このキーワード
友達に教える
URLをコピー

坪内士行とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年4月)

坪内 士行(つぼうち しこう、1887年8月16日 - 1986年3月19日)は、日本の演劇評論家早稲田大学教授、戯曲家振付師。女優・坪内ミキ子の父。

生涯

愛知県名古屋市に生れる。坪内逍遥の兄・義衛の三男で、逍遥に子がなかったため7歳のときに養子となった。旧制早稲田中学校を経て、1909年早稲田大学文学部英文科卒業。その後、ハーバード大学に留学して演劇を学び、1915年に帰国。翌年、留学中深い関係となったアメリカ人女性マッグラルド・ホームズが後を追って日本に来た。しかし逍遥は士行に娶合わせるつもりで鹿嶋清兵衛の娘のくにを養女にしており、この関係を許さなかった。くにと結婚させることを諦めたものの、逍遥はホームズといっさいの面会を拒否し、士行も家を出て別居した。ホームズは異国になじめず、また認められないことの苦しみから2年ほどで1919年1月に去っていったという。その後ホームズは橋場歯科医師と結婚して渡米したが、女優を志願し再来日、1926年7月に日活映画に入社の話を進めている間に自殺未遂を起こして帰国、1928年2月に自殺した。

1919年小林一三による宝塚音楽学校創立に関わった。同年3月、宝塚歌劇団1期生宝塚歌劇団卒業生雲井浪子と結婚したが、逍遥は士行の女性関係の乱れを目のあたりにしたことで、それまでの怒りが爆発、養子縁組を解消した。その後は宝塚歌劇団や東宝劇団の運営に関わった。

没後、2014年に宝塚歌劇の殿堂の最初に選出された100人で、演出スタッフのひとりとして妻・浪子とともに殿堂入りを果たしている。

後に金光教の教監教老となった佐藤一夫とは早稲田での同級生で親友であった。

著書

単著

翻訳

編著

共訳

共編

脚注

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『朝日新聞の記事にみる恋愛と結婚』朝日新聞社、1997, p268-269
  3. ^ 『越しかた九十年』

外部リンク

【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/03/31 12:48

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「坪内士行」の意味を投稿しよう
「坪内士行」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

坪内士行スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「坪内士行」のスレッドを作成する
坪内士行の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail