このキーワード
友達に教える
URLをコピー

大久保利通とは?

大久保 利通
おおくぼ としみち
明治維新後の大久保

【生年月日】
1830年9月26日
(文政13年8月10日)
【出生地】
日本 薩摩国鹿児島郡鹿児島城下高麗町
(現在の鹿児島県鹿児島市高麗町)
【没年月日】
(1878-05-14) 1878年5月14日(47歳没)
【死没地】
日本 東京府麹町区紀尾井町
(現:東京都千代田区紀尾井町)
【出身校】
造士館
【前職】
武士(薩摩藩士)
【称号】
右大臣
従一位
勲一等旭日大綬章
【配偶者】
大久保満寿子
【子女】
大久保利和(長男)
牧野伸顕(次男)
大久保利武(三男)
大久保利夫(四男)
石原雄熊(五男)
大久保駿熊(六男)
大久保七熊(七男)
伊集院芳子(長女)
大久保利賢(八男)
【親族】
大久保利敬(祖父)
大久保利世(父)
皆吉鳳徳(母方祖父)
大久保利建(伯父)
大久保利謙(孫)
大久保利春(孫)
吉田健一(曾孫)
大久保利晃(曾孫)
寛仁親王妃信子(玄孫)
牧野力(玄孫)
麻生太郎(玄孫)
武見敬三(玄孫)
伊集院彦吉(女婿)
第5代 内務卿

【在任期間】
1874年11月28日 - 1878年5月15日
第3代 内務卿

【在任期間】
1874年4月27日 - 1874年8月2日
初代 内務卿

【在任期間】
1873年11月29日 - 1874年2月4日
第3代 大蔵卿

【在任期間】
1871年6月27日 - 1873年10月12日

大久保 利通(おおくぼ としみち、文政13年8月10日(1830年9月26日) - 明治11年(1878年)5月14日)は、日本武士(薩摩藩士)、政治家位階勲等従一位勲一等

明治維新元勲であり、西郷隆盛木戸孝允と並んで「維新の三傑」と称される。また「維新の十傑」の1人でもある。

初代内務卿(実質的な首相)を務めるなど、内閣制度発足前における明治政界の指導者であった。

生涯

生い立ち

文政13年8月10日(1830年9月26日)、薩摩国鹿児島城下高麗町(現・鹿児島県鹿児島市高麗町)に、琉球館附役の薩摩藩士・大久保利世皆吉鳳徳の二女・福の長男として生まれる。幼名は正袈裟(しょうけさ)。大久保家の家格は御小姓与と呼ばれる身分で下級藩士であった。幼少期に加治屋町(下加治屋町方限)移住し、下加治屋町の郷中藩校造士館で、西郷隆盛税所篤吉井友実海江田信義らと共に学問を学び親友・同志となった。子供の頃は禁忌とされた桜島の火口に石を投げ落としたり、温泉で滝水を使った温度調整をいじって温泉客を驚かせたり、かなり自由な悪戯小僧であった。武術は胃が弱かったため得意ではなかったが、討論や読書などの学問は郷中のなかで抜きん出ていたという。

天保15年(1844年)、元服し、通称を正助(しょうすけ)、は利済と名乗るが、後に改名することになる。

幕末

弘化3年(1846年)より、藩の記録所書役助として出仕する。嘉永3年(1850年)のお由羅騒動では父・利世とともに連座して罷免され謹慎処分となる。以後、大久保家は貧しい生活を強いられ、この時の借金依頼の手紙や証文が現在残る大久保の文書で最も古いものとされている。島津斉彬が藩主となると謹慎を解かれ、嘉永6年(1853年)5月に記録所に復職し、御蔵役となる。

安政4年(1857年)10月1日、西郷とともに徒目付となる。同年11月、東上する西郷に同伴し熊本に達し、長岡監物、津田山三郎らと時事を談ずる。精忠組の領袖として活動し、安政5年(1858年)7月の斉彬の死後は、11月に失脚した西郷に代わり組を率いる。同年12月、流罪の際に山川港に寄った西郷に書を送り、脱藩義挙に就いて密かに意見を問う。安政6年(1859年)11月、同志40余人と脱藩を企画する。しかし、新藩主・島津茂久、親書を下して藩の勤王の方針を告げ、脱藩を止める。同月、藩主の実父・忠教(後の久光)にあてて時事の建言を行う。以後、忠教に税所篤の助力で接近する。篤の兄で吉祥院住職・乗願が忠教の囲碁相手であったことから、乗願経由で手紙を渡したのが始まりといわれる。

万延元年(1860年)3月11日、重富邸にて忠教と初めて面会し、3月、勘定方小頭格となる。文久元年(1861年)9月、同志と謀り、親族町田家が秘蔵していた楠木正成の木像を請い受けて、伊集院石谷に社殿を造営する。同年10月23日、御小納戸役に抜擢され藩政に参与(去る10月7日には堀仲左衛門も御小納戸役に抜擢)、家格も一代新番となる。

文久元年12月15日(1862年1月14日)から同2年(1862年)1月中旬までの間に久光から一蔵(いちぞう)の名を賜り通称を改める。元年12月28日、久光の内命により大久保は京都に上る。

倒幕・王政復古

志士時代の大久保利通(明治元年頃)

文久2年(1862年)、正月より久光を擁立して京都の政局に関わり、公家の岩倉具視らとともに公武合体路線を指向して、一橋慶喜将軍後見職、福井藩主・松平慶永政事総裁職就任などを進めた。同年正月14日、前左大臣近衛忠煕忠房父子に謁して、久光上京、国事周旋を行うことを内々に上陳する。同年2月1日、近衛父子の書を携えて帰藩する。同月12日、大久保らの進言を受けて久光に召喚された西郷が奄美大島より戻る。翌13日、小松清廉邸において、西郷らと久光上京に関して打ち合わせる。3月に入り、西郷が先発して村田新八らとともに上京。同月16日、久光、千人を超える兵を率いて公武合体運動推進のため上京の途に就く。大久保はこれに従った。同月30日、兵に先駆けて、下関より西郷の後を追って大久保のみ急遽東上する。4月6日、西郷と会い、京都大阪の形勢を談ずる。同月8日、播州大蔵谷において久光を迎える。同月16日、久光入京する。大久保はこれに随行。翌17日、久光は浪士鎮撫の勅命を受ける。同月19日、大久保は大阪に赴き、志士を説得する。同月23日、伏見において寺田屋騒動勃発。奈良原繁らが有馬新七らの義挙を止めるも、これを受け容れず。新七ら8名が斬られる。5月6日、大久保は、正親町三条実愛中山忠能岩倉具視ら諸卿に謁して、勅使を関東に下向させることに関して建策する。同月9日、久光、勅使大原重徳卿の随行を命じられる。5月20日、御小納戸頭取に昇進となる。この昇進により、小松清廉中山尚之介と並んで久光側近となる。同日、久光、関東に向けて進発する。大久保はこれに随行する。6月7日江戸着。同月26日、大久保は、大原勅使に謁したうえで、幕閣が勅命を奉じない場合、決心する所があることを告げた。8月21日、久光江戸を出発し西上する。大久保はこれに随行する。この日、生麦事件あり。翌閏8月7日京都に着く。同月9日に久光による参内、復命。大久保はこれに随う。同月23日、久光帰藩のため京都を出発する。大久保も随行。同月30日、大久保は御用取次見習となる。文久3年(1863年)2月10日には、御側役(御小納戸頭取兼務)に昇進する。慶応元年(1865年)1月下旬から5月の間に利通と改諱する。

慶応2年(1866年)、第二次長州征討に反対し、薩摩藩の出兵拒否を行っている。慶応3年(1867年)、雄藩会議の開催を小松や西郷と計画し、四侯会議を開催させる。しかし四侯会議は慶喜によって頓挫させられたため、今までの公武合体路線を改めて武力倒幕路線を指向することとなる。

小松、西郷とともに公議政体派である土佐藩後藤象二郎寺村道成真辺正心(栄三郎)、福岡孝弟、浪人の坂本龍馬中岡慎太郎との間で将軍職の廃止、新政府の樹立等に関する薩土盟約を三本木の料亭にて結ぶも、思惑の違いから短期間で破棄。

武力による新政府樹立を目指す大久保・西郷・小松は8月14日に長州藩の柏村数馬に武力政変計画を打ち明け、それを機に9月8日に京都において薩摩藩の大久保・西郷と長州藩の広沢真臣品川弥二郎広島藩辻維岳が会し出兵協定である三藩盟約を結んだ。なお、この三藩盟約書草案は大久保の自筆によって書かれたもので、現在も残っている。

10月14日、正親町三条実愛から倒幕の密勅の詔書を引き出した(ただしこの密勅には偽造説もある)大久保は、小松・西郷らと詔書の請書に署名し、倒幕実行の直前まで持ち込むことに成功した。しかし、翌日に土佐藩の建白を受けていた将軍・徳川慶喜が大政奉還を果たしたため、岩倉ら倒幕派公家とともに、王政復古の大号令を計画して実行する。王政復古の後、参与に任命され、小御所会議にて慶喜の辞官納地を主張した。

明治維新後

明治4年12月から翌年1月頃サンフランシスコにて撮影

慶応4年(1868年)1月23日太政官にて大阪への遷都を主張する。

明治2年7月22日(1869年8月29日)に参議に就任し、版籍奉還廃藩置県などの明治政府の中央集権体制確立を行う。

明治4年(1871年)には大蔵卿に就任し、岩倉使節団の副使として外遊する。外遊中に留守政府で問題になっていた朝鮮出兵を巡る征韓論論争では、西郷隆盛や板垣退助ら征韓派と対立し、明治六年政変にて西郷らを失脚させた。

明治6年(1873年)に内務省を設置し、自ら初代内務卿(参議兼任)として実権を握ると、学制地租改正徴兵令などを実施した。そして「富国強兵」をスローガンとして、殖産興業政策を推進した。

明治7年(1874年)2月、佐賀の乱が勃発すると、ただちに自ら鎮台兵を率いて遠征、鎮圧している。首謀者の江藤新平ら13人を、法によらない裁判で処刑した。さらに江藤を梟首しただけでなく、首を写真撮影して、全国の県庁で晒し者にした。しかし問題にはされなかった。また台湾出兵が行われると、戦後処理のために全権弁理大臣として9月14日に渡った。交渉の末に、10月31日、清が台湾出兵を義挙と認め、50万両の償金を支払うことを定めた日清両国間互換条款・互換憑単に調印する。また出兵の経験から、明治8年(1875年)5月、太政大臣三条実美に海運政策樹立に関する意見書を提出した。

大久保が目標としていた国家はプロイセン(ドイツ)であるとも、イギリスであるともいわれる。当時、大久保への権力の集中は「有司専制」として批判された。また、現在に至るまでの日本の官僚機構の基礎は、内務省を設置した大久保によって築かれたともいわれている。

明治10年(1877年)には、西南戦争で京都にて政府軍を指揮した。また自ら総裁となり、上野公園8月21日から11月30日まで、第1回内国勧業博覧会を開催している。

その後、侍補からの要請に乗る形で自らが宮内卿に就任することで明治政府と天皇の一体化を行う構想を抱いていた。

暗殺

大久保の墓(青山霊園)
詳細は「紀尾井坂の変」を参照

明治11年(1878年)5月14日、馬車で皇居へ向かう途中、紀尾井坂付近の清水谷(東京都千代田区紀尾井町)にて6人の不平士族に殺害された(紀尾井町事件)。暗殺現場は紀尾井坂ではない。享年49〈数え年〉、満47歳没。墓所は東京都港区青山霊園にある。

人物・逸話

大久保の銅像(鹿児島市)

仕事ぶり

技能

畳を回すという技能を持っていた。薩長との会合の際、長州代表主催者、周布政之助を快く思っていなかった堀が言葉じりを捕らえ、嘲った。空気が非常に重くなったが、さらに堀は周布を嘲り続けた。怒った周布は「芸を見せる」と言い抜刀し踊り始めた。堀を斬ることを察した、長州藩の藩士が堀との間に入り抜刀して踊り止めようとし、空気が緊張感がましたその時、大久保は畳を一枚ひっぺがえし、畳を回すという芸を見せた。これで空気が弛緩し、ことなきを得た。これはのちの世で幕末の鴻門の会と呼ばれている。

嗜好

朝廷の小御変革を報告する利通の手紙

『大久保利通文書 第三』「桂右衛門への書簡 明治2年6月4日」に、次の通り、朝廷で行われた小御変革を報告する手紙の内容が掲載されている。

一 大事之件々追々御運相成候得共 未朝廷不羈之根本相立不申候 一旦ハ殆ト土崩ニ至リ不可成之勢御座候處 小御変革等有之少ハ居合相付候姿ニ御座候 — 『大久保利通文書 第三』より抜粋

この現代語訳は、「一 大事のあの件この件は追々進展することになりますが、未だ朝廷は手綱を解かれた馬のように自由の身であり、これでは根本が立ちません。一旦は、ほとんど崩れ果てるところまでに至り、形を成すことができない状態でしたが、小御変革などがあり、少しはおさまりがついたような姿です 」(水原紫織『もう1人の「明治天皇」箕作奎吾」, pp.197-198)。

士族反乱~最期

遭難地近隣の清水谷公園に立つ哀悼碑
大久保神社(郡山市安積町)

評価

1872年2月、ワシントンDCにて撮影(大蔵卿時代)
2010Happy Mail