このキーワード
友達に教える
URLをコピー

増沢末夫とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
北海道亀田郡大野村
(現・北斗市)
【生年月日】
(1937-10-20) 1937年10月20日(82歳)
【騎手情報】

【所属団体】
日本中央競馬会
【所属厩舎】
鈴木勝太郎(1954年 - 1990年)
鈴木康弘(1991年 - 引退)
【初免許年】
1957年
【騎手引退日】
1992年
【重賞勝利】
84勝
【G1級勝利】
8勝
【通算勝利】
12780戦2016勝
【調教師情報】

【初免許年】
1993年
【調教師引退日】
2008年
【重賞勝利】
19勝
【G1級勝利】
1勝
【通算勝利】
3165戦279勝
【経歴】

【所属】
美浦トレーニングセンター

増沢 末夫(ますざわ すえお、1937年10月20日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) に所属した騎手調教師。騎手として全国リーディングジョッキー2回、八大競走7勝。通算2016勝は当時の中央競馬史上最多勝。44歳で初のリーディングジョッキー獲得、50代で年間100勝達成など中年期以降に顕著な活躍を示し「鉄人」の異名を取った。愛称は「まっさん」。

妻は師匠・鈴木勝太郎の長女。義弟に鈴木康弘がいる。

北海道亀田郡大野村(後の大野町、現・北斗市)出身。戸籍上の表記は増澤末夫である。

経歴

北海道大野村に6人兄妹の末っ子として生まれる。幼少期より農耕・ばんえい競走用のペルシュロンの世話をして過ごした。中学校卒業後騎手を志し、同級生の兄で騎手の竹部鈴雄(後に山田要一厩舎に所属した)より、函館競馬場を訪れていた調教師・鈴木勝太郎を紹介され、そのまま東京競馬場の鈴木厩舎に入門した。1955年より馬事公苑騎手養成長期課程を受講。同期生には矢野進森安重勝古賀一隆らがいる。

騎手時代

修了後に騎手免許を取得。1957年3月10日に騎手デビューし、同年7月14日に初勝利を挙げた。翌年には32勝を挙げ全国19位に付ける躍進を見せたが、デビュー以降しばらくは成績が安定せずランキングは昇降を繰り返した。

しかし、1967年の東京優駿(日本ダービー)でアサデンコウに騎乗し優勝。重賞初勝利をダービーで果たすと、以降成績は上位で安定し、名実ともに関東のトップジョッキーの一人となった。1973年には公営大井競馬から中央競馬へ移籍してきたハイセイコー主戦騎手となり、第一次競馬ブームの担い手となる。同馬の引退に際しては、増沢が歌うレコードシングルさらばハイセイコー』が発売され、オリコン最高4位のヒットとなった。

1977年、40歳を迎えた増沢は74勝を挙げ、初の関東リーディングジョッキーとなる。さらに1981年には96勝を挙げ、44歳にして初の全国リーディングを獲得した。翌年には104勝で自身初の年間100勝を達成し、2年連続の全国リーディングジョッキーとなる。1984年10月14日には通算1340勝を達成し、野平祐二が保持していた中央競馬最多勝記録を更新。以降、増沢は「記録男」とも称されるようになり、1986年にはダイナガリバーに騎乗して2度目の日本ダービー優勝を果たし、史上最年長(48歳7か月)のダービージョッキーとなると、同年12月21日には中山競馬場で中央競馬史上初の通算1万回騎乗を達成。この日のメイン競走ではダイナガリバーで有馬記念にも優勝した。

翌1987年には競馬関係者として初めて皇室主催の園遊会に招待され、昭和天皇および皇太子明仁親王と競馬の景況について言葉を交わした。増沢はこの経験について、「自分は天皇賞には縁がなかったが、これ以上の栄誉はない」と語っている。

1990年には53歳で年間100勝を達成。そして翌1991年、自身の誕生日である10月20日に中央競馬史上初の通算2000勝を達成した。

以降も増沢は騎手を続けるつもりであったが、1989年に義弟の鈴木俊彦(調教助手)が落馬事故により死去していたこともあり、家族の反対に遭い引退を決断。この年の調教師試験申請書提出期限であった10月30日に騎手引退を発表し、翌1992年2月23日に引退した。

調教師時代

引退後は調教師に転身。1993年美浦トレーニングセンターに厩舎を開業した。開業初年度に重賞を制覇するなど、さすがと思わせる一面も見られたが、調教師として中央競馬のGIを勝つことはできなかった。しかしながら、2005年にストロングブラッド交流GI競走かしわ記念を制している。1996年には騎手としての経験を見込まれ、競馬会より中央競馬初の女性騎手のひとり・牧原由貴子を託され厩舎所属騎手とした。牧原はのちに増沢の息子・真樹(調教助手)と結婚し、増沢由貴子となっている。

2008年2月29日付けで定年により調教師を引退し、競馬界の一線から退いた。調教師成績は3165戦279勝(うち地方58戦7勝)。

騎手としての特長

ダイナガリバーに騎乗(1986年)

スタートが抜群に巧く逃げ戦法を得意とし、素早くレースの主導権を握り、道中で巧くペースを落としての逃げ切りは「増沢マジック」とも評された。当時のファンの間では「増沢が4コーナーで後ろを振り向いた時は勝利を確信した時だ」とも言われ、また騎手の間でも「4コーナーで振り向いたら絶対勝つ、3コーナーで振り向いたら負ける」とされていた。自身も「どちらかというと先行馬が好き」としているが、その騎手生活のなかで最強馬として挙げているのは、追い込み馬として鳴らしたイシノヒカルである。

またこうした特長から、小回りコースが多く先行策が有利とされるローカル開催での活躍も目立ち、「ローカル男」とも呼ばれ、とくに福島競馬場は「増沢の庭」と呼ばれるほどの圧倒的な強さを誇った。同場では通算勝ち星のほぼ3分の1にあたる671勝を挙げており、増沢が乗るだけで騎乗馬のオッズが下がるという現象も見られた。

自身も認める遅咲きの騎手であり、一般に騎手が引退を始める40歳で関東リーディングを獲得し、以降の13年間で通算勝利の過半数にあたる1259勝を挙げた。この時期は引退年以外はすべて関東リーディング3位以内、全国リーディング5位以内を保っていた。

このように第一線で長く続けられた理由として、小柄で比較的減量苦がなかったこと、落馬による大きな怪我がなかったことなどが挙げられる。また、増沢はダイナガリバーでのダービー、有馬記念制覇に触れ、前者は「(48歳という年齢に対して)『まだ安心して頼める』という信頼を得た」、後者については「名勝負を残せたことで、増沢健在を内外にアピールできた。この1勝は500勝にも相当する」と語り、年齢で敬遠されることによる騎乗数の減少、騎乗馬のレベル低下を避けられたことも挙げている。

通算成績

騎手成績

【年】
【区分】
【1着】
【2着】
【3着】
【4着以下】
【騎乗数】
【勝率】
連対率
備考
1957年 | 平地 | 3 | 6 | 6 | 40 | 55 | .055 | .164 | 
1958年 | 平地 | 32 | 44 | 42 | 198 | 316 | .101 | .241 | 
1959年 | 平地 | 38 | 26 | 37 | 185 | 286 | .133 | .224 | 
1960年 | 平地 | 14 | 31 | 27 | 155 | 227 | .062 | .198 | 
1961年 | 平地 | 29 | 26 | 18 | 136 | 209 | .139 | .263 | 通算100勝達成(8月13日)
1962年 | 平地 | 25 | 38 | 44 | 207 | 314 | .080 | .201 | 
1963年 | 平地 | 10 | 30 | 27 | 176 | 243 | .041 | .165 | 
1964年 | 平地 | 37 | 38 | 33 | 179 | 287 | .129 | .261 | 
1965年 | 平地 | 36 | 41 | 33 | 177 | 287 | .125 | .261 | 
1966年 | 平地 | 60 | 50 | 46 | 177 | 333 | .180 | .330 | 
1967年 | 平地 | 48 | 49 | 40 | 191 | 328 | .146 | .296 | 
1968年 | 平地 | 53 | 51 | 46 | 205 | 355 | .149 | .293 | 
1969年 | 平地 | 57 | 44 | 39 | 296 | 436 | .131 | .232 | 
1970年 | 平地 | 46 | 34 | 34 | 196 | 310 | .148 | .258 | 
1971年 | 平地 | 48 | 43 | 52 | 155 | 298 | .161 | .305 | 通算500勝達成(6月5日)
1972年 | 平地 | 44 | 30 | 26 | 168 | 268 | .164 | .276 | 
1973年 | 平地 | 36 | 31 | 25 | 121 | 213 | .169 | .315 | 
1974年 | 平地 | 38 | 30 | 24 | 113 | 205 | .185 | .332 | 
1975年 | 平地 | 48 | 46 | 35 | 147 | 276 | .174 | .341 | 
1976年 | 平地 | 56 | 29 | 31 | 219 | 335 | .167 | .254 | 
1977年 | 平地 | 74 | 53 | 39 | 196 | 362 | .204 | .351 | 関東リーディングジョッキー(全国2位)
1978年 | 平地 | 44 | 38 | 32 | 149 | 263 | .167 | .321 | 
1979年 | 平地 | 46 | 43 | 33 | 185 | 307 | .150 | .290 | 
1980年 | 平地 | 64 | 58 | 30 | 242 | 394 | .162 | .310 | 関東リーディングジョッキー(全国2位)
1981年 | 平地 | 96 | 60 | 59 | 229 | 444 | .216 | .351 | 通算1000勝達成(3月21日・史上5人目)
全国リーディングジョッキー
1982年 | 平地 | 104 | 90 | 71 | 283 | 548 | .190 | .354 | 全国リーディングジョッキー
1983年 | 平地 | 89 | 79 | 62 | 292 | 522 | .170 | .322 | 関東リーディングジョッキー(全国3位)
1984年 | 平地 | 88 | 66 | 73 | 313 | 540 | .163 | .285 | 中央競馬通算最多1340勝達成(10月14日)
関東リーディングジョッキー(全国2位)
1985年 | 平地 | 82 | 80 | 50 | 286 | 498 | .165 | .325 | 
1986年 | 平地 | 106 | 57 | 58 | 315 | 536 | .198 | .304 | 通算10000回騎乗達成(12月21日・史上初)
関東リーディングジョッキー(全国2位)
1987年 | 平地 | 99 | 93 | 60 | 331 | 583 | .170 | .329 | 通算1500勝達成(7月20日・史上初)
1988年 | 平地 | 91 | 81 | 67 | 337 | 576 | .158 | .298 | 
1989年 | 平地 | 86 | 66 | 52 | 380 | 518 | .166 | .293 | 
1990年 | 平地 | 100 | 69 | 51 | 344 | 564 | .177 | .300 | 
1991年 | 平地 | 87 | 60 | 49 | 300 | 496 | .175 | .296 | 通算2000勝達成(10月20日・史上初)
1992年 | 平地 | 3 | 8 | 6 | 21 | 38 | .079 | .289 | 
総計 | 平地 | 2,016 | 1,719 | 1,457 | 7,588 | 12,780 | .158 | .292 | 

主な騎乗馬

括弧内は増沢騎乗による優勝重賞競走。太字はGI級競走(安田記念、スプリンターズステークス除く)。

その他の騎乗馬

調教師成績

【年】
【区分】
【1着】
【2着】
【3着】
【4着以下】
【出走数】
【勝率】
連対率
1993年 | 平地 | 7 | 6 | 2 | 48 | 63 | .111 | .206
障害 | 1 | 1 | 0 | 6 | 8 | .125 | .250
計 | 8 | 7 | 2 | 54 | 71 | .113 | .211
1994年 | 平地 | 5 | 7 | 6 | 69 | 87 | .057 | .138
1995年 | 平地 | 16 | 17 | 9 | 128 | 170 | .094 | .194
障害 | 2 | 0 | 2 | 4 | 8 | .250 | .250
計 | 18 | 17 | 11 | 134 | 178 | .101 | .197
1996年 | 平地 | 16 | 16 | 11 | 137 | 180 | .089 | .178
障害 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | .000 | .000
計 | 16 | 16 | 11 | 138 | 181 | .088 | .177
1997年 | 平地 | 16 | 18 | 17 | 151 | 202 | .079 | .168
障害 | 0 | 1 | 0 | 8 | 9 | .000 | .111
計 | 16 | 19 | 17 | 159 | 211 | .076 | .166
1998年 | 平地 | 18 | 7 | 10 | 131 | 166 | .108 | .151
障害 | 0 | 0 | 0 | 5 | 5 | .000 | .000
計 | 18 | 7 | 10 | 136 | 171 | .105 | .146
1999年 | 平地 | 15 | 11 | 16 | 170 | 212 | .071 | .123
障害 | 2 | 2 | 0 | 5 | 9 | .222 | .444
計 | 17 | 13 | 16 | 175 | 221 | .077 | .142
2000年 | 平地 | 18 | 18 | 16 | 167 | 219 | .082 | .164
障害 | 3 | 2 | 2 | 10 | 17 | .176 | .294
計 | 21 | 20 | 18 | 177 | 236 | .089 | .174
2001年 | 平地 | 18 | 20 | 29 | 177 | 244 | .074 | .156
障害 | 0 | 1 | 0 | 10 | 11 | .000 | .091
計 | 18 | 21 | 29 | 187 | 255 | .070 | .153
2002年 | 平地 | 23 | 11 | 15 | 224 | 273 | .084 | .125
障害 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | .000 | .000
計 | 23 | 11 | 15 | 225 | 274 | .084 | .124
2003年 | 平地 | 26 | 18 | 20 | 158 | 225 | .117 | .195
障害 | 0 | 0 | 0 | 9 | 9 | .000 | .000
計 | 26 | 18 | 20 | 167 | 234 | .111 | .188
2004年 | 平地 | 20 | 18 | 16 | 198 | 252 | .079 | .151
障害 | 0 | 0 | 0 | 2 | 2 | .000 | .000
計 | 20 | 18 | 16 | 200 | 254 | .079 | .150
2005年 | 平地 | 26 | 19 | 22 | 158 | 225 | .116 | .200
障害 | 1 | 0 | 1 | 7 | 9 | .111 | .111
計 | 27 | 19 | 23 | 165 | 234 | .115 | .196
2006年 | 平地 | 13 | 10 | 13 | 159 | 195 | .067 | .118
障害 | 3 | 1 | 1 | 10 | 15 | .200 | .267
計 | 16 | 11 | 14 | 169 | 210 | .076 | .128
2007年 | 平地 | 18 | 19 | 20 | 151 | 208 | .087 | .178
障害 | 1 | 2 | 1 | 19 | 23 | .043 | .130
計 | 19 | 21 | 21 | 170 | 231 | .082 | .173
2008年 | 平地 | 4 | 4 | 3 | 33 | 44 | .091 | .182
障害 | 0 | 0 | 0 | 2 | 2 | .000 | .000
計 | 4 | 4 | 3 | 35 | 46 | .087 | .174
計 | 平地 | 259 | 219 | 225 | 2,275 | 2,978 | .087 | .161
障害 | 13 | 10 | 7 | 99 | 129 | .101 | .178
総計 | 272 | 229 | 232 | 2,374 | 3,107 | .088 | .161

主な管理馬

主な厩舎所属者

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

作品

音楽
著書

TV出演

脚注

  1. ^ 戸籍上では旧字体のを使用。詳細は戸籍上の表記を使用する地方競馬全国協会のデータ情報を参照のこと。
  2. ^ 前者はグレード制導入以前はハンデキャップ競走であり、後者はグレード制導入時点でGIII競走であったため。
  1. ^ 増沢 32頁。
  2. ^ 増沢 38頁。
  3. ^ 増沢 214-218頁。
  4. ^ 増沢 239-243頁。
  5. ^ 増沢 255頁。
  6. ^ 江面 139頁。
  7. ^ サラブレッド探偵局編『競馬SLG名牝ファイル』(光栄、1994年)38-39頁。
  8. ^ 『優駿』1990年7月号 64頁。
  9. ^ 増沢 101頁。
  10. ^ 増沢 99頁。
  11. ^ 江面 140頁。
  12. ^ 増沢 192頁。
  13. ^ 増沢 198頁
  14. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120』社会思想社、1997年、335-336頁。ISBN 4390116010

参考文献

関連項目

外部リンク

JRA賞最多勝利騎手(中央競馬所属年間最多勝利騎手)
1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 

2010年代 | 

※中央競馬発足以降の記録。1987年までJRA賞としての表彰は行われていない。

中央競馬三冠達成騎手調教師
三冠 | 
騎手 | 

調教師 | 


牝馬三冠 | 
騎手 | 

調教師 | 


★印は三冠競走を単年度で全勝した経験を持つ者

報知プロスポーツ大賞 - 特別賞
1990年代 | 

2000年代 | 
出典:wikipedia
2020/02/20 01:08

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「増沢末夫」の意味を投稿しよう
「増沢末夫」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

増沢末夫スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「増沢末夫」のスレッドを作成する
増沢末夫の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail