このキーワード
友達に教える
URLをコピー

多嘉王とは?

【】

【身位】

【敬称】
殿下
His Imperial Highness
【出生】
1875年8月17日
京都府
【死去】
(1937-10-01) 1937年10月1日(62歳没)
京都府京都市
【配偶者】
王妃静子(水無瀬静子)
【子女】
発子女王
賀彦王
珖子女王
二条恭仁子(恭仁子女王)
宇治家彦(家彦王)
梨本徳彦(徳彦王)
【父親】
久邇宮朝彦親王
【役職】
伊勢神宮祭主

多嘉王(たかおう、1875年(明治8年)8月17日 - 1937年(昭和12年)10月1日)は、日本の皇族久邇宮朝彦親王の第五王子。伊勢神宮祭主となる。

生涯

1907年(明治40年)に皇室典範が増補され王が臣籍降下し華族となる道が開けた。従来は男子皇族の臣籍降下は認められておらず、男子が絶えぬ限り皇族が増え続けることとなっていた(永世皇族制)。

しかし、皇族が養子をとることは禁じられていたため、男子のいない宮家は断絶する事となっていた。皇室典範増補により当時の宮家当主及び跡継ぎではない王は皆一様に臣籍降下し華族となり爵位を賜ったが、多嘉王のみ臣籍降下しなかった。これには「西久邇宮」創設のために温存されたとの説がある。

多嘉王家は京都市上京区の久邇宮別邸(現:ホテル・KKR京都くに荘)に住まい、久邇宮本家からは独立した生活を送っていた。

栄典

血縁

王は1907年(明治40年)に子爵水無瀬忠輔の娘静子と成婚し3男3女を儲けるが、第1王女発子女王、第2王女珖子女王、第1王子賀彦王はいずれも早世した。

前述の通り多嘉王は宮家を創設していないため、成人した二人の息子は何れも臣籍降下して伯爵を叙せられている。

脚注

  1. ^ 鹿島茂編著『宮家の時代』朝日新聞社、P.96より。
  2. ^ 『官報』第1575号、「叙任及辞令」1917年11月01日。p.6
  3. ^ 『官報』第1499号、「叙任及辞令」1931年12月28日。p.742
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/05 16:40

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「多嘉王」の意味を投稿しよう
「多嘉王」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

多嘉王スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「多嘉王」のスレッドを作成する
多嘉王の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail