このキーワード
友達に教える
URLをコピー

国民生活センターとは?

【国民生活センター】

【正式名称】
国民生活センター
【英語名称】
National Consumer Affairs Center of Japan
【組織形態】
独立行政法人
【所在地】
日本
〒252-0229
神奈川県相模原市中央区弥栄3丁目1-1
北緯35度33分33.2秒 東経139度23分23.7秒 / 北緯35.559222度 東経139.389917度 / 35.559222; 139.389917
法人番号
4021005002918
【予算】
33億4千5百万円(2009年度)
【人数】
119人(2009年1月1日)
【理事長】
野々山宏
【設立年月日】
2003年10月1日
【前身】
1962年6月1日 国民生活研究所
1970年10月1日 (特)国民生活センター
【所管】
消費者庁
【ウェブサイト】
http://www.kokusen.go.jp/

独立行政法人国民生活センター(こくみんせいかつセンター)は、日本の独立行政法人。所管官庁は消費者庁

国民生活の安定及び向上に寄与するため、総合的見地から国民生活に関する情報の提供及び調査研究を行うとともに、重要消費者紛争について法による解決のための手続を実施することを目的とする。(独立行政法人国民生活センター法第三条)

目次

  • 1 概要
  • 2 社会とのかかわり
    • 2.1 組織縮小計画
    • 2.2 機能強化構想
    • 2.3 業界からの圧力
    • 2.4 マルチ商法からの圧力
  • 3 消費生活専門相談員
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

概要

2007年10月26日、国民生活センターを視察する内閣総理大臣福田康夫(手前右)

森永砒素ミルク中毒事件サリドマイドを契機に、1970年10月1日特殊法人として設立された。2003年10月1日に「独立行政法人国民生活センター法」に基づき、独立行政法人化された。

独立行政法人国民生活センター法第3条で、次のような目的が規定されている。

独立行政法人国民生活センターは、国民生活の安定及び向上に寄与するため、総合的見地から、国民生活に関する情報の提供及び調査研究を行うことを目的とする。

具体的な業務としては一般消費者からの直接・間接(地方自治体消費生活センターを通じて)消費生活に関する相談の受付、危害情報の収集、蓄積、これに基づいた情報提供、市販商品テストや結果に基づいた企業への改善などの要請などを行っている。全国の消費生活センター、協力病院から収集した事故情報を基に作成したリーフレット「くらしの危険」を発行している。

さらに、2009年4月1日からは、「重要消費者紛争」を対象に、国民生活センターADR(裁判外紛争解決手続)の制度が始まった。しかし相手方である事業者が、そもそも手続に応じないケースも現れている。

内閣府は、現行法では悪徳業者を呼び出せないので、将来的には法律改正して、事業者を呼び出す権限を付与する方針を固めた。

社会とのかかわり

組織縮小計画

2007年内閣総理大臣安倍晋三により内閣府に「国民生活センターの在り方等に関する検討会」が設置され、学習院大学大学院法務研究科教授野村豊弘が座長に就任した。同検討会では、国民生活センターの今後のあり方が検討された。その結果、国民からの直接相談受付の廃止、商品テストの外部機関委託化、テスト用施設・設備・測定機器の更新取り止め、といった大幅な機能縮小が提言された。これを受け、安倍は国民生活センターの大幅な機能縮小を目指したが、世論の理解を得られず、第21回参議院議員通常選挙での敗北やその後の内閣総辞職により実現は免れた。

機能強化構想

2007年10月26日、国民生活センターを視察する内閣総理大臣福田康夫(手前)

安倍の後任として内閣総理大臣に就任した福田康夫は、一転して「消費者目線」を政権公約として掲げ、消費者保護政策の重視を打ち出した。2007年10月26日に国民生活センターを訪れ 、福田は「国民生活センターは大事な組織です。きちんとその仕事が出来る体制があれば独立行政法人でいいと思います。民間ではちょっと無理でしょう」と指摘した。なお、現職の内閣総理大臣が国民生活センターを訪れるのは、福田康夫が史上初めてである。

業界からの圧力

国民生活センターでは、悪徳商法から国民を守るため情報提供や注意喚起に努めているが、当該業界側から圧力を受けることがある。

マルチ商法からの圧力

国民生活センターでは、マルチ商法による被害を防ぐため、パンフレットを作成、配布している。しかし、そのパンフレットの中に「ネットワークビジネスと語って友達を勧誘し、会員にすることでマージンを得るというマルチ商法が広がっている」との記述があったため、衆議院議員前田雄吉が問題視し国会審議で抗議する事態となった。

2007年2月28日衆議院予算委員会第七分科会にて、前田はパンフレットの記述に対し「マルチレベルマーケティング、ネットワークビジネスが、すべて、全否定だ」と指摘したうえで、「海外の方が見たら笑いますよ」「これはひどいじゃありませんか」と抗議した。さらに、国民生活センター理事田口義明に対し「恥ずかしい話だ。ぜひ、これはもう回収すべきですよ」などと要求した。ただ、2008年5月26日参議院決算委員会では、参議院議員大門実紀史が前田の質問について「ちょっと目に余る」と名指しで指摘し、「消費者保護のために頑張っている国民生活センターへの、これはもう政治的圧力だ」と主張した。その後、前田はマルチ商法業者からの政治献金を受けていたことが発覚した。

消費生活専門相談員

消費生活専門相談員資格制度は、国民生活センターが実施している内閣総理大臣認定の公的資格である。

第23回消費者保護会議(議長・内閣総理大臣、1990年12月開催)において、「国民生活センター及び各地の消費生活センターで消費者相談に携わる相談員の能力、資質の向上等を図るため、相談業務に関わる公的資格制度を創設する」ことが決議され、1991年度から実施している。資格者により全国消費生活相談員協会という全国組織も結成されている。

一般に、企業と消費者では、企業の立場が高く悪徳業者に騙され泣き寝入りするケースが多い。そこで、弱者である消費者の立場に立ち相談を受ける消費生活相談員が必要とされ、全国の地方公共団体設置の消費生活センターで、消費者相談員が消費生活に関わることについて消費者からの相談を受けている。

脚注

  1. ^ 独立行政法人国民生活センターの概要 国民生活センター 2010年6月8日閲覧
  2. ^ 常勤職員数(任期付き職員数含む)2009年1月1日時点 独立行政法人評価年報(平成20年度版)第1部第3節 役職員の状況(PDFファイル)(総務省)上位URL=政策評価・独立行政法人評価委員会 独立行政法人評価年報(平成20年度版)平成21年12月9日 2010年5月3日閲覧
  3. ^ NCAC:くらしの危険
  4. ^ 国民生活センターの在り方等に関する検討会最終報告 (PDF)内閣府国民生活センターの在り方等に関する検討会(座長:学習院大学野村豊弘)、2007年9月。
  5. ^ 福田総理の動き-国民生活センターを視察-内閣官房内閣広報室、2007年10月26日
  6. ^ 総理の動き-国民生活センターを視察-平成19年10月26日 - 政府インターネットテレビ内閣府大臣官房政府広報室、2007年10月31日
  7. ^ 福田内閣総理大臣が当センター相模原事務所を視察”. 国民生活センター (2007年11月2日). 2008年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月10日閲覧。
  8. ^ “前田議員、著書でもマルチ擁護 業界「ありがたい存在」”. asahi.com (朝日新聞社). (2008年10月14日). オリジナルの2008年10月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081016080021/http://www.asahi.com/national/update/1013/TKY200810120211.html 2008年10月14日閲覧。
  9. ^ 第166回国会 予算委員会第七分科会 第1号(平成19年2月28日(水曜日))”. 衆議院 (2007年2月28日). 2007年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月14日閲覧。
  10. ^ 参議院会議録情報 第169回国会 決算委員会 第10号参議院、2008年5月26日

関連項目

外部リンク

独立行政法人
内閣府 | 

消費者庁 | 
  • 国民生活センター

  • 総務省 | 
  • 情報通信研究機構
  • 統計センター
  • 郵便貯金簡易生命保険管理・郵便局ネットワーク支援機構

  • 外務省 | 
  • 国際協力機構
  • 国際交流基金

  • 財務省 | 
  • 酒類総合研究所
  • 造幣局
  • 国立印刷局

  • 文部科学省 | 
  • 国立特別支援教育総合研究所
  • 大学入試センター
  • 国立青少年教育振興機構
  • 国立女性教育会館
  • 国立科学博物館
  • 物質・材料研究機構
  • 防災科学技術研究所
  • 量子科学技術研究開発機構(放射線医学総合研究所)
  • 国立美術館
  • 国立文化財機構
  • 教職員支援機構
  • 科学技術振興機構
  • 日本学術振興会
  • 理化学研究所
  • 宇宙航空研究開発機構
  • 日本スポーツ振興センター
  • 日本芸術文化振興会
  • 日本学生支援機構
  • 海洋研究開発機構
  • 国立高等専門学校機構
  • 大学改革支援・学位授与機構
  • 日本原子力研究開発機構

  • 厚生労働省 | 
  • 医薬基盤・健康・栄養研究所
  • 勤労者退職金共済機構
  • 高齢・障害・求職者雇用支援機構
  • 福祉医療機構
  • 国立重度知的障害者総合施設のぞみの園
  • 労働政策研究・研修機構
  • 労働者健康安全機構(労働安全衛生総合研究所)
  • 国立病院機構
  • 医薬品医療機器総合機構
  • 地域医療機能推進機構
  • 年金積立金管理運用独立行政法人
  • 国立がん研究センター
  • 国立循環器病研究センター
  • 国立精神・神経医療研究センター
  • 国立国際医療研究センター
  • 国立成育医療研究センター
  • 国立長寿医療研究センター

  • 農林水産省 | 
  • 農林水産消費安全技術センター
  • 家畜改良センター
  • 農業・食品産業技術総合研究機構(種苗管理センター農業生物資源研究所農業環境技術研究所)
  • 国際農林水産業研究センター
  • 森林研究・整備機構
  • 水産研究・教育機構(水産大学校水産総合研究センター)
  • 農畜産業振興機構
  • 農業者年金基金
  • 農林漁業信用基金

  • 経済産業省 | 
  • 経済産業研究所
  • 工業所有権情報・研修館
  • 産業技術総合研究所
  • 製品評価技術基盤機構
  • 新エネルギー・産業技術総合開発機構
  • 日本貿易振興機構
  • 情報処理推進機構
  • 石油天然ガス・金属鉱物資源機構
  • 中小企業基盤整備機構

  • 国土交通省 | 
  • 土木研究所
  • 建築研究所
  • 海上・港湾・航空技術研究所(海上技術安全研究所港湾空港技術研究所電子航法研究所)
  • 海技教育機構(航海訓練所)
  • 航空大学校
  • 自動車技術総合機構(自動車検査・交通安全環境研究所)
  • 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
  • 国際観光振興機構
  • 水資源機構
  • 自動車事故対策機構
  • 空港周辺整備機構
  • 都市再生機構
  • 奄美群島振興開発基金
  • 日本高速道路保有・債務返済機構
  • 住宅金融支援機構

  • 環境省 | 
  • 国立環境研究所
  • 環境再生保全機構

  • 防衛省 | 
  • 駐留軍等労働者労務管理機構

  • 関連項目 | 
  • 独立行政法人一覧
  • 独立行政法人通則法
  • 行政改革
  • 行政刷新会議
  • 事業仕分け
  • 外郭団体
  • 独立行政法人評価委員会

  • 全87法人 太字下線:行政執行法人(7法人) 太字:国立研究開発法人(27法人) 他:中期目標管理法人(53法人)

    内閣府
    幹部 | 

    内部部局等 | 
  • 大臣官房
  • 政策統括官
  • 賞勲局
  • 男女共同参画局
  • 沖縄振興局

  • 重要政策に関する会議 | 
  • 経済財政諮問会議
  • 総合科学技術・イノベーション会議
  • 中央防災会議
  • 男女共同参画会議

  • 審議会等 | 
  • 宇宙政策委員会
  • 民間資金等活用事業推進委員会
  • 日本医療研究開発機構審議会
  • 食品安全委員会
  • 子ども・子育て会議
  • 休眠預金等活用審議会
  • 公文書管理委員会
  • 障害者政策委員会
  • 原子力委員会
  • 地方制度調査会
  • 選挙制度審議会
  • 衆議院議員選挙区画定審議会
  • 国会等移転審議会
  • 退職手当審査会
  • 公益認定等委員会
  • 再就職等監視委員会
  • 消費者委員会
  • 沖縄振興審議会
  • 規制改革推進会議
  • アルコール健康被害対策関係者会議

  • 施設等機関 | 
  • 経済社会総合研究所
  • 迎賓館

  • 特別の機関 | 
  • 地方創生推進事務局
  • 知的財産戦略推進事務局
  • 宇宙開発戦略推進事務局
  • 総合海洋政策推進事務局
  • 北方対策本部
  • 子ども・子育て本部
  • 金融危機対応会議
  • 国際平和協力本部
  • 民間資金等活用事業推進会議
  • 子ども・若者育成支援推進本部
  • 少子化社会対策会議
  • 高齢社会対策会議
  • 中央交通安全対策会議
  • 犯罪被害者等施策推進会議
  • 消費者政策会議
  • 日本学術会議
  • 原子力立地会議
  • 子どもの貧困対策会議
  • 官民人材交流センター

  • 地方支分部局 | 
  • 沖縄総合事務局

  • 外局等 | 
  • 宮内庁
  • 公正取引委員会
  • 国家公安委員会警察庁
  • 個人情報保護委員会
  • 金融庁
  • 消費者庁

  • 独立行政法人 | 
  • 国立公文書館
  • 国民生活センター
  • 北方領土問題対策協会

  • 特殊法人 | 
  • 沖縄振興開発金融公庫
  • 沖縄科学技術大学院大学学園

  • 関連項目 | 
  • 内閣府設置法
  • 総理府
  • 国民生活局
  • キク!みる!
  • 国政モニター


  • 日本のサイバー犯罪対策

    行政機関
    内閣官房 | 

    総務省 | 
  • u-Japan
  • 情報流通行政局情報流通振興課情報セキュリティ対策室
  • 地方公共団体情報システム機構
  • サイバークリーンセンター(総務省・経産省共同事業)

  • 経済産業省 | 
  • 商務情報政策局情報経済課情報セキュリティ政策室
  • サイバークリーンセンター(総務省・経産省共同事業)

  • 防衛省 | 
    共同の部隊 | 

    陸上自衛隊 | 
  • システム防護隊(西部方面システム通信群)
  • 中央警務隊


  • 警察 | 
    警察組織全体 | 

    警察庁 | 
  • @police
  • 総合セキュリティ対策会議
  • ナショナルセンター(情報通信局情報技術解析
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/07/07 01:21

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「国民生活センター」の意味を投稿しよう
    「国民生活センター」のコンテンツはまだ投稿されていません。

    国民生活センタースレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「国民生活センター」のスレッドを作成する
    国民生活センターの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
  • 2010Happy Mail