このキーワード
友達に教える
URLをコピー

名もなき詩とは?

【「名もなき詩」】

Mr.Childrenシングル
【初出アルバム『深海』】

B面
また会えるかな
【リリース】

【規格】
8cmシングル
ジャンル
J-POP
ロック
【時間】

レーベル
トイズファクトリー
作詞・作曲
桜井和寿
プロデュース
小林武史
ゴールドディスク


【チャート最高順位】

  • 週間1位(オリコン)
  • 1996年2月度月間1位(オリコン)
  • 1996年度年間1位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング12位

  • Mr.Children シングル 年表
    シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
    (1995年) | 名もなき詩
    (1996年) | 花 -Mémento-Mori-
    (1996年)

    深海 収録曲
    Making songs
    (6) | 名もなき詩
    (7) | So Let's Get Truth
    (8)


    名もなき詩」(なもなきうた)は、Mr.Childrenの10枚目のシングル1996年2月5日トイズファクトリーより発売。

    目次

    • 1 概要
    • 2 チャート成績
    • 3 収録曲
    • 4 脚注
    • 5 収録アルバム

    概要

    前作から約半年ぶりに発売されたシングル。

    ジャケットは桜井の舌に「NO NAME」と書かれているもので、このジャケットを友人に見せたところ「もうインディーズじゃないんだから」と笑い飛ばされたという。

    シングル曲のインストゥルメンタルバージョンが収録されたのは本作までとなっており、それ以降は2005年発売の27thシングル「四次元 Four Dimensions」に「ヨーイドン」のインストゥルメンタルバージョンが収録されているのみとなっている。

    チャート成績

    オリコンシングルチャートで初週の売上枚数が当時の歴代最高となる120.8万枚を記録し、オリコン史上初となる初週売上のみで100万枚を突破したシングルである。本作は月曜日の発売だったため、店によっては流通の関係上前週の金曜日から販売されているところもあったが、全て発売週の売上として集計された。

    最終的な累計売上は230.9万枚で、4thシングル「CROSS ROAD」から7作連続でミリオンセラーを達成した。Mr.Childrenのシングルでは6thシングル「Tomorrow never knows」に次いで2番目に高い売上を記録。オリコンの集計では1996年3月25日付にてCHAGE and ASKA以来2組目となるシングル2作目の200万枚超を達成。1996年の年間シングルランキングでも1位となり、オリコン史上3組目となる2度目のシングル年間1位を獲得した。

    収録曲

    1. 名もなき詩
      フジテレビドラマピュア主題歌。また、発売から7年後の2003年エリエールCMソング(新垣結衣出演)としても起用された。
      Mr.ChildrenではPVが制作されていない数少ないシングル曲で、テレビ番組では独自の映像やライブ映像を流すことで対応している。
      歌詞に発売当時は放送問題用語だった「ノータリン」が含まれているため、トイズファクトリーは放送局に市販とは異なる当該箇所の歌詞を差し替えた曲を収めた「PR-275」という品番のCDを作成・配布して放送に対応した。当該の歌詞は「言葉では足りん」と替えられているが、1996年4月5日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で披露した際には、歌詞テロップを無視して「僕はノータリン」と歌った。また、『FAN』(日本テレビ系)に出演した際には、1番のAメロとBメロを弾き語りでアレンジしたバージョンで披露し、その際桜井はイントロの部分でハーモニカを演奏している。
      シングルの中では5thシングル「innocent world」、15thシングル「終わりなき旅」などと共にライブで演奏される回数が多い曲で、ライブでは1番のサビを観客に歌わせる演出が行われることがある。
      後に開催されたファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」では24位に選ばれた。
    2. また会えるかな
      • 作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children
      NISSANブルーバード」CMソング。テレビ朝日系バラエティー「あいつ今何してる?」でも使用されている。
      桜井はこの曲について「下心が育てた曲」と語っている。
      5thアルバム『深海』に収録されている「臨時ニュース」では少しだけこの曲が流れている。
    3. 名もなき詩 (Instrumental Version)

    脚注

    1. ^ 1997年からはオリコンの集計方式が変更され、発売週より前に集計された売上はそのままその週の売上になり、発売日によって集計期間が少なくなることはあっても多くなることはなくなった。
    2. ^ オリコンと集計方法が異なるプラネットや、オリコンの数字に加え有線放送のリクエスト数などを加味した独自の集計方法を取っているTBS系『COUNT DOWN TV』での年間シングルチャート1位は「DEPARTURES」(globe)で、本作は年間2位となっている。
    3. ^ ライブツアー『Mr.Children TOUR 2011 "SENSE"』では2番のサビを歌わせた。
    4. ^ 映画「Mr.Children REFLECTION」 劇場公開パンフレット
    5. ^ B-SIDE』ライナーノーツより。

    収録アルバム

    Mr.Children(カテゴリ)
    桜井和寿 - 田原健一 - 中川敬輔 - 鈴木英哉
    シングル | 
    CD | 
    1990年代 | 
    92年 | 
    1.君がいた夏 - 2.抱きしめたい

    93年 | 
    3.Replay - 4.CROSS ROAD

    94年 | 
    5.innocent world - 6.Tomorrow never knows - 7.everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-

    95年 | 
    8.【es】 〜Theme of es〜 - 9.シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜

    96年 | 
    10.名もなき詩 - 11.花 -Mémento-Mori- - 12.マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-

    97年 | 
    13.Everything (It's you)

    98年 | 
    14.ニシエヒガシエ - 15.終わりなき旅

    99年 | 
    16.光の射す方へ - 17.I'LL BE


    2000年代 | 
    00年 | 
    18.口笛 - 19.NOT FOUND

    01年 | 
    20.優しい歌 - 21.youthful days

    02年 | 
    22.君が好き - 23.Any - 24.HERO

    03年 | 
    25.掌/くるみ

    04年 | 
    26.Sign

    05年 | 
    27.四次元 Four Dimensions

    06年 | 
    28.箒星 - 29.しるし

    07年 | 
    30.フェイク - 31.旅立ちの唄

    08年 | 
    32.GIFT - 33.HANABI

    09年 | 
    -


    2010年代 | 
    10年 | 
    -

    11年 | 
    -

    12年 | 
    34.祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces

    13年 | 
    -

    14年 | 
    35.足音 〜Be Strong

    15年 | 
    -

    16年 | 
    -

    17年 | 
    36.ヒカリノアトリエ - 37.himawari


    コラボレーション | 
    奇跡の地球(桑田佳祐&Mr.Children)


    配信限定 | 
    花の匂い - fanfare - かぞえうた - hypnosis - REM - 放たれる - here comes my love


    アルバム | 
    CD | 
    オリジナル | 
    1.EVERYTHING - 2.Kind of Love - 3.Versus - 4.Atomic Heart - 5.深海 - 6.BOLERO - 7.DISCOVERY - 8.Q - 9.IT'S A WONDERFUL WORLD - 10.シフクノオト - 11.I U - 12.HOME -13.SUPERMARKET FANTASY - 14.SENSE - 15.[(an imitation) blood orange] - 16.REFLECTION - 17.重力と呼吸

    ベスト | 
    Mr.Children 1992-1995 - Mr.Children 1996-2000 - Mr.Children 2001-2005 - Mr.Children 2005-2010

    カップリング集 | 
    B-SIDE

    企画盤 | 
    LAND IN ASIA - 1/42


    配信限定 | 
    Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25 - Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25


    映像作品 | 
    ライヴ | 
    regress or progress '96-'97 tour final IN TOKYO DOME - Mr.Children TOUR '99 DISCOVERY - Mr.Children Concert Tour Q 2000-2001 - Mr.Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001 - wonederful world on DEC 21 - Mr.Children Tour 2004 シフクノオト - MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜 - Mr.Children "HOME" TOUR 2007 - Mr.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field- - Mr.Children Tour 2009 〜終末のコンフィデンスソングス〜 - Mr.Children DOME TOUR 2009 〜SUPERMARKET FANTASY〜 IN TOKYO DOME - Mr.Children TOUR 2011 "SENSE" - Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field- - MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012 - Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour - Mr.Children REFLECTION{Live&Film} - Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 - Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25

    ドキュメンタリー | 
    【es】 Mr.Children in FILM - regress or progress '96-'97 DOCUMENT - Mr.Children / Split The Difference - Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く

    ミュージック・ビデオ | 
    music clips ALIVE - Mr.Children MUSIC CLIPS 1992-2017 Thanksgiving 25


    映画 | 
    【es】 Mr.Children in FILM - Mr.Children / Split The Difference - Mr.Children REFLECTION

    書籍 | 
    【es】 Mr. Children in 370 DAYS - Mr.Children 詩集「優しい歌」

    関連項目 | 
    エンジン(烏龍舎) - トイズファクトリー - ロボット - ap bank - THE WALLS - Bank Band - Reborn-Art Session


    フジテレビ月9主題歌
    1995年 | 

    1996年 | 
  • ピュア名もなき詩」(Mr.Children)
  • ロングバケーションLA・LA・LA LOVE SONG」(久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL)
  • 翼をください!EVER&EVER」(内田有紀 & m.c.A・T)
  • おいしい関係未来へのプレゼント」(中山美穂 with MAYO)

  • 1997年 | 
  • バージンロードCAN YOU CELEBRATE?」(安室奈美恵)
  • ひとつ屋根の下2サボテンの花」(チューリップ)
  • ビーチボーイズFOREVER」(反町隆史)
  • ラブジェネレーション幸せな結末」(大瀧詠一)

  • 1998年 | 
  • Daysさすらい」(奥田民生)
  • ブラザーズたいせつ」(SMAP)
  • ボーイハントoh-darling」(convertible)
  • じんべえ海とあなたの物語」(未来玲可)

  • 1999年 | 
  • Over Time-オーバー・タイムそのスピードで」(The brilliant green)
  • リップスティックフレンズ」(レベッカ)
  • パーフェクトラブ!ここではない、どこかへ」(GLAY)
  • 氷の世界ダイヤモンド・ダスト」(氷室京介)

  • 1980後
  • 1990前
  • 1990後
  • 2000前
  • 2000後
  • 2010前
  • 2010後


  • オリコン年間シングルチャート第1位(1996年度)
    1960年代 | 
    邦楽 | 

    洋楽 | 
  • 68 サウンド・オブ・サイレンス(サイモン&ガーファンクル)
  • 69 悲しき天使(メリー・ホプキン)


  • 1970年代 | 
    邦楽 | 

    洋楽 | 
  • 70 ヴィーナス(ショッキング・ブルー)
  • 71 ナオミの夢(ヘドバとダビデ)
  • 72 ゴッドファーザー愛のテーマ(アンディ・ウィリアムス)
  • 73・74 イエスタデイ・ワンス・モア(カーペンターズ)
  • 75 プリーズ・ミスター・ポストマン(カーペンターズ)
  • 76 ビューティフル・サンデー(ダニエル・ブーン (歌手))
  • 77 スカイ・ハイ(ジグソー)
  • 78 ストレンジャー(ビリー・ジョエル)
  • 79 ダンスに夢中(レイフ・ギャレット)


  • 1980年代 | 
    邦楽 | 

    洋楽 | 
  • 80 ダンシング・シスター(ノーランズ)
  • 81 愛のコリーダ(クインシー・ジョーンズ)
  • 82 カサブランカ(バーティ・ヒギンズ)
  • 83 フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング(アイリーン・キャラ)
  • 84 アイ・ライク・ショパン(ガゼボ)
  • 85 ウィ・アー・ザ・ワールド(USAフォー・アフリカ)
  • 86 パートタイム・ラヴァー(スティーヴィー・ワンダー)
  • 87 スタンド・バイ・ミー(ベン・E・キング)
  • 88 トイ・ボーイ(シニータ)
  • 89 エリー・マイ・ラブ〜いとしのエリー(レイ・チャールズ)


  • 1990年代 | 
    邦楽 | 

    洋楽 | 
  • 90 イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー(ダイアナ・ロス)
  • 91 とどかぬ想い(ビリー・ヒューズ)
  • 92 ラスト・クリスマス(ワム!)
  • 93 オールウェイズ・ラヴ・ユー(ホイットニー・ヒューストン)
  • 94 冬の散歩道(サイモン&ガーファンクル)
  • 95 恋人たちのクリスマス(マライア・キャリー)
  • 96 トゥ・ラヴ・ユー・モア(セリーヌ・ディオン with クライズラー&カンパニー)
  • 97 キャンドル・イン・ザ・ウインド ~ダイアナ元英皇太子妃に捧ぐ(エルトン・ジョン)
  • 98 チェンジ・ザ・ワールド/ティアーズ・イン・ヘヴン(エリック・クラプトン)
  • 99 Eyes On Me featured in Final Fantasy VIII(フェイ・ウォン)


  • 2000年代 | 
    邦楽 | 
    出典:wikipedia
    2018/12/18 06:26

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「名もなき詩」の意味を投稿しよう
    「名もなき詩」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    名もなき詩スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「名もなき詩」のスレッドを作成する
    名もなき詩の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail