このキーワード
友達に教える
URLをコピー

大山康晴とは?

移動先: 案内検索
 | 出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2014年5月)
【大山康晴 十五世名人(九段)】

第11期名人戦を制して新名人となる
(1952年7月16日)

【名前】
大山康晴
【生年月日】
1923年3月13日
【没年月日】
(1992-07-26) 1992年7月26日(69歳没)
【プロ入り年月日】
1940年1月1日(16歳)(四段)
【棋士番号】
26
【出身地】
岡山県倉敷市
【師匠】
木見金治郎九段
永世称号
十五世名人・永世十段・永世王位・永世棋聖・永世王将
段位
十五世名人(九段)
【戦績】

タイトル獲得合計 80期(歴代2位)
一般棋戦優勝回数 44回
【通算成績】
1433勝781敗(0.647)
順位戦クラス A級以上連続44期
2017年7月7日現在

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:infobox_将棋棋士を参照してください。

Template


大山 康晴(おおやま やすはる、1923年(大正12年)3月13日 - 1992年(平成4年)7月26日)は、将棋棋士。棋士番号26。木見金治郎九段門下。主な記録としては、公式タイトル獲得80期(歴代2位)、一般棋戦優勝44回(歴代1位)、通算1433勝(歴代1位)等がある。十五世名人、および、永世十段・永世王位・永世棋聖・永世王将という、5つの永世称号を保持。

順位戦A級に在籍しながら、1977年(昭和52年)から1988年(昭和63年)まで日本将棋連盟会長を務めた。弟子には有吉道夫中田功行方尚史などがいる。1990年(平成2年)には将棋界から初めて文化功労者に選ばれた。正四位勲二等瑞宝章岡山県倉敷市出身で、倉敷市および青森県上北郡おいらせ町名誉市民・名誉町民。