このキーワード
友達に教える
URLをコピー

大田卓司とは?


監督・コーチ歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


大田 卓司(おおた たくじ、1951年3月1日 - )は、大分県津久見市出身の元プロ野球選手(外野手)・監督、野球指導者である。

目次

  • 1 経歴
  • 2 エピソード
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 表彰
    • 3.3 記録
    • 3.4 背番号
  • 4 関連情報
    • 4.1 出演
  • 5 脚注
  • 6 関連項目

経歴

津久見高校では、通算打率4割2分、本塁打17本をマーク、遠投が100㍍、走力は100㍍12秒台と強打、強肩、俊足と三拍子そろった選手だった。1967年、2年の時に左翼手として春の選抜に出場。吉良修一の好投もあって決勝に進出。延長12回の熱戦の末、弘田澄男のいた高知高を2-1で降し初優勝を飾った。翌1968年夏の甲子園では主将、中堅手として、エース石井吉左衛門(鐘淵化学)を擁し3回戦に進出するが、盛岡第一高校に敗れる。

同年のドラフト9位で西鉄ライオンズに入団。1972年に頭角を現わし、外野手として65試合に先発出場、12本塁打を放つ。その後はやや低迷するが代打などで実績を積み、1976年には開幕から三番、指名打者に起用される。同年は初めて規定打席(17位、打率.270)に達し、23本塁打を放つ。同年のベストナイン(指名打者)にも選出された。1980年からは田淵幸一が指名打者に定着したため、外野手も兼ねて出場。小柄な体格ながら「必殺仕事人」の異名を取る勝負強い打撃で、東尾修と共に弱小時代から黄金時代に至るまでのライオンズを支え続けた。

1982年、監督に広岡達朗が就任早々「彼は落伍者です」の烙印を押され腐りかけたが、同年のリーグ前期制覇・プレーオフ及び日本シリーズ制覇には多大の貢献を成した。特にプレーオフ第1・2戦においては日本ハムの抑えの切り札・江夏豊から2日連続で勝ち越し適時打を放つなど活躍し、1982年の日本ハムとのプレーオフ及び1983年の巨人との日本シリーズではMVPに輝いた。1983年には2度目の規定打席(11位、打率.297)に達する。1986年限りで現役引退。

引退後はフジテレビ文化放送解説者(1987年 - 1989年)を経て、福岡ダイエーホークス一軍打撃コーチ(1990年 - 1995年)を6年間務め、吉永幸一郎浜名千広村松有人小久保裕紀を育てた。1996年からは、数年間同球団の編成部に所属。スカウトとして井口資仁松中信彦らの入団に尽力した。退団後は西日本スポーツの評論家となる。

2004年には台湾に渡り、中華職業棒球聯盟La Newベアーズの監督を務めた(投手コーチは、ライオンズ時代の同僚である加藤初)。前期のみで退任して帰国、再び西日本スポーツの評論家となった。

2007年韓国プロ野球SKワイバーンズの一軍打撃コーチを務めた。

2008年東京ヤクルトスワローズの一軍打撃コーチに就任。首痛を患ったことで4月20日より土橋勝征と入れ替わって二軍の担当となった。翌2009年、そのまま二軍打撃コーチに就任。2010年5月17日に一軍の打撃不振解消のため、一軍担当に昇格することを要請されたが、体調不良を理由に固辞した(その後一軍には5月23日伊勢孝夫打撃アドバイザーが加入、8月1日から一二軍巡回打撃コーチに正式就任)。同年退団。

エピソード

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1969 | 西鉄
太平洋
クラウン
西武
 | 2 | 2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | .000 | .000 | .000 | .000
1970 | 23 | 53 | 49 | 5 | 12 | 3 | 0 | 1 | 18 | 2 | 0 | 1 | 1 | 1 | 2 | 0 | 0 | 10 | 0 | .245 | .269 | .367 | .636
1971 | 51 | 97 | 92 | 7 | 23 | 2 | 0 | 1 | 28 | 4 | 0 | 1 | 0 | 2 | 3 | 0 | 0 | 26 | 2 | .250 | .268 | .304 | .572
1972 | 99 | 286 | 268 | 30 | 67 | 11 | 2 | 12 | 118 | 36 | 3 | 5 | 2 | 2 | 12 | 0 | 2 | 55 | 5 | .250 | .285 | .440 | .725
1973 | 82 | 131 | 119 | 11 | 27 | 4 | 0 | 3 | 40 | 21 | 3 | 1 | 0 | 3 | 7 | 2 | 2 | 25 | 1 | .227 | .275 | .336 | .611
1974 | 49 | 73 | 61 | 8 | 18 | 3 | 1 | 2 | 29 | 9 | 2 | 2 | 0 | 1 | 10 | 0 | 1 | 13 | 1 | .295 | .397 | .475 | .872
1975 | 43 | 87 | 76 | 11 | 21 | 3 | 1 | 5 | 41 | 21 | 1 | 0 | 1 | 2 | 8 | 0 | 0 | 8 | 2 | .276 | .337 | .539 | .876
1976 | 118 | 461 | 422 | 51 | 114 | 9 | 1 | 23 | 194 | 68 | 6 | 3 | 6 | 6 | 23 | 0 | 4 | 52 | 15 | .270 | .310 | .460 | .770
1977 | 96 | 292 | 273 | 30 | 72 | 6 | 0 | 13 | 117 | 40 | 5 | 1 | 2 | 3 | 13 | 1 | 1 | 41 | 8 | .264 | .297 | .429 | .726
1978 | 74 | 122 | 111 | 9 | 36 | 4 | 0 | 2 | 46 | 18 | 0 | 2 | 1 | 2 | 8 | 1 | 0 | 14 | 3 | .324 | .364 | .414 | .778
1979 | 91 | 236 | 216 | 31 | 58 | 16 | 1 | 14 | 118 | 38 | 0 | 0 | 0 | 2 | 16 | 2 | 2 | 21 | 6 | .269 | .322 | .546 | .868
1980 | 86 | 233 | 207 | 34 | 58 | 6 | 1 | 12 | 102 | 42 | 0 | 1 | 3 | 2 | 17 | 0 | 4 | 29 | 7 | .280 | .343 | .493 | .836
1981 | 100 | 366 | 332 | 53 | 92 | 15 | 0 | 24 | 179 | 64 | 3 | 1 | 0 | 5 | 26 | 1 | 3 | 25 | 12 | .277 | .331 | .539 | .870
1982 | 106 | 359 | 319 | 41 | 89 | 12 | 0 | 17 | 152 | 58 | 0 | 0 | 1 | 6 | 27 | 3 | 6 | 42 | 12 | .279 | .341 | .476 | .817
1983 | 105 | 417 | 397 | 55 | 118 | 18 | 2 | 20 | 200 | 67 | 1 | 1 | 0 | 2 | 14 | 4 | 4 | 29 | 12 | .297 | .326 | .504 | .830
1984 | 42 | 151 | 141 | 19 | 29 | 3 | 2 | 5 | 51 | 16 | 0 | 1 | 0 | 1 | 7 | 0 | 2 | 7 | 15 | .206 | .252 | .362 | .614
1985 | 88 | 240 | 221 | 27 | 53 | 9 | 0 | 10 | 92 | 38 | 0 | 0 | 0 | 3 | 16 | 0 | 0 | 17 | 11 | .240 | .288 | .416 | .704
1986 | 59 | 159 | 153 | 14 | 36 | 6 | 0 | 7 | 63 | 22 | 1 | 0 | 0 | 1 | 4 | 0 | 1 | 15 | 4 | .235 | .258 | .412 | .670
通算:18年 1314 | 3765 | 3459 | 436 | 923 | 130 | 11 | 171 | 1588 | 564 | 25 | 20 | 17 | 44 | 213 | 14 | 32 | 430 | 116 | .267 | .312 | .459 | .771

表彰

記録

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号

関連情報

出演

脚注

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ http://www.yakult-swallows.co.jp/red_mpl/topicsView2.cgi?TYPE=t&SEQ=13010

関連項目

La newベアーズ監督 2004


業績
日本シリーズMVP
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960 近藤昭仁
  • 1961 宮本敏雄
  • 1962 土橋正幸, 種茂雅之
  • 1963 長嶋茂雄
  • 1964 J.スタンカ
  • 1965 長嶋茂雄
  • 1966 柴田勲
  • 1967 森昌彦
  • 1968 高田繁
  • 1969 長嶋茂雄

  • 1970年代 | 
  • 1970 長嶋茂雄
  • 1971 末次民夫
  • 1972 堀内恒夫
  • 1973 堀内恒夫
  • 1974 弘田澄男
  • 1975 山口高志
  • 1976 福本豊
  • 1977 山田久志
  • 1978 大杉勝男
  • 1979 高橋慶彦

  • 1980年代 | 
  • 1980 J.ライトル
  • 1981 西本聖
  • 1982 東尾修
  • 1983 大田卓司
  • 1984 長嶋清幸
  • 1985 R.バース
  • 1986 工藤公康
  • 1987 工藤公康
  • 1988 石毛宏典
  • 1989 駒田徳広

  • 1990年代 | 
  • 1990 O.デストラーデ
  • 1991 秋山幸二
  • 1992 石井丈裕
  • 1993 川崎憲次郎
  • 1994 槙原寛己
  • 1995 T.オマリー
  • 1996 T.ニール
  • 1997 古田敦也
  • 1998 鈴木尚典
  • 1999 秋山幸二

  • 2000年代 | 
  • 2000 松井秀喜
  • 2001 古田敦也
  • 2002 二岡智宏
  • 2003 杉内俊哉
  • 2004 石井貴
  • 2005 今江敏晃
  • 2006 稲葉篤紀
  • 2007 中村紀洋
  • 2008 岸孝之
  • 2009 阿部慎之助

  • 2010年代 | 
  • 2010 今江敏晃
  • 2011 小久保裕紀
  • 2012 内海哲也
  • 2013 美馬学
  • 2014 内川聖一
  • 2015 李大浩
  • 2016 B.レアード
  • 2017 D.サファテ
  • 2018 甲斐拓也
  • 2019 Y.グラシアル


  • 日本シリーズ優秀選手
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 近藤和彦
  • 1961 塩原明
  • 1962 岩下光一
  • 1963 王貞治
  • 1964 K.ハドリ
  • 1965 林俊彦
  • 1966 長嶋茂雄
  • 1967 D.スペンサー
  • 1968 柴田勲
  • 1969 足立光宏

  • 1970年代 | 
  • 1970 黒江透修
  • 1971 黒江透修
  • 1972 長嶋茂雄
  • 1973 高田繁
  • 1974 山崎裕之
  • 1975 中沢伸二, 外木場義郎
  • 1976 B.ウイリアムス
  • 1977 福本豊
  • 1978 若松勉
  • 1979 水谷実雄

  • 1980年代 | 
  • 1980 木下富雄, 山根和夫, 平野光泰
  • 1981 平田薫, 江川卓, 河埜和正
  • 1982 大田卓司, スティーブ, 中尾孝義
  • 1983 田淵幸一, テリー, 中畑清
  • 1984 山本浩二, 高橋慶彦, 福本豊
  • 1985 R.ゲイル, 真弓明信, 長崎啓二
  • 1986 清原和博, 石毛宏典, 津田恒実
  • 1987 石毛宏典, 秋山幸二, 槙原寛己
  • 1988 清原和博, 森山良二, 郭源治
  • 1989 岡崎郁, 香田勲男, 阿波野秀幸

  • 1990年代 | 
  • 1990 渡辺久信, 辻発彦, 伊東勤
  • 1991 工藤公康, 渡辺久信, 野村謙二郎
  • 1992 石毛宏典, 秋山幸二, 飯田哲也
  • 1993 飯田哲也, 高津臣吾, 潮崎哲也
  • 1994 桑田真澄, H.コトー, 辻発彦
  • 1995 T.ブロス, 池山隆寛, 高津臣吾
  • 1996 大島公一, 鈴木平, イチロー
  • 1997 石井一久, 稲葉篤紀, 池山隆寛
  • 1998 斎藤隆, 石井琢朗, 駒田徳広
  • 1999 工藤公康, 永井智浩, 城島健司

  • 2000年代 | 
  • 2000 仁志敏久, 村田真一, 高橋尚成
  • 2001 岩村明憲, 石井一久, 真中満
  • 2002 清原和博, 上原浩治, 斉藤宜之
  • 2003 井口資仁, 城島健司, 桧山進次郎
  • 2004 A.カブレラ, 和田一浩, 谷繁元信
  • 2005 渡辺俊介, サブロー, 李承燁
  • 2006 ダルビッシュ有, F.セギノール, 森本稀哲
  • 2007 山井大介, 森野将彦, 荒木雅博
  • 2008 中島裕之, 平尾博嗣, 鈴木尚広
  • 2009 亀井義行, D.ゴンザレス, 小谷野栄一

  • 2010年代 | 
  • 2010 内竜也, 清田育宏, 大島洋平
  • 2011 杉内俊哉, B.ファルケンボーグ, 和田一浩
  • 2012 長野久義, 阿部慎之助, J.ボウカー
  • 2013 田中将大, 銀次, 内海哲也
  • 2014 柳田悠岐, D.サファテ, 武田翔太
  • 2015 明石健志, R.バンデンハーク, 武田翔太
  • 2016 A.バース, 西川遥輝, 中田翔
  • 2017 柳田悠岐, 内川聖一, 濱口遥大
  • 2018 森唯斗, 柳田悠岐, 中村晃
  • 2019 高橋礼, A.デスパイネ, 松田宣浩


  • パシフィック・リーグ ベストナイン(指名打者)
    1970年代 | 

    1980年代 | 
  • 1980 C.マニエル
  • 1981 門田博光
  • 1982 T.ソレイタ
  • 1983 門田博光
  • 1984 L.リー
  • 1985 L.リー
  • 1986 石嶺和彦
  • 1987 石嶺和彦
  • 1988 門田博光
  • 1989 門田博光

  • 1990年代 | 
  • 1990 O.デストラーデ
  • 1991 O.デストラーデ
  • 1992 O.デストラーデ
  • 1993 R.ブライアント
  • 1994 R.ブライアント
  • 1995 T.ニール
  • 1996 T.ニール
  • 1997 D.マルティネス
  • 1998 N.ウィルソン
  • 1999 P.クラーク

  • 2000年代 | 
  • 2000 N.ウィルソン
  • 2001 F.ボーリック
  • 2002 和田一浩
  • 2003 A.カブレラ
  • 2004 F.セギノール
  • 2005 松中信彦
  • 2006 F.セギノール
  • 2007 山崎武司
  • 2008 T.ローズ
  • 2009 山崎武司

  • 2010年代 | 
  • 2010 福浦和也
  • 2011 J.フェルナンデス
  • 2012 W.ペーニャ
  • 2013 M.アブレイユ
  • 2014 中村剛也
  • 2015 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/12/02 19:38

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「大田卓司」の意味を投稿しよう
    「大田卓司」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    大田卓司スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「大田卓司」のスレッドを作成する
    大田卓司の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail