このキーワード
友達に教える
URLをコピー

大島慶久とは?

この存命人物の記事には、出典が全くありません
信頼できる情報源の提供に、ご協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2012年10月)

大島 慶久(おおしま よしひさ、1940年昭和15年〉3月30日 - )は、日本の元政治家。元参議院議員(通算3期)、元名古屋市議会議員(通算3期)。

概要

愛知県名古屋市出身。愛知学院大学歯学部を卒業後、大島病院歯科診療所を設立。1981年(昭和56年)、医学博士号授与。

1979年(昭和54年)、名古屋市議会議員選挙に出馬し初当選を果たす。以後、3期連続当選。

1990年(平成2年)に行われた参議院議員愛知選挙区補欠選挙で自由民主党から出馬し初当選、国政進出を果たす。以後、3期連続当選。1992年(平成4年)に行われた第16回参議院議員通常選挙からは比例代表区に移り、出身母体である日本歯科医師連盟の支援を受け、当選を重ねた。

以降、1993年(平成5年)の第2次宮沢内閣で北海道開発政務次官、2001年(平成13年)の第1次小泉内閣で経済産業副大臣など要職を歴任。

その後、2004年(平成16年)の第20回参議院議員選挙において日本歯科医師連盟が比例候補差し替えを表明したため、再び愛知県選挙区からの出馬を表明した。しかし、日本歯科医師連盟の政治資金規正法疑惑が発覚したことで出馬断念に追い込まれ、政界から引退。

現在、医療法人大医会理事長、日本歯科医師連盟顧問。

議会
先代:
新設 |  参議院文教科学委員長
1998年 | 次代:
南野知惠子
先代:
清水嘉与子 |  参議院文教委員長
1997年 | 次代:
廃止
公職
先代:
古屋圭司
松田岩夫 |  経済産業副大臣
古屋圭司と共同
2001年 - 2002年 | 次代:
高市早苗
西川太一郎
参議院文教科学委員長


参議院文教委員長


経済産業副大臣


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/10 14:07

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「大島慶久」の意味を投稿しよう
「大島慶久」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

大島慶久スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「大島慶久」のスレッドを作成する
大島慶久の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail