このキーワード
友達に教える
URLをコピー

国家公務員法とは?

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。
【国家公務員法】


日本の法令
【通称・略称】
国公法
法令番号
昭和22年10月21日法律第120号
【効力】
現行法
【種類】
法律
【主な内容】
国家公務員の試験及び任免、給与、服務、人事院の設置、権限など
【関連法令】
国家公務員倫理法地方公務員法一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する法律など
【条文リンク】
e-Gov法令検索

国家公務員法(こっかこうむいんほう、昭和22年法律第120号)は、国家公務員について適用すべき各般の根本基準等を定めた日本の法律である。1947年(昭和22年)10月21日に公布、同年11月1日に附則第2条(臨時人事委員会(人事院の前身)に関する条項)のみ先行施行、他の条項は1948年(昭和23年)7月1日から施行された。

目次

  • 1 概説
  • 2 構成
  • 3 関連項目
  • 4 脚注
  • 5 外部リンク

概説

一般職国家公務員に適用される。能力等級制を中心とする人事行政制度を導入し、その実施のための専門的総合調整機関として人事院の組織・権限・運営規定を定めるほか、一般職の義務・権利等についての大まかな内容が規定されている。

制定は連合軍による占領中に行われ、法律の内容は、国家公務員の団体交渉権と争議権を否定しない規定を除き、米国から派遣されたブレイン・フーヴァー(Blaine Hoover)の勧告に全面的に従ったものであった。しかしながら、制定後にフーヴァーは団体交渉権と争議権を否定するよう改正を主張し、連合国最高司令官(SCAP)マッカーサーもフーヴァーを支持したうえで改正を求める書簡を芦田均首相に送付、その求めに応じ次の吉田茂首相の下で法律改正が行われ、国家公務員の団体交渉権と争議権が否定されて現在に至っている。

なお、一般職の給与の詳細については一般職の職員の給与に関する法律に、勤務時間、休暇等の詳細については、一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する法律に、特別職についての各種の規定は特別職の職員の給与に関する法律及び個別の法律に定められている。また、これら国家公務員の職制に関する法律の細目部分の規定は、(他の法律のように政令・府省令へ委任するものも一部あるが)大半は人事院規則・人事院指令で定められる形となっている。

宿舎に関しては、別途、国家公務員宿舎法が定められている。

構成

関連項目

脚注

  1. ^ 国公法コトバンク

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/05/26 10:08

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「国家公務員法」の意味を投稿しよう
「国家公務員法」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

国家公務員法スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「国家公務員法」のスレッドを作成する
国家公務員法の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail