このキーワード
友達に教える
URLをコピー

大坂三郷とは?

移動先: 案内検索

大坂三郷(おおさかさんごう)は、江戸時代大坂城下における3つの町組の総称。北組南組天満組の3組から成る。

江戸時代の「大坂町」とはこの3地域を指し、現在の大阪市北区の南半分くらいから中央区全体に西区の東半分くらいを足した範囲に当たり、天満より北や、難波・天王寺あたりの地域は含まれない。現在の大阪府大阪市中央区の大半・西区の東部・北区の南部を中心に広がり、浪速区大正区此花区福島区都島区の各一部にも及んでいた。大坂城代・京橋口定番・玉造口定番・大坂町奉行・大坂代官などの役人の居住地や寺院神社の土地などは大坂三郷には含まれず、大坂三郷はあくまで町人の住んでいる地域を指した。

おおむね本町通を境に北組と南組に分かれ、大川古川以北が天満組となる。ただし、堀江は3組錯綜、玉造下船場阿波堀川以南は北・南2組錯綜、南端の難波新地日本橋が北組といったように、新地開発で後に拡張された地域などはこの通りではない。初期には伏見組の存在が確認されるが、次第に北組と南組に編入されて消滅したと思われる。城下の拡張が落ち着きを見せる18世紀後半の天明年間における町数は、北組250町・南組261町・天満組109町。

三郷各組から長にあたる惣年寄が選出され、惣会所とその配下となる惣代などが置かれた。各町では町年寄が選出され、町会所とその配下となる町代などが置かれており、組は町と大坂町奉行との中間組織となっていた。惣会所の所在地は、北組が平野町3丁目、南組が南農人町1丁目(現・農人橋1丁目)、天満組が天満7丁目(現・天満4丁目)。また、毎年各組毎に宗門人別改帳を寺社役与力に提出する「巻納め」という行事があり、北組は本願寺津村別院(北御堂)、南組は真宗大谷派難波別院(南御堂)、天満組は真宗大谷派天満別院(佛照寺)で行われた。

1869年(明治2年)に東大組・南大組・西大組・北大組の4地域に再編され、のちに東区南区・西区・北区となった。

脚注

  1. ^ 大坂三郷の氏神さんと夏祭り近江晴子、関西大学なにわ・大阪文化遺産学研究センター、2005年12月31日

参考文献

  • 『角川日本地名大辞典 27 大阪府』(1983年、角川書店)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/05/24 15:17

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「大坂三郷」の意味を投稿しよう
「大坂三郷」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

大坂三郷スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「大坂三郷」のスレッドを作成する
大坂三郷の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail