このキーワード
友達に教える
URLをコピー

大久保伝蔵とは?

(大久保伝蔵から転送)
大久保 傳藏
おおくぼ でんぞう
【生年月日】
(1901-12-04) 1901年12月4日
【出生地】
山形県山形市
【没年月日】
(1986-09-11) 1986年9月11日(84歳没)
【出身校】
中央大学法学部
【前職】
恩賜財団戦災援護会啓発課長
【所属政党】
日本進歩党
【称号】
山形市名誉市民、紺綬褒章、勲四等旭日小綬章
【子女】
大久保義彦
山形市長

【当選回数】
3回
【在任期間】
1954年 - 1966年
衆議院議員

【選挙区】
山形県
【当選回数】
1回
【在任期間】
1946年 - 1947年

大久保 傳藏(おおくぼ でんぞう、1901年12月4日 - 1986年9月11日)は、日本の政治家衆議院議員(1期)。山形市長(3期)。山形市名誉市民勲四等旭日小綬章紺綬褒章を受章。

経歴・人物

山形県山形市出身。1928年中央大学法学部卒。東洋モスリンに入り、東洋紡績労務課長を経て、1942年第21回衆議院議員総選挙(いわゆる「翼賛選挙」)では山形1区(当時)から大政翼賛会の推薦を受けずに立候補したため落選した。その後、恩賜財団戦災援護会啓発課長となる。

1946年第22回衆議院議員総選挙において山形県から日本進歩党公認で立候補して当選する。進歩党内では遊説部長となったが、翌年、公職追放となった。1952年追放解除。1954年に山形市長に就任する。

山形市は昭和の大合併による周辺の村を編入し、市域を拡大した。就任の翌1955年には、市役所に企画課と農村課を設置、「山形市総合企画審議条例」を議会に提出、可決され、条例に基づく「山形市総合企画審議会」が発足した。1958年には同審議会から「山形市総合計画書」が市長に提出され、これに基づく「近代田園都市建設」を市長として3期12年で取り組むこととなった。

1966年に山形市長を辞任し、翌年の山形県知事選に出馬するが、現職の安孫子藤吉知事に敗れる。

1986年死去。84歳没。

子息に山形放送勤務などを経て、山形国際ドキュメンタリー映画祭理事長を務めた大久保義彦がいる(2019年12月死去)。

著書

脚注

  1. ^ 『日本の歴代市長』第1巻 378頁。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』125頁。
  3. ^ “大久保 伝蔵”. コトバンク『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』. https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%20%E4%BC%9D%E8%94%B5-1675389 2019年8月27日閲覧。
  4. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』124頁。
  5. ^ 『朝日新聞』1947年4月5日一面。
  6. ^ 『山形新聞』2019年12月7日

参考文献

公職
先代:
鈴木重屹 |  山形市長
公選第2代:1954年 - 1966年 | 次代:
金澤忠雄
山形市長
官選 | 
  • 濱村勘太郎1889-1894
  • 雄倉茂次郎1894-1901
  • 佐治吉左衛門1901.11-1904
  • 菱田義民1904.6-1906
  • 新関善八1906.12-1912.12.12
  • 林兎喜太郎1913.1-1917.1
  • 小鷹鋭健1917.2-1923.5.22
  • 川合為吉1923.6-1927.7.13
  • 高橋勝兵衛1927.7.28-1932.10.31
  • 大沼保吉1932.11.18-1944
  • 大内有恒1944.12-1946.1.19

公選 | 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/09 22:02

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「大久保伝蔵」の意味を投稿しよう
「大久保伝蔵」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

大久保伝蔵スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「大久保伝蔵」のスレッドを作成する
大久保伝蔵の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail