このキーワード
友達に教える
URLをコピー

吉見一起とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
京都府福知山市
【生年月日】
(1984-09-19) 1984年9月19日(34歳)
【身長
体重】
182 cm
90 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
2005年 希望入団枠
【初出場】
2006年9月10日
【年俸】
9,000万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

派遣歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


吉見 一起(よしみ かずき、1984年9月19日 - )は、京都府福知山市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 中日時代
  • 2 選手としての特徴
  • 3 人物
  • 4 詳細情報
    • 4.1 年度別投手成績
    • 4.2 タイトル
    • 4.3 表彰
    • 4.4 個人記録
    • 4.5 背番号
    • 4.6 登場曲
    • 4.7 代表歴
  • 5 関連情報
    • 5.1 著書
  • 6 脚注
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

経歴

プロ入り前

小学校2年生の時に野球を始めた。高校時代は金光大阪のエースとして2002年第74回選抜大会に初出場するも1回戦で森岡良介(東京ヤクルトスワローズ)らを擁する明徳義塾に敗れる。

卒業後トヨタ自動車に入り、社会人ナンバー1投手と評された。吹田市立片山中学校同窓生(1学年上)の妻と出会ったのもこの頃。肘の手術もあり評価はやや下がっていたものの、2005年のドラフトの目玉となり、2005年のドラフト希望入団枠中日ドラゴンズに入団した。背番号は19

中日時代

2006年は9月10日に一軍昇格し、対広島東洋カープ戦でプロ初登板し1回1/3を無失点、9月18日の対横浜DeNAベイスターズ戦で5回2失点で初勝利。日本シリーズにも中継ぎとして登板する。2007年ファーム日本選手権で最優秀選手賞、ドミニカ共和国ウィンターリーグに参加し、帰国後の12月16日に結婚。

2008年オープン戦で3試合15イニングを無失点に抑え、初の開幕一軍入り。4月6日の対東京ヤクルトスワローズ戦で初完投・初完封勝利。4月13日の広島戦で被安打11ながら連続完封する。開幕からの連続無失点イニングを24回2/3まで伸ばし、8連勝はチームタイ記録。また、同シーズンはウエスタン・リーグ開幕投手を務めた。一時期はチーム事情からセットアッパーに回ったが、右肩の故障によりチームから一時離脱、出場が決まっていたオールスターゲームは出場を辞退した。肩痛が癒えた夏以降は再び先発ローテーションに戻り、このシーズンは10勝を記録した。また、シーズン通算2完封はコルビー・ルイス(広島)と並びセ・リーグ最多であった。

2009年は先発ローテーション入りし、4月4日の対横浜ベイスターズ戦でシーズン初先発を95球完封勝利、前半戦最後の登板となった7月18日の対横浜戦で、シーズン10勝目・4度目の完封勝利。オールスターゲームに監督推薦で選出され、第二戦に登板するが敗戦投手となる。後半戦は10月3日の対横浜戦で16勝目、最終的に館山昌平(ヤクルト)と共に16勝で最多勝利防御率も1.996(同僚のチェンに次ぐリーグ2位)、シーズン通算4完封はチェン、涌井秀章(埼玉西武ライオンズ)と並び両リーグ最多、無四球試合3試合は両リーグ通じて単独最多。

2010年、自身初の開幕投手(対広島戦)を務め、6回3失点で敗戦投手となる。巨人相手に5勝するなど3年連続二桁勝利。CSファイナルステージでは第二戦に、日本シリーズでは初戦に先発し1敗。

2011年、前年に痛めた肘を2度手術した影響でシーズン開幕には間に合わなかったが、一軍合流後は活躍し、オールスターゲームにも監督推薦で選出され、9月には自身初の月間MVPを獲得。最終的に内海哲也(巨人)と並ぶ18勝を挙げ2度目の最多勝を獲得し、4年連続の二桁勝利となった。防御率も1.65と自身2度目の防御率1点台を記録し、初の最優秀防御率のタイトルも獲得した。さらに、谷繁元信と共に、自身初の最優秀バッテリー賞も受賞した。その他、最高勝率(.857)、最多完封(3完封)、最多無四球試合(3試合)も達成している。

ヤクルトとのクライマックスシリーズファイナルステージでは、11月2日の第1戦に先発し7回1/3を投げて1失点で勝利。中日が日本シリーズ進出を決めた11月6日の第5戦にも中3日で再び先発し、館山昌平とのエース対決を制し、8回を投げて無失点で同シリーズ2勝目を挙げた。防御率も0.59で、クライマックスシリーズMVPを受賞した。落合監督も、試合後の優勝監督インタビューの中で、「(監督に)就任してから、吉見のこんないいピッチングを見たのは初めてで素晴らしかった」と絶賛した。日本シリーズでは第2戦に先発、6回1/3を1失点で勝敗つかず、第6戦でも先発し7回2/3を1失点で勝利投手となり、敢闘選手賞を受賞。

2012年、選手会長に就任。2年ぶり2度目の開幕投手を務めた。開幕戦は2年前の開幕戦で投げ負けた前田健太との投げ合いだったが、途中までノーヒットノーランという快投を見せ、自身初の開幕戦勝利投手となった。5月2日から6月16日まで左脚大腿二頭筋挫傷により登録抹消、また9月19日からリーグ戦終了の10月5日まで右肘の肘頭骨棘骨折により再度抹消となり、2ヶ月以上を二軍で過ごし規定投球回に満たなかったものの、自身初のシーズン最多完投勝利、4度目の最多完封、3度目の最多無四球試合を達成した。また、中日では星野仙一以来となる5年連続二桁勝利も達成した。オフの12月4日に、第3回WBC日本代表候補選手34人が発表され候補入りした。

2013年、開幕前に、手術した右肘の状態が思わしくなく第3回WBC日本代表を辞退した。シーズンでは2年連続で開幕投手を務め(対DeNA戦)、7回1失点に抑え、勝利投手の権利を持って降板したが、後続が打たれたため勝ち負けは付かなかった。その後は右肘の張りによる2度の登録抹消を経て、6月4日に右肘内側側副靱帯の再建手術(トミー・ジョン手術)と右肘関節内クリーニング手術を受け、そのままシーズンを終えた。

2014年、7月8日の対ヤクルト戦で427日ぶりのマウンドに立ったが、安定感を欠き、3試合登板、0勝1敗に終わった。

2015年、4月1日の対読売ジャイアンツ戦でマウンドに立ち、946日ぶりに勝利を飾った。その後中7-10日で使われ安定した投球を続けたが、試合中に再度右肘に違和感を感じ緊急降板。登録を抹消され再度手術となった。オフ(11月13日)の契約更改では今季の年俸が9900万円だったことを明かした上で、1000万円減(約10%)の8900万円で合意した

2016年、開幕後まもなく先発ローテーション入りし、100球前後という球数制限を受けながらも21試合に先発。怪我なく6勝7敗でシーズンを終えた。

2017年は3勝に留まった。

2018年、8月11日に6年振りの無四球完封勝利を挙げた。

選手としての特徴

通算与四球率1.55の抜群の制球力を武器とする。ノーワインドアップのスリークォーターから速球と同じ腕の振りで投げるスライダーシュートフォークボールチェンジアップを投げ分ける。カットボールパームボールも投げることができるが、基本的な球種であるカーブは投げられない。ストレートの球速はかつては平均球速約141km/h、最速148km/hを計測していたが、アマチュア時代を含めて肩や肘を数回故障した影響からか2011年以降は平均球速は約139km/hに満たず、最速でも146km/h程度になっている。

投球のテンポが良く、打者を2ストライクに追い込んでからは圧倒的な強さを誇る。また試合終盤に強く、2009年には球数90を越えて以降の被打率.149と驚異的な数値を残した。

人物

阪神タイガース岩田稔とは高校時代に大阪市内の同じ治療院に通っていた。

高校時代から、マウンドのトンボかけは3年生のチームの中心選手になっても後輩に任せず自分でやっていたなど自己顕示が強い。

二人の弟(双子)がおり、二人とも兄・一起と同じ金光大阪高等学校の野球部に所属していた。2007年夏には大阪府大会決勝で中田翔を擁する大阪桐蔭高校を破って甲子園行きを決めた。両者とも甲子園メンバー入りしている。妹も同校野球部のマネージャーを務めていた。

トヨタ自動車の先輩に当たる金子千尋の影響で夫婦ともども風水に凝っている。ラッキーカラーは。チームカラーに合わないため、登板前日は真っ赤なトランクスを履いて寝る。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

2006 | 中日 | 4 | 2 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 53 | 13.1 | 10 | 1 | 3 | 0 | 0 | 10 | 0 | 0 | 4 | 4 | 2.70 | 0.98
2007 | 5 | 4 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | .000 | 74 | 14.2 | 25 | 5 | 7 | 0 | 0 | 14 | 1 | 0 | 14 | 12 | 7.36 | 2.18
2008 | 35 | 14 | 3 | 2 | 0 | 10 | 3 | 0 | 10 | .769 | 476 | 114.1 | 118 | 11 | 25 | 0 | 4 | 82 | 1 | 0 | 46 | 41 | 3.23 | 1.25
2009 | 27 | 25 | 5 | 4 | 3 | 16 | 7 | 0 | 1 | .696 | 750 | 189.1 | 166 | 10 | 33 | 2 | 3 | 147 | 6 | 1 | 52 | 42 | 2.00 | 1.05
2010 | 25 | 25 | 1 | 1 | 0 | 12 | 9 | 0 | 0 | .571 | 659 | 156.2 | 159 | 19 | 25 | 4 | 5 | 115 | 5 | 0 | 67 | 61 | 3.50 | 1.17
2011 | 26 | 25 | 5 | 3 | 3 | 18 | 3 | 0 | 0 | .857 | 734 | 190.2 | 143 | 8 | 23 | 1 | 4 | 120 | 0 | 0 | 38 | 35 | 1.65 | 0.87
2012 | 19 | 19 | 6 | 2 | 3 | 13 | 4 | 0 | 0 | .765 | 529 | 138.2 | 121 | 5 | 13 | 0 | 0 | 76 | 1 | 0 | 28 | 27 | 1.75 | 0.97
2013 | 6 | 6 | 0 | 0 | 0 | 1 | 4 | 0 | 0 | .200 | 157 | 36.1 | 40 | 5 | 10 | 3 | 0 | 29 | 0 | 0 | 19 | 19 | 4.71 | 1.38
2014 | 3 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | .000 | 62 | 15.0 | 16 | 4 | 2 | 0 | 0 | 6 | 0 | 0 | 8 | 7 | 4.20 | 1.20
2015 | 8 | 8 | 0 | 0 | 0 | 3 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 186 | 48.0 | 34 | 0 | 12 | 0 | 1 | 39 | 1 | 0 | 5 | 5 | 0.94 | 0.96
2016 | 21 | 21 | 1 | 0 | 0 | 6 | 7 | 0 | 0 | .462 | 535 | 131.1 | 134 | 11 | 27 | 2 | 0 | 81 | 1 | 0 | 49 | 45 | 3.08 | 1.23
2017 | 14 | 14 | 0 | 0 | 0 | 3 | 7 | 0 | 0 | .300 | 334 | 75.2 | 93 | 8 | 14 | 0 | 1 | 38 | 0 | 0 | 49 | 44 | 5.23 | 1.41
2018 | 20 | 20 | 1 | 1 | 1 | 5 | 7 | 0 | 0 | .417 | 516 | 125.2 | 136 | 15 | 24 | 0 | 4 | 61 | 1 | 1 | 54 | 54 | 3.87 | 1.27
NPB:13年 213 | 186 | 22 | 13 | 10 | 88 | 53 | 0 | 11 | .624 | 5065 | 1249.2 | 1195 | 102 | 218 | 12 | 22 | 818 | 17 | 2 | 433 | 396 | 2.85 | 1.13

タイトル

表彰

個人記録

投手記録
打撃記録

背番号

登場曲

▪︎「ポストに声を投げ入れて」YUKI(2018年-)※登板時

代表歴

関連情報

著書

脚注

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2019年1月20日閲覧。
  2. ^ 雑誌『週刊ベースボール』2008年8月25日号 「白球入魂 覚醒の裏側 吉見一起」35-39ページ
  3. ^ 被安打11以上の完封は、1989年8月4日の対読売ジャイアンツ戦(横浜スタジアム)で大洋新浦壽夫が13安打を打たれて以来の記録となる。
  4. ^ 吉見、エースの重責果たす好投!落合監督「素晴らしかった」 スポニチアネックス 2011年11月6日付 中日が2年連続の日本シリーズへ! 落合監督「誰一人欠けてもできなかった」 Baseball Times 2011年11月6日付。落合監督、ソフトBとの日本S実現に「王さんとの約束があったから」 Baseball Times 2011年11月6日付
  5. ^ 35年ぶり!中日・吉見、5年連続10勝 サンケイスポーツ 2012年8月23日付
  6. ^ 2013WBC日本代表候補選手発表 日本野球機構 (2012年12月4日) 2015年4月3日閲覧
  7. ^ 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表候補選手 日本野球機構 (2012年12月4日) 2015年4月3日閲覧
  8. ^ 吉見WBC辞退!右肘不安で苦渋の決断 日刊スポーツ 2013年1月8日付
  9. ^ 【中日】吉見、右肘手術終了!7日退院へ 日刊スポーツ 2013年6月4日付
  10. ^ 中日吉見10%減8900万円「僕に期待しないで」 - 日刊スポーツ(2015年11月13日11時35分)
  11. ^ 吉見が1000万円減、大島1600万円増 中日の契約更改 - 2015年11月13日 21時02分。オリジナルからのアーカイブ。
  12. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2012年、96頁。ISBN 978-4-905411-04-8。
  13. ^ CBCサンデードラゴンズ2009年12月27日放送分
  14. ^ 『2011プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2011年、183頁。ISBN 978-4-930942-98-2。
  15. ^ “帰ってきたサンデー吉見 1カ月半ぶり1軍登板!MAX148キロ”. 中日スポーツ. (2008年9月8日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/hold/dragons/news/2008/200809/CK2008090802000082.html 2015年2月28日閲覧。
  16. ^ “中日吉見収穫103球 2軍戦で6回9K”. nikkansports.com. (2014年6月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140628-1325227.html 2015年2月28日閲覧。
  17. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹『プロ野球スカウティングレポート2010』アスペクトムック、2010年、58-59頁。ISBN 978-4-7572-1744-7。
  18. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2010』白夜書房、2010年、30頁。ISBN 978-4-86191-595-6。
  19. ^ 特別読み物どう見極めるのか プロ野球ザ・スカウト 才能があってもダメなヤツ、素質がなくても出てくるヤツ 週刊現代2012年4月30日号より。
  20. ^ “ヤナセ・プロ野球MVP賞、2011年度は3球団の投手が受賞”. レスポンス. (2011年12月27日). https://response.jp/article/2011/12/27/167681.html 2018年2月28日閲覧。

関連項目

外部リンク

中日ドラゴンズ 2019
監督 | 

一軍コーチ | 
  • 91 伊東勤(ヘッド)
  • 85 村上隆行(打撃)
  • 71 波留敏夫(打撃)
  • 74 阿波野秀幸(投手)
  • 84 赤堀元之(投手)
  • 80 中村武志(バッテリー)
  • 83 奈良原浩(内野守備走塁)
  • 78 工藤隆人(外野守備走塁)
  • 96 勝崎耕世(コンディショニング)
  • 95 塚本洋(コンディショニング)

  • 二軍監督・コーチ | 
  • 82 小笠原道大(監督)
  • 79 石井昭男(打撃)
  • 75 森野将彦(打撃)
  • 87 門倉健(投手)
  • 86 小笠原孝(投手)
  • 81 浅尾拓也(投手)
  • 72 田村藤夫(バッテリー)
  • 88 荒木雅博(内野守備走塁)
  • 89 英智(外野守備走塁)
  • 90 立石充男(巡回野手)
  • 93 宮前岳巳(コンディショニング)

  • 投手 | 
  • 11 小笠原慎之介
  • 12 田島慎二
  • 14 谷元圭介
  • 16 又吉克樹
  • 17 柳裕也
  • 18 松坂大輔
  • 19 吉見一起
  • 21 岡田俊哉
  • 22 大野雄大
  • 24 福谷浩司
  • 25 佐藤優
  • 28 梅津晃大
  • 29 山井大介
  • 30 阿知羅拓馬
  • 33 祖父江大輔
  • 34 福敬登
  • 40 石川翔
  • 41 勝野昌慶
  • 43 三ツ間卓也
  • 46 鈴木博志
  • 47 笠原祥太郎
  • 50 清水達也
  • 54 藤嶋健人
  • 57 ロドリゲス
  • 59 山本拓実
  • 61 垣越建伸
  • 64 小熊凌祐
  • 65 伊藤準規
  • 69 丸山泰資
  • 70 ロメロ
  • 97 R.マルティネス
  • 98 木下雄介
  • 99 鈴木翔太

  • 捕手 | 
  • 27 大野奨太
  • 35 木下拓哉
  • 38 松井雅人
  • 39 武山真吾
  • 45 杉山翔大
  • 52 加藤匠馬
  • 58 石橋康太
  • 68 桂依央利

  • 内野手 | 
  • 0 高松渡
  • 1 京田陽太
  • 3 高橋周平
  • 5 阿部寿樹
  • 7 根尾昂
  • 9 石川駿
  • 32 石垣雅海
  • 36 石岡諒太
  • 37 三ツ俣大樹
  • 48 溝脇隼人
  • 53 亀澤恭平
  • 55 福田永将
  • 63 堂上直倫
  • 66 ビシエド

  • 外野手 | 
  • 4 藤井淳志
  • 6 平田良介
  • 8 大島洋平
  • 23 遠藤一星
  • 26 井領雅貴
  • 31 渡辺勝
  • 42 アルモンテ
  • 44 モヤ
  • 49 伊藤康祐
  • 51 滝野要
  • 56 松井佑介
  • 62 友永翔太
  • 67 近藤弘基

  • 育成選手 | 
  • 201 ブリトー(投手)
  • 202 浜田智博(投手)
  • 203 濱田達郎(投手)
  • 206 大藏彰人(投手)
  • 209 石田健人マルク(投手)
  • 210 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/06/26 19:11

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「吉見一起」の意味を投稿しよう
    「吉見一起」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    吉見一起スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「吉見一起」のスレッドを作成する
    吉見一起の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail