このキーワード
友達に教える
URLをコピー

名古屋市営地下鉄桜通線とは?

【基本情報】

【国】
日本
【所在地】
愛知県名古屋市
【種類】
地下鉄
【路線網】
名古屋市営地下鉄
【起点】
中村区役所駅
【終点】
徳重駅
【駅数】
21駅
【路線記号】
S
【路線番号】
6号線
路線色

DIC 2492
【開業】
1989年9月10日
【最終延伸】
2011年3月27日
【所有者】
名古屋市交通局
【運営者】
名古屋市交通局
車両基地
日進工場徳重車庫
【使用車両】
車両の節を参照
【路線諸元】

【路線距離】
19.1 km
軌間
1,067 mm
【線路数】
複線
電化方式
直流1,500 V 架空電車線方式
閉塞方式
車内信号式
保安装置
ATCATO
最高速度
75 km/h
【路線図】



停車場・施設・接続路線
凡例
 |  |  |  | 
 |  | (旧)中村区役所検車区
 |  |  |  | 
 | 0.0 | S01 中村区役所駅
 |  |  |  | 
 |  | 近鉄:名古屋線
 |  |  |  | 
 |  | JR東海:関西本線
 |  |  |  | 
 |  | 名古屋臨海高速鉄道:あおなみ線
 |  |  | 
 | 
 |  |  JR東海:東海道新幹線
 |  | 
 | 
 | 
 |  | 
 |  |  | 
 | 
 |  | ←JR東海:東海道本線
 |  |  |  | 
 |  | ←JR東海:中央本線
 |  |  | 
 | 
 |  | 近鉄名古屋駅 名古屋駅と徒歩連絡
 |  |  |  | 
 |  | 名鉄:名古屋本線
 |  |  | 
 | 
 |  | 名鉄名古屋駅 同上
 |  |  | 
 | 

 | 0.9 | S02 名古屋駅
 |  |  |  | 
 |  |  東山線
 |  |  |  | 
 | 1.6 | S03 国際センター駅
 |  |  |  | 
 |  | 堀川
 |  |  |  | 

 | 2.4 | S04 丸の内駅
 |  |  |  | 
 |  |  鶴舞線
 |  |  |  | 
 | 3.3 | S05 久屋大通駅
 |  |  |  | 
 |  |  名城線
 |  |  |  | 
 |  | ←名鉄:瀬戸線
 |  |  |  | 
 | 4.0 | S06 高岳駅
 |  |  |  | 
 | 5.3 | S07 車道駅
 |  |  |  | 
 |  | ←JR東海:中央本線→
 |  |  |  | 
 | 6.3 | S08 今池駅
 |  |  |  | 
 |  |  東山線→
 |  |  |  | 
 | 7.4 | S09 吹上駅
 |  |  |  | 
 | 8.4 | S10 御器所駅
 |  |  |  | 
 |  |  鶴舞線→
 |  |  |  | 
 | 9.5 | S11 桜山駅
 |  |  |  | 
 | 10.4 | S12 瑞穂区役所駅
 |  |  |  | 
 | 11.1 | S13 瑞穂運動場西駅
 |  |  |  | 
 | 11.8 | S14 新瑞橋駅
 |  |  |  | 
 |  |  名城線→
 |  |  |  | 
 |  | 山崎川
 |  |  |  | 
 |  | ←名鉄:名古屋本線
 |  |  |  | 
 | 12.9 | S15 桜本町駅
 |  |  |  | 
 |  | 桜駅 桜本町駅と徒歩連絡
 |  |  |  | 
 |  | ←名鉄:名古屋本線
 |  |  |  | 
 | 13.8 | S16 鶴里駅
 |  |  |  | 
 |  | 天白川
 |  |  |  | 
 | 14.9 | S17 野並駅
 |  |  |  | 
 | 16.0 | S18 鳴子北駅
 |  |  |  | 
 | 16.9 | S19 相生山駅
 |  |  |  | 
 | 18.3 | S20 神沢駅
 |  |  |  | 
 |  | 名古屋第二環状自動車道
 |  |  |  | 
 | 19.1 | S21 徳重駅
 |  |  |  |  |  | 
 |  | 徳重車庫
 |  |  |  | 
 |  | 

桜通線(さくらどおりせん)は、愛知県名古屋市中村区中村区役所駅から同市緑区徳重駅までを結ぶ、名古屋市営地下鉄の路線。正式名称は名古屋市高速度鉄道第6号線ラインカラー()である。

すべての駅でmanaca(2011年2月11日に導入)などの交通系ICカード全国相互利用サービス対応カードが使用できる。

概要

現在の始発駅である中村区役所駅太閤通(愛知県道68号名古屋津島線)の地下にあり、名古屋市道名古屋環状線が交差している。次駅の名古屋駅(名駅)から今池駅の間は、東西に延びる桜通の地下を通っており、路線名の由来となった区間である。同区間は錦通地下にある東山線と並行しており、同線のバイパス路線としての役割を担っている。

今池駅の手前で進路を変え、桜本町駅までの間は南北方向に延びる名古屋市道名古屋環状線の地下を通る。桜本町駅の南で再び進路を東に変え、あとは終点の徳重駅まで東海通(名古屋市道東海橋線)の地下を通る。このうち鶴里駅 - 野並駅間では天白川の下を通るため、名古屋市営地下鉄で唯一の複線シールド構造になっており、両方向の電車が至近ですれ違う様子を見ることができる。桜本町以東の区間では区画整理が進み、それに伴い住宅開発とともに人口の増加が著しい名古屋市南東部郊外の鉄道空白地域を解消する路線としての役割を担っている。

以上に述べた路線構造から、桜通線は東山線・名城線鶴舞線との乗換駅がそれぞれ2駅ずつ設置されている。また、名古屋駅 - 御器所駅間は既存路線との交差駅では全て桜通線が他線の下を通っており、名駅や栄の大規模な地下街を潜るためほとんどの駅が20m近い深度にあることから、名古屋市営地下鉄では最も深い位置を走っている路線でもある(最深は丸の内駅で深度24m)。一方で、桜山駅以南では既存路線と交差するのは名城線と交差する新瑞橋駅のみであるため、同駅や相生山駅神沢駅以外は深度20m未満の浅い駅が多い。また、名古屋市営地下鉄で唯一、南区緑区を通る路線でもある。桜通線と他社線との乗換駅は名古屋駅のみであるが、一部の駅(桜本町駅と名鉄名古屋本線桜駅、新瑞橋駅と名鉄名古屋本線の呼続駅、車道駅とJR中央本線千種駅、久屋大通駅と名鉄瀬戸線栄町駅)とは徒歩連絡が可能であり実際に乗り換える人も若干いる(連絡運輸はない)。

後発の路線のため、名古屋市営地下鉄では最初にATO(自動列車運転装置)を採用した路線であり、すべての列車で運転士のみが乗務するワンマン運転が実施されている。また、いち早くから可動式ホーム柵(ホームドア)が各駅に導入された路線でもある。

名古屋市営地下鉄の中では名城線・名港線・東山線とともに、路線が名古屋市内に収まっており、営業運転で車両が名古屋市外に出ない路線である。桜通線の車両整備等は徳重駅に併設された徳重車庫で行われている。ただし徳重車庫は小規模であるため、大きな検査が行われる際は丸の内駅に設けられた鶴舞線とを結ぶ連絡線を介して日進市にある日進工場まで自力回送し行っている。徳重開業前は桜通線単独の車庫が存在しなかったため、中村区役所駅の引き上げ線を検車区として、簡単な清掃や車両点検を行っていた。また、現在本線となっている野並駅以東の線路も徳重延伸に備えて野並開業時より長めに造られて留置線として使われていた。

接近メロディの曲名は中村区役所駅方面が「チェリー」、徳重駅方面が「オーバル」である。

路線データ

運行形態

すべての列車が各駅停車で、全区間通し運行が基本である。ただし、終電が中村区役所駅発、徳重駅発のいずれも今池駅までの区間運行であるほか、夜間及び土休日朝に桜山駅発または桜山駅までの区間運行が設定されている。また、中村区役所駅発の終電1本前は徳重駅まで行かず、野並駅までの区間運行である。

大晦日から元旦にかけての終夜運転では、通常の今池止まりの後から30分間隔 で全線通し運行となる。

車両

2011年の徳重開業後は2形式5両編成24本120両の体制になっている。桜通線用の車両は開業時より全車健在であり、現在のところ廃車は生じていない。

通常は全編成が運用されることはなく、鶴舞線の日進工場に2編成留置される。

駅等の設備

ホームは、中村区役所駅から野並駅は20m車8両編成に、鳴子北駅から徳重駅は20m車6両編成に対応しており、すべての駅に可動式ホーム柵が設置されている。6両編成以上の定期列車が入線することはないため、電車が停まらない部分には普通柵を設置している。可動式ホーム柵は、2011年3月27日に設置された鳴子北駅・相生山駅神沢駅・徳重駅の各駅では開業と同時に使用が開始され、既存の駅でも順次設置され、同年7月23日までにすべての駅で設置が完了した(当初は7月16日設置完了予定だった)。また、名古屋市営地下鉄の開業区間で初めて駅のテーマカラーが設定され、既存の各駅でも可動式ホーム柵の設置とともに設定された。可動式ホーム柵は、2016年2月29日に東山線で全駅に設置が完了し、名城線・名港線でも設置が予定されている。

ホームは、常に進行方向右手となるよう全駅で島式ホームとなっている。また、日本国内の鉄道の多くでは、車両の運転台を進行方向左側に設置しているが、桜通線では車両の運転台をホームに近い、進行方向右側に設置している。乗務員は、可動式ホーム柵の最前方のモニターテレビで、ホームに設置されたカメラ等との映像を見て、ホーム前後の安全確認やドアの開閉、発進操作を行う。これらの設備によりホーム安全やドア開閉の確認を容易にし、ワンマン運転を可能にしている。なお、開業から可動式ホーム柵が設置される前までホームの映像は、駅進入時から発車直後まで運転台にあるモニターに映していた。

すべての駅で、エレベーターエスカレーター車椅子使用者対応トイレ等のバリアフリー化が完了している。現在、名古屋市営地下鉄全駅で整備が進められているバリアフリー設備の整備が始まったのは、桜通線である。なお、すでに全駅で導入が完了している押しボタン式の列車非常停止警報装置の整備が始まったのもこの路線である。

LED発車標が全駅に設置されており、各種運行情報やニュースなどが表示できる。東山線や名城線・名港線ではニュースなどを表示中に行き先表示の英字表示ができなかったが、この後採用した鶴舞線と桜通線ではニュースなどを表示中も行き先表示の英字表示が可能になった。ホーム接近アナウンスにおいて最近までは「(例)3番ホームに、今池・新瑞橋方面、徳重行きがまいります。ご注意下さい。」とアナウンスされていたが、2016年3月9日ごろからは「ご注意ください。」の部分が「ホーム柵から離れて、お待ち下さい。」に変更されており、乗換駅など主要駅では「駆け込み乗車は、危険ですからおやめ下さい。」の文言が追加されている。

桜通線ホームドアにおける乗車位置と注意事項案内(久屋大通駅にて撮影)

利用状況

最混雑区間は吹上駅 → 今池駅で、2018年度のピーク時混雑率は125%となっている。2018年度の輸送人員は約29万人/日 である。

名古屋駅 - 今池駅は並行する東山線よりすいているものの、ラッシュ時は混雑する。2011年開業の野並駅以東は利用客が少ないが、終点の徳重駅は接続するバス路線が充実していることから比較的多い。

名古屋市営地下鉄桜通線の年度別の輸送実績を下表に記す。 表中、最高値を赤色で、最低値を緑色で表記している。

桜通線輸送実績
【年度】
【年間
輸送人員
(千人)】
【一日平均
輸送人員
(人)】
【最混雑区間
乗車率
(%)】
【輸送密度
(人/日)】
特記事項
1989年(平成元年)  |  |  |  | 開業(中村区役所駅 - 今池駅開通)
1990年(平成2年) 38,449 | 105,340 | 174 | 16,210 | 
1991年(平成3年) 43,855 |  |  | 18,368 | 
1992年(平成4年) 44,617 |  |  | 18,472 | 
1993年(平成5年) 45,426 | 124,455 |  | 19,672 | 
1994年(平成6年) 72,797 | 199,444 |  | 49,456 | 今池駅 - 野並駅開通
1995年(平成7年) 76,390 | 208,716 | 152 | 53,222 | 
1996年(平成8年) 78,795 | 215,877 |  | 56,240 | 
1997年(平成9年) 77,873 | 213,351 |  | 56,507 | 
1998年(平成10年) 79,209 | 217,011 |  | 57,805 | 
1999年(平成11年) 78,221 | 213,479 | 134 | 57,619 | 
2000年(平成12年) 79,705 | 218,370 | 134 | 59,090 | 
2001年(平成13年) 77,523 | 212,392 | 138 | 57,818 | 
2002年(平成14年) 78,354 | 214,668 | 134 | 58,253 | 
2003年(平成15年) 88,217 | 241,690 | 134 | 66,534 | 
2004年(平成16年) 84,891 | 232,578 | 144 | 62,261 | 
2005年(平成17年) 82,902 | 227,129 | 135 | 62,154 | 
2006年(平成18年) 84,100 | 230,164 | 139 | 62,674 | 
2007年(平成19年) 83,959 | 230,022 | 140 | 63,216 | 
2008年(平成20年) 85,173 | 233,350 | 131 | 63,372 | 
2009年(平成21年) 83,330 | 228,301 | 125 | 62,362 | 
2010年(平成22年) 86,632 | 237,347 | 125 | 63,873 | 
2011年(平成23年) 88,290 | 241,890 | 105 | 56,188 | 野並駅 - 徳重駅開通
2012年(平成24年)  | 249,000 | 116 |  | 
2013年(平成25年)  | 258,000 |  |  | 
2014年(平成26年)  | 262,000 | 120 |  | 
2015年(平成27年)  | 270,000 | 119 |  | 
2016年(平成28年)  | 276,000 | 121 |  | 
2017年(平成29年)  | 285,000 | 122 |  | 
2018年(平成30年)  | 290,000 | 125 |  | 

歴史

1972年(昭和47年)の都市交通審議会答申第14号において、計画化された路線である。当時、東山線では、通勤時間帯に名古屋駅での改札止めが常態化し、昭和50年代中ごろには、名古屋駅 - 伏見駅間において、混雑率が250%を超える状況となっていた。そのため、東山線の混雑緩和のため、バイパス路線として、まず、 中村区役所駅 - 今池駅間の建設が行なわれ、1989年(平成元年)9月10日に開業した。同区間の工事は、名古屋駅の地下をくぐる構造を建設するもので、採用された大規模アンダーピニング工法土木学会賞技術賞を受賞した。当線名古屋駅ホームにはそのプレートが埋め込まれていたが、2015年に撤去された。

桜通線は、当初からワンマン運転を行うことを前提に、すべてのホームを島式とし、すべての車両の運転台をホームに近い、進行方向右側に整備した。開業時は車掌が乗務していたものの、ATO導入が完了した 1994年(平成6年)2月16日からはワンマン運転を開始した。同じ年の3月30日には、今池駅 - 野並駅間が開業した。

2011年(平成23年)3月27日には、野並駅 - 徳重駅間が開業した。開業が東北地方太平洋沖地震の直後となったため、記念イベントを中止し、ドニチエコきっぷBトレインショーティーなどの記念グッズの販売のみ行った。同区間については、名古屋市が2000年(平成12年)12月に次期整備区間として建設する方針を固め、2003年(平成15年)9月5日、同区間の第一種鉄道事業許可を取得し、建設を開始した。開業に伴う試運転は、2011年1月22日から、通常の旅客運行を利用し、野並駅での乗客乗降前後に、開通後の運行を想定して野並駅 - 徳重駅で行った。

なお、野並駅 - 徳重駅の延長工事に関し、2007年(平成19年)1月、工事に伴う入札で大手ゼネコン談合の疑いで名古屋地検特捜部公正取引委員会の家宅捜査を受けた。同年2月28日には大手ゼネコン5社の幹部らが独占禁止法違反容疑で逮捕された。

年表

出典:wikipedia
2020/03/31 04:35

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「名古屋市営地下鉄…」の意味を投稿しよう
「名古屋市営地下鉄桜通線」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

名古屋市営地下鉄桜通線スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「名古屋市営地下鉄桜通線」のスレッドを作成する
名古屋市営地下鉄桜通線の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail