このキーワード
友達に教える
URLをコピー

吉田友佳とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
同・神奈川県横浜市
【生年月日】
(1976-04-01) 1976年4月1日(43歳)
【身長】
160cm
【体重】
51kg
【利き手】

【バックハンド】
両手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
1994年
【引退年】
2005年
【ツアー通算】
3勝
【シングルス】
0勝
【ダブルス】
3勝
【生涯通算成績】
462勝436敗
【シングルス】
274勝262敗
【ダブルス】
188勝174敗
【生涯獲得賞金】
$669,605
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
2回戦(1997・98)
全仏
2回戦(1997)
全英
2回戦(1997)
全米
2回戦(1997)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
3回戦(2001)
全仏
2回戦(1997・99)
全英
2回戦(1997)
全米
ベスト8(1998)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
52位(1997年9月8日)
【ダブルス】
51位(1999年5月3日)
テンプレート プロジェクト テニス

吉田 友佳(よしだ ゆか, 現姓:金子、1976年4月1日 - )は、神奈川県横浜市出身の元女子プロテニス選手。両手打ちのバックハンド・ストロークを最大の武器にしたベースライン・プレーヤーである。WTAツアーでシングルス優勝はないが、ダブルスで3勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス52位、ダブルス51位。身長160cm、体重51kg、右利き。

目次

  • 1 来歴
  • 2 WTAツアー決勝進出結果
    • 2.1 シングルス: 1回 (0勝1敗)
    • 2.2 ダブルス: 5回 (3勝2敗)
  • 3 4大大会シングルス成績
  • 4 脚注
  • 5 外部リンク

来歴

7歳からテニスを始める。ジュニア選手時代、1993年ウィンブルドン女子ダブルス部門で望月寛子とのペアで準優勝し(決勝でベルギーのペアに敗退)、全米オープン女子ジュニアでもシングルス・ダブルスの両部門で準優勝を記録した。湘南工科大学附属高等学校を卒業後、1994年4月にプロ入り。1995年ジャパン・オープン女子ダブルスで佐伯美穂とペアを組み、杉山愛長塚京子の組を 6-7, 6-4, 7-6 で破って初優勝を飾る。1996年11月にタイパタヤ市の大会で、佐伯とのペアでダブルス2勝目を達成。吉田と佐伯の組は1997年全日本テニス選手権でも優勝した。

1997年4月のインドネシアジャカルタ大会でツアー唯一のシングルス決勝に進出した。決勝は沢松奈生子との日本人対決となり 3–6, 2–6 で敗れた。

1998年から2001年まで、吉田は女子テニス国別対抗戦・フェドカップの日本代表選手としてプレーした。1998年全米オープン女子ダブルスで、吉田と佐伯の組はベスト8に進出し、準々決勝で第2シードのリンゼイ・ダベンポート&ナターシャ・ズベレワ組に 1-6, 1-6 で敗れた。

2003年全日本テニス選手権で、吉田は女子シングルス決勝で佐伯美穂を 6-4, 6-2 で破って初優勝を飾り、ダブルスでは佐伯とのペアで6年ぶり2度目の優勝を成し遂げて“単複2冠制覇”を決めた。2005年2月のメンフィス大会では9年ぶりのダブルス3勝目を挙げた。2005年全仏オープン予選1回戦でルーシー・サファロバに敗れた試合が最後の出場になり2005年9月21日に現役を引退した。

引退後はテレビ解説者として活動している。2011年にアスレティックトレーナーと結婚した。

2013年にフェドカップ日本代表監督に就任。しかし2014年は入れ替え戦で敗れ、ワールドグループⅡからアジア・オセアニアゾーンⅠに降格。2015年は入れ替え戦で敗れてワールドグループ復帰を逃し、任期満了で退任した。

WTAツアー決勝進出結果

シングルス: 1回 (0勝1敗)

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (0–0)
ティア II (0–0)
ティア III (0–0)
ティア IV & V (0–1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 | 1. | 1997年4月27日 |  ジャカルタ | ハード |  沢松奈生子 | 3–6, 2–6

ダブルス: 5回 (3勝2敗)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 | 1. | 1995年4月16日 |  東京 | ハード |  佐伯美穂 |  杉山愛
長塚京子 | 6-7, 6-4, 7-6
優勝 | 2. | 1996年11月24日 |  パタヤ | ハード |  佐伯美穂 |  ティナ・クリザン
宮城ナナ | 6-2, 6-3
準優勝 | 1. | 1997年4月27日 |  ジャカルタ | ハード |  レンカ・ネメチコバ |  ケリー=アン・グース
クリスティン・ラドフォード | 4-6, 7-5, 5-7
準優勝 | 2. | 1999年11月14日 |  クアラルンプール | ハード |  平木理化 |  エレナ・コスタニッチ
ティナ・ピスニク | 6-3, 2-6, 4-6
優勝 | 3. | 2005年2月20日 |  メンフィス | ハード
(室内) |  佐伯美穂 |  ローラ・グランビル
アビゲイル・スピアーズ | 6-3, 6-4

4大大会シングルス成績

略語の説明
W | F | SF | QF | #R | RR | Q# | LQ | A | WG | Z# | PO | SF-B | S | G | NMS | NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

【大会】
【1995】
【1996】
【1997】
【1998】
【1999】
【2000】
【2001】
【2002】
【2003】
【2004】
【2005】
通算成績
全豪オープン | 1R | LQ | 2R | 2R | 1R | LQ | LQ | A | LQ | LQ | LQ | 2–4
全仏オープン | LQ | LQ | 2R | 1R | LQ | LQ | LQ | A | LQ | LQ | LQ | 1–2
ウィンブルドン | A | LQ | 2R | 1R | LQ | 1R | LQ | A | LQ | LQ | A | 1–3
全米オープン | LQ | LQ | 2R | 1R | LQ | LQ | LQ | A | LQ | LQ | A | 1–2

脚注

  1. ^ 結婚式のご報告☆” (日本語). 吉田友佳オフィシャルサイト (2011年11月24日). 2013年5月26日閲覧。
  2. ^ フェド杯監督に吉田友佳氏=テニス協会
  3. ^ 吉田友佳フェド杯監督は任期満了でチームから退く THE TENNIS DAILY(2015年5月22日)

外部リンク

全日本テニス選手権女子シングルス優勝者

女単 | 男複 ・ 女複 ・ 混複

全日本テニス選手権女子ダブルス優勝者
20・30年代 | 
  • (1924年)鴨井一枝&小林春子
  • (1925年・26年)羽山住江&安宅登美子
  • (1927年・28年)滝口澪子&飯村敏子
  • (1929年)朝吹磯子&小林知子
  • (1930年)戸田定代&増田登志江
  • (1931年)滝口澪子&小林知子
  • (1932年)中村千賀&棚橋糸子
  • (1933年)立花文子&林美喜子
  • (1934年・35年)岡田早苗&山岸久子
  • (1936年)佐々倉久美&原田美智子
  • (1937年)戸田定代&マリー・ホーン
  • (1938年)大浦直子&原久子
  • (1939年)木全豊子&沢田佳

40・50年代 | 
  • (1940年)加茂幸子&加茂純子
  • 1941年 大会開催なし
  • (1942年)加茂幸子&大浦直子
  • 1943年-45年 大会開催なし
  • (1946年)井上早苗&大浦直子
  • (1947年)井上早苗&山川道子
  • (1948年・49年)加茂幸子&朝長慶子
  • (1950年)加茂幸子&中牟田純子
  • (1951年-55年)宮城黎子&朝長慶子
  • (1956年)宮城黎子&井上早苗
  • (1957年)宮城黎子&中浴靖子
  • (1958年)保田多美子&有田雅子
  • (1959年)宮城黎子&井上早苗

  • 60・70年代 | 
  • (1960年-62年)宮城黎子&福井昭子
  • (1963年)小幡陽子&空野桂子
  • (1964年)ヘルガ・シュルツェ&マーゴット・シュルツェ
  • (1965年)太田智恵子&風呂本操
  • (1966年・67年)小幡陽子&後神澄江
  • (1968年)畠中君代&飯田藍
  • (1969年)畠中君代&村上智佳子
  • (1970年)キャスリーン・ハーター&エヴァ・ルンドクイスト
  • (1971年・72年)畠中君代&村上智佳子
  • (1973年)沢松和子&福岡加余子
  • (1974年)飯田藍&野村貴洋子
  • (1975年)楊正順&雀景美
  • (1976年)佐藤直子&中川清美
  • (1977年)塚本国代&中川清美
  • (1978年)畠中君代&米沢そのえ
  • (1979年)塚本国代&中川清美

  • 80・90年代 | 
  • (1980年)畠中君代&米沢そのえ
  • (1981年)古橋富美子&柳昌子
  • (1982年)古橋富美子&野村貴洋子
  • (1983年)塚本国代&中川清美
  • (1984年)佐藤直子&柳昌子
  • (1985年)井上悦子&柳昌子
  • (1986年)佐藤直子&岡本久美子
  • (1987年)飯田栄&西谷明美
  • (1988年)佐藤直子&木戸脇真也
  • (1989年)伊達公子&木戸脇真也
  • (1990年・91年)平木理化&遠藤愛
  • (1992年・93年)平木理化&宮城ナナ
  • (1994年)雉子牟田直子&田中由夏
  • (1995年)浅越しのぶ&松田愛子
  • (1996年)雉子牟田直子&神尾米
  • (1997年)佐伯美穂&吉田友佳
  • (1998年)石田恵子&永冨恵子
  • (1999年)浅越しのぶ&久松志保

  • 00・10年代 | 
  • (2000年)井上青香&井上摩衣子
  • (2001年)平木理化&藤原里華
  • (2002年)杉山愛&藤原里華
  • (2003年)佐伯美穂&吉田友佳
  • (2004年)金恵美&田口景子
  • (2005年)岡本聖子&高瀬礼美
  • (2006年)飯島久美子&波形純理
  • (2007年)新井麻葵&米村知子
  • (2008年)クルム伊達公子&藤原里華
  • (2009年)浜村夏美&米村知子
  • (2010年)浜村夏美&藤原里華
  • (2011年)青山修子&高畑寿弥
  • (2012年・13年)青山修子&波形純理
  • (2014年)二宮真琴&田中真梨
  • (2015年)久見香奈恵&高畑寿弥
  • (2016年)今西美晴&大前綾希子

  • 男単 ・女単 | 男複 ・ 混複

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/11/28 23:32

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「吉田友佳」の意味を投稿しよう
    「吉田友佳」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    吉田友佳スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「吉田友佳」のスレッドを作成する
    吉田友佳の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail