このキーワード
友達に教える
URLをコピー

国のかたち研究会とは?

移動先: 案内検索
国のかたち研究会
菅直人

【略称】
菅グループ
【設立年】
1999年10月20日
【設立者】
菅直人
【種類】
立憲民主党グループ
【メンバー】
立憲民主党所属国会議員
【会長】
菅直人
【重要人物】
江田五月
【関連組織】
社会民主連合
民主改革連合
日本新党
新党さきがけ
社会民主党
旧民主党

国のかたち研究会(くにのかたちけんきゅうかい)は、立憲民主党グループ。通称、菅グループ

目次

  • 1 概要
  • 2 沿革
  • 3 所属国会議員一覧
    • 3.1 役員
    • 3.2 衆議院議員
    • 3.3 参議院議員
    • 3.4 過去の在籍者
  • 4 政治資金収支報告書の記載
  • 5 脚注
    • 5.1 注釈
    • 5.2 出典
  • 6 関連項目

概要

1999年9月の民主党代表選挙菅直人の陣営についた議員を中心に結成された。

毎週木曜日に菅の自宅での会合を定例としていたが、2002年12月に菅が党代表に就任して以降は、かつて社民連で菅の同僚であった江田五月が実質的な運営者となった。

民進党内では左派リベラル色が比較的強いとされている。旧社会党・旧民改連出身者や市民運動家の受け皿となっている一面もあるが、菅の党代表時代に当選した国会議員や菅の選挙区である東京都、江田の選挙区である岡山県の選出の議員も多く、人間関係を元に作られたグループという側面もある。

所属の議員が重なっている旧社会党系の新政局懇談会(横路グループ)や護憲派のリベラルの会(近藤グループ)と政策面で同一歩調を取ることが多かったが、近年は新政局懇談会に代わって旧社会党系グループとなったサンクチュアリ(赤松グループ)と同一歩調を取っている。

沿革

1999年10月20日に設立準備会合を開き、9月の代表選で菅直人の推薦人となった衆参約10人の国会議員が参加して、会長に相当する代表幹事(後に座長に変更)に江田五月、事務局長に河村たかしを内定した。2000年6月の第42回衆議院議員総選挙では現職15人のうち3人が落選したが、新人15人以上が当選して勢力を倍増させた。2002年9月と12月の代表選で菅を支え、菅が代表に選出されると江田がまとめ役となり、阿久津幸彦水島広子など若手が中心に集まる二十数人規模のグループとなった。

2005年には会員が50人を超えて会費なども増えたため、4月1日に政治団体の届出をしたが、9月の第44回衆議院議員総選挙では若手を中心に多くのメンバーが落選して打撃を受けた。菅はその後も代表選に出馬し続けたが、2005年9月の代表選では前原誠司にわずか2票差で敗れ、2006年4月の代表選では小沢一郎に大差で敗れた。2007年7月の第21回参議院議員通常選挙後、江田が参議院議長に就任し、グループ座長を退任した。

2009年5月の代表選では菅は出馬せず自主投票とし、鳩山由紀夫が代表に選出された。8月の第45回衆議院議員総選挙を経た政権交代後の内閣人事では、菅は副総理経済財政政策担当大臣に就任し、2010年1月からは財務大臣も兼任した。また、2月には枝野幸男行政刷新担当大臣として初入閣した。

2010年6月2日に鳩山が辞意を表明すると、続く6月の代表選では菅が代表に選出され、その後の内閣人事では荒井聰が経済財政政策担当大臣として初入閣した。7月の第22回参議院議員通常選挙後、江田が参議院議長を退任し、8月23日にグループ座長に復帰した。9月の代表選でも菅が再選され、その後の内閣改造では細川律夫厚生労働大臣として初入閣した。2011年1月の内閣改造では江田が法務大臣、枝野が内閣官房長官に就任した。また、6月からは江田が環境大臣、枝野が行政刷新担当大臣を兼任した。

2011年8月26日に菅が辞意を表明すると、続く8月の代表選では自主投票としたが、江田が野田佳彦の陣営の会合に出席するなど、大半は野田支持に動き、決選投票となった場合には海江田万里以外の候補を支持することを8月29日に決定した。野田が代表に選出された後の内閣人事では平岡秀夫が法務大臣として初入閣し、枝野が経済産業大臣に就任した。11月には内閣総理大臣就任に際してグループ会長の座を離れていた菅がグループ会長に復帰した。2012年1月の内閣改造では小川敏夫が法務大臣として初入閣した。

2012年9月の代表選では野田再選を支持したが、12月の第46回衆議院議員総選挙では勢力を半減させ、菅も小選挙区で落選して比例復活となった。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では民主党は11議席増にとどまったものの、復帰したメンバーも多く、勢力は復調となった。

2016年3月の民進党結党後に行われた9月の代表選では立候補締め切りまで推薦人集めに苦慮していた玉木雄一郎に対してグループから菅や石橋通宏など3人の推薦人を出したことが報じられた。

2017年9月の代表選ではグループから枝野が立候補を表明し、グループとしては8月9日に自主投票の方針を確認した一方、菅が枝野の支援に回り、同日のグループ会合に枝野を招いて説明を受けるなどしていることから、枝野の支持グループの一つに数える報道もあった。

10月の第48回衆議院議員総選挙では、9月28日の民進党両院議員総会で希望の党への事実上の合流方針が了承された一方、9月29日に希望の党代表の小池百合子東京都知事が「リベラル派は排除する」と明言したことを受け、10月2日に枝野が「立憲民主党」の結成を表明し、菅が結党メンバーに名を連ね、いずれも小選挙区で当選を果たした。阿久津ら落選中のメンバーも立憲民主党公認で出馬、当選し、グループは10人超の勢力となった。

2018年5月の民進党が希望の党との新党「国民民主党」では、参議院民進党に残留していたメンバーの多くが参加せずに立憲民主党へ合流を選択。立憲民主党のグループへと移行した。

所属国会議員一覧

役員

【会長】
【座長】
【事務局長】

菅直人 | (江田五月) | (藤田一枝)

衆議院議員

菅直人
(13回、東京18区) | 枝野幸男
(9回、埼玉5区) | 荒井聰
(8回、北海道3区) | 横光克彦
(7回、比例九州大分3区) | 末松義規
(6回、比例東京東京19区)
西村智奈美
(5回、新潟1区) | 阿久津幸彦
(4回、比例東北) | 逢坂誠二
(4回、北海道8区) | 佐々木隆博
(4回、北海道6区) | 本多平直
(3回、比例北海道北海道4区)
大河原雅子
(1回・参院1回、比例北関東)
  • 無所属(1名)
黒岩宇洋
(3回・参院1回、新潟3区)

参議院議員

  • 立憲民主党(4名)
小川敏夫
(4回、東京都) | 白眞勲
(3回、比例区) | 石橋通宏
(2回、比例区) | 吉川沙織
(2回、比例区)

過去の在籍者

衆議院議員
参議院議員
元衆議院議員
元参議院議員

政治資金収支報告書の記載

【年】
【本年収入額】
【会費納入者数】
【備考】

2005年(平成17年) | 389万7612円 | 50人 | 
2006年(平成18年) | 709万5776円 | 65人 | 
2007年(平成19年) | 631万6612円 | 57人 | 
2008年(平成20年) | 608万6184円 | 67人 | 
2009年(平成21年) | 373万1705円 | 15人 | 
2010年(平成22年) | 2780万5908円 | 61人 | 
2011年(平成23年) | 353万9018円 | 48人 | 
2012年(平成24年) | 374万1692円 | 46人 | 
2013年(平成25年) | 396万0416円 | 33人 | 
2014年(平成26年) | 69万0400円 | 18人 | 
2015年(平成27年) | 64万0181円 | 17人 | 

脚注

注釈

  1. ^ 元職の国会議員。
  2. ^ 2017年10月に民進党離党。
  3. ^ 2017年10月に民進党離党。
  4. ^ 2017年10月に民進党離党。
  5. ^ 2017年10月に民進党離党。
  6. ^ 2017年9月に民進党離党。
  7. ^ 2017年10月に民進党離党。
  8. ^ 2017年10月に民進党離党。
  9. ^ 2017年10月に民進党離党。
  10. ^ 2017年10月に民進党離党。
  11. ^ 2017年10月に民進党離党。
  12. ^ 2017年10月に民進党離党。
  13. ^ 2018年5月に民進党離党。
  14. ^ 2018年5月に民進党離党。
  15. ^ 2018年5月に民進党離党。
  16. ^ 2018年5月に民進党離党。
  17. ^ 菅グループ離脱後の所属は無派閥。2017年10月に民進党離党。
  18. ^ 菅グループ離脱後の所属は原口グループ→無派閥。2018年5月に民進党離党。
  19. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に参加。
  20. ^ 菅グループ離脱後の所属は鹿野グループ→大畠グループ。2018年5月に参加。
  21. ^ 菅グループ離脱後の所属は細野派→旧細野グループ。2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に参加。
  22. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に参加。
  23. ^ 菅グループ離脱後の所属は細野派→旧細野グループ。2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に参加。
  24. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加。
  25. ^ 2013年3月に民主党離党。2013年秋田市長選に無所属で出馬し落選。2014年11月に復党。
  26. ^ 菅グループ離脱後の所属は近藤グループ→無派閥。2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加。
  27. ^ 菅グループ離脱後の所属は長島グループ。2017年4月に民進党除籍。その後の所属は希望の党→無所属。
  28. ^ 菅グループ離脱後の所属は長島グループ→旧長島グループ。2017年11月に民進党離党。
  29. ^ 2017年5月に参加。
  30. ^ 2017年5月に参加。
  31. ^ 2017年8月に民進党除籍。
  32. ^ 2012年7月に民主党離党。その後の所属はみどりの風無所属(所属会派は「民進党新緑風会」)。
  33. ^ 菅グループ離脱後の所属は細野派→旧細野グループ。2017年10月に合流。
  34. ^ 2017年10月に民進党離党。
  35. ^ 2011年3月に民主党離党。
  36. ^ 2009年4月に民主党離党。2009年名古屋市長選に無所属で出馬し当選。
  37. ^ 2017年7月に民進党離党。2017年仙台市長選無所属で出馬し当選。
  38. ^ 2014年6月に民主党離党。その後の所属は日本維新の会
  39. ^ 菅グループ離脱後の所属は細野派→旧細野グループ
  40. ^ 2012年12月に民主党除籍。その後の所属は日本未来の党無所属
  41. ^ 2011年2月に民主党離党。2011年明石市長選無所属で出馬し当選。
  42. ^ 2017年10月に希望の党に合流。
  43. ^ 2017年10月に合流。
  44. ^ 2017年10月に合流。
  45. ^ 2016年5月に民進党離党。その後の所属は国民怒りの声
  46. ^ 2012年7月に民主党離党。その後の所属は国民の生活が第一日本未来の党生活の党→生活の党と山本太郎となかまたち→自由党

出典

  1. ^ “民主党:菅直人氏中心の政策グループを近く結成”. 毎日新聞. (1999年10月21日). オリジナル2000年10月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20001010162314/http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/199910/21/1021m179-100.html
  2. ^ 江田五月オフィシャルブログ「江田五月の国会レポート 創刊準備号」より(1999-12-25閲覧)
  3. ^ “民主党内で5グループが主導権争い/保守系から左派まで幅広く”. 東奥日報. (2003年12月7日). オリジナル2004年3月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040313093230/http://www.toonippo.co.jp/tokushuu/seikyoku/20031207.html
  4. ^ 世界情勢を読む会 『面白いほどよくわかる政治のしくみ : 国会、政党、官僚、選挙制度…日本政治のすべてがわかる!』 日本文芸社〈学校で教えない教科書〉、2010年、197頁。ISBN 9784537257984。
  5. ^ 江田五月オフィシャルブログ「江田五月のショートコメント 2002 2002/02/18」より(2002-02-18閲覧)
  6. ^ 江田五月オフィシャルブログ「江田五月の国会レポート 第5号」より(2000-07-15閲覧)
  7. ^ 江田五月オフィシャルブログ「江田五月の国会レポート 第36号」より(2005-06-10閲覧)
  8. ^ “沈む民主、後継も混迷 指導力か世代交代か”. 朝日新聞. (2005年9月13日). オリジナル2006年8月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060824113524/http://www2.asahi.com/senkyo2005/news/TKY200509120314.html
  9. ^ 江田五月オフィシャルブログ「江田五月 活動日誌」より(2005-09-15閲覧)
  10. ^ 江田五月オフィシャルブログ「2010年 江田五月のショートコメント 2010/08/23 《民主党代表選》」より(2010-08-23閲覧)
  11. ^ “菅グループは自主投票=民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2009年5月14日). オリジナル2009年5月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090519064032/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090514-00000106-jij-pol
  12. ^ “伸び悩む前原、小沢一郎「苦肉の海江田擁立」、勝者が読めない液状化した民主党の代表選挙”. 現代ビジネス. (2011年8月27日). オリジナル2017年3月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170327165647/http://gendai.ismedia.jp/articles/-/17436?page=2
  13. ^ “非海江田で結集…岡田氏「描いたシナリオ通り」”. 読売新聞. (2011年8月29日). オリジナル2011年8月30日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2011-0830-0227-05/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110829-00000997-yom-pol
  14. ^ “【民主党代表選】かすむ他の候補…「前原包囲網」は!? 野田氏の救世主は「菅グループ」”. 産経新聞. (2011年8月24日). オリジナル2011年8月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110824174004/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110824/stt11082422010015-n2.htm 2011年11月22日閲覧。
  15. ^ “【民主代表選】決選投票は不可避 野田、前原両氏が2位争い”. 産経新聞. (2011年8月29日). オリジナル2011年8月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110829052534/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110829/stt11082901420000-n1.htm ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/05/19 14:38

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「国のかたち研究会」の意味を投稿しよう
「国のかたち研究会」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

国のかたち研究会スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「国のかたち研究会」のスレッドを作成する
国のかたち研究会の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail