このキーワード
友達に教える
URLをコピー

大糸線とは?

【基本情報】

【国】
日本
【所在地】
長野県新潟県
【種類】
普通鉄道(在来線地方交通線)
【起点】
松本駅
【終点】
糸魚川駅
【駅数】
41駅
電報略号
オイセ
【開業】
1915年1月6日
(1957年8月15日全通)
【所有者】
東日本旅客鉄道(JR東日本)
(松本 - 南小谷間)
西日本旅客鉄道(JR西日本)
(南小谷 - 糸魚川間)
【運営者】
東日本旅客鉄道(JR東日本)
(松本 - 南小谷間)
西日本旅客鉄道(JR西日本)
(南小谷 - 糸魚川間)
【使用車両】
使用車両を参照
【路線諸元】

【路線距離】
105.4 km
軌間
1,067 mm
【線路数】
単線
電化方式
直流1,500 V(松本 - 南小谷間)
架空電車線方式
閉塞方式
特殊自動閉塞式
保安装置
ATS-P(松本 - 北松本)
ATS-SN(北松本 - 南小谷)
ATS-SW(南小谷 - 糸魚川)
最高速度
95 km/h
【路線図】



大糸線(おおいとせん)は、長野県松本市松本駅から新潟県糸魚川市糸魚川駅に至る鉄道路線(地方交通線)。松本駅 - 南小谷駅間は東日本旅客鉄道(JR東日本)、南小谷駅 - 糸魚川駅間は西日本旅客鉄道(JR西日本)の管轄である。

概要[ソースを編集]

北アルプス(飛騨山脈)の東側を、長野県大町市以南は高瀬川、その北は日本海へと注ぐ姫川に沿って走る。沿線には立山黒部アルペンルート東の玄関口である大町市を控え、仁科三湖(木崎湖中綱湖青木湖)などの行楽地やスキー場が多く、行楽客や白馬岳などへの登山者の足であるとともに、松本市・安曇野市など沿線都市への通勤・通学路線としても機能している。広域輸送としては主に中央本線からの特急列車が直通している。

2015年3月14日の北陸新幹線長野駅 - 金沢駅間の開業により、並行在来線である北陸本線金沢駅 - 直江津駅間は経営分離され、本路線の南小谷駅 - 糸魚川駅間はJR東日本の在来線およびえちごトキめき鉄道と、北陸新幹線のJR西日本所管区間のみに接続し、JR西日本の在来線路線としては孤立している。同区間については地元自治体との協議も予定されていたが、引き続きJR西日本が管轄し、糸魚川駅など新潟県上越地方と長野県北アルプス地域を結ぶアクセス路線となっている。

JR東日本区間のラインカラーパープル

停車場・施設・接続路線
凡例

 |  | 篠ノ井線
 |  | 
 |  | 松本車両センター
 |  | 
 |  | アルピコ交通:上高地線
 | 
 | 

 | 0.0 | 松本駅
 |  | 
 |  | ←松本電気鉄道:浅間線
 |  | 
 | 0.5 | 北松本
 |  | 
 |  | 臨時貨物積卸場 -1936
 |  | 
 | 0.7 | 北松本駅
 |  | 
 |  | 篠ノ井線

 |  | 奈良井川橋梁

 | 2.1 | 青島停留場 -1937

 | 2.6 | 島内駅

 | 3.8 | 島高松駅

 |  | 梓川橋梁 292m

 | 5.2 | 梓橋駅

 | 6.8 | 一日市場駅

 | 8.4 | 中萱駅

 |  | 十ヶ堰橋梁 12m

 | 10.4 | 南豊科駅

 | 11.4 | 豊科駅

 |  | 除沢川橋梁 49m

 | 14.2 | 柏矢町駅

 | 16.2 | 穂高駅

 |  | 穂高川橋梁 191m

 | 18.4 | 有明駅
 |  | 
 | 19.9 | 安曇追分駅
 |  | 
 |  | 池田鉄道

 | 22.8 | 細野駅

 | 23.8 | 北細野駅

 | 26.0 | 信濃松川駅

 | 28.6 | 安曇沓掛駅

 | 30.9 | 信濃常盤駅

 | 33.3 | 仏崎駅 -1917

 |  | 高瀬川橋梁 289m

 | 34.0 | 南大町駅
 |  | 
 | 35.1 | 信濃大町駅 立山黒部アルペンルート

 | 37.2 | 北大町駅

 | 39.4 | 信濃木崎駅

 | 41.6 | 稲尾駅

 | 42.9 | 海ノ口駅

 | 46.3 | 簗場駅

 |  | 佐野坂峠 | 高829m

 | 47.9 | (臨)ヤナバスキー場前駅 1985-2019

 | 52.8 | 南神城駅

 | 55.2 | 神城駅

 | 56.7 | 飯森駅

 |  | 平川橋梁

 | 59.7 | 白馬駅

 |  | 松川橋梁

 | 61.6 | 信濃森上駅

 |  | 第1姫川橋梁 108m

 | 65.4 | 白馬大池駅

 |  | 第2姫川橋梁 112m

 |  | 親の沢橋梁 39m

 | 68.7 | 千国駅

 |  | 第3姫川橋梁

 | 
70.1
0.0
 | 南小谷駅

 |  | JR東日本/JR西日本
 |  | 
 |  | 直流1500V/↓非電化

 |  | 土谷川橋梁

 |  | 立山トンネル 385m

 |  | 第4姫川橋梁 188m

 | 
74.1
4.0
 | 中土駅

 |  | 池原トンネル 178m

 |  | 袖ノ山トンネル 400m

 |  | 滝ノ口トンネル 380m

 |  | 第5姫川橋梁 159m

 |  | 外沢トンネル 1,563m

 | 
78.5
8.4
 | 北小谷駅

 |  | 下寺トンネル 50m

 |  | 李平トンネル 380m

 |  | 真那板山トンネル 3,125m

 |  | 長野県/新潟県

 |  | 第8下姫川橋梁 162m

 | 
85.0
14.9
 | 平岩駅

 |  | 大所川橋梁 88m

 |  | 第7下姫川橋梁 146m

 |  | ↑新潟県/長野県↓

 |  | 達磨山トンネル 158m

 |  | 横川橋梁

 |  | 鎌倉山トンネル 1,647m

 |  | ↑長野県/新潟県↓

 |  | 第6下姫川橋梁 110m

 |  | 第5下姫川橋梁 64m

 |  | 江尻トンネル 476m

 |  | 第2西山トンネル 48m

 |  | 第4下姫川橋梁 152m

 | 
91.8
21.7
 | 小滝駅

 |  | 第3下姫川橋梁 225m

 |  | 大前トンネル 135m

 |  | 第2下姫川橋梁 186m

 |  | 第1下姫川橋梁 148m

 |  | 唐沢トンネル 307m

 | 
95.4
25.3
 | 根知駅

 |  | 根知川橋梁 128m

 |  | 根小屋トンネル 80m

 |  | 中山トンネル 400m

 |  | 大野トンネル 694m

 | 
100.3
30.2
 | 頸城大野駅

 | 
102.2
32.1
 | 姫川駅

 |  | 水前トンネル 463m
 |  | 
 |  | 北陸新幹線
 |  | 
 |  | トキてつ:日本海ひすいライン
 | 
 | 
 | 
105.4
35.3
 | 糸魚川駅
 |  | 
 |  | 金沢総合車両所富山支所
 |  | 
 |  | 糸魚川運転派出

 |  | トキてつ:日本海ひすいライン

路線データ[ソースを編集]

松本駅 - 南小谷駅間はJR東日本長野支社、南小谷駅 - 糸魚川駅間はJR西日本金沢支社北陸広域鉄道部の管轄である。ただし、会社境界駅である南小谷駅はJR東日本の管理駅で、南小谷駅北方にある上り場内信号機(松本起点70.616km地点)が線路上の境界となっている。また、糸魚川駅(在来線)構内はえちごトキめき鉄道が管理している。

歴史[ソースを編集]

松本駅 - 信濃大町駅間は、信濃鉄道(現在のしなの鉄道とは無関係)により開業した。信濃大町駅 - 糸魚川駅間は国により建設され、大糸南線の信濃大町駅 - 中土駅間と大糸北線の小滝駅 - 糸魚川駅間が1935年に開通した。松本駅 - 糸魚川駅間が全通して大糸線となったのは1957年である。江戸時代に整備された千国街道は大町と安曇追分の間に池田通りと松川通りの二つのルートが存在したが、信濃鉄道は松川通りに沿って建設された。

「大糸線」の路線名は、信濃大町以南が信濃鉄道であった時代に、国によって信濃町と魚川を結ぶ路線として建設されたことに由来する。全通以前に信濃鉄道は国有化されていたが、「大糸」の路線名は買収区間も含めてそのまま踏襲された。現在のJRの路線名で、複数の地名から一文字ずつを取って付けられた名称は通常音読みするが、例外的に大糸線と米坂線は両方の漢字を訓読みする。

信濃鉄道[ソースを編集]

2010Happy Mail