このキーワード
友達に教える
URLをコピー

問屋営業とは?

(問屋営業から転送)
出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2011年8月)

問屋(といや、とんや)とは、現代における一般的意味としては卸売業者を指すが、歴史用語及び法律用語として用いられる場合は異なる意味を持つ。

一般的意味

歴史上の意味

  1. 鎌倉時代に運送、倉庫、委託販売業を兼ね、後には、一般の商品も取り扱うようになった組織問丸(といまる)に由来する。この問丸が近世になって問屋(とひや)と呼ばれるようになった。室町時代には問屋と呼ばれるようになり、江戸においてこの問屋(とひや)の名称が「とんや」に転じた。やがて運送専門や卸売専門に業種分化しても、各々が問屋と呼ばれた(干鰯問屋両種物問屋など)。
  2. 江戸時代、領主と住人の仲介者として宿場町の自治行政を行うと共に問屋場を管理した町役人(宿場役人)の長。多くは本陣を経営した。
  3. 廻船問屋は江戸時代に至っても運送業と卸売業の性格を併せ持ったままであった。

法律上の意味

 | 
この節は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。

問屋(といや) - 取次ぎ営業としておこなう商人のひとつ。

商法で、自己の名をもって他人のために物品の販売又は買い入れをすることを業とする者と定義されており(商法第551条)、問屋の行う売買は他人の計算においてなされる。つまり、問屋は自己の名義で取引を行い取引の相手方に対する権利義務の主体となるが、その取引による損益は委託者に帰属する。
問屋の収入は、取次の引受けに対して委託者が支払う手数料である。一般的意味における問屋(とんや=卸売業)は自己の計算で商品を買い入れ、販売しているので、法律上の問屋ではない。

取次商の一種として仲立人とともに補助商に分類される

問屋営業の典型例として、証券会社における証券の売買仲介(ブローカレッジ)があげられる。

問屋の法律関係

委任契約であり委任及び代理の規定が準用される(商法第552条2項)。

問屋の権利義務

準問屋

自己の名をもって他人のために物品の販売又は買い入れ以外の行為をすることを業とする者を準問屋といい、問屋の規定が準用される(558条)。

関連項目

出典

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/10 11:28

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「問屋営業」の意味を投稿しよう
「問屋営業」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

問屋営業スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「問屋営業」のスレッドを作成する
問屋営業の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail