このキーワード
友達に教える
URLをコピー

囲碁とは?

 | 
出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2013年5月)

囲碁


ゲームの詳細

歴史と文化

組織と棋士

コンピュータ



囲碁(いご)とは、2人で行うボードゲームの一種。交互に盤上に石を置いていき、自分の石で囲んだ領域の広さを争う。単に(ご)とも呼ばれる。

目次

  • 1 概要
  • 2 歴史
  • 3 用具・用具に関係する囲碁用語
  • 4 ルール
    • 4.1 着手に関するルール
    • 4.2 置碁
    • 4.3 死活に関するルール
    • 4.4 勝敗に関するルール
  • 5 対局の進行
    • 5.1 序盤
    • 5.2 中盤
    • 5.3 終盤
  • 6 基本戦略
    • 6.1 布石
    • 6.2 石の形
    • 6.3 厚み
    • 6.4 石の働き
  • 7 競技としての囲碁
    • 7.1 段級位制度
    • 7.2 囲碁の大会
    • 7.3 プロ組織
      • 7.3.1 現在の日本のトップ棋士
  • 8 競技人口の概要
  • 9 囲碁と数学
  • 10 文化における囲碁
    • 10.1 囲碁の別称とその意味
    • 10.2 囲碁に由来する慣用表現
    • 10.3 囲碁を扱った作品
      • 10.3.1 文芸
      • 10.3.2 映画
      • 10.3.3 文楽・歌舞伎
      • 10.3.4 漫画
      • 10.3.5 落語
      • 10.3.6 その他
  • 11 参考文献
  • 12 脚注
  • 13 関連項目
  • 14 外部リンク
    • 14.1 囲碁入門

概要

2人のプレイヤーが、碁石と呼ばれる白黒の石を、通常19×19の格子が描かれた碁盤と呼ばれる板へ交互に配置する。一度置かれた石は、相手の石に全周を取り囲まれない限り、取り除いたり移動することはできない。ゲームの目的は、自分の色の石によって盤面のより広い領域(地)を確保する(囲う)ことである。

アブストラクトゲームボードゲームの一種で、ゲーム理論の言葉で言えば二人零和有限確定完全情報ゲームである。勝敗は、より大きなを確保することで決定される(#勝敗に関するルール)。ゲームの終了は、将棋やチェスと同じように、一方が負けを認めること(投了という)もしくは双方の「もう打つべきところがない」という合意によって行われる。他のボードゲームと比較した場合の特異な特徴は、ルール上の制約が極めて少ないこと、パスが認められていることが挙げられる。

発祥は中国と考えられ、少なくとも2000年以上前から東アジアを中心に親しまれてきた。そうした文化・歴史の中で爛柯(らんか)をはじめとしたさまざまな別称を持つ(#囲碁の別称とその意味)。日本でも平安時代から広く親しまれ、枕草子源氏物語といった古典作品にも数多く登場する。戦国期には武将のたしなみでもあり、庶民にも広く普及した。江戸時代には家元四家を中心としたプロ組織もでき、興隆の時期を迎えた。明治以降も引き続き広く親しまれ、近年ではインターネットを経由して対戦するネット碁も盛んである。

西洋的な価値観からはチェスなどと同様マインドスポーツ(つまり競技)でもあり、国際囲碁連盟国際オリンピック委員会が承認する国際スポーツ団体総連合に加盟し、五輪競技としての採用を目指している。中国広州で開催される2010年アジア競技大会では競技種目として採用された。

日本では古くから親しまれ、駄目布石捨て石定石など、数多くの囲碁用語は、そのまま日本語の慣用句としても定着している(#囲碁に由来する慣用表現)。

歴史

詳細は「囲碁の歴史」を参照

「碁」という字は本来は「棋・棊」の異体字で、意味も発音も同じだった。現在も中国では「围棋(圍棋)」と書く。日本漢字音での「ゴ」と「キ」の音の違いは呉音漢音の違いに由来する。

囲碁の実際の起源ははっきりとはわかっていない。少なくとも春秋時代には成立していたようで、『論語』・『孟子』の中には碁の話題が出てくる。中国碁は前漢時代17路盤であったと考えられている。

伝統的な中国碁は、盤上に多くの石を載せたほうが勝ちというルールであった。

初期の碁石は、期のものが残っている。

その後5世紀には朝鮮へ、7世紀頃に日本に伝わったとされる。そのころから日本の貴族を中心に広く遊ばれ、正倉院には碁盤と碁石が収められている。清少納言紫式部も碁をよく打ったとされ、枕草子源氏物語中にも囲碁と思われるものが登場する。

室町時代末期からは碁打ちが公家や武将に招かれるなどの専業化も進むとともに、それまでの事前置石制から自由布石への移行も起こった。戦国時代には戦国武将たちに大いに好まれ、織田信長日海(本因坊算砂)が名人の称号を許されたと言われる。江戸時代には幕府から家禄を受ける家元制度が成立し、囲碁の技術が飛躍的に向上するとともに、将軍御目見えによる御城碁が行われたり、碁会所が生まれるなど庶民の娯楽としても定着した。

1999年ごろには漫画ヒカルの碁』の影響で若年層にも囲碁ブームが生まれた。

囲碁は日本のみならず中華人民共和国中華民国(台湾)、韓国北朝鮮などでも盛んに行われ、その他にも北アメリカ南アメリカヨーロッパなどでも行われている。今日、囲碁は世界80ヶ国以上で打たれており、世界選手権も行われている。

レジャー白書によると、日本の囲碁人口は2015年で推計250万人である。2013年の年齢別構成は男+女合計で10歳代11.8%、60歳以上8.1%であった。

用具・用具に関係する囲碁用語

碁盤
碁石
碁盤
板の上に、直交する縦横それぞれ同じ本数の線分を引いたもの。碁石を置くのは縦線と横線の交点である。一般に、縦横19本ずつの19路盤が使われる。初心者向け、お好み対局向けに13路盤9路盤7路盤6路盤もある。古来使用されたものには17路盤も存在した。
線は最も外側にあるものから順に第1線、第2線、第3線……のように呼ぶ。また第4線の交点や辺の中間、碁盤の中心にある黒点をと呼び、19路盤の場合、9つある(右図参照)。碁盤の中央にある星を特に天元という。
碁盤の交点座標は、先手の黒から見て、横の座標を左から右に1~19の算用数字で、縦の座標を上から下に一~十九の漢数字で表すことが多く、これは数学直交座標系における第四象限と考えるとわかりやすい。この場合、右上隅の星は「16の四」、天元は「10の十」と表現する。
座標については、上述の表記が最も伝統的なものであり新聞や雑誌でももっぱらこの表記法が用いられるが、海外の囲碁ファンの増加などもあり算用数字とアルファベットで座標を表現することもある。ただし、その表現方法は統一されていない。横の座標はアルファベット、縦の座標は算用数字を用いるが、「数字の1とアルファベットのIの混合を避けるために、Iを用いないかどうか」、「数字の0とアルファベットのOの混合も避けるために、Oも用いないかどうか」、「縦の座標を上から下にとる(直交座標系における第四象限)か、下から上にとるか(同じく第一象限)」は場合によってまちまちである。
碁石
単にともいう。黒・白の二色あり、合わせて碁盤を埋め尽くせる数(黒181、白180)だけ用意される(グリーン碁石と呼ばれる、濃い緑と薄い緑の二色のものもある)。碁石を入れる器を碁笥(ごけ)と言う。盤上の碁石を数える時の単位は「(もく)」であり、一つを一子(いちもく)、二つを二子(にもく)などと表す。しかしながら、囲碁特有の読み方であるため、「子」が「し」と読まれることもある。「子(もく)」ではなく「目(もく)」の字を当てることもある。

ルール

詳細は「囲碁のルール」を参照

囲碁のルールには、いわゆる日本ルールと中国ルール、中国ルールを元に台湾で考案された計点制ルールなどがある。いずれもゲームの進め方や勝敗の判定に大きな違いはないが、細かい違いはある。以下は日本ルール(日本棋院と関西棋院による日本囲碁規約)を元に説明する。

主なルールは5つ。

  1. 碁盤の線の交差部分に黒と白が交互に打つ。
  2. (自分の領域)の多いほうが勝利。
  3. 相手の石は上下左右を囲うと取れる。
  4. 着手禁止点(自殺手)
  5. コウ

着手に関するルール

 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 

石を取るルールと自殺手の禁止のルールによって、囲碁では下図のような石の配置には決してなり得ない。

 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 

しかしその直後、今度は下図のように黒1子がアタリとなっている。白がbに打って黒石を取り返すと、上図の形に戻ってしまう。この形をコウ(劫)と呼ぶ。 これを繰り返すと永遠に対局が終わらないため、同一局面の反復は禁止とされている。つまり上図で黒がaと取った直後に、白がbと取り返すのは反則となる。詳しくはコウの項目を参照。

 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 

置碁

囲碁におけるハンディキャップ戦として置碁がある。これは実力が下位のものが黒を持ち、あらかじめ盤上に黒石を置いた状態でスタートするものである。あらかじめ置かれた石を「置石」という。実力差によって、置石は普通2子から9子の範囲で調節される。なお、置碁においては白が先に着手するため、1子の置石は置碁ではなく定先にあたる。詳しくは置碁の項目を参照。

死活に関するルール

死活」も参照

先に述べた着手禁止点のルールから、二ヶ所の離れた空間(眼と称する)を持った石は、決して取り上げることができないことになる。たとえば下図左上の黒は周辺をびっしりと白に囲まれているが、白からはaにもbにも打てないのでこの黒の一団を取り上げることができない。この場合、「黒は生きている」という言い方をする。すなわち、眼を2つ(二眼)作ることができればその石は生きになる。

なお、下図右下の黒は独立した2ヶ所の眼を持っているわけではないため、白からcとdに打って取ることができる。これは二眼ではなく、黒は「死に」ということになる。

 | <
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/08/11 16:09

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「囲碁」の意味を投稿しよう
「囲碁」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

囲碁スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「囲碁」のスレッドを作成する
囲碁の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail