このキーワード
友達に教える
URLをコピー

和田隆志とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2013年2月)
日本政治家
和田 隆志

【生年月日】
(1963-07-18) 1963年7月18日(56歳)
【出生地】
広島県沼隈郡沼隈町(現:福山市)
【出身校】
東京大学法学部
【前職】
国家公務員(大蔵省財務省)
【所属政党】
民主党
【称号】
法学士(東京大学)
衆議院議員

【選挙区】
広島7区
【当選回数】
3回

和田 隆志(わだ たかし、1963年7月18日 - )は、日本政治家民主党所属の元衆議院議員(3期)。

目次

  • 1 来歴
  • 2 政策
  • 3 親族
  • 4 脚注
  • 5 外部リンク

来歴

広島県沼隈郡沼隈町(現:福山市)生まれ。広島大学附属福山中学校・高等学校東京大学法学部卒業。東大卒業後、大蔵省(現:財務省)に入省。熊本国税局都城税務署長、在タイ日本大使館書記官、財務副大臣秘書官理財局計画官補佐、金融庁課長補佐等を歴任し、2003年に退官。

同年の第43回衆議院議員総選挙民主党公認で広島7区から出馬。自由民主党宮澤洋一に敗れたが、重複立候補していた比例中国ブロックで復活し、初当選した。2005年第44回衆議院議員総選挙では広島7区で再び宮澤に敗れ、比例中国ブロックも次点で落選。

2008年、衆議院議員・平岡秀夫山口2区補欠選挙出馬に伴う自動失職により、比例中国ブロックで繰り上げ当選した。翌2009年第45回衆議院議員総選挙では、広島7区で宮澤を破り、初めて小選挙区で当選。

2010年9月、菅第1次改造内閣内閣府大臣政務官に任命される。2011年1月発足の菅第2次改造内閣でも再任。同年9月、野田内閣発足に伴い内閣府大臣政務官を退任し、民主党広島県連代表に就任。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では自民党新人の小林史明に敗れ、比例復活ならず落選。

その後はJC証券株式会社の非常勤取締役を務める。

政策

親族

脚注

  1. ^ JC証券 会社概要
  2. ^ mネット、2004年2月 国会議員への民法改正に関するアンケート

外部リンク

公職
先代:
田村謙治津村啓介泉健太 |  内閣府大臣政務官
阿久津幸彦園田康博と共同

2010年 - 2011年 | 次代:
阿久津幸彦
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/07/23 06:16

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「和田隆志」の意味を投稿しよう
「和田隆志」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

和田隆志スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「和田隆志」のスレッドを作成する
和田隆志の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail