このキーワード
友達に教える
URLをコピー

大北方戦争とは?

大北方戦争


戦争:大北方戦争
年月日:1700年 - 1721年
場所:北東ヨーロッパ
結果:スウェーデン側の敗北、帝政ロシアの成立
交戦勢力
スウェーデン・バルト帝国
ポーランド・リトアニア共和国(1704年 - 1709年)
オスマン帝国(1710年 - 1714年)
ヘーチマン国家(1708年 - 1709年)
グレートブリテン王国(1720年) |  ロシア・ツァーリ国
デンマーク=ノルウェー(1700年、1709年 - 1720年)
ザクセン選帝侯領(1700年 - 1704年、1709年 - 1720年)
ポーランド・リトアニア共和国(1700年 - 1704年、1709年 - 1720年)
ヘーチマン国家
プロイセン王国(1715年 - 1720年)
ハノーファー選帝侯(1715年 - 1720年)
グレートブリテン王国(1717年 - 1720年)
指導者・指揮官
カール12世
スタニスワフ・レシチニスキ
アフメト3世
イヴァン・マゼーパ |  ピョートル1世
フレデリク4世
アウグスト2世
フリードリヒ・ヴィルヘルム1世
戦力
77,000-393,400
*内訳
スウェーデン兵:77,000-135,000
オスマン帝国兵:100,000-200,000
コサック兵:8,000-40,000
ポーランド=リトアニア連合兵:16,000 | 310,000
*内訳
ロシア兵:170,000
デンマーク兵:40,000
ポーランド=リトアニア連合兵、ザクセン兵:100,000
プロイセン兵、ハノーファー兵:不明
損害
戦死25,000
飢餓、災害、疲労での死175,000 | ロシア軍戦死:最小75,000
ポーランド軍戦死:14,000-20,000
ザクセンとデンマーク人戦死:8000
デンマーク人戦死:60,000(1709年 - 1719年)
大北方戦争
リスト


大北方戦争(だいほっぽうせんそう、スウェーデン語: Stora nordiska krigetロシア語: Великая Северная войнаポーランド語: III wojna północnaデンマーク語: Den Store Nordiske Krigドイツ語: Großer Nordischer Krieg英語: Great Northern War1700年 - 1721年)は、スウェーデン反スウェーデン同盟(北方同盟)を結成した諸国とがスウェーデンの覇権をめぐって争った戦争であり、近世の北欧中欧、そして東欧における重要な画期となった。

概要

当初、北方同盟はピョートル1世のロシア、フレデリク4世デンマーク=ノルウェーアウグスト2世(強健王)のザクセン=ポーランド=リトアニアから構成されていた。フレデリク4世とアウグスト2世はスウェーデンに敗れて1700年と1706年に脱落したが、1709年に再加入している。ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公(ハノーファー選帝侯)兼イギリスジョージ1世(ゲオルク1世ルートヴィヒ)は1714年にハノーファーとして同盟に加入し、1717年にはイギリスとして参戦した。また1715年にはブランデンブルク=プロイセンフリードリヒ・ヴィルヘルム1世が参加した。スウェーデン側ではカール12世のスウェーデンを始め、ホルシュタイン=ゴットルプ公領が、1704年から1710年の間にスタニスワフ・レシチニスキの下にポーランドとリトアニアの諸侯が、1708年から1710年にはコサックイヴァン・マゼーパがそれぞれ参戦した。オスマン帝国は一時期スウェーデン王カール12世を庇護してピョートル1世に対して介入した。

戦争は、デンマーク=ノルウェーによるホルシュタイン=ゴットルプ、ザクセン=ポーランド=リトアニアによるスウェーデン領リヴォニア (en) そしてロシアによるスウェーデン領イングリアに対する三方面からの攻勢で始まった。スウェーデンはトラヴェンタールナルヴァでデンマークとロシアの攻撃を撃退し、アウグスト2世への反攻ではリトアニア、ポーランドからザクセンへと追撃し、アルトランシュテット条約で敗北を認めさせ、彼を退位させた。 一方、ピョートル1世はスウェーデンのバルト地方を奪取し、この地にサンクトペテルブルクを建設してバルト海への出口を固めた。 カール12世はピョートル1世と対するべく、ザクセンからロシアへ戻ったが、ロシア遠征はポルタヴァでのスウェーデン主力軍の壊滅とカール12世のオスマン帝国領ベンデルへの逃亡で終わった。 ロシア軍の追撃はオスマン帝国軍の介入によってプルト川(プルト条約)で頓挫した。

ポルタヴァの戦い後、当初の北方同盟が再建され、その後ハノーファーとプロイセンが加盟した。バルト海の南と東のスウェーデン軍残余は追い払われ、スウェーデン領土は連合国によって分割された。スウェーデン本国は西からデンマーク=ノルウェー、東方からはロシアに侵入された。デンマークの攻撃はヘルシングボリの戦い (en) で撃退されたが、ロシアはフィンランドを占領し (大いなる怒り) 、スウェーデン海軍と沿岸要塞に深刻な打撃を与えた。カール12世はノルウェーに戦線を開いたが、1718年フレデリックスハルド (en) で戦死した。

戦争はスウェーデンの敗北で終わり、ロシアがバルト海における新たな列強国となり、ヨーロッパ政治における新しい重要なプレーヤーとなった。正式な講和はスウェーデンとハノーファー、プロイセンとは1719年ストックホルム条約、デンマークとは1720年フレデリクスボー条約、ロシアとは1721年にニスタット条約がそれぞれ結ばれている。 これによって、スウェーデンはフィンランドズンド海峡スウェーデン領ポメラニア (en) の北部を除くすべての領土を割譲させられ、 ホルシュタイン=ゴットルプ公領との関係は断たされた。ハノーファーはブレーメン=フェルデン (en) を獲得し、ブランデンブルク=プロイセンはオーデル川河口域を併合し、ロシアはバルト海地方をデンマークはシュレースヴィヒ=ホルシュタインを確保している。スウェーデン絶対君主制はカール12世の死によって終焉し、自由の時代(Frihetstiden)が始まった。一方、ロシアはスウェーデンのバルト海における覇権を奪い取り、ヨーロッパにおける列強の一員となり、また、この戦争で獲得した地に新都サンクトペテルブルクを建設し、1721年、元老院と宗務院がピョートル1世に皇帝(インペラトル)の称号を贈りロシア帝国となった。

北方戦争は、後に文化人や軍人の研究材料として取り上げられている。ヴォルテールクラウゼヴィッツによるものが有名である。

この戦争の時期、参戦各国で暦法が異なり、ロシアはユリウス暦(以下露暦)、スウェーデンは独自のスウェーデン暦(以下瑞暦)、ポーランドやドイツ諸侯はグレゴリオ暦を使用していた。参戦国が多数なため、本項目の日付はグレゴリオ暦を基本とし、必要に応じて露暦と瑞暦を併記する。

背景

バルト帝国の形成

バルト帝国(1560年 - 1815年)
詳細は「バルト帝国」を参照

16世紀にデンマークから独立したスウェーデンは、その後も幾度かデンマークと戦火を交えてきた(北方七年戦争カルマル戦争)。

グスタフ2世アドルフ(在位:1611年 - 1632年)の時代にスウェーデンは動乱時代にあったロシアに介入して、1617年ストルボヴァの和約を勝ち取り、カレリアイングリアを割譲させ、ロシアからバルト海への直接的な出口を奪い、これによりロシアはスウェーデンの地域覇権に対抗しえない地位に陥ることになった。

グスタフ2世アドルフは三十年戦争に介入してプロテスタント陣営の主力軍として戦った。グスタフ2世アドルフは1632年リュッツェンの戦いで戦死したものの、スウェーデンはヴェストファーレン条約で北ドイツのブレーメン公領 (en) とフェルデンヴィスマールそして西ポメラニアを獲得している。

三十年戦争末期に勃発したデンマークとのトルステンソン戦争でもスウェーデンは勝利し、ゴットランド島とノルウェーの2地域を割譲させるとともにズンド海峡通行税 (en) 免除特権を勝ち取った。

カール10世(在位:1654年 - 1660年)の時にスウェーデンはオリヴァ条約でポーランドからリヴォニアを獲得した(大洪水時代)。またデンマークとのカール・グスタフ戦争ではユトランド半島を制圧し、1658年ロスキレ条約によってスコーネ(スウェーデン南部)、トロンハイム(ノルウェー中部、後に返還)、ボーンホルム島を割譲させた(北方戦争を参照)。

こうして1560年から1658年の間にスウェーデンはフィンランド湾を中心としたカレリアイングリアエストニアリヴォニア地方を含むバルト帝国をつくり上げた。

北方同盟の結成

1695年にスウェーデンの同盟者のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公クリスチャン・アルブレクトが死去するとデンマーク=ノルウェー王クリスチャン5世(1699年死去)がゴットルプの相続を主張して紛争になり、スウェーデン王カール11世が調停にあたったが、1697年にカール11世が死去するとデンマーク軍はゴットルプに侵入して要塞のいくつかを制圧した。この為、ホルシュタイン=ゴットルプ公領の新当主フレデリク4世1698年にカール11世の王女ヘドヴィグ・ソフィアと結婚して同盟を固めた。デンマークは対抗上、同盟者を求めてポーランドと接近する。

反スウェーデン同盟(北方同盟)の結成に深く関わった人物が亡命スウェーデン貴族ヨハン・パトクルである。パトクルはスウェーデン領リヴォニアの貴族でスウェーデン王カール11世の時に大逆罪を宣告されて亡命を余儀なくされ、ポーランド王兼ザクセン選帝侯アウグスト2世に仕えていた。パトクルの画策により、1699年8月にデンマークとザクセンとの同盟が成立し、そして11月22日(露暦11月10日)にはロシアとザクセンとのプレオブラジェンスキー条約が締結され、ロシアとデンマーク、ザクセンによる北方同盟が成立する。

反スウェーデン同盟が結成されたことを知ったカール12世は1700年1月にイギリスオランダと防御同盟を結んでこれに対抗した。

両軍

スウェーデン陣営

スウェーデン王カール12世

「兵隊王」と呼ばれ軍事的天才と評されることになるスウェーデン王カール12世は1697年に14歳で父カール11世からスウェーデン王位を継承、絶対君主国家としてバルト帝国(スウェーデン王国)を引き継いだ。父は戦争を避けて国政改革に専念し、保護関税制や貴族領地を削減して王領を増加させる土地回収(reduktion)を実施して財政を安定させ、王権と帝国の軍事力を強化させていた。

カール12世は自らを中世騎士の申し子と考え、強い正義感と贅沢や飲酒そしてフランス語の使用といったバロック様式の生活への嫌悪とで知られている。その代わりに、彼は当時のバロック様式の王宮を出て馬上の兵士としての生活を好んだ。生涯、妻を迎えることがなかった彼は「私は軍隊と結婚したのだ」と公言している。

彼は約束を破り王位にふさわしくないと見なした敵対者達を王位から引き下ろすことを追求し、それ故に幾つもの和平の機会を逃してきた。このような態度は、一部の者からは偉大と、他からは狂気と見なされ、1718年に彼を殺した銃弾がどこから撃たれたのかは明らかでない。戦争中、カール12世以外で最も重要なスウェーデンの指揮官は親友のカール・グスタフ・レーンスケルド (en) であり、他にマグヌス・ステンボックアダム・ルートヴィヒ・レーヴェンハウプトがいる。

カール12世の従弟であるホルシュタイン=ゴットルプ公フレデリク4世はカール12世の姉ヘドヴィグ・ソフィア・アヴ・スヴェーリエの夫である。彼の息子であり1702年に公位を継いだカール・フリードリヒはカール12世の死後スウェーデン王位を主張したが、カール12世の妹ウルリカ・エレオノーラの主張に譲らざるを得なかった。後にカール・フリードリヒはピョートル1世の皇女アンナ・ペトロヴナと結婚していた。

ウクライナ・コサックの首長(ヘーチマン)イヴァン・マゼーパはピョートル1世側で戦ったが、1708年にカール12世側へ寝返っている。しかし、1709年にスウェーデンがロシアに敗れた後は亡命、同年に亡命地のオスマン帝国で死去した。部下のダヌィーロ・アポーストルは一旦マゼーパと共にスウェーデン軍へ降ったがロシアへ寝返り、以後はロシア軍に従軍、後にヘーチマンに選出された。

北方同盟陣営

ロシアツァーリピョートル1世(左)とデンマーク=ノルウェー王フレデリク4世(右)
ポーランド王兼ザクセン選帝侯アウグスト2世(左)とプロイセン王兼ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルム1世(右)

ロシアツァーリ・ピョートル1世は1689年に姉ソフィア摂政政府を倒して実権を掌握すると、父アレクセイが行っていた諸改革を継続、また1695年から1696年黒海への出口を求めてアゾフ遠征を行い、オスマン帝国からアゾフ要塞を奪取した。1697年には西欧へのグランドツアーに出発して先進技術を学んでいる。1698年、ピョートル1世は銃兵隊反乱の報を受け、旅行を切り上げて帰国する途上でポーランド王兼ザクセン選帝侯アウグスト2世と会見し、反スウェーデン同盟に合意した。

ピョートル1世の治世により、ロシア・ツァーリ国近代的な帝国につくり変えられ、バルト海、黒海そしてカスピ海への出口も獲得した。大帝の彼の称号は、これらの成果をもってのことである。ピョートル1世以外で最も重要なロシアの指揮官はアレクサンドル・ダニロヴィチ・メーンシコフボリス・シェレメーテフ (en) である。

ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト1世(カール12世の従兄)はヤン3世の没後にポーランド王位を得た(アウグスト2世強健王)。彼はバロック様式の生活を送り、首都ドレスデンを世界的に有名なバロック様式の街に変え、360人もの庶子をもうけたとされる。彼はスウェーデンに奪われたリヴォニア奪回を企てて、ヨハン・パトクルに反スウェーデン同盟を画策させた。1698年9月のプラヴォにおけるピョートル1世との会合でスウェーデン攻撃計画が立てられ、これが彼の没落のもととなる。ポーランド・リトアニア共和国を絶対君主制に転換しようとする彼の野心は失敗に終わった。彼の称号は身体的な強健さに由来する。

デンマーク=ノルウェーフレデリク4世(カール12世の従兄)は1699年に父クリスチャン5世から王位を継承した。デンマークは祖父フレデリク3世と父の時代に絶対王政を確立させており、過去の戦争でスウェーデンに領土を奪われた上に隣接するホルシュタインまでスウェーデンの勢力下に入ったことに憤慨していた。

ブランデンブルク選帝侯およびプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世(1713年即位)は1715年から参戦した。彼はかねてからのブランデンブルクの目標であった、ブランデンブルク中心地域からバルト海への出口となるオーデル川河口域を獲得する決意をしていた。

ハノーファー選帝侯であり1714年イギリス王に即位したハノーファー家ジョージ1世(ハノーファー選帝侯ゲオルク1世ルートヴィヒ)は、内陸の選帝侯領から北海への出口を得る機会とした。

軍隊の規模

カール12世が率いたスウェーデン軍はグスタフ2世アドルフ以来のバルト帝国形成において勝利を積み重ねて来た、比較的小規模ではあるが、大陸諸国の軍隊よりもより専門化され訓練された軍隊であった。とりわけ、この軍隊は熟達した軍事教練により、小火器の高い発射速度を維持しえた。

スウェーデンの人口は300万人程であったが、戦時において村々から徴兵を行う制度を確立しており、1700年の開戦時にはカール12世は毎年訓練を施した77,000人の常備軍を有しており、戦争の犠牲に関わらず、1707年までにその数は12万人にまで膨れ上がっている。しかしながら、スウェーデンは長期戦ではその軍隊を補給し維持しえないことが明らかとなる。大陸での戦役では軍隊は新たに占領した土地で略奪や徴税をして自給自足することを原則としてきたが、戦争のコストは被占領国が提供しうる資金よりも遥かに高価になり、スウェーデンの財源は枯渇することになった。

ロシアの人口は1050万人で、開戦前に32,000人を募兵しており、外国人将校が多くを占めた 。ピョートル1世は緒戦のナルヴァの戦いでの惨敗を契機に大規模な軍制改革に着手して徴兵制を整備し、ロシア人貴族の将校を養成して1707年にはロシア軍の規模は20万人に達している。

デンマークはホルシュタイン=ゴットルプへの侵攻とその他の戦線に2万人を派兵している。ポーランドとザクセンを合わせて少なくとも10万人を動員することができた。

1700年 - 1709年:カール12世の攻勢

大北方戦争前半期(1700年 - 1710年)

1700年:デンマーク、リガそしてナルヴァ

詳細は「テンニング包囲戦」、「トラヴェンタール条約」、および「ナルヴァの戦い」を参照

1700年2月、デンマーク=ノルウェー王フレデリク4世が自国領の南にあるスウェーデンの同盟国ホルシュタイン=ゴットルプ公領への攻撃を行い、3月にテンニングを包囲した。 同時にアウグスト2世の軍隊がスウェーデン領リヴォニアを通って、ダウガフリヴァを占領し、リガを包囲した。これより前の1699年12月にアウグスト2世はリガに対する最初の強襲を行ったが失敗していた。ロシアはオスマン帝国との和平交渉中で、7月にコンスタンティノープル条約が締結され、30年間の和議が成立したとの知らせがモスクワに入った翌日の8月20日(露暦8月9日)に宣戦した。

カール12世はまずデンマークに焦点を合わせた。7月、イギリス、オランダ艦隊(同盟に基づいて出動したが交戦する意思はなかった)の支援を受けたスウェーデン艦隊はズンド海峡を封鎖するデンマーク艦隊を退却させ、シェラン島に兵を上陸させた。カール12世は兵15,000をもってデンマークの首都コペンハーゲンに進軍する。この予想外の動きと海軍の圧力により、デンマーク=ノルウェーは8月18日(瑞暦8月9日)にトラヴェンタール条約を結んで早々に戦争から脱落させられた。

ナルヴァの戦いに敗れ、スウェーデン軍に降伏するロシア兵

今やカール12世はバルト海の東部海岸に迅速に軍隊を配備して残る敵と対峙することができた。リヴォニアのアウグスト2世の他にロシアのツァーリ・ピョートル1世の軍隊が既にスウェーデン領イングリアへの侵攻途上にあり、9月に兵40,000をもってナルヴァを包囲していた。ロシア軍はナルヴァを攻めあぐね、包囲が長期化した11月30日(露暦11月19日/瑞暦11月20日)、急遽海路を使ってエストニアに上陸したカール12世率いるスウェーデン軍12,000(または8,000)が吹雪をついて包囲軍の本営を急襲して蹴散らし、ロシア軍は惨敗を喫した(ナルヴァの戦い)。

トラヴェンタール条約とナルヴァの戦いによって北方同盟は事実上瓦解しており、スペイン継承戦争勃発直前の情勢でもあり、スウェーデン宰相ベント・ガブリエルソ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/07 20:05

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「大北方戦争」の意味を投稿しよう
「大北方戦争」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

大北方戦争スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「大北方戦争」のスレッドを作成する
大北方戦争の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail