このキーワード
友達に教える
URLをコピー

城島健司とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
長崎県佐世保市
【生年月日】
(1976-06-08) 1976年6月8日(43歳)
【身長
体重】
182 cm
89 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
捕手一塁手
【プロ入り】
1994年 ドラフト1位
【初出場】
NPB / 1995年5月31日
MLB / 2006年4月3日
【最終出場】
NPB / 2012年5月9日
MLB / 2009年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

【国際大会】

【代表チーム】
日本
五輪
2004年
WBC
2009年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


オリンピック
男子 野球
 | 2004 | 野球
ワールド・ベースボール・クラシック
 | 2009 | 野球

城島 健司(じょうじま けんじ、1976年6月8日 - )は、長崎県佐世保市出身の元プロ野球選手。現在は釣り師タレントとして活動。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 ダイエー・ソフトバンク時代
    • 1.3 マリナーズ時代
    • 1.4 阪神時代
    • 1.5 現役引退後
  • 2 選手としての特徴
    • 2.1 守備
    • 2.2 打撃
    • 2.3 走塁
  • 3 人物
    • 3.1 釣り師として
    • 3.2 人間関係
    • 3.3 家族
    • 3.4 乱闘騒ぎ
  • 4 詳細情報
    • 4.1 年度別打撃成績
    • 4.2 年度別打撃成績所属リーグ内順位
    • 4.3 年度別守備成績
    • 4.4 表彰
    • 4.5 記録
    • 4.6 背番号
    • 4.7 代表歴
  • 5 関連情報
    • 5.1 出演
    • 5.2 書籍
  • 6 参考文献
  • 7 脚注
    • 7.1 注釈
    • 7.2 出典
  • 8 関連項目
  • 9 外部リンク

経歴

プロ入り前

4歳の時、読売ジャイアンツ王貞治引退試合で挨拶しているVTRを見てプロ野球選手に憧れ、小学4年の時に少年野球チームに入って捕手を務めた。中学3年の時にプロOBによる野球教室で王に褒められ、また冗談半分ながら巨人入りを勧められたことで、巨人へ入団したい気持ちが高まった。

別府大学付属高等学校では、強肩を見込まれ捕手に指名された。この時から「自分は捕手をやるために生まれた。それが宿命」と考えるようになり「これまでにない、打って守って走れる捕手」を目指す決意を固めた。高校では1年生時から4番を打ち、高校通算70本塁打を記録したが、甲子園への出場はならなかった。

城島は巨人入りを見据えて東都大学リーグで力をつけることに決め、いち早く獲得に動いた駒澤大学への推薦入学を取りつけ、プロ入り拒否を表明。しかしそれ以前にはプロ入りを希望していたことや、巨人・西武ライオンズ福岡ダイエーホークスの3球団を志望しているものの逆指名できない高校生であることから、本心は進学ではなくプロ入りだと読んだダイエーの根本陸夫代表取締役専務は、1994年度ドラフト会議の前日である1994年11月17日に行われた12球団スカウト会議の中で、1位での強行指名を宣言。アマ球界との摩擦を恐れたコミッショナー事務局が警告したものの、ダイエーは宣言通り1位指名。城島本人も、憧れの王貞治がダイエーの次期監督に内定していることを知り、1994年11月22日に監督に就任した王から要請されたことでダイエー入りを決めた。

この件をきっかけに、プロ入り拒否の選手はドラフト会議で指名出来ないルールが定められた。

ダイエー・ソフトバンク時代

入団当初、打撃には非凡なところを見せていたが、ワンバウンドの投球を捕球することができず、身体が投球から逃げほとんどが暴投もしくは捕逸になる状態であるなど捕手としての評価は低かった。入団当時バッテリーコーチを務めていた達川光男を始め、野村克也森祇晶らも「キャッチャーに向いていない」という声が上がった。周囲も捕手にこだわる必要性を感じておらず、一時は監督の王も内野手コンバートする意向を示し、後に実際に一軍の公式戦で一塁を守ることもあった。

1995年は首脳陣の方針により二軍スタートだったが、5月31日の対オリックス・ブルーウェーブ9回戦(福岡ドーム)で代打として一軍初出場。7月9日の対千葉ロッテマリーンズ15回戦(千葉マリンスタジアム)ではエリック・ヒルマンからプロ初安打を放ち、同時にプロ初打点も挙げた。7月14日の対オリックス17回戦(福岡ドーム)では8番捕手としてプロ初スタメンを果たした。一方、本塁打は1本も打てず、二軍のウエスタン・リーグでも1本だけだった。

1996年は開幕から二軍で英才教育を受け、8月24日に25本目の本塁打を放ってウエスタン・リーグ新記録を達成。9月3日に一軍昇格し、翌年以降をにらんで残り試合のほぼ全てでスタメン起用された。9月10日の対近鉄バファローズ21回戦(福岡ドーム)では久保康生から一軍初本塁打を記録。オフには吉武真太郎らとともにハワイ・ウィンターリーグに派遣された。

1997年開幕より一軍に定着。オールスターゲームファン投票では、戦後生まれでは最年少となる21歳45日で捕手部門1位に選出された。同年は打率.308を記録、21歳での捕手3割打者としては1944年阪田清春(20歳)に次ぐ年少記録だった。工藤公康武田一浩らベテラン投手、バッテリーコーチの若菜嘉晴の公私共の支え、ロッテから移籍してきたベテランの田村藤夫の教えもあり、以後不動の正捕手となった。工藤と武田に教えを仰ごうと、遠征中の宿舎で深夜に就寝している2人の部屋に押しかけたこともあった。特に工藤からは、試合中の配球についてたびたびマウンド上で問い詰められたり、イニング交代中のベンチ前で説教されるなど徹底した指導を受け、後に「あれがあるから今の自分があるという気がする」、「工藤さんには本当にいろんなことを教えてもらった」と述べている。これに対して工藤は「僕が育てたんじゃなくて彼が自分で育った」、「どれだけ厳しく叱っても食らいついてくる強靭な精神力が彼にはありました」と語っている。

1998年は前年の活躍もあってか徹底的にマークされ、100安打を打てず、打率.251と低迷した。ただし、チームは長年続いた不振を脱し、南海からダイエー譲渡後10年目で初となるAクラス入りを果たし、3位となった。

1999年4月30日、城島のダイエー入りに大きな影響を与えた球団社長の根本が死去。城島は根本への恩返しとして日本一になることを誓った。初の全試合出場を果たし、リーグ3位の打率.306を記録するなど、球団初のリーグ優勝・日本シリーズ優勝に大きく貢献し、リーグ優勝が決定した瞬間には号泣した。この年、工藤は城島に対し「今年1年間お前が出すサインには一切首を振らないから、自信を持ってサインを出せ」と言っていた。この年、工藤と城島のバッテリーで最優秀バッテリー賞を受賞したが、会見の席で工藤から「まだまだ下手」と一蹴され、それに対して城島は「来年も工藤さんとこの賞が取れると信じてますけど、どうやら工藤さんにその気がないみたいなので来年は別の人と取りたい」と答え、場内の笑いを誘った。工藤はシーズン終了後、FAで巨人に移籍した。

2000年は試合中の右手の骨折により84試合の出場にとどまったが、チームはリーグ2連覇し日本シリーズに出場。日本一は逃したがシリーズタイ記録となる20世紀最後の本塁打となる4本塁打を放つなど活躍し、同シリーズ敢闘賞を受賞した。この年の秋に入籍。

2001年は4月13日の対オリックス3回戦の9回に史上15人目で17度目の1イニング2本塁打を記録。この試合では6回にも本塁打を打っており、グリーンスタジアム神戸での1試合3本塁打は史上4人目であった。シーズン通算の打率はリーグ28位の.258と低迷したが、本塁打は自身初の30本越えとなる31本塁打(リーグ9位)を記録。捕手の30本以上は史上5人目であった。この年は小久保裕紀がリーグ4位の44本塁打、松中信彦がリーグ6位の36本塁打、井口資仁がリーグ12位の30本塁打を記録し、30本塁打を放った打者が同一チームに4人というパシフィック・リーグ初の記録になった。また、4人全員が日本人選手だったのはプロ野球史上初であった。

2002年、シーズン途中に守備についている際に打球を鎖骨に受け骨折。城島の故障の穴埋めのため、日本ハムファイターズから田口昌徳が移籍加入した。また、福岡放送夢空間スポーツ」では、城島がゴルフ好きであることから、骨折した鎖骨を固定していたチタンボルトパターの一部にして城島にプレゼントした。本塁打はリーグ12位の25本を記録。打率もリーグ10位の.293で、3年ぶりにリーグトップ10に返り咲いた。

2003年には「地味なキャッチャーの時代は終わりました。子どもたちに夢を与えるスーパーキャッチャーになりたい」と抱負を語り、自主トレーニングの際には3割・30本塁打・30盗塁・100打点を公言した。4番の小久保が開幕前にケガで離脱し、この年の開幕戦は松中が4番、城島が5番を務めた。それからシーズン終了までほぼ城島が5番に座ったが、一時期は4番を務めることもあった。リーグ6位の打率.330、リーグ3位の34本塁打、リーグ2位の119打点を記録。特に打点は、最終戦で松中に逆転を許すまではリーグ1位であった。松中、井口、ペドロ・バルデスとともにプロ野球史上初の「同一チームで100打点打者が4人」という記録を作り、チームの3年ぶりのリーグ優勝に貢献するとともにMVPにも選出された。7月27日の対オリックス戦では仰木彬と並ぶリーグタイ記録となる1試合6安打を記録した。日本シリーズでは後に移籍することになる阪神タイガースと対戦。2000年の日本シリーズに続き、長嶋茂雄以来史上2人目となるシリーズ2度目の4本塁打を放ち、チームの日本一に大きく貢献した。この年放った34本塁打は全て右投手から打ったもので、シーズン中は左投手から1本も打てなかったが、4本塁打を放った日本シリーズでは第1戦に井川慶、第7戦にトレイ・ムーアから打った。これについては、当時のパ・リーグには一流の左投手と呼べる存在がおらず、レギュラーシーズン中は対右投手用の打撃練習を徹底しておいて、シリーズ前になってからセントラル・リーグを代表する左投手である井川、ムーア、下柳剛ジェフ・ウィリアムス吉野誠との対戦をにらんで対左投手用の打撃に集中していたことを『GET SPORTS』などの取材で明らかにしている。シーズン終了後にはアテネオリンピックのアジア予選に出場し、日本代表の4番を務めた。

2004年6月1日に通算1,000本安打を達成した。出場939試合目での達成は、捕手では1952年土井垣武に並ぶ最速記録となった。夏にはアテネオリンピックの本選に日本代表として出場し、4番打者・正捕手として活躍。チームは銅メダルを獲得した。8月27日にアテネから帰国した成田空港からタクシーで直接西武ドームに向かい、代打で出場したが左飛に終わった。最終的に、捕手シーズン打率パ・リーグ新記録となる.338(リーグ3位)を記録。オリンピック前までは打撃3部門すべてにおいて松中信彦と熾烈なタイトル争いをしていたが、オリンピックによる離脱もあり、タイトル獲得はならなかった。チームはレギュラーシーズンで優勝し、西武とのプレーオフに出場。最終戦に松坂大輔から先制本塁打を放ったが、チームは敗れ、リーグ優勝を逃した。

チーム名が福岡ソフトバンクホークスに変わった2005年には、6月4日に通算200本塁打を達成した。しかし7月中旬に右肩痛を訴え離脱。その後8月28日にスタメン復帰したが、9月22日の対ロッテ戦で自打球を左スネに当て全治2か月の骨折を負い、残りの試合には出場できなかった。プレーオフに敗退した際、ベンチで泣き崩れる的場直樹に対し「胴上げをよく見てその悔しさを心に留めておけ」と言葉を掛けた。この年、怪我に苦しみながらも通算4,000打数を達成。この時点での通算打率.299は捕手としてプロ野球歴代1位となった。

オフにはアラン・ニーロを代理人としFA権を行使。

マリナーズ時代

2005年11月22日に3年1,650万ドルでシアトル・マリナーズと契約した。

スイングする城島(2006年)
打席に立つ城島(2006年)

2006年、4月3日のロサンゼルス・エンゼルスとの開幕戦(セーフコ・フィールド)に7番捕手として初出場し、日本人捕手として史上初のMLB選手となった。本拠地で打席に入る際の曲にはジミ・ヘンドリックスの「Hey Joe」を使用(入団の際にはTV番組『笑点』のテーマを登場曲の候補の1つに上げていたこともあった)。バートロ・コロンから第2打席にメジャー初安打を本塁打で記録。デビュー戦での本塁打は松井稼頭央に続き日本人史上2人目となった。続く4日の対エンゼルス戦では、チームでは1984年アルビン・デービス以来となるデビュー戦から2試合連続本塁打を記録した。9月15日の対カンザスシティ・ロイヤルズ戦(カウフマン・スタジアム)から打順は3番に定着。19日の対テキサス・レンジャーズ戦(アメリクエスト・フィールド・イン・アーリントン)では、日本人メジャーリーガーの1年目としては松井秀喜を上回り最多となる17号本塁打、25日の対シカゴ・ホワイトソックス戦(USセルラー・フィールド)では、マリナーズの捕手としては最多記録と並ぶ18号本塁打を記録。シーズン最終戦となる10月1日の対レンジャーズ戦(セーフコ・フィールド)では最終打席で1962年バック・ロジャースのア・リーグ新人捕手シーズン最多安打記録146を44年ぶりに更新する安打を放った。最終的に新人の日本人選手としては2001年のイチローに次いで2位となる打率.291, 同最多かつ1996年のダン・ウィルソンと並び新人での球団史上最多となる18本塁打、76打点、同1位のOPS.774を残した。新人野手としてはリーグの本塁打と打点部門でトップの成績だったが、新人王争いの投票では投手3人に続く4位に終わった。

オフには城島の苦悩を描いたエピソードがテレビ放送や新聞の連載で紹介されたが、「これまでと違う言語で新しい投手たちとコミュニケーションを図ることに努力しながらこれだけの打撃成績を収めたのは我々の脳裏に強く焼き付いた」という『USAトゥデイ』紙を始め、数々のメディアで賞賛された。

2007年は135試合に出場し、打率.287, 14本塁打、61打点、OPS.755を残し、守備率(863守備機会で.998)と盗塁阻止率 (.465) では両リーグトップを記録したが、捕手防御率 (CERA) 5.08は両リーグワースト2位であったため、高い盗塁阻止率にもかかわらず守備防御点は-7だった。7月3日の対カンザスシティ・ロイヤルズ戦では右手甲に打球を受け負傷したが、2000年に骨折した際に埋め込まれていた金属プレートのおかげで、再度の骨折を回避できた。オフにはCBSスポーツの捕手ランキングではホルヘ・ポサダビクター・マルティネスラッセル・マーティンジョー・マウアーに次ぐ5位に入り、"2007 This Year in Baseball Award" の "Defensive Player" 部門に捕手で唯一ノミネートされた。

2008年スプリングトレーニングで18試合の出場で打率.321, 2本塁打、OPS.836と例年以上の好成績を残し、4月25日には3年2,400万ドルで契約を延長。しかし前半戦打率.213, OPS.549と打撃不振に陥ったことに加え、投手陣がジェイミー・バークに信頼を置き始め、首脳陣も当時有望株だったジェフ・クレメントのテストを始めたこともあり、一塁手へのコンバートも噂された。8月10日にレギュラーを剥奪されたことが報道されたが、9月はクレメントが膝の手術でシーズンを終えたため、再びレギュラーとして起用された。最終的に112試合出場、自己最低となる打率.227, 7本塁打、39打点、OPS.609に終わり、翌年から3年総額26億円の高額な契約を結んでいたこともあって、ESPNの選ぶア・リーグの "Least Valuable Player"(MVPの逆、「最も価値の低かった選手」)に選出された。

2009年は第2回ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出。全試合にスタメン出場し、9試合で30打数10安打(打率.333)、1本塁打・4打点・1盗塁・4得点で日本の2連覇に貢献した。レギュラーシーズンでは正捕手としてスタートしたが、4月16日に右太股裏の肉離れで15日間の故障者リスト入り、5月26日に左足親指骨折で2度目の故障者リスト入りするなど序盤は怪我に見舞われた。また城島が不在の間に新人のロブ・ジョンソンが投手陣の信頼を集め、城島の復帰後もフェリックス・ヘルナンデスジャロッド・ウォッシュバーンエリック・ベダードの先発三本柱はジョンソンと組んだため、出場機会が激減。後にウォッシュバーンは移籍、ベダードは怪我で離脱したが、三本柱の先発した65試合のうち城島がマスクをかぶったのは序盤の10試合のみだった。打撃は2008年よりやや持ち直し、71試合の出場ながら打率.247, 9本塁打、22打点。本塁打率ではメジャーに来てから自己最高の数字を残したが、RC27は4.03という低調な数字に終わった。無走者時の打率.290に対し、走者を置いた状況下では打率.188(得点圏打率.184)と大きく数字を落とした。守備面では規定試合数に届かなかったものの盗塁阻止率では自己最高の.537を記録、メジャー通算でも.400としたが、CERAが4.86となり、ロブ・ジョンソンの3.23を大きく上回ってしまった。エースのヘルナンデスは城島とバッテリーを組んだ試合では1勝3敗、防御率7.22, QS率20 % (1/5) だったが、城島以外の捕手と組んだ試合では18勝2敗、防御率1.81, QS率96.6 % (28/29) という好成績を残した。ただし、ヘルナンデスは毎年5月に不調に陥る傾向で、城島が復帰した5月の数試合はちょうどその時期と重なっており、城島が退団した後の2010年もロブ・ジョンソンと組んだがその傾向に変化はなく、月別防御率はむしろ悪化している。

10月19日にはマリナーズとの残り2年間の契約を破棄し、日本球界に復帰する意向であることが発表された。阪神が獲得に動き、やや遅れて古巣のソフトバンクも獲得の意向を示したが、27日の阪神との2度目の交渉で入団の意思を表明した。この時阪神が城島の獲得に至った経緯として、前年までの正捕手矢野輝弘がこの年故障で長く欠場し、代わって正捕手格となった狩野恵輔も送球面などの不安を抱えていたこと、また右打ちの強打者がチームに少なかったことがあり、城島はいずれの補強ポイントにも合致していた。城島自身はこれ以前に『夢空間スポーツ』の自身のコーナーにて「(選手として)バリバリの状態で福岡に戻りたい」、「今の自分があるのはホークスのおかげであり、ユニフォームを脱ぐ時は福岡でホークスのユニフォームを脱ぎたい」と語っており、ソフトバンク球団側も背番号「2」を欠番にし、城島のマリナーズ退団情報を9月中旬に掴んでいたが、この年に26本塁打を放ち飛躍した田上秀則の存在や城島自身の年俸の高騰などのため最終的には獲得を見送っている。

阪神時代

2009年11月13日に阪神が入団を発表。年俸4億円+出来高払いの4年契約で、背番号は「2」。

阪神時代(2010年5月25日)

2010年3月26日の対横浜ベイスターズ戦(京セラドーム大阪)で決勝タイムリーヒットを放ち、「長崎県佐世保から来ました城島です」とヒーローインタビューで話した。翌27日の同球場・同カードにおいては延長11回にサヨナラホームランを打ち、ヘッドスライディングでホームインしてみせた。10月5日の対東京ヤクルトスワローズ戦ではシーズン165安打目を放ち、1997年に古田敦也が記録した164安打を抜いて捕手のセ・リーグ最多安打記録を更新した。これにより、城島はセ・パ両リーグの捕手最多安打記録保持者となった。また、ゴールデングラブ賞を受賞し捕手として史上初のセ・パ両リーグでの受賞となった。しかし、この年の終盤に左膝半月板を負傷していたことが判明し、11月9日に手術を受けた。リハビリ中は後輩の原口文仁から質問攻めにされていた。

2011年、左膝の負傷が判明した際の全治6か月という診断を覆して予定よりも早く実戦に復帰し、また3月11日に発生した東日本大震災の影響で開幕日が順延されたこともあって、開幕戦出場を果たした。しかし、膝を保護するために試合で着用していたパッドのため左膝に瘢痕が生じ、これによって膝の可動域が広がらなくなった影響で、38試合出場時点で打率.189, 5本塁打、13打点と打撃不振に陥り、守備面でもショートバウンドの捕球に支障をきたすようになった。膝が万全でないことで右肘の靭帯損傷や腰痛も併発し、6月10日に出場選手登録を抹消された。その後、8月16日に左膝のクリーニング手術を受けたため、一軍に復帰することなくシーズンを終えた。

2012年内野手として出場したが、5月上旬に左坐骨神経痛のため出場選手登録を抹消され、腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けた。8月にはリハビリ出場していた二軍戦で左ひざ裏の肉離れを起こした。9月には二軍戦に復帰したものの、捕手に戻るのは絶望的となり、捕手のまま現役を全うしたいという希望から、1年残っていた契約を破棄し、同年限りで引退することを9月28日に表明。引退を王に報告した際「現役は一回しかできないのだから、他のポジションで頑張ってはどうか」と言われたが、城島の決意は変わらなかった。

監督の和田豊から、9月29日の一軍の対広島東洋カープ戦を引退試合として出場を打診されたが、これを固辞し、同日のウエスタン・リーグにおける対オリックス戦(阪神鳴尾浜球場)が引退試合となった。3番捕手として先発出場し、初回無死一、二塁の場面で中前適時打を放った。直後に代走を送られて退くと、試合中にもかかわらず藤川球児の音頭で胴上げされた。10月18日に任意引退が公示された。日米通算2000安打まで残り163本での現役引退となった。

現役引退後

引退後は球界から距離を置き、趣味である釣り関連の番組を中心にタレントとして活動している。

2013年1月にRKB毎日放送特番として放送され、同年4月21日からレギュラー番組に昇格した自身の冠番組『城島健司のJ的な釣りテレビ』に出演。また同年3月より月1回で始まったテレビ長崎ゴルフ番組『城島健司と金谷多一郎のモア☆ゴル』にもメインパーソナリティーの一人として出演している。

野球関連では、2013年9月28日に福岡ヤフオクドームで行われた斉藤和巳の引退記念セレモニーにソフトバンクのユニフォーム姿で登場し、斉藤の投球を捕手として受けたほか、2018年3月10日サンマリンスタジアム宮崎で行われた「ジャイアンツvsホークスOB戦」に、ダイエーのユニフォームで出場し、19年ぶりに工藤とバッテリーを組んだ。

選手としての特徴

守備

盗塁阻止率が高く、卓越した強肩を生かして座ったまま一塁牽制や二塁送球を行うこともあった。これに対して大沢啓二は「肩を痛めるため真似しないほうがいい」と発言しており、実際に城島自身も2005年に座った状態での送球で肩を痛めたことにより、以降は座ったままの送球をしなくなった。マリナーズ移籍後も、投げ急ぐ傾向があることとリリースポイントが不安定なことを指摘され、2007年のスプリングトレーニングでは、素早く投げるのではなく肩の強さを生かして二塁方向に肩を押し出すバランスの取れた投げ方を指導され、同年の盗塁阻止率はメジャートップの数値を記録。阪神に移籍した2010年からは再び座ったままの送球を見せるようになり、「ジョー・バズーカ」と呼ばれるようになった。

当時現役27年目で、数多くの捕手相手に球を投げてきた工藤公康は「キャッチングが一番下手だったのは城島。最後までうまくならなかった」と述べている。MLB時代のキャッチングについて、フレーミング(ストライクゾーンぎりぎりの投球を審判にストライクとコールさせる能力)にやや難があり、総合的な守備力を測る守備防御点は通算でマイナスとなっている。

リード面ではストライク先行と初球ストライクをモットーとして挙げ、打者の打てない確率の高いコースと球種で強気に攻め三振を狙った。

打撃

内角低めの球を得意とする。2000年の日本シリーズ第1戦では工藤公康が投じた内角低めの完全なボール球を左手一本ですくい上げ本塁打とした。

走塁

一塁到達まで4.7秒と平均を下回り、2010年にはリーグワーストの22併殺打を記録。

人物

釣り師として

幼少の頃から父親とよく釣りにいっており、成人した現在でも海釣り(特に磯釣り)好きであり、現役時代からシーズン中も暇を見つけては釣りに出かけるほどで、釣り関連でのエピソードも数多い。

人間関係

ダイエーで監督として仕えた王のことを、「一番ユニフォーム姿が似合って、かっこいい人。野球をしている時の目の輝きが違うし、あの歳になってもあれだけ野球を好きでいられることは凄い。敬遠の時、ボールの動きと一緒に監督も飛び上がっていたくらいですから」と語っている。高校3年在学時に、3段の腕前である書道で好きな言葉を書くことになった際に、迷わず「王」の一文字を書いた。若手の時代には、王から厳しい指導も受けた。王も相手が誰であろうとズバズバ物事を話せる城島を将来の監督として、高く評価していたとされる。

2009年オフに阪神に入団した原口文仁からは「生きた教材」となり、リハビリ中だった翌2010年オフは原口から質問攻めにされ、城島自身の地元・長崎での自主トレにも同行。球界と距離を置く現在でも連絡を取り合っており、その原口が育成選手から支配下登録選手に昇格して即日1軍昇格をも果たした際には連絡を貰っていた。

家族

2000年11月27日にCMタレント大藤真紀(当時23歳)と結婚。出会いは1997年にTVQ九州放送で放送された『タカハチ組』というスポーツ情報番組で、3年間のオープンな交際を経ての結婚だった。結婚発表時の記者会見は福岡ドーム横のシーホークホテル&リゾート(現在のヒルトン福岡シーホーク)にて行われ、この模様が福岡放送『めんたいワイド』の中でも生中継された。2001年には長男が、2003年には長女が、2006年には次男が生まれた。現役時代はヘルメットに貼られた息子の写真を見、首に吊るした結婚指輪にキスをして、さらにはネクストバッターズサークルにて、バットで家族のイニシャルを描くしぐさをしてから打席に立っていた。

乱闘騒ぎ

1998年8月12日の対近鉄戦の6回裏、近鉄先発の高村祐から背中に死球を受け、激高してマウンドに駆け寄り両手で高村を突き飛ばす乱闘騒ぎを起こし、城島は暴力行為で退場処分を受けた。

詳細情報

年度別打撃成績























































・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/12/08 22:02

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「城島健司」の意味を投稿しよう
「城島健司」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

城島健司スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「城島健司」のスレッドを作成する
城島健司の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail