このキーワード
友達に教える
URLをコピー

国立霞ヶ丘陸上競技場とは?

移動先: 案内検索
国立霞ヶ丘陸上競技場
"国立"

【施設情報】

【所在地】
東京都新宿区霞ヶ丘町10番2号
【位置】
北緯35度40分41秒東経139度42分53秒
【開場】
1958年3月
【閉場】
2014年5月31日
【所有者】
日本スポーツ振興センター
【グラウンド】
天然芝 (107 x 71 m)
【ピッチサイズ】
105 x 68 m
【設計者】
建設省関東地方建設局営繕部建築第一課
(角田栄、片山光生 ら)
【建設者】
大成建設
【使用チーム、大会】

東京オリンピック(1964年)
世界陸上競技選手権大会(1991年)
サッカー日本代表
ラグビー日本代表
その他多数(利用項参照)
【収容能力】

50,339人→54,224人
(最多:2014年3月21日・22日 L'Arc〜en〜Ciel 80,000人)

国立霞ヶ丘陸上競技場(こくりつかすみがおかりくじょうきょうぎじょう、: NATIONAL STADIUM)は、国立霞ヶ丘競技場内にあった、独立行政法人日本スポーツ振興センター (JSC) によって運営される陸上競技場および球技場新国立競技場(仮称)への改修のため2014年5月に閉鎖、その後解体された。一般には「国立競技場」と呼称されるが、本稿では他の国立競技場施設との区別のため便宜上「国立霞ヶ丘陸上競技場」と表記し、主に閉鎖時における状況について記述する。

目次

  • 1 概要
  • 2 歴史
    • 2.1 景観保護の歴史
  • 3 利用
    • 3.1 陸上競技
    • 3.2 サッカー・ラグビー
    • 3.3 スポーツ競技としての入場者ベスト10
    • 3.4 コンサート
      • 3.4.1 当競技場における公演の歴史
  • 4 仕様
    • 4.1 トラック
    • 4.2 フィールド
    • 4.3 スタンド
    • 4.4 併設施設
    • 4.5 照明及び視聴覚装置
    • 4.6 門
    • 4.7 芸術作品・記念作品
    • 4.8 その他
  • 5 交通
    • 5.1 所在地
    • 5.2 最寄り駅
    • 5.3 駐車場・道路交通
  • 6 主な大会・イベント
    • 6.1 過去に開催された主な大会・イベント
  • 7 閉鎖
    • 7.1 閉鎖記念イベント「SAYONARA国立競技場プロジェクト」
    • 7.2 閉鎖に伴う記念特番
  • 8 解体工事をめぐる遅延
  • 9 「新国立競技場」への建て替え
    • 9.1 新国立競技場 国際デザイン・コンクールの概略
    • 9.2 全46作品の一覧
    • 9.3 白紙撤回後
  • 10 脚注
    • 10.1 出典
    • 10.2 注釈
    • 10.3 参考文献
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

概要

所在地は東京都新宿区。JSCおよびメディアでは「国立競技場」、「国立」と略される。 また、毎年全国高校サッカー選手権大会の主催会場となるため、『高校サッカーの聖地』として一般的に広く知られている。

歴史

明治神宮外苑国立霞ヶ丘競技場青山霊園のある一帯は江戸時代には青山氏大名屋敷敷地であった。明治維新を経た明治19年に敷地跡の北側に青山練兵場が設けられた。明治天皇崩御後に練兵場に明治神宮外苑を建設することとなり、その敷地の一部を用いて1924年(大正13年)に明治神宮外苑競技場が設けられた。この競技場は陸上競技に広く使われ、第二次世界大戦中の1943年10月21日には学徒出陣の壮行会会場となった。

1945年の日本の敗戦後は連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ) に接収されて『ナイル・キニック・スタジアム』という名称で使用された。1952年の接収解除後は再び一般に開放され、明治神宮外苑部の管理下となった。1958年アジア競技大会国民体育大会の会場とすることが決まり、1956年(昭和31年)に明治神宮から文部省に譲渡され、現在も残る新設の競技場が整備された。

競技場は1957年1月に起工し、アジア大会前の1958年3月に竣工した。フィールドは国産アンツーカが利用された。同年アジア大会を開催し、翌1959年には東京国体のメインスタジアムとして陸上競技が開催された。その後1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピックのメインスタジアムとして使用されることとなり、これにあわせてスタンドの増築が行われた(拡充費用は11億7800万円)。

東京オリンピック陸上男子10000メートル

高さと直径2.1メートル、重さ2.6トンの聖火台は、埼玉県川口市鋳物職人の鈴木萬之助が引き受け、彼の死去後に三男の鈴木文吾が完成させた。表面の模様は波を表している。

1958年からは日本陸上競技選手権大会が開催されるようになり、2005年まで断続的に会場として利用された。サッカーの競技場としては1968年から天皇杯全日本サッカー選手権大会が開催されるようになった。翌1969年1月1日に初めて天皇杯決勝戦が国立霞ヶ丘陸上競技場で実施され、以降「国立での元日の決勝戦」が定着した。1976年度(昭和51年度)から全国高等学校サッカー選手権大会も開催されるようになった。上位進出を決めたチームのみが国立のピッチでプレーすることができるため「高校サッカーの聖地」とみなされるようになった。1970から80年代の「ラグビーブーム」の際には日本ラグビーフットボール選手権大会など多くの試合で満員の観衆を集め、特に早明戦では前売りチケットの入手困難や試合前日の徹夜による列並びが毎年恒例となっていた。1980年から2001年まではトヨタ・カップの会場として用いられた。1991年には世界陸上競技選手権大会(世界陸上)が開催された。

国立霞ヶ丘陸上競技場は日本を代表する大型スタジアムとして利用されてきた。同規模の5万人の観衆を収容できるスタジアムは1924年開場の阪神甲子園球場を別にすれば長らく存在せず、野球中心の屋根付き施設である1988年東京ドーム、陸上競技場では1994年アジア競技大会開催に向け建設された1992年広島広域公園陸上競技場(広島ビッグアーチ)開場を待たねばならなかった。

2002年(平成14年)に開催された2002 FIFAワールドカップの計画案においても国立霞ヶ丘陸上競技場を会場として利用することが検討されたが、国際サッカー連盟(FIFA)が要求する会場仕様として「観客席の3分の2以上に屋根が架設されること」が条件に挙げられていたため、候補から外された。過去の大会では、1960年ローマオリンピックのメインスタジアムであったスタディオ・オリンピコや、1936年ベルリンオリンピックのメインスタジアムであったオリンピアシュタディオンのように改装により屋根を架けた例もあるが、予算等の問題から改装はおこなわれなかった。ワールドカップ日韓大会の決勝戦は横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で実施され、それ以降も大規模なサッカーの試合は、より観客収容人数が多く興行収入が見込める横浜国際総合競技場もしくは埼玉スタジアム2002で開催する事が多くなった。FIFAワールドカップのアジア地区予選も、1997年フランス大会予選を最後に行われなかった。

陸上競技の会場としても、走行レーンが8レーンしかないことやサブトラックが400mトラックでないために、現在の国際陸上競技連盟の規格を満たしていない。トラックを使用したマラソン以外の国際陸上競技大会としては、1999年スーパー陸上が行われてから、2013年ゴールデングランプリ東京 が開催されるまで久しく行われなかった。2013年の東京国体において、国立霞ヶ丘競技場は計画段階で競技会場に含まれなかった。

独立行政法人日本スポーツ振興センター (JSC) が管理団体になってからは断続的に施設改修が行われており、また2000年代からは音楽コンサートなどの利用も進められている。2005年に単独のアーティストとしては初めてSMAPがコンサートに使用したが、この際には打診してから使用許可を得るまでに5年の期間を要した。その理由として、騒音問題、芝生などの施設管理といった競技場側の問題の他に、SMAPの公演内容、スタッフの対応、観客のマナーの様子等、総合的に厳しくチェックされ、5年間事故も無く、観客のマナーも問題が無いことが認められるまでに非常に慎重な審査を重ねた。2007年9月にDREAMS COME TRUEが使用に関する審査をパスしコンサートを行い、2008年9月には3組目となる、2012年5月には史上4組目(ロックバンドとしては史上初)として、L'Arc〜en〜Cielのコンサートが開催されている。さらに2014年3月には5組目として、女性グループとしては初めてももいろクローバーZがライブを開催し、2日で11万人を動員した。

2010年の嵐の公演では、会場外で演奏を聞くために集まった多数のファンに対して近隣住民から苦情出たと報道された。また2014年にはポール・マッカートニーが日本国外のロック歌手単独で初(かつ、現競技場唯一)となるコンサートが予定されていたが、体調不良のため延期代替の分を含めた公演を中止している。

コンサート以外のイベントとしては、2009年7月5日石原裕次郎23回忌法要が開催された。1999年に石原の菩提寺である神奈川県横浜市總持寺で営まれた13回忌法要に大勢のファンが詰め掛け寺院周辺が大混雑したため、死没地である慶應義塾大学病院に程近い国立霞ヶ丘陸上競技場を利用することになった。この法要では、トラック部分に總持寺の本堂を模した仮設の建物を用意し、主催した石原プロモーションの発表では約11万7000人のファンが訪れた。

2011年3月11日東日本大震災では、照明灯の損傷や、通路の壁が一部で落ちるなどの被害があったという。ちょうど初となる本格的な耐震改修(「一部改修及び安全対策その他工事」)を仕上げていた時期(矢ヶ崎総合計画の矢ヶ崎彰らによる)だった。また、この年までの工事で、バックスタンドが増席された。

2012年には、ゴールドカラーと赤を用いた、国立競技場のロゴタイプが新作成された(かつては昭和34年に国立競技場マークが作られていた)。この年の震災補修工事では、民主党政権・野田佳彦内閣(当時の文科相は平野博文)の第3次補正予算における東日本大震災復興予算からの流用疑惑が問題視された。

2014年5月31日、「SAYONARA国立競技場FINAL "FOR THE FUTURE"」のピッチ開放をもって閉場となった。このファイナルイベントの一部は、TBSで生中継された。

景観保護の歴史

高さ制限や景観保護が行われてきた歴史がある。

幻に終わった1940年東京オリンピック。メイン会場の候補としては、代々木練兵場案 や千駄ヶ谷の民有地取得案が頓挫(他に月島の埋立地案もあった)。そして、1937年の小委員会で、当初の計画でもあった(国立競技場の敷地に存在した)明治神宮外苑競技場の改築案で行くことが確認された。しかし、建築家の岸田日出刀は、ベルリン視察後、神宮外苑はオリンピック会場の敷地としては狭すぎると気づき、12万人収容への改造となる巨大スタジアムの建設に、反対を表明。外苑の風紀、風致(景観)を害するとも訴えた。

岸田の他、内務省神社局の反対もあり1938年4月、建設場所を駒沢にあった駒澤ゴルフ場跡地(現在の駒沢オリンピック公園)へ変更することが決まった。しかし、日中戦争の戦局悪化により、同年7月にオリンピックの返上が決定。スタジアム建設も中止となった。

戦後、1958年の国立競技場の建設の際には、神宮外苑の聖徳記念絵画館(約17m)側からの景観に配慮して、絵画館側バックスタンドの高さは7m91cmに抑えた。明治神宮外苑部の児玉九一らとの話し合いの結果で、神宮球場外野スタンドの8m60cmを参考としたものだった。

1964年の東京オリンピックではメインスタジアムとして使用するために、バックスタンドを増設。その中央部の一番高い部分は(絵画館側の地盤から)23m43cmになった。なお、2014年5月28日の新国立競技場有識者会議(第5回)の配布資料によると(同年6月18日に訂正資料が発表)、バックスタンド最上段のフェンス頂部で地上から27.76mだが、これはフェンス部分が加わっているためである。また、照明塔の高さは52.32mである。岸田は、「こんどの計画でも、主競技場をなんとか10万人収容の線に近づけようとすると一方のスタンドを大きく張り出して拡張させたが、その最上部は外苑内の道路の上に大きくおおいかぶさるようなことになってしまった。それほどにこの敷地はせまいのである」 と述べた。

利用

2010年(平成22年)度の、稼働日数は計154日(スポーツ117・一般37)、総入場者数は894,296人だった。また、2012年(平成24年)度の場合は計39日 という報道もある。

陸上競技

新宿シティハーフマラソン(2010年1月31日撮影)

国際大会としては、1958年アジア競技大会にてこけら落とし。1964年東京オリンピック1991年世界陸上競技選手権大会の会場のほか、東京国際ナイター陸上→東京国際スーパー陸上競技大会1966年から1999年まで、一部年度を除き使用されていた(2013年ゴールデングランプリ川崎等々力陸上競技場改修に伴う特例として、翌年の2014年も大規模改修前最後の陸上競技大会として競技場にて開催された。この時は両年とも「ゴールデングランプリ東京」として施行)。

国内規模の大会では日本陸上競技選手権大会日本学生陸上競技対校選手権大会(全日本インカレ)、関東学生陸上競技対校選手権大会(関東インカレ)、全国高等学校定時制通信制陸上競技大会全国小学生陸上競技交流大会に使われているが、日本選手権は前身の明治神宮外苑競技場の時代である1925年から終戦直後の一時期を除いて1997年までほぼ毎年断続的に開催され続けたが、1998年以後は地方都市での開催にほぼシフトされている。また1959年第14回国民体育大会・「東京国体」秋季大会のメイン会場として陸上競技が行われている。

またマラソンでは東京国際マラソン(1981年-2006年)、東京国際女子マラソン(1979年-2008年 1990年に限り明治神宮野球場を使用)の発着点としても使用された。

サッカー・ラグビー

当競技場を明確にホームグラウンドと謳うチームは存在しないが、サッカー日本代表およびラグビー日本代表が国際試合を行うスタジアムとして定着しており、それぞれの代表チームにとってのホームスタジアムということができた。ただしサッカー日本代表は、2002 FIFAワールドカップをきっかけに横浜国際総合競技場(日産スタジアム)や東京スタジアム(味の素スタジアム)や埼玉スタジアム2002などのサッカー専用スタジアムが完成してからは、それらの競技場を利用することが多くなった。また、ラグビー日本代表も近接する秩父宮ラグビー場がラグビー専用スタジアムであるため、そちらを使用することが多い。

Jリーグでは当競技場をホームスタジアムとするクラブチームはなかった。これはJリーグの方針で国立霞ヶ丘競技場にホームチームを置かないと決めているためである。読売サッカークラブ(現:東京ヴェルディ1969)がJリーグに参入する際に、ホームスタジアムとすることを希望したものの拒否されている。首都圏周辺にホームタウンを置くクラブが集客の都合や観客の安全確保、スタジアムの増改築、その他スケジュール上の不都合等の理由で、ホームスタジアムでの開催に支障がある場合、国立霞ヶ丘競技場や国立西が丘サッカー場でホームゲームを開催することがある。首都圏以外に本拠を置くチームでも過去に清水エスパルス名古屋グランパスエイトジュビロ磐田などが主催試合を行ったことがある。

東京都をホームタウンとするFC東京東京ヴェルディは毎年複数試合ホームゲームを主催していた。また、都外のチームでは横浜FCも2006年から2011年まで毎年利用していたほか、鹿島アントラーズ柏レイソルヴァンフォーレ甲府栃木SCがホームゲームを開催していた。鹿島と栃木は本拠地スタジアム改修による代替地での利用であるが、甲府と柏は本拠地の収容数を超える見込みのある対戦時に使用していた。なお、甲府は浦和レッズ戦、柏は浦和と鹿島の試合で使用することが多かった。

FC東京は東京(味の素)スタジアムが竣工する前の2000年にJ1へ昇格したが、スタジアムがまだ建設中で、その他にJ1開催基準(夜間照明、15000人以上収容のスタンドなど)を満たした施設がなかったため、同年に限り当競技場を事実上の本拠地としてホームゲームの過半数を主催した。

被災時の代替地として使用されたこともあり、2004年10月23日に発生した新潟県中越地震の時は、アルビレックス新潟の本拠地である新潟スタジアムでの開催が不可能になった事(スタジアム自体の被害は少なかったが、駐車場が自衛隊の災害派遣基地として使用されたことなど)から、30日の柏戦は当競技場での振替開催となった。また、甲府も2014年の平成26年豪雪の影響で本拠地である山梨中銀スタジアムでの開催が不可能(こちらも駐車場が自衛隊の災害派遣基地となっており、また周辺の除雪が間に合わないなど)となり、3月1日の開幕戦である鹿島戦を当競技場開催に振り替えた。東日本大震災の際は鹿島が被災して使用できなくなっていたカシマスタジアムの代替として、4月23日の横浜F・マリノス戦とAFCアジアチャンピオンズリーグのグループリーグ3試合がホーム扱いで開催された。

1993年のJリーグ開幕戦であるヴェルディ川崎横浜マリノスから使用されてきた当競技場の公式戦は、2014年5月6日開催のJ1第12節ヴァンフォーレ甲府vs浦和レッズ戦が最終戦となった。

スポーツ競技としての入場者ベスト10

  1. 1964年10月24日 第18回東京オリンピック閉会式 入場者数:79,383人
  2. 1964年10月10日 第18回東京オリンピック開会式 入場者数:74,534人
  3. 1982年12月5日 関東大学ラグビー対抗戦(早稲田大対明治大) 入場者数:66,999人
  4. 1958年5月28日 第3回アジア競技大会 入場者数 :65,428人
  5. 1985年1月15日 第22回日本ラグビーフットボール選手権大会決勝(釜石対同志社大) 入場者数:64,636人
  6. 1958年5月29日 第3回アジア競技大会 入場者数:64,426人
  7. 1958年5月26日 第3回アジア競技大会 入場者数:64,236人
  8. 1984年11月23日 関東大学ラグビー対抗戦(早稲田大対慶応大)入場者数:64,001人
  9. 1977年9月14日ペレ・サヨナラ・ゲーム・イン・ジャパン(サッカー日本代表対N.Y.コスモス)入場者数:61,692人
  10. 1989年1月15日 第26回日本ラグビーフットボール選手権大会決勝(大東文化大対神戸製鋼)入場者数:61,105人

コンサート

毎年8月に開催される神宮外苑花火大会の会場の一つとなっている。同大会に先立って行われるアトラクションは、単独コンサートが許可される以前は本競技場における数少ないライブの機会であったため、過去に多くの有名アーティストが演奏をおこなった。

大規模競技場をコンサート会場として使用することは珍しい事ではないが、当競技場をコンサート会場として使用する機会は限られている。コンサート会場として使用する際には、天然芝の保護のために競技場スタッフによる厳しい審査をパスする必要がある。また近隣住人への配慮から音を出すのを午後9時までとする規制があり、これらの基準に合格したアーティストに限り使用が許可されている。

コンサート利用は天然芝の保護という審査基準もあって年間1組のみ許可されていたが、2012年はL'Arc〜en〜Cielと嵐の2組がライブとコンサートを開催した。取り壊し直前の2014年には天然芝の保護という関連から審査が緩和されたため、3組のアーティストが開催し(ほか1組が開催中止)、締めくくりには特別イベント「SAYONARA 国立競技場 FINAL WEEK JAPAN NIGHT」が開催された。

その一方で、上記の音の規制などからコンサートを開催することについて否定的な見解を示すアーティストも存在する。例として、日本一のCDセールスを記録し、これまで数多くの大規模コンサートを開催してきたB'zは「自分たちが求める音のクオリティでライブができない」という理由から、当競技場でのコンサート開催を見送っていると公言している。

一部のチケット非所持ファンが、場外から見えるビジョンや場外へ漏れる音楽を目的に周辺地域に滞留し、問題視されることもあった。

「国立競技場労働組合」を立ち上げ、のちに場長になった 中原久和は、コンサートで稼げば稼ぐほど、文部省から補助金が減らされたとの弊害を2015年、語った。

新国立への建替での開閉式屋根の必要性として、ある調査ではコンサート騒音を心配する地元住民が85% に達した一方で、神宮外苑の半径400m以内には民家自体は少ないという近隣住民の意見もある。

当競技場における公演の歴史

グラウンド面にまで観客を収容して行われたライブ・コンサートのみ記載する(神宮外苑花火大会は除く)。

仕様

すり鉢状の競技場(お椀型)。下部の客席勾配が17度で、中ほどが22度、25度、26度、27度と急勾配にし、最上部が28度に設計されたともいわれる。

トラック

トラック8レーンを有する日本陸上競技連盟公認第一種陸上競技場である。

開場時のトラックの材質は厚さ3cmのアンツーカー三原山の火山砂利に石炭殻を混ぜた2cmの層、弾力を持たせるための厚さ25cmの大粒の火山砂利、厚さ30cmの岩石の層で成っていた。

現在の規則によると、日本陸連の第一種競技場として登録されるには、1周400mの補助競技場(サブトラック、公認第三種登録相当)を併設することが義務付けられている。当競技場にはそのサブトラックがないが、東京都営の東京体育館の付属陸上競技場を事実上のサブトラックと見なし、第一種トラックとして登録されている。ただし、東京体育館陸上競技場は直線コースは100mあるものの、全周200mしかない上にコースが5レーンしかない。なお、近接地・渋谷区にある代々木公園陸上競技場(同じく都営。1周400m8レーンの第3種公認)も、当競技場の事実上の補助競技場と位置づけられている。都内においては、2012年に都営の味の素スタジアム(第1種)の隣接地に「西競技場」(第3種)が竣工し、唯一第1種競技場の直接的な補助競技場が整備されている。

日本陸連の風間明事務局長の2014年の発言によると、9レーンは必須条件ではなく8レーンでも国際基準はOKだが、最内枠の1レーンは使用頻度が高くてコースが荒れやすいため、2レーンから使うのが好ましいという。

ただし、代々木公園陸上競技場と国立競技場は距離的に離れているため、1964年東京オリンピックの開催時には、明治神宮野球場に付帯した軟式野球グラウンドに仮設のトラック(400m)が開設され、選手の練習やウォームアップに利用されていた。1991年の世界陸上東京大会も、仮設サブトラックを使用したという(出典では詳細は不明)。この開催に際して、前年の1990年に『レオタンαエンボス』(ローラーエンボス仕上げ)に改修された。

2006年には、1レーンのみ表面のオーバーレイ施工された。

グラウンド内のメインスタンド北側(千駄ヶ谷駅、第4コーナー側)寄りにあるポールは織田ポールと呼ばれ、織田幹雄三段跳びで日本人初のオリンピック金メダルを獲得したアムステルダムオリンピックでの記録、15m21cmの高さで立てられている。この織田ポールは当初固定式だったが、2005年に改修され取り外しが可能となった。

日本陸連の帖佐寛章顧問は「国立競技場は、陸上競技ではほとんどの場合、向かい風になるという欠点があります」と指摘し、同事務局長の風間明もショートトラックの向きに関しては、同様の認識を示し、貴賓席に西日が当たるためトラックの向きを変えることはできないという噂もあるとも言った。逆に、「強い風が吹かない印象があった」(為末大)、「風が回ることは滅多になかった」(友永義治)、「最高に使いやすかった」(武井壮) というアスリートの声もある。

フィールド

フィールドより、大型画像モニター側の、青とオレンジの スタンドを臨む(2014年5月)

当初は寒冷期には芝がすべて枯れ、ピッチコンディションの悪さ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/04/15 08:20

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「国立霞ヶ丘陸上競…」の意味を投稿しよう
「国立霞ヶ丘陸上競技場」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

国立霞ヶ丘陸上競技場スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「国立霞ヶ丘陸上競技場」のスレッドを作成する
国立霞ヶ丘陸上競技場の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail