このキーワード
友達に教える
URLをコピー

四国とは?

移動先: 案内検索
【四国】


面積
18,297.78 km2
【海岸線長】
2,091 km
【最高標高】
1,982 m
【最高峰】
石鎚山(愛媛県西条市)
【最大都市】
松山市
【所在海域】
太平洋
【所属諸島】
日本列島
【所属国・地域】
日本

四国地方

【4県の合計】

【国】
日本
【面積】
18,803.41km
(2015年10月1日)
推計人口
3,762,941
(2018年4月1日)
人口密度
200.1人/km
(2018年4月1日)
【位置】


四国内の高速道路網(緑線)および本四架橋を含む県境をまたぐ大規模架橋(青線)。赤星および赤丸は人口上位10都市

四国(しこく)は、日本列島を構成するの一つである。

北海道本州九州とともに主要4島の一つでもあり、この中では最も小さい。最高標高は石鎚山の1,982mで、福井・石川・岐阜県境の両白山地三ノ峰 (2128m) 以西の西日本では最も高い。面積は18,297.78kmで、世界の中では、バナナル島(ブラジル)に次ぐ第50位の大きさである。

四国とその付随する島(小豆島大三島大島中島伯方島豊島など)を合わせて「四国地方」と言う。これら付随する島を含めないことを強調したい場合、「四国本土」あるいは「四国島」と呼ぶこともある。
(日本の地理・四国日本の地域・四国地方も参照)

四国には、徳島県香川県愛媛県高知県の4つの地方公共団体()があり、4県総人口は3,912,670人である。(表右下 四国地方も参照)

四国の古代の呼称は、「伊予之二名島」・「伊予二名洲」(いよのふたなのしま)である。

目次

  • 1 概要
  • 2 歴史書における呼称
  • 3 地理
    • 3.1 広袤(こうぼう)
    • 3.2 周囲の海
    • 3.3 主な岬
    • 3.4 山地・山岳
    • 3.5 河川・湖沼
    • 3.6 平野・高原
  • 4 気候
    • 4.1 瀬戸内海地方
    • 4.2 太平洋側
  • 5 歴史
    • 5.1 古代
    • 5.2 中世
    • 5.3 近世
    • 5.4 近代
  • 6 経済
    • 6.1 域内総生産
    • 6.2 工業
  • 7 人口
    • 7.1 各県の人口
    • 7.2 年齢構成
    • 7.3 人口の増減
  • 8 地域
    • 8.1 各地域とのつながり
    • 8.2 都市圏
    • 8.3 主要都市
    • 8.4 各県の表示順
    • 8.5 四国の「中心」
      • 8.5.1 四国の中央
      • 8.5.2 四国の玄関
      • 8.5.3 四国最大の都市
  • 9 教育
    • 9.1 国立大学
    • 9.2 公立大学
    • 9.3 私立大学
    • 9.4 高等専門学校
  • 10 交通
    • 10.1 鉄道
    • 10.2 バス
    • 10.3 本四架橋
    • 10.4 道路網
      • 10.4.1 高速道路
      • 10.4.2 一般国道
      • 10.4.3 V字ルート
    • 10.5 航路
    • 10.6 空港
  • 11 文化
    • 11.1 方言
    • 11.2 祭り
    • 11.3 伝統工芸
    • 11.4 食文化
    • 11.5 主な名所・史跡
  • 12 スポーツ
    • 12.1 アイスホッケー
    • 12.2 サッカー
    • 12.3 ソフトボール
    • 12.4 バスケットボール
    • 12.5 バドミントン
    • 12.6 バレーボール
    • 12.7 ハンドボール
    • 12.8 ホッケー
    • 12.9 野球
    • 12.10 ラグビー
    • 12.11 陸上競技
  • 13 出身者
  • 14 脚注
  • 15 参考文献
  • 16 関連項目
    • 16.1 その他日本の主な島

概要

四国地方を構成する4県の中で、徳島県・香川県・愛媛県は島内交流と合わせて、本州四国連絡橋(本四架橋)もあり本州との交流も盛んである。

東部の徳島県は政治経済文化において近畿地方の影響を受けており、北東部の香川県は文化・経済の両面で岡山県兵庫県とのつながりが深く、西部の愛媛県は広島県九州大分県との交流が見られる。一方で高知県は古くは京都、江戸時代以降は東京からの影響が強く、政治・文化的な中央への意識が高い

空海が拓いた四国巡礼八十八箇所お遍路さんで有名。

歴史書における呼称

詳細は「国産み」を参照

神々による日本の創造の過程を記した『古事記』の国産み神話では、四国は淡路島に続き、日本列島で二番目に創造された島であるという。古事記原文での呼称表記は「伊予之二名島(いよのふたなのしま)」である。また『日本書紀』では「四国」を「伊予二名洲(いよのふたなのしま)」と表記している。よって古代においては、「伊予之二名島」・「伊予二名洲」、または単に、「伊予島」・「伊予洲」(いよのしま、いよしま)、「二名島」・「二名洲」(ふたなのしま、ふたなしま)」などと呼ばれた(「フタナ」は二並びの意)。

近世以降は、五畿七道南海道のうち、紀伊国淡路国を除いた阿波国讃岐国伊予国土佐国4つの令制国が存在したことから、「四国」と呼ばれた。歴史書ではないが、16世紀戦国時代を描いた軍記物語として知られる『陰徳太平記』(享保2年(1717年)出版)序に、「山陰山陽四国九州」の記載があり、このような近世の書物において、明確に「四国」という名称を見出すことができる。

地理

約1900万年前の日本列島の誕生に伴い、四国の前身が誕生した。瀬戸内海を挟んで、近畿地方・山陽地方・九州に三方を囲まれた位置にある。島の中部には、各県を分断するような形で四国山地讃岐山脈の山々がそびえており、この地形が近年まで各地域間の交流を困難にしていた。

中央構造線吉野川北岸から佐田岬半島にかけて東西に貫いている。構造線以北の内帯(西南日本内帯)に当たる地方では、中生層古生層とこれを貫く火成岩が分布している。構造線以南の外帯(西南日本外帯)に当たる地方では、北側から南側にかけて中生層・古生層が形成された順に配列している。

日本の中では九州に次ぐ第4位、世界の島の中ではブラジルバナナル島に次ぐ第50位の面積を持つ。最高標高は、石鎚山の天狗岳(愛媛県)の1,982 m。

日本列島#成り立ち」および「日本の地理#四国」も参照

広袤(こうぼう)

四国本土の東西南北それぞれの端は以下の位置で、東西の長さは254.04km、南北の長さは186.21kmである。


 | 北端
北緯34度24分1秒東経134度8分11秒
↑ | 
西端
北緯33度20分38秒東経132度0分52秒← | 中心点
北緯33度33分39秒東経133度22分56.5秒 | 東端
北緯33度50分2秒東経134度45分1秒
 | ↓
南端
北緯32度43分17秒東経133度0分26秒 | 

周囲の海

四国の主要地形
西日本最高峰石鎚山(四国山地)
四国最南端足摺岬

主な岬

山地・山岳

河川・湖沼

平野・高原

気候

四国の気候条件は、四国山地を境に大きく異なる。

瀬戸内海地方

徳島県吉野川流域以北、香川県全域、愛媛県東予地方中予地方の、瀬戸内海に面した北側は、瀬戸内海式気候に属する温暖少雨な気候であり、台風等の直撃も比較的少ない。そのため、オリーブミカンの栽培が盛んである。その反面、大規模な河川太平洋紀伊水道に流れ込む形となっているため、水資源に恵まれず、過去幾度かの渇水に見舞われてきた。このため、満濃池を初めとするため池が多数造られている。その中でも特に、香川県は古来から水不足に悩まされ続けており、渇水対策として吉野川の水を送水するための香川用水が建設されている。

冬から春にかけて、中国大陸から流入する黄砂がしばしば観測される。冬は小雨小雪(みぞれ)の降る日もあるが、基本的に晴天が多い。平野部では大雪になることはほとんどないが、山間部では気温が低く冬は積雪も多い。

なお、太平洋高気圧に覆われる夏季には瀬戸内海沿岸特有の「」や、四国山地越えのフェーン現象に伴う気流の影響で、猛暑日熱帯夜になる日も少なくない。

太平洋側

徳島県のほとんどの地域や、愛媛県南予地方高知県全域の太平洋に面した南側は、太平洋側気候に属している。太平洋沖合を流れる黒潮の影響を受けて冬でも温暖で、一部で無霜地帯が存在する。春の訪れが早く本土で最初の開花宣言高知市または宇和島市となることも少なくない。そのため、特に高知県では促成栽培が盛んであったり、プロ野球チームのキャンプ地になったりと、温暖な気候を生かした産業や行事が発達している。

年間降水量が多いことから林業も盛んであるが、一方で高知県および徳島県南部では、台風の来襲や集中豪雨も多い。このため、室戸台風などの大型台風が直撃し、洪水などの被害を受けている。また、愛媛県南予地方および高知県幡多地方では、冬は関門海峡からの季節風の影響で曇りや雨、雪の日が他の太平洋側の地域に比べると多くなっている。

歴史

 | 
この節の加筆が望まれています。

古代

四国は、畿内から南西側に位置しており、海路で移動するために、五畿七道では南紀淡路島と一緒に南海道に含まれていた。近畿九州航路の要所であった四国の西北部に位置する伊予国道後温泉などは、舒明天皇斉明天皇の入浴記録(日本書紀)があるほか、山部赤人額田王の来浴記録(万葉集)もあるなど、古くから栄えていたと思われる。

中世

四国の覇者、長宗我部元親

平氏が都落ちした際、安徳天皇を擁して屋島を一時的な本拠地としたため、この地で源平両軍が争った。室町時代は細川氏が讃岐・阿波・土佐の三国を、河野氏が伊予をそれぞれ守護した。

戦国時代の四国の大名としては、三好を拠点とし阿波国から山城国にわたる8国を支配圏に収めた三好長慶、「土佐の小京都」とも呼ばれている中村を拠点とした土佐一条氏伊予国道後湯築城を本拠とした水軍を有する河野氏、讃岐の香川氏土佐国の四国の覇者である長宗我部元親などが高名であるが、長い騒乱の末に収束に向かい、一時は長宗我部氏が四国を統一したものの、やがて豊臣秀吉により平定された。土佐の大名であった長宗我部盛親関ヶ原の戦いで西軍につき改易された。

近世

江戸時代になると、それまで四国各地を治めていた戦国大名は四国から駆逐され、幕府徳川氏の信任厚い諸将がこの地に封じられることになった。初め、讃岐に生駒氏、阿波に蜂須賀氏、土佐を山内氏と一国一円支配を許したが、のちに生駒氏が騒動を起こして改易されると讃岐は二分割統治された。伊予は初めから小大名が配置され、一国統治はされなかった。なお、瀬戸内海の小豆島と塩飽諸島は天領として倉敷代官所の支配下に置かれた。 四国の代表的な藩には、阿波国淡路島を領土とする蜂須賀氏徳島藩水戸徳川家の分家の高松藩山内氏が治める土佐藩加藤氏久松松平家(親藩)などが領した伊予松山藩仙台伊達氏の分家が治める宇和島藩などであった。

近代

幕末維新において土佐藩が終始政局に関わり続け、土佐藩出身の坂本龍馬らの仲介で薩長同盟がなった。戊辰戦争においても土佐藩は官軍として各地を転戦し功を挙げた。明治期の自由民権運動も元土佐藩士板垣退助らが中心として起こった。それ以前に金陵会議(四国会議)が土佐藩から提唱され、四国をまとめ上げる力となったが、わずか数年で解散を命ぜられた。愛媛県から正岡子規なる文豪が輩出され、明治文化に貢献した。

経済

徳島県近畿地方と、香川県岡山県と、愛媛県広島県との経済活動も多い。特に徳島県沿岸部は、日常的に京阪神との経済交流が盛んであり、影響が大きい。太平洋に面し三方を山に囲まれる高知県は特に経済交流が活発な地域はない。

域内総生産

2011年(平成23年度)の四国四県の域内総生産は名目で13兆8593億6900万円であり、全国の総生産(日本のGDP)に占める経済規模が3%弱 (2.8%) であることから、「3%経済」と呼ばれている。これを2011年(平成23年)の世界各国の国内総生産と比較するとカタールウクライナニュージーランドクウェート等と同規模である。また、総生産を人口で割った一人当たりの総生産は四県全てにおいて日本の一人当たりの総生産を下回り、一番多い香川県でも400万円を下回っている。また、四国内でも格差が生じており、最高の香川県と最低の高知県では約90万円の開きがある。 都道府県別(人口一人当たり)

  • 全国:497兆4110億6000万円(389万2145円)
    • 四国:13兆8593億6900万円(350万5100円)
      • 徳島県:2兆8632億7400万円(366万9754円)
      • 香川県:3兆7314億2800万円(376万1721円)
      • 愛媛県:5兆1000億3300万円(358万2978円)
      • 高知県:2兆1646億3400万円(285万3952円)

工業

四国瀬戸内海側は太平洋ベルト地帯に位置しており、坂出市丸亀市四国中央市新居浜市西条市今治市および松山市などを中心に、瀬戸内工業地域が形成されている。徳島市西条市は、新産業都市建設促進法に基づいて指定される新産業都市(工業開発の拠点地域)であった。

製造品出荷額等(2010年工業統計)

  • 四国:8兆5503億9955万円
  • 愛媛県:3兆7923億8236万円
  • 香川県:2兆6143億8049万円
  • 徳島県:1兆6755億7412万円
  • 1. 今治市:8871億1512万円
  • 2. 西条市:8113億7131万円
  • 3. 坂出市:7626億6074万円
  • 4. 新居浜市:6150億4731万円
  • 5. 四国中央市:6068億9577万円
  • 6. 徳島市:4902億5006万円
  • 高知県:4680億6258万円
  • 7. 松山市:4237億5149万円
  • 8. 香川郡直島町:3454億5106万円
  • 9. 阿南市:3345億1543万円
  • 10. 高松市:3234億2799万円
  • 11. 丸亀市:2422億4302万円
  • 12. 板野郡松茂町:2218億2198万円
  • 13. 三豊市:1875億0302万円
  • 14. 鳴門市:1696億5713万円
  • 15. 観音寺市:1557億3131万円

人口

各県の人口

【都道府県名】
【ISO 3166-2】
【全国順位】
【人口】
【全国割合】
【四国割合】

【徳島県】
JP-36 | 44 | 755,733 | 0.59% | 19.7%
【香川県】
JP-37 | 39 | 976,263 | 0.76% | 25.4%
【愛媛県】
JP-38 | 28 | 1,385,262 | 1.08% | 36.0%
【高知県】
JP-39 | 45 | 728,276 | 0.57% | 18.9%
【合計】
3,845,534 | 3.00% | 100.0%

※順位・人口・割合は平成27(2015)年国勢調査による。

年齢構成

年齢5歳階級別人口
2004年10月1日現在推計人口
総計 [単位 千人]

【年齢】
【人口】

0 - 4歳 |  176
5 - 9 |  186
10 - 14 |  190
15 - 19 |  212
20 - 24 |  223
25 - 29 |  242
30 - 34 |  273
35 - 39 |  237
40 - 44 |  234
45 - 49 |  258
50 - 54 |  312
55 - 59 |  325
60 - 64 |  271
65 - 69 |  249
70 - 74 |  247
75 - 79 |  213
80歳以上 |  262

年齢5歳階級別人口
2004年10月1日現在推計人口
男女別 [単位 千人]

【男】
【年齢】
【女】

90  | 0 - 4歳 |  86
95  | 5 - 9 |  91
98  | 10 - 14 |  92
107  | 15 - 19 |  105
112  | 20 - 24 |  111
120  | 25 - 29 |  122
134  | 30 - 34 |  139
114  | 35 - 39 |  123
114  | 40 - 44 |  120
126  | 45 - 49 |  132
154  | 50 - 54 |  158
161  | 55 - 59 |  164
128  | 60 - 64 |  143
114  | 65 - 69 |  135
108  | 70 - 74 | <
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/05/15 19:55

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「四国」の意味を投稿しよう
「四国」のコンテンツはまだ投稿されていません。

四国スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「四国」のスレッドを作成する
四国の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail