このキーワード
友達に教える
URLをコピー

国立市とは?

 | 
国立市旗 | 国立市章
1967年9月25日制定

【国】
日本
【地方】
関東地方
【都道府県】
東京都
市町村コード
13215-2
法人番号
1000020132152
【面積】
8.15km

【総人口】
75,156[編集]
(推計人口、2019年10月1日)
人口密度
9,222人/km
【隣接自治体】
府中市国分寺市立川市日野市
【市の木】
イチョウ
【市の花】
ウメ
【市の鳥】
シジュウカラ
【国立市役所】

【市長】
永見理夫
【所在地】
186-8501
東京都国立市富士見台二丁目47番地1
北緯35度41分2.1秒東経139度26分29秒

【外部リンク】
公式ウェブサイト

― 区 / ― 市 / ― 町・村



ウィキプロジェクト

国立市(くにたちし)は、東京都多摩地域にあるである。本項では町制前の名称である谷保村(やほむら)についても述べる。

目次

  • 1 地理
    • 1.1 面積
  • 2 歴史
    • 2.1 年表
    • 2.2 市名の由来
  • 3 人口
    • 3.1 昼夜間人口
  • 4 地域
    • 4.1 町名
    • 4.2 主な集合住宅
  • 5 行政
    • 5.1 市長
    • 5.2 独自の施策
    • 5.3 自治体交流
      • 5.3.1 友好交流都市
    • 5.4 産官学連携
  • 6 議会
    • 6.1 国立市議会
    • 6.2 東京都議会
    • 6.3 衆議院
  • 7 公共機関
    • 7.1 警察
    • 7.2 消防
    • 7.3 医療
    • 7.4 郵政事業
    • 7.5 電話
    • 7.6 上水道
    • 7.7 下水道
    • 7.8 ゴミ処理
  • 8 産業
    • 8.1 商業
    • 8.2 工業
      • 8.2.1 主な事業所
    • 8.3 農業
      • 8.3.1 主な農作物
  • 9 教育
    • 9.1 小学校
    • 9.2 中学校
    • 9.3 高等学校
    • 9.4 大学・短期大学
    • 9.5 その他
  • 10 観光
    • 10.1 名所・旧跡
    • 10.2 祭・イベント
    • 10.3 名物・特産品
  • 11 交通
    • 11.1 鉄道
    • 11.2 道路
    • 11.3 バス路線
  • 12 地域放送
  • 13 ゆかりの人物
    • 13.1 経済
    • 13.2 軍人
    • 13.3 作家
    • 13.4 芸能人
    • 13.5 放送
    • 13.6 スポーツ
    • 13.7 研究
    • 13.8 その他
  • 14 ゆかりの作品
  • 15 大きな出来事
  • 16 関連項目
  • 17 参考文献
  • 18 出典
  • 19 外部リンク

地理

大学通り。起点の国立駅から
大学通りの桜並木 国立駅南口を望む
富士見通りから望む富士山

多摩川左岸の沖積低地とそれが武蔵野台地を削った河岸段丘の段丘面及び段丘崖からなる。発達した段丘崖としては北東端に国分寺崖線、南部に立川崖線がみられる。

北部をJR中央本線が、中央部やや南寄りをJR南武線甲州街道が、南部を国道20号日野バイパスがそれぞれ東西に通っている。中央線の国立駅から南武線の谷保駅まで真直ぐ大通り(=東京都道146号国立停車場谷保線、通称:大学通り)が通っており、新旧の中心街を結んでいる。おおむね南武線に沿った河岸段丘の段丘崖の上は住宅地、下は農耕地となっていたが、最近では宅地開発の進捗もあり段丘崖の下でも住宅が増えている。

かつて国立が谷保村だった頃、中心は谷保であり、武蔵野台地の崖線下の豊富な湧水と谷保天満宮の存在が集落を形成させた。特に初期の甲州街道は府中を出ると谷保付近で崖線を下り、多摩川を渡っていた。その後、渡河地点が上流の日野の渡しに固定されることで道筋が台地の上に移り、今日に到っている。その名残が谷保天満宮に見てとれる(現在の甲州街道からは参道を下る形で本殿に至る)。

甲州街道沿いにはのある農家が並んでいる。

崖線の上は大正時代までは甲州街道沿いを除き雑木林だったが、箱根土地株式会社が学園都市構想に基づき大学を誘致、ドイツの学園都市・ゲッティンゲンをモデルに地区開発を行い、1926年に分譲開始。同時に同社によって建設された国立駅鉄道省に譲渡され開業し、以後住宅地の範囲が拡大している。

平成22年国勢調査によれば、東京都特別区部への通勤率は25.1%である。

面積

面積は8.15kmで、全国の市では、蕨市狛江市向日市に次いで4番目、都内の市では、狛江市に次いで2番目に小さい。

歴史

国立市の歌

年表

市名の由来

人口


国立市と全国の年齢別人口分布(2005年) | 国立市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 国立市
緑色 ― 日本全国
 | 
青色 ― 男性
赤色 ― 女性


国立市(に相当する地域)の人口の推移

総務省統計局 国勢調査より


昼夜間人口

2005年に夜間人口(居住者)は72,574人である。市外からの通勤者と通学生および居住者のうちの市内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は71,295人で昼は夜の0.982倍の人口で、周辺の市に比べると昼夜間人口差が少ない。

通勤者・通学者で見ると市内から市外へ出る通勤者23,096人、市外から市内へ入る通勤者は15,211人と通勤者では市外へ出る通勤者のほうが多いが、学生では市内から市外に出る通学生は3,646人、市外から市内へ入る通学生は10,252人と学生では昼は市内へ流入する人数のほうが多い。なお、国勢調査では年齢不詳のものが東京都だけで16万人おり、この項の昼夜間人口に関しては年齢不詳の人物は数字に入っていないので数字の間に若干の誤差は生じる。

地域

町名

国立市では、住居表示に関する法律に基づく住居表示は実施されていないが、土地区画整理事業施行区域を含め、町名と地番を整理する方法(町名地番整理)により、住所整理が実施されている。住居表示実施前の町名等(町区域設定前の町名等)欄で下線がある町名はその全部、それ以外はその一部であり、その町名の末尾に数字がある場合には丁目を表す。

町名一覧(31町丁)
町名 町名の読み 町区域設定年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等(町区域設定前の町名等) 備考
東一丁目 | ひがし | 1968年10月1日 | 未実施 | (大字国立) | 
2013年11月1日 | 未実施 | (北1) | 
東二丁目 | 1968年10月1日 | 未実施 | (大字国立) | 
東三丁目 | 1968年10月1日 | 未実施 | (大字国立) | 
東四丁目 | 1968年10月1日 | 未実施 | (大字国立) | 
中一丁目 | なか | 1969年10月1日 | 未実施 | (大字国立) | 
2013年11月1日 | 未実施 | (北1) | 
中二丁目 | 1969年10月1日 | 未実施 | (大字国立) | 
中三丁目 | 1969年10月1日 | 未実施 | (大字国立) | 
西一丁目 | にし | 1970年9月1日 | 未実施 | (大字国立) | 
西二丁目 | 1970年9月1日 | 未実施 | (大字国立) | 
西三丁目 | 1970年9月1日 | 未実施 | (大字国立、大字青柳字武蔵野) | 
富士見台一丁目 | ふじみだい | 1965年10月29日 | 未実施 | (大字谷保字御経塚・字滝之院・字仮屋上) | 
1994年2月12日 | 未実施 | (大字谷保字東之原・字御経塚) | 
富士見台二丁目 | 1965年10月29日 | 未実施 | (大字谷保字御経塚・字滝之院・字仮屋上・字峯上) | 
富士見台三丁目 | 1965年10月29日 | 未実施 | (大字谷保字上峯下・字中峯下・字峯上・字西之原、大字石田字鶉久保) | 
1994年10月30日 | 未実施 | (大字谷保字西之原) | 
富士見台四丁目 | 1965年10月29日 | 未実施 | (大字谷保字上峯下・字西之原、大字石田字鶉久保・字谷川上) | 
1994年10月30日 | 未実施 | (大字谷保字上峯下・字西之原、大字青柳字峯面・字谷川上・字鶉久保、大字石田字谷川上・字田村道) | 
北一丁目 | きた | 1966年9月1日 | 未実施 | (大字青柳字下はけ、大字谷保字拝島道北) | 
北二丁目 | 1966年9月1日 | 未実施 | (大字青柳字拝島道北、大字谷保字武蔵野・字拝島道北) | 
北三丁目 | 1966年9月1日 | 未実施 | (大字青柳字武蔵野、大字谷保字武蔵野) | 
谷保 | やほ | 1889年4月1日 | 未実施 |  | 
谷保六丁目 | やほ | 2014年10月25日 | 未実施 | (大字谷保字下モノ下・字天神下・字下新田) | 
谷保七丁目 | 2016年11月21日 | 未実施 | (大字谷保字下モノ下) | 
青柳 | あおやぎ | 1889年4月1日 | 未実施 |  | 
青柳一丁目 | あおやぎ | 1999年10月9日 | 未実施 | (大字青柳字甲州道中南・字甲州道中北、大字石田字石田街道・字青柳入、大字谷保字上峯下) | 
青柳二丁目 | 2017年11月20日 | 未実施 | (大字青柳字甲州道中南、大字石田字青柳入、大字谷保字上の下・字上新田・字栗原・字雨成下) | 
青柳三丁目 | 1999年10月9日 | 未実施 | (大字青柳字甲州道中南・字甲州道中北、大字石田字石田街道・字青柳入) | 
2017年11月20日 | 未実施 | (大字青柳字甲州道中南、大字谷保字雨成下) | 
石田 | いしだ | 1889年4月1日 | 未実施 |  | 
泉一丁目 | いずみ | 1992年8月22日 | 未実施 | (大字谷保字上の下・字岨ノ下・字寺ノ下・字中新田・字下新田、大字青柳字向新田) | 
1995年11月5日 | 未実施 | (大字谷保字上新田・字中新田) | 
泉二丁目 | 1995年11月5日 | 未実施 | (大字谷保字上新田・字中新田・字三家上、泉1) | 
泉三丁目 | 2004年11月13日 | 未実施 | (大字谷保字上の下・字上新田・字田村道下、大字石田字谷保下) | 
泉四丁目 | 2000年7月8日 | 未実施 | (大字谷保字岨ノ下・字寺ノ下・字上の下・字上新田、泉1) | 
泉五丁目 | 2014年6月21日 | 未実施 | (大字谷保字出井崎・字岨ノ下・字寺ノ下・字上の下・字中新田) | 
矢川三丁目 | やがわ | 2004年11月13日 | 未実施 | (大字谷保字栗原・字芝切場、大字青柳字甲州道中南) | 
  1. ^ 町名地番整理実施区域

主な集合住宅

行政

市長

独自の施策

都市景観形成条例
文教地区

市内の学園都市エリアは、東京都文教地区建築条例により文教地区に指定されている。

文教地区とは、都市計画法により地方自治体が都市計画区域内に指定した特別用途地区で、教育施設の周囲や通学路に、教育上好ましくないと目されるパチンコ店や風俗店、ホテルなどの業種の進出を規制する地区である。

1950年代、急激な人口の増加に加え、朝鮮戦争勃発によって隣接する立川の米軍基地が活況を呈し、性風俗産業など米兵相手のいかがわしい商売が増えたこともあり、駅周辺の環境は悪化しつつあった。街の環境を守ろうと考えた国立の市民、学生たちは、1950年12月に公布されたばかりの「東京都文教地区建築条例」に目をつけ、文教地区指定を求めて運動を始めた。

町がさびれるという反対派の声もあったが、議論の結果、1952年、国立市は東京で初めて「文教地区」の指定を受けた。

現在の、多くの学校を擁する、緑豊かで閑静な町並みは、この文教地区指定によって守られているといえる。

住民基本台帳ネットワーク 接続切断

個人情報の保護、ドメスティック・バイオレンス被害者の保護などを理由として、2002年12月26日に、住民基本台帳ネットワークシステムの接続が切断された。 しかし、議会からは「住民基本台帳ネットワークシステムへの接続を求める決議の提出を求める決議」が可決されるなど、この切断に対する意見は分かれた。このため国立市民は、住基ネットに接続されている市区町村の住民にとって住民票の写しが必要なくなった各種手続き(パスポートに関する事務など)の一部について、接続切断を理由に住民票を提出する必要があった。また、市の業務である電子証明書の発行が不可能であるため、国税のオンライン申告・申請・納税手続(e-Tax)ができなくなっていた。 なお、2009年2月16日に、東京都知事から、住基ネットに接続するよう地方自治法に基づく是正の要求が行われた。

また、2009年9月29日には、国立市の住民らから、住基ネット切断により、違法な支出がなされているとして、関口博市長に対して、約692万円の補てんと支出の差止めを求める住民監査請求が提出された。この住民監査請求の結果が11月27日、請求人に通知され、監査委員2人はともに住基ネット切断による追加的な支出を違法としながらも、支出の差止めの適否については意見が分かれたため、勧告としては出されなかった。

これを受けて、請求人は、同年12月22日に住民訴訟を提起し、約692万円の違法な公金の支出があったとして国立市に対し関口市長個人に賠償を請求することを求めている。 2011年2月4日、東京地裁は住基ネット離脱を違法とし、一部支出の差止と支出の一部を市に返還するよう市長に命ずる判決を下した。

その後、2011年4月の市長選挙で住基ネットへの再接続を掲げた佐藤一夫市長が当選。2012年2月には、約9年ぶりに住基ネットへと再接続された。

電力調達の一般競争入札

福島第一原子力発電所事故をきっかけとして電力入札の検討を開始し、国立市20か所の施設を対象として電力の一般競争入札を実施した。落札事業者のエアネット(国立市発表資料での事業者名はエネット)は2011年11月より1年間の契約期間にて電力供給を行い、150万円(2.5%)の削減効果となった。

自治体交流

友好交流都市

この他、2017年時点で次の都市が将来の交流候補として挙がっている。

産官学連携

議会

国立市議会

詳細は「国立市議会」を参照
【会派名】
【議席数】
議員名(◎は代表者)
自由民主党 | 4 | ◎青木健、石井伸之、高柳貴美代、遠藤直弘
社民ネットと風 | 4 | ◎藤田貴裕、重松朋宏、関口博、古濱薫
日本共産党 | 3 | ◎高原幸雄、住友珠美、柏木洋志
公明党 | 3 | ◎小口俊明、青木淳子、香西貴弘
新しい議会 | 2 | ◎藤江竜三、石井めぐみ
立憲民主党 | 1 | 稗田美菜子
こぶしの木 | 1 | 上村和子
みらいのくにたち | 1 | 望月健一
樹木の会 | 1 | 石塚陽一
耕す未来@くにたち | 1 | 小川宏美
【計】
【21】

東京都議会

詳細は「2017年東京都議会議員選挙」を参照
【候補者名】
【当落】
【年齢】
【所属党派】
【新旧別】
得票数
岡本光樹 | 当 | 34 | 都民ファーストの会 | 新 | 33,441票
山内玲子 | 当 | 61 | 東京・生活者ネットワーク | 現 | 22,546票
高椙健一 | 落 | 66 | 自由民主党 | 現 | 19,618票
興津秀憲 | 落 | 60 | 民進党 | 元 | 10,634票

衆議院

詳細は「第48回衆議院議員総選挙」を参照
【当落】
【候補者名】
【年齢】
【所属党派】
【新旧別】
【得票数】
重複
当 | 長島昭久 | 55 | 希望の党 | 前 | 92,356票 | ○
比当 | 小田原潔 | 53 | 自由民主党 | 前 | 88,225票 | ○
 | 小糸健介 | 35 | 社会民主党 | 新 | 38,195票 | 
 | 天木直人 | 70 | 新党憲法9条 | 新 | 6,655票 | 

※ 2017年の区割り変更までは東京19区に属していた。

公共機関

警察

立川警察署が担当している。市内には3つの交番と1つの駐在所、1つの地域安全センターがある。矢川・谷保駅前には交番はない。

消防

立川消防署が管轄。市内に国立出張所と谷保出張所があり、本署はない。

医療

郵政事業

2012年1月現在、郵便局は、市内の集配業務を担当している国立郵便局を合わせ、計10局ある。なお、西二丁目に日本郵政グループの研修施設である「郵政大学校・中央郵政研修センター」が所在する。

電話

NTT東日本-東京西 国立交換局

上水道

中浄水場谷保浄水場の2箇所で、市内の地下水60%と東京都水道局より河川40%を混ぜて市内に供給している。 なお2009年3月31日に東京都水道局から料金徴収等の事務委託が廃止され、立川サービスステーションで料金徴収等事務を行っている。

下水道

下水処理は東京都下水道局に委託しており、市内にある北多摩二号水再生センター(一部立川市、国分寺市の下水も処理)で処理されている。

ゴミ処理

稲城市、狛江市、府中市、国立市の4市で構成される「多摩川衛生組合」に加入し、稲城市大丸の多摩川沿いにある「クリーンセンター多摩川」で焼却処理を行っている。焼却残渣は、日の出町にある東京たま広域資源循環組合の広域処分場にて最終処理(エコセメント化・埋立て)をしている。

産業

商業

工業

主な事業所

農業

主な農作物

教育

校名の後のカッコは所在地を示す。

小学校

市立はいずれも国立第◯小学校が正式名称である。

中学校

高等学校

大学・短期大学

一橋大学(兼松講堂)

その他

観光

名所・旧跡

祭・イベント

2016年まで一橋大学の学園祭(一橋祭)と同日開催していたが、2017年から別日程となる。

名物・特産品

2010Happy Mail