このキーワード
友達に教える
URLをコピー

土曜ワイド劇場とは?

 | 
注意:当番組は一社提供番組や冠スポンサー番組ではありませんので、スポンサーについての「詳細な記述(キャッチコピーの記述及びスポンサーのみの項目立てなど)」は行わないでください。(PJ放送番組での合意に基づく)

【土曜ワイド劇場

土曜プライム・土曜ワイド劇場
Saturday Night at the Mysteries】

【ジャンル】
2時間ドラマ
【出演者】
主な作品を参照
【製作】

【制作】
テレビ朝日(2015年度までは原則第1・2・4・5週)
朝日放送(2015年度までは原則第3週)

【放送】

【音声形式】
解説放送
【放送国・地域】
日本
公式サイト

【開始から1979年3月まで】

【放送期間】
1977年7月2日 - 1979年3月31日
【放送時間】
土曜日21:00 - 22:24
【放送分】
84分

【1979年4月から1996年3月まで】

【放送期間】
1979年4月7日 - 1996年3月30日
【放送時間】
土曜日21:02 - 22:51
【放送分】
109分

【1996年4月から2012年9月まで】

【放送期間】
1996年4月6日 - 2012年9月29日
【放送時間】
土曜日21:00 - 22:51
【放送分】
111分

【2012年10月から2016年3月まで】

【放送期間】
2012年10月6日 - 2016年3月26日
【放送時間】
土曜日21:00 - 23:06
【放送分】
126分

【土曜プライム・土曜ワイド劇場
2016年度】

【放送期間】
2016年4月2日 - 2017年4月8日
【放送時間】
土曜日21:00 - 23:06
【放送分】
126分


土曜ワイド劇場』(どようワイドげきじょう)は、テレビ朝日朝日放送の週替わり制作により、テレビ朝日系列にて、1977年7月2日から2017年4月8日まで放送されていた2時間ドラマ番組。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 単独番組としての終了およびシリーズの終焉
    • 1.2 歴代タイトルロゴ
    • 1.3 放送時間の変遷
  • 2 制作局
  • 3 主な作品
    • 3.1 シリーズ作品
      • 3.1.1 本枠終了時点で継続されていたシリーズ
        • 3.1.1.1 テレビ朝日制作分
        • 3.1.1.2 朝日放送制作分
      • 3.1.2 中断・完結シリーズ
        • 3.1.2.1 テレビ朝日制作分
        • 3.1.2.2 朝日放送制作分
    • 3.2 単発作品
      • 3.2.1 テレビ朝日制作分
      • 3.2.2 朝日放送制作分
  • 4 放送フォーマット
    • 4.1 歴代オープニング
    • 4.2 ミニ番組『今夜の土曜ワイド劇場』
    • 4.3 次回予告
    • 4.4 歴代エンディングテーマ
  • 5 ネット局
    • 5.1 最終回時点でのネット局
    • 5.2 過去のネット局
    • 5.3 クロスネット局・ANN系列外での放送
    • 5.4 再放送
      • 5.4.1 地上波
      • 5.4.2 衛星波
  • 6 番組の休止・作品差し替え・特別枠など
  • 7 脚注
    • 7.1 注釈
    • 7.2 出典
  • 8 外部リンク

概要

1977年7月2日に『土曜映画劇場』の後番組として90分枠で開始され、長時間ドラマの先駆けとなった。現在では2時間以上のドラマ枠は珍しくない(一時は民放5大ネットがすべてこうした番組を持っていたこともある)が、当時は1時間を超えるドラマは特例であり、NHKが『土曜ドラマ』として数週連続番組を不定期に放映していた程度である。毎週のレギュラー番組としてこれを提供する試みは初めてであった。第1号であると同時に、後発のすべての他局番組よりも後まで同一時間帯同番組名で永らえてきた、放送界有数の長寿番組でもある。字幕放送(一部系列局は再放送でも実施)。

当時、『土曜映画劇場』は放送できる作品が底をついて視聴率も低迷、新番組の企画を模索していたときにスティーヴン・スピルバーグ監督のアメリカのテレビ映画激突!』が、単発の長時間テレビドラマの可能性を示したことが企画の発端だったという。NETテレビの外画部で『激突!』など外国映画の購入を担当後、編成開発部に異動した高橋浩は、アメリカ合衆国におけるテレフィーチャー(テレビ用長時間映画)のブームが、日本でも5年遅れで流行ると予測して『土曜ワイド劇場』を企画。制作本数の減っていた日本映画界の人材を活用し、同一番組で複数の外部制作会社に競作させるという試みで『土曜ワイド劇場』はスタートした。

視聴者層は、F2層(35-49歳の女性)とF3層(50歳以上の女性)と呼ばれる主婦層が中心で、開始時のキャッチフレーズは「映画館に行けない主婦のためのお茶の間映画館」で、映画ファンをお茶の間に引き留めようとした長時間ドラマだったという。旅情サスペンスが主流で旅ブームを先取りし、サスペンスものとしてはやさしい犯人当てが特徴である。

前後のミニ番組で変動はあるが、2012年10月以降は毎週土曜日の21:00 - 23:06(JST)に放送されていた。主にミステリーサスペンス、それにホラーの単発物が多く、シリアスな物からユーモラスな物まで幅広いラインナップを誇っている。

初回の作品は早坂暁作の『田舎刑事』で、主演には映画『男はつらいよ』シリーズで国民的な人気を得ており、早坂の親友だった渥美清がキャスティングされた。当時、渥美は年に2回の『男はつらいよ』以外の出演はほとんどなく、テレビドラマの出演は珍しかったため、これも話題になった。批評も好評で、この年の芸術祭で優秀賞を受賞している。

初期は外国人原作ものが多く、シリーズものが少なく、山口百恵の『野菊の墓』など文芸ものや犯人の主役が作品をやるなど試行錯誤して、当初視聴率的には苦戦していたが、1979年4月から現在の2時間枠に拡大して素人探偵によるサスペンスもの(事件の関係者が独自に推理を繰り広げて犯人を見つけ出す)に特化してから視聴率が上昇した。初期の代表作は天知茂主演の『江戸川乱歩の美女シリーズ』。

1982年10月 - 1986年9月には月曜にも『月曜ワイド劇場』という枠が設けられていた。その後1988年4月 - 1991年9月には火曜にも『火曜スーパーワイド』→『火曜ミステリー劇場』として20:00 - 21:48の枠で放送されていた。これもテレビ朝日制作を原則とし、年数本は朝日放送からの制作となっていた。

この番組の好調を受けて、他局でも長時間ドラマが次々と制作され、1981年には2大サスペンスの一角・日本テレビで『火曜サスペンス劇場』がスタートし、さらに1982年にはTBS裏番組として『ザ・サスペンス』をスタートさせる。出遅れていたフジテレビでも1984年に『金曜女のドラマスペシャル』をスタートさせ、現在の『金曜プレミアム』まで単発番組を続けている。テレビ東京でも2001年1月に『女と愛とミステリー』がスタート。1980年代前半には2時間ドラマが全盛で8本の枠が存在した。

しかし2000年代以降は2005年11月に日本テレビの『火曜サスペンス劇場』が『DRAMA COMPLEX』→『火曜ドラマゴールド』になった後2007年3月に2時間ドラマ枠撤退、2006年4月にTBSの『月曜ミステリー劇場』が『月曜ゴールデン』(2016年4月から『月曜名作劇場』)に、同年10月にフジテレビの『金曜エンタテイメント』が『金曜プレステージ』(2014年10月から2015年3月まで『赤と黒のゲキジョー』→2015年4月から『金曜プレミアム』)に、2009年4月にテレビ東京の『水曜ミステリー9』が『水曜シアター9』に(2010年3月に枠自体廃止したが2011年10月に復活、2015年10月から『水曜エンタ・水曜ミステリー9』として放送されていたが、2017年3月で終了により2時間ドラマ枠撤退)と、サスペンス作品の撤退や映画なども含めた多ジャンルの番組を放送する長時間枠に移行される傾向にあるが、テレビ朝日の『土曜ワイド劇場』はほぼ純粋なサスペンス作品枠となっていた(但し2011年より『月曜ゴールデン』が再びほぼ純粋なサスペンス作品枠に移行。一方で『金曜プレミアム』はサスペンスドラマの比率が大幅に減少)。2012年に『土曜ワイド劇場』は35周年を迎えた。

当初はフィルム撮影によるテレビ映画が殆ど(但し第1作『田舎刑事』はVTR作品である)だったが、1982年頃からVTR撮影の作品も本格的に制作されるようになり、その後当初はフィルムで作られた作品もVTRに移行していったが、その一方で「西村京太郎トラベルミステリー」や「高橋英樹の船長シリーズ」など1993年頃までフィルム撮影を続けていた作品もあった(ただし1990年代の作品はフィルム撮影であってもVTR編集されたのが存在する)。2000年代後半からほとんどがハイビジョン制作であるが、この作品の場合、アナログ放送では13:9(→14:9→2010年7月より16:9レターボックス)のサイズで放送される。

番組初期から1980年代半ばまで、裏番組のテレビ三面記事 ウィークエンダー対策として、22:00前後の20分間にはCMを入れず濡れ場やレイプシーンを入れていた、明石家さんまはこれを「10時跨ぎガール」と呼んでいた。また、サブタイトルを視聴率獲得のための武器としており、「全裸」「人妻」など扇情的なフレーズが盛り込まれた長いサブタイトルを新聞欄に載せたり、予告映像にも濡れ場や扇情的なシーンを入れていた。なお、1990年代まではこれらのシーンが含まれた作品がテレビ朝日の「傑作ワイド劇場」などで再放送されていた。

数ある作品の中には、連続ドラマ化した作品(『家政婦は見た!』、『相棒』、『警視庁捜査ファイル さくら署の女たち』、『警視庁・捜査一課長』など)や、反対に連続ドラマから単発化(『赤かぶ検事奮戦記』、『法医学教室の事件ファイル』など)された作品も存在している。

朝日放送制作の作品の中には、事件解決後の人々の場面が視聴者の想像に任せると言う体裁となる作品もある。

2012年10月6日からは15分拡大され、21:00 - 23:06の放送へと変更した。ただ、前週の9月29日は編成上の都合はあるものの、21:00 - 23:06で放送されている。

単独番組としての終了およびシリーズの終焉

2016年3月26日をもって、単独番組としての本枠は終了となり、同年4月2日から単発特別番組新枠『土曜プライム』が開始されたが、『土曜ワイド劇場』はその一企画に降格となり、それ以外のドラマやバラエティーも放送する。なお、新枠でも本枠で見られた月1回の朝日放送制作による放送回が維持される。これにより、月1回ある朝日放送制作の週に必ずしも『土曜ワイド劇場』を放送するとは限らず、当該週に『土曜ワイド劇場』以外のラインナップを放送した月には同枠で『土曜ワイド劇場』の放送がある場合にはすべてテレビ朝日制作となる。

2017年4月8日、『土曜プライム』の終了に伴い、この『土曜ワイド劇場』も単独枠時代も含めて40年の歴史に終止符を打った。最終回の作品は『西村京太郎トラベルミステリー67 箱根紅葉・登山鉄道の殺意』。なお、4月22日から土曜20:54 - 21:54に『サタデーステーション』を開始すること(2018年4月からは22:10まで放送時間拡大)ならびに同月15日から21:58 - 22:59に日曜未明(土曜深夜)に放送された『あるある議事堂』を改題・リニューアルした『こんなところにあるあるが。土曜・あるある晩餐会』を放送(後者については同年9月で終了)。これに伴い、『土曜プライム』で放送してきた『土曜ワイド劇場』および『土曜ワイド劇場』ではない『土曜プライム』のドラマ作品について、同月9日開始の日曜日10:00 - 11:50に新設される2時間ドラマ枠『日曜ワイド』にて放送することを、テレビ朝日が同年2月10日に発表した。また、同枠では同年6月11日から新作も放送しているが、過去作品についてはすでに『ミステリー傑作選』として放送しており、それ以外では『帯ドラマ劇場』の総集編も放送されている。また、『日曜ワイド』以外にも新作を放送する枠として、同年3月16日から編期末期首限定で放送される『ミステリースペシャル』枠も用意されている。シリーズによっては『ミステリースペシャル』でも『日曜ワイド』でも放送される作品があった(例:おかしな刑事)。なお、『ミステリースペシャル』は2018年4月1日を最後に終了したとみられる。

歴代タイトルロゴ

放送時間の変遷

【放送期間】
【放送時間 (JST)】
放送分数
1977.07 - 1979.03 土曜日21:00 - 22:24 | 084分
1979.04 - 1996.03 土曜日21:02 - 22:51 | 109分
1996.04 - 2012.09 土曜日21:00 - 22:51 | 111分
2012.10 - 2016.03 土曜日21:00 - 23:06 | 126分

制作局

番組制作はキー局であるテレビ朝日と朝日放送が担当している。90分番組時代はテレビ朝日制作だったが、1979年4月から2時間枠に拡大すると同時にテレビ朝日に加え毎月1回を朝日放送制作とした。編成の都合で朝日放送制作が月2回や月0回になる場合もある。なお、朝日放送の土曜ワイド劇場第1作は、1979年2月放送の『けっぱり先生、仰げば尊し』であり、同年4月には2010年2月まで約31年続いた藤田まこと主演の人気シリーズ『京都殺人案内』の第1作が放送された。

朝日放送が1979年より土曜ワイド劇場の制作に携わるようになったのは、土曜ワイド劇場が90分枠だった時に、22:30 - 23:00枠に30分のバラエティー枠があったためである。また、朝日放送は腸捻転解消前のTBS系時代において、土曜22時枠で『必殺シリーズ』を制作していたことから、再度土曜夜のドラマ制作を熱望していたものと考えられる。なお、朝日放送がキー局制作のドラマ枠の一部作品を制作したケースとしては、腸捻転解消前の『東芝日曜劇場』がある。 朝日放送制作の作品では、土地柄からか関西在住の俳優・女優・タレント・芸人が有名無名、役柄を問わずキャスティングされる事が多い。中でも同局のローカル番組の出演者が登場する事が多く、『おはよう朝日です』のレポーターを当時務めていた楳崎静香や『ごきげん!ブランニュ』のレギュラーであるメッセンジャーあいはらも出演した。

朝日放送制作の場合、共同制作会社の松竹作品は主に京都が舞台となり、それ以外の共同制作会社の作品は東京が舞台となる事が多い。

主な作品

(特に表記のない作品についてはすべて東映との共同制作)

シリーズ作品

本枠終了時点で継続されていたシリーズ

テレビ朝日制作分
朝日放送制作分

中断・完結シリーズ

本枠終了時点でシリーズ終了もしくは中断されている作品
テレビ朝日制作分
出典:wikipedia
2019/07/17 12:55

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「土曜ワイド劇場」の意味を投稿しよう
「土曜ワイド劇場」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

土曜ワイド劇場スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「土曜ワイド劇場」のスレッドを作成する
土曜ワイド劇場の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail