このキーワード
友達に教える
URLをコピー

堺市とは?

さかいし
堺市
大仙陵古墳 | 旧堺燈台
千利休屋敷跡
大鳥大社拝殿 | 妙国寺
堺市役所から望む大仙陵古墳

市庁舎位置

 | 
市旗 | 堺市章
1895年6月17日制定

【国】
日本
【地方】
近畿地方
【都道府県】
大阪府
団体コード
27140-3
法人番号
3000020271403
【面積】
149.82km

【総人口】
828,857[編集]
(推計人口、2019年6月1日)
人口密度
5,532人/km
【隣接自治体】

【市の木】

【市の花】
ハナショウブ
【市の花木
市の鳥】
ツツジ
モズ
堺市役所

【市長】
永藤英機
【所在地】
590-0078
大阪府堺市堺区南瓦町3番1号
北緯34度34分24秒東経135度28分58.8秒座標: 北緯34度34分24秒 東経135度28分58.8秒

【外部リンク】
公式ウェブサイト

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村



ウィキプロジェクト

堺市(さかいし)は、大阪府泉北地域に位置する日本の政令指定都市

大阪府による地域区分では泉北地域とされるが、市制施行時の堺市域や南河内郡の旧郡域など歴史的に泉北郡ではなかった地域が多く含まれており、他の泉北地域3市1町とは区別されることもある。大阪府内で人口・面積ともに第2の都市であり、人口は2015年4月時点で山梨県佐賀県福井県徳島県高知県島根県鳥取県を上回る。一方、居住人口に比べて昼間人口の割合が低く、大阪市衛星都市としての特徴も併せ持っている。

目次

  • 1 人口
  • 2 地理
    • 2.1 市名の由来
    • 2.2 地域の概要
      • 2.2.1 西部(堺区・西区)
      • 2.2.2 中南部(中区・南区)
      • 2.2.3 東部(北区・東区・美原区)
  • 3 気候
  • 4 歴史
    • 4.1 石器時代
    • 4.2 古墳時代(ヤマト王権の重要地)
    • 4.3 飛鳥時代(難波大道と交通網)
    • 4.4 平安時代・鎌倉時代(堺北荘と堺南荘)
    • 4.5 南北朝時代(南朝と勘合貿易)
    • 4.6 室町時代・戦国時代(東洋のベニス)
    • 4.7 安土桃山時代(自治都市)
    • 4.8 江戸時代(近世都市の源)
    • 4.9 江戸時代後期からそれ以降(工業都市)
    • 4.10 年表
      • 4.10.1 古代
      • 4.10.2 中世
      • 4.10.3 近世
      • 4.10.4 近代
      • 4.10.5 現代
    • 4.11 「堺町」のある都市
    • 4.12 堺空襲
  • 5 市町村合併・政令指定都市への移行
    • 5.1 政令指定都市への道のり
  • 6 議会
    • 6.1 市会
    • 6.2 大阪府議会(堺市選出)
    • 6.3 衆議院
  • 7 市長
    • 7.1 歴代市長
  • 8 名誉市民
  • 9 行政区
  • 10 産業
    • 10.1 主な商業地
      • 10.1.1 堺区中心部
      • 10.1.2 堺区
      • 10.1.3 北区
      • 10.1.4 西区
      • 10.1.5 中区
      • 10.1.6 南区
      • 10.1.7 東区
      • 10.1.8 中百舌鳥副都心計画
      • 10.1.9 都市再生緊急整備地域
    • 10.2 伝統産業
    • 10.3 堺市に本社を置く企業
      • 10.3.1 上場企業
      • 10.3.2 非上場企業
    • 10.4 堺市に拠点・事業所を置く企業
    • 10.5 漁業
    • 10.6 農業
  • 11 対外関係
    • 11.1 姉妹都市・提携都市
      • 11.1.1 国内
    • 11.2 海外
  • 12 国際機関
    • 12.1 領事館
  • 13 教育
    • 13.1 大学
    • 13.2 短期大学
    • 13.3 専修学校
    • 13.4 高等学校
    • 13.5 中学校
    • 13.6 小学校
    • 13.7 特別支援学校
    • 13.8 学校教育以外の教育施設
      • 13.8.1 自動車教習所
  • 14 スポーツ
    • 14.1 野球
      • 14.1.1 プロ野球
      • 14.1.2 社会人野球
      • 14.1.3 高校野球
    • 14.2 サッカー
    • 14.3 バレーボール
      • 14.3.1 Vリーグ
      • 14.3.2 高校バレー
    • 14.4 相撲
      • 14.4.1 大相撲
      • 14.4.2 学生相撲
    • 14.5 水泳
    • 14.6 スポーツイベント
      • 14.6.1 スポーツ施設
  • 15 芸術
    • 15.1 音楽
    • 15.2 文芸
    • 15.3 芸術行事
  • 16 文化施設
  • 17 医療施設
  • 18 国の機関
  • 19 隣接自治体・行政区
  • 20 市内の地名
  • 21 交通
    • 21.1 鉄道
      • 21.1.1 大阪モノレールの堺への延伸計画
    • 21.2 バス
      • 21.2.1 路線バス
      • 21.2.2 高速バス
      • 21.2.3 エアポートリムジンバス
      • 21.2.4 深夜急行バス
    • 21.3 自動車
    • 21.4 道路
      • 21.4.1 有料道路
      • 21.4.2 一般国道
      • 21.4.3 府道
        • 21.4.3.1 主要地方道
        • 21.4.3.2 一般府道
      • 21.4.4 道路の愛称
    • 21.5 船舶
  • 22 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事
    • 22.1 公園・緑地
    • 22.2 道・旧街道
    • 22.3 歴史的建造物
    • 22.4 社寺
    • 22.5 古墳
    • 22.6 堺市内の銅像
    • 22.7 祭事・行事
  • 23 報道機関・出版・放送局
    • 23.1 新聞社
    • 23.2 出版社
    • 23.3 書店
    • 23.4 文学賞
    • 23.5 ラジオ局
    • 23.6 ケーブルテレビ局
  • 24 堺市を舞台とする作品
    • 24.1 テレビドラマ
    • 24.2 小説
    • 24.3 落語
    • 24.4 漫画
    • 24.5 アニメ
    • 24.6 映画
    • 24.7 舞台ではないがモデルとなった作品
  • 25 堺市に関連する有名人
  • 26 脚注
  • 27 関連項目
  • 28 外部リンク

人口

平成22年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、1.32%増の841,966人であり、増減率は府下43市町村中10位。区別では最高が3.76%増の北区、最低が1.48%減の南区。


堺市と全国の年齢別人口分布(2005年) | 堺市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 堺市
緑色 ― 日本全国
 | 
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

堺市(に相当する地域)の人口の推移

総務省統計局 国勢調査より

地理

堺市中心部周辺の空中写真。1985年撮影の10枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

大阪平野のやや南を西流する大和川の左岸下流域に位置する。大阪湾に西面し、北は大阪市、北東は松原市、東は羽曳野市富田林市、南東は大阪狭山市河内長野市、南西は和泉市高石市に接している。市内は7つの行政区に分かれ、堺区が北西部に、美原区が東端部に位置する他は、中区東区西区南区北区と方位による区割となっている。

市名の由来

「堺」の地名は平安時代には見られ、摂津国河内国和泉国の「境(さかい)」に発展したことによると言われている。「境」、「左海」などとも表記された(宿院交差点にある石灯籠には「左海たばこ庖丁鍛治」と書かれてある)。

鎌倉時代以降は、摂津国と和泉国の荘園名として見られ、江戸時代(元和年間)以降は、両国の国境に大小路という東西幹線を敷いた町となった。宝永年間には大和川の付け替えが行われたが、明治3-4年まで大小路は摂泉国境(大小路以北の堺市街は摂津国であった)の役割を果たした。

国境が大和川に変更された後は和泉国のみに属する町となった。1880年(明治13年)の郡区町村編制法施行により、のちに堺市となる堺区(郡区制)が発足し、のちに泉北郡となる大鳥郡から分離した。また、1938年(昭和13年)の南河内郡金岡村編入以降、和泉国と河内国に跨る市域を形成するようになり現在に至っている。このため、他の泉北地域と区別して「堺・泉北」のように併記されることがある。

地域の概要

西部(堺区・西区)

中南部(中区・南区)

東部(北区・東区・美原区)

気候

堺(堺市堺区百舌鳥夕雲町、標高20m)の気候
【月】
【1月】
【2月】
【3月】
【4月】
【5月】
【6月】
【7月】
【8月】
【9月】
【10月】
【11月】
12月 年
最高気温記録 °C (°F) 18.8
(65.8) | 23.9
(75) | 25.6
(78.1) | 30.2
(86.4) | 33.0
(91.4) | 36.3
(97.3) | 37.9
(100.2) | 39.7
(103.5) | 36.7
(98.1) | 32.5
(90.5) | 26.8
(80.2) | 25.5
(77.9) | 39.7
(103.5)
平均最高気温 °C (°F) 9.3
(48.7) | 10.0
(50) | 13.6
(56.5) | 19.7
(67.5) | 24.4
(75.9) | 27.8
(82) | 31.6
(88.9) | 33.5
(92.3) | 29.2
(84.6) | 23.1
(73.6) | 17.4
(63.3) | 12.1
(53.8) | 21.0
(69.8)
日平均気温 °C (°F) 5.2
(41.4) | 5.6
(42.1) | 8.8
(47.8) | 14.2
(57.6) | 18.8
(65.8) | 22.7
(72.9) | 26.7
(80.1) | 28.0
(82.4) | 24.1
(75.4) | 17.8
(64) | 12.3
(54.1) | 7.5
(45.5) | 15.9
(60.6)
平均最低気温 °C (°F) 1.1
(34) | 1.3
(34.3) | 3.9
(39) | 8.9
(48) | 13.7
(56.7) | 18.4
(65.1) | 22.8
(73) | 23.7
(74.7) | 19.9
(67.8) | 13.2
(55.8) | 7.7
(45.9) | 3.2
(37.8) | 11.4
(52.5)
最低気温記録 °C (°F) -5.0
(23) | -5.3
(22.5) | -3.3
(26.1) | -1.1
(30) | 4.1
(39.4) | 9.1
(48.4) | 15.5
(59.9) | 16.6
(61.9) | 9.7
(49.5) | 2.7
(36.9) | -0.9
(30.4) | -3.4
(25.9) | -5.3
(22.5)
降水量 mm (inch) 45.1
(1.776) | 58.3
(2.295) | 96.9
(3.815) | 95.2
(3.748) | 132
(5.2) | 170.2
(6.701) | 131.0
(5.157) | 87.7
(3.453) | 139.3
(5.484) | 114.5
(4.508) | 73.4
(2.89) | 43.5
(1.713) | 1,187
(46.732)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 6.5 | 7.0 | 10.4 | 9.7 | 9.8 | 11.8 | 10.3 | 6.9 | 10.1 | 8.7 | 6.9 | 6.5 | 104.6
平均月間日照時間 127.3 | 133.6 | 167.3 | 194.6 | 198.9 | 161.7 | 194.1 | 230.8 | 166.1 | 163.3 | 144.6 | 137.1 | 2,019.7
出典: 気象庁 (平均値:1981年-2010年、極値:1977年-現在)


歴史

石器時代

現在の堺市域に人が定住したのは古く旧石器時代とされる。市内各地の遺跡からは旧石器時代の打製石器縄文時代土器石器弥生時代銅鐸・土器などが発掘されている。また、浜寺の四ツ池遺跡は池上・曽根遺跡(和泉市泉大津市)と並ぶ弥生時代の集落遺跡で、堺市域では最大規模を誇る(浜寺中学校造成と第二阪和国道敷設工事のため遺跡としての形はとどめていない)。1989年には国の史跡に指定された。このほか、石津川流域の下田町や鶴田町でも、竪穴住居跡を中心とする集落や土器・金属器などが出土している。

古墳時代(ヤマト王権の重要地)

大仙陵古墳(仁徳天皇陵)国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
大仙公園

古墳時代には、泉北丘陵を中心に須恵器の生産が行われた。生産は奈良時代を経て平安時代まで続いた。泉北ニュータウン周辺や信太山丘陵にかけて須恵器の窯跡などの遺跡が点在しており、「陶器」「釜室」などの地名が現在に至っても残る。ヤマト王権成立後は大仙陵古墳(仁徳天皇陵)など大小100数基の百舌鳥古墳群が造られた。 神功皇后三韓征伐からの帰途、現在の七道の浜(当時は摂津国住吉郡)に寄り、地元の田蓑宿禰(摂津国住吉郡の豪族)に津守氏の姓を与え、住吉三神を祀るように告げたという(住吉大社の起源)。

飛鳥時代(難波大道と交通網)

飛鳥時代になると、難波宮難波京難波津から聖徳太子ゆかりの寺院である四天王寺を経て上町台地を南北に貫く難波大道と、飛鳥の都と方違神社を東西に結ぶ丹比道(竹内街道の前身)、大津道(長尾街道の前身)が整備される。奈良時代から室町時代にかけて、これらの街道沿いの美原区大保(丹南)や北区金岡・東区日置荘周辺には河内鋳物師と呼ばれる人たちが多く住んでおり、東大寺再興や鎌倉大仏の鋳造などで活躍した。

平安時代・鎌倉時代(堺北荘と堺南荘)

平安時代には熊野詣の宿として境王子大鳥居王子が設置された。鎌倉時代には京都奈良など後背都市の産業を背景に南北の堺荘が成立。

南北朝時代(南朝と勘合貿易)

南北朝時代には、南朝方の住吉大社宮司の津守氏に関係して南朝の外港的役割を担うようになり、廻船が発着する港へと発展した。地下請の特権を得て、室町時代には足利将軍家や管領細川氏などが行った日明貿易(勘合貿易)の拠点となる。戦国時代にはルソンカンボジアなど東南アジア方面での貿易で栄えた。

室町時代・戦国時代(東洋のベニス)

応仁・文明の乱以後、それまでの兵庫湊に代わり堺は日明貿易の中継地として更なる賑わいを始め、琉球貿易・南蛮貿易の拠点として国内外より多くの商人が集まる難波津住吉津などと同様、国際貿易都市としての性格を帯びる。布教のため来日していたイエズス会宣教師ガスパル・ヴィレラは、その著書『耶蘇会士日本通信』のなかで、「堺の町は甚だ広大にして大なる商人多数あり。この町はベニス市の如く執政官によりて治めらる」と書いた。この文章によって、堺の様子は当時の世界地図に掲載されるほどヨーロッパ世界に認識されることとなる。ヴィレラの後継宣教師であるルイス・フロイスもまた、マラッカの司令官宛に「堺は日本の最も富める湊にして国内の金銀の大部分が集まるところなり」と報告、その著書『日本史』のなかで堺を「東洋のベニス」と記している。なお、フロイスは永禄の変の後4年ほど堺に滞在している。

堺の鉄砲鍛冶(和泉名所図会)/国立国会図書館所蔵

安土桃山時代(自治都市)

安土桃山時代には貿易港としての地位を揺るぎないものとし、戦乱から町を守るため周囲に堀を巡らせた環濠都市を形成。会合衆(えごうしゅう、かいごうしゅう)と呼ばれる商人たちが自治的な都市運営を行い、中世の自治都市となるが、その価値に注目した織田信長豊臣秀吉らの前に屈服。自治機能が解体され、彼らの支配下(直轄地)に置かれる。それまでは住吉津渡辺津などの港湾都市であった大坂石山本願寺跡地に大坂城が築かれ、城下町 (船場周辺) が整備されるに伴い朱印船貿易で活躍した末吉孫左衛門などの氏族が発祥した大坂の平野商人(摂津国平野郷)、京都の伏見商人(現在の中央区平野町や中央区伏見町にその名を残している)が移動し、堺商人の多くも大坂へ移住した。同様に全国各地の城下町にも堺商人などが移り住むようになる。産業面では戦国期より鉄砲生産が盛んに行われ、また文化面では今井宗久千利休津田宗及に代表される茶の湯などが特記される。特に信長から武装解除された橿原市今井町との交流は深く、竹内街道を通じ江戸時代まで毎日行き来した。「海の堺」に対し「陸の今井」と呼ばれ、堺同様に自治都市として栄えた。

江戸時代(近世都市の源)

江戸時代には堺奉行が置かれ、糸割符など保護を受けるが、鎖国の成立とともに経済の中心は再び大坂へ移り、管轄も大坂町奉行が兼任する。1704年には大和川の付け替え工事が行われ、陸続きであった堺と住吉が分断された。しかも、この開削により河口付近に多量の土砂がたまったため、堺港に大きな船が停泊できなくなった。これにより、港湾機能も縮小せざるを得なくなった。

しかし、中世の自由都市堺と、江戸初期の堺の財力は莫大なものがあり、それが後世の日本に与えた影響は莫大である。中世の日本において一貫して大都市といえるのは京都だけであり、当時陸運の便利がよい京都に商人の大半が集中していた。一方で堺は積極的に海運のため、全国の主に海岸の中小都市に莫大な投資を行った。その当時既に繁栄していた博多鹿児島大分などはともかく、それ以外の全国の多くの都市について、その発展の基礎部分に中世の堺商人の投資が大きな影響を与えているともいえ、それは大阪、名古屋、東京も例外ではない。

江戸時代後期からそれ以降(工業都市)

江戸時代でも後期に入ると、醸造業などが栄えた影響で再度活気を取り戻すようになる。幕末になり、欧米列強が大坂の開港を要求すると、大坂が京都に近く堺がその代港候補に挙がる。だが江戸の幕府内勤皇派は、堺周辺には古墳が多いため、堺を開港地にすると外国人が無断で古墳に出入りする可能性があると指摘。そのため、第二候補であった摂津国の兵庫(神戸)が開港地に選ばれた。この結果、堺は中世以来の国際貿易港への復帰の道を閉ざされ、その座を神戸に明け渡すことになった。明治時代以降は、紡績煉瓦産業を中心に次第に工業都市へと変貌を遂げていき、阪神工業地帯の一角を占める経済的地盤を作り上げていく。また、戦後高度経済成長期以降は大阪都市圏の発展・膨張とともに、泉北ニュータウンの開発に代表されるような、大阪市ベッドタウンとしての側面も兼ね備えるようになった。

なお、堺市の町名には「○丁目」の「目」がつかない。1872年の町名改正で、改正前までは独立していた小さな町を「○○東一丁」や「○○西一丁」などに変更し、「丁」に「町」と同格の意味合いを持たせたことに由来する。以後、周辺の町村を合併し市域に編入したが、町を細分する場合も前例に倣い「丁目」を使わず、美原区を除く市内全域が「丁」で統一されている。

年表

古代

中世

近世

出典:wikipedia
2019/07/20 01:24

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「堺市」の意味を投稿しよう
「堺市」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

堺市スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「堺市」のスレッドを作成する
堺市の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail