーナーズの所属馬であるが、LEX PROの所属馬(ゴールドドリームなど)や他馬主から中途購入した個人所有馬も含まれる。

GI競走優勝馬

その他重賞競走優勝馬

その他の馬

吉田和美名義

和美の勝負服色

吉田和美名義の所有馬は外国産馬、セールでノーザンファームが購入した他牧場生産馬が多数を占める。その他、健康面などの諸事情によりクラブでの募集やセールへの上場が叶わなかったノーザンファーム生産馬も含まれる。

GI級競走優勝馬

その他重賞競走優勝馬

脚注・出典

注釈

  1. ^ 後に社台ファーム代表。
  2. ^ 後に社台レースホース追分ファーム代表。
  3. ^ 社台ファーム早来生産馬。

出典

  1. ^ 木村(1998)p.18
  2. ^ 木村(1998)p.20
  3. ^ 木村(1998)p.22
  4. ^ 吉川(1999)p.208
  5. ^ 『競馬種牡馬読本2』p.71
  6. ^ 『優駿』2007年3月号、p.44
  7. ^ 吉川(1999)pp.379-380
  8. ^ 『優駿』2000年2月号、p.153
  9. ^ 社台G3代目のお値打ち良血馬戦略グノシー、2015年11月24日閲覧
  10. ^ 社台G3代目のお値打ち良血馬戦略グノシー、2015年11月24日閲覧
  11. ^ ゴールドドリームnetkeiba.com、2017年2月19日閲覧
  12. ^ 第32回 マイルチャンピオンシップ”. JRA. 2015年11月22日閲覧。
  13. ^ 2015年レース結果 - JBIS 2015年3月23日閲覧

参考文献

関連項目

外部リンク

社台グループ
社台ファーム | 
人物 | 

吉田照哉(代表) - 吉田千津(代表夫人) - 吉田哲哉(副代表)


施設 | 

日高社台ファーム - 社台ブルーグラスファーム - 山元トレーニングセンター - グリーンウッド・トレーニング


クラブ法人 | 

社台レースホース - グリーンファーム


その他 | 

千葉サラブレッドセール



ノーザンファーム | 
人物 | 

吉田勝己(代表) - 吉田和美(代表夫人) - 吉田俊介(副代表) - 中島文彦 - 木實谷雄太 - 松本康宏 - 米本昌史


施設 | 

ノーザンファーム空港牧場 - ノーザンファームYearling - ノーザンファームしがらき - ノーザンファーム天栄 - ノーザンホースパーク - レイクヴィラファーム(業務協力)


クラブ法人 | 

サンデーレーシング - キャロットファーム - シルクレーシング


その他 | 

ノーザンレーシング



追分ファーム | 
人物 | 

吉田晴哉(代表) - 吉田安恵(代表夫人) - 吉田正志(副代表)


施設 | 

追分ファームリリーバレー


クラブ法人 | 

G1レーシング



グループ共通 | 

社台スタリオンステーション - 社台コーポレーション白老ファーム - 早来ファーム - 社台ホースクリニック - セレクトセール - 社台グループオーナーズ


関連項目 | 

吉田善哉(創業者) - 吉田和子(創業者夫人) - 東京ホースレーシング - ノーザンテースト - サンデーサイレンス



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/01/22 15:48

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「吉田勝己」の意味を投稿しよう
「吉田勝己」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

吉田勝己スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「吉田勝己」のスレッドを作成する
吉田勝己の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail