このキーワード
友達に教える
URLをコピー

大野敬太郎とは?

大野 敬太郎
おおの けいたろう

【生年月日】
(1968-11-01) 1968年11月1日(50歳)
【出生地】
香川県丸亀市
【出身校】
東京工業大学工学部
東京工業大学大学院
【前職】
衆議院議員大野功統政策担当秘書
東京大学産学官連携研究員
防衛庁長官秘書官
カリフォルニア大学バークレー校客員フェロー
富士通従業員
【現職】
外交部会長代理
【所属政党】
自由民主党(無派閥)
【称号】
博士(情報理工学)/東京大学
【親族】
父・大野功統(元防衛庁長官)
祖父・加藤常太郎(元労働大臣)
【公式サイト】
大野敬太郎オフィシャルサイト|自民党香川3区衆議院議員
衆議院議員

【選挙区】
香川3区
【当選回数】
3回
【在任期間】
2012年12月16日 - 現職

大野 敬太郎(おおの けいたろう、1968年11月1日 - )は、日本政治家である。防衛大臣政務官を務めた(第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)。自由民主党所属の衆議院議員(3期)。

父は防衛庁長官衆議院議員を務めた大野功統。祖父は労働大臣、衆議院議員を務めた加藤常太郎

目次

  • 1 概要
  • 2 政策
  • 3 人物
  • 4 所属団体・議員連盟
  • 5 著書
    • 5.1 寄稿
  • 6 脚注
  • 7 外部リンク

概要

香川県丸亀市出身(本籍地は観音寺市豊浜町)。坂出市立中央小学校、香川大学教育学部附属坂出中学校香川県立丸亀高等学校を経て、1991年東京工業大学工学部機械工学科卒業。1993年、東京工業大学大学院理工学研究科機械工学専攻修了、富士通入社、宇宙開発推進室配属。1999年から富士通研究所に所属した。2001年よりカリフォルニア大学バークレー校客員フェロー。この間、研究者として学術論文を数十本執筆しており、米国で出版されている教科書に引用されたものもある。

2004年、父・大野功統防衛庁長官就任に伴い、大臣秘書官に就任。その後は父の政策担当秘書を務める。この間、東京大学産学官連携研究員を務め、2007年には論文"Input multi-rate digital robust control for precise head positioning of hard disk drives(磁気ディスクの高精度ヘッド位置決めのための入力マルチレートディジタルロバスト制御)"で、東京大学博士(情報理工学)の学位を取得。

2012年、父・功統の引退に伴い、自由民主党が実施した候補者公募に応募し、5名の応募者(うち3名が書類選考を通過)の中から200名以上の自民党員による投票の結果、合格。香川3区で公認を受け、第46回衆議院議員総選挙で初当選。

2013年、自由民主党遊説局長代理に就任。研究開発力強化法を同僚議員とともに議員立法で成立させる。

2014年5月、マンスフィールド財団トーマス・フォーリー日米議員交流プログラムに参加。9月、訪中団として王家瑞中連部委員長と会談。また、訪台団長として馬英九総統、王金平立法院長と会談。11月、国際交流基金日中韓次世代リーダーズフォーラムに参加。12月に行われた第47回衆議院議員総選挙にて2期目当選。

2015年3月、外務委員会の理事に就任。5月、安倍総理の米国上下両院合同議会演説に同席。6月、人口減少対策議連の提言を事務局としてまとめ政府に提言。8月、北方領土国後島を訪問。9月に行われた党総裁選において安倍晋三候補の推薦人に名を連ねている。11月、新たに農林部会等の副部会長、知財戦略調査会事務局次長などに就任。12月には、イスラエルを訪問しガザ近郊を視察している。

2016年9月、財務金融部会長代理に就任。

2017年7月、日本最大の造船グループである今治造船の丸亀工場を程永華駐日中国大使が視察した際に地元選出議員と共に同行している。同年8月、第3次安倍第3次改造内閣で防衛大臣政務官に就任。同年10月に行われた第48回衆議院議員総選挙にて3期目当選。第4次安倍内閣で防衛大臣政務官に再任。同11月、自衛隊国産輸送機C-2が中東最大のエアショーであるドバイに国外初展示されたのに伴い、同国を訪問。同国国防関係者や同地を訪問していた海外要人と意見交換を行っている。C-2の国外移転について「売ることが主目的ではなく、(世界や日本の)安全保障環境を良くしていくことだ」と強調し、一定の条件を満たせば武器輸出を認める「防衛装備移転三原則」を踏まえて判断するとした。また、同12月には、国際戦略研究所IISS主催の中東安全保障会議マナーマダイアログに参加、同会議に参加していた河野太郎外務大臣のスピーチに併せ、防衛省としての中東への関与のスタンスを表明した。また、米国第五艦隊司令官やバーレーン国防大臣などの要人と意見交換を行った他、ソマリア沖の海賊対処を行っている多国籍艦隊である第151合同任務部隊CTF-151の司令部を訪問、激励している。同12月、宮城県で行われた日米共同方面隊指揮所演習ヤマサクラ73を訪問し隊員激励をしている。

2018年1月、オーストラリアターンブル首相が訪日時に陸上自衛隊習志野駐屯地を安倍首相と共に訪れた際、現地に同行している。同年2月、佐賀県の陸上自衛隊目達原駐屯地所属の対戦車ヘリコプター墜落事故で、小野寺大臣命により事故発生当日現地を訪問し、対応に当たった。同年4月、同大臣命によりイラク日報に関する省内調査チームを率いた。同年8月、米国空軍宇宙関連施設であるシュリーバー空軍基地ピーターソン空軍基地ヴァンデンバーグ空軍基地を訪問し、宇宙安保政策に関する意見交換を行っている。同年9月、フィリピン訪問中の護衛艦かが艦上で同国ドゥテルテ大統領を迎え、艦内会談を行っている。同年10月、組閣に伴って防衛大臣政務官を退任後、党の外交部会長代理や安全保障調査会の事務局次長などに就任。

政策

人物

所属団体・議員連盟

著書

寄稿

脚注

  1. ^ Analysis and Design of Nonlinear Control Systems Springer-Verlag, June 2007
  2. ^ 大野 敬太郎 (おおの けいたろう)首相官邸
  3. ^ 東京大学 , 博士 (情報理工学) , 乙第16845号 , 2007-10-04
  4. ^ 中華民国総統府
  5. ^ 『安倍総理の米議会演説について想う』
  6. ^ 毎日新聞2015年12月2日
  7. ^ 2015年自由民主党総裁選挙
  8. ^ 駐日本国中華人民共和国大使館
  9. ^ Nation Shield, Military Strategic Journal, GHQ of UAE Armed Forces
  10. ^ Emirates News Agency, UAE
  11. ^ 防衛省・自衛隊、副大臣・政務官の動静
  12. ^ 日本経済新聞2017年11月12日、ドバイ航空ショー開幕 空自、新型輸送機を海外初出展
  13. ^ The IISS Manama Dialogue
  14. ^ 『バーレーン出張(中東安全保障対話出席のため)』大野敬太郎オフィシャルサイト2017年12月11日
  15. ^ Combined Maritime Force
  16. ^ 17th Field Artillery Brigade Facebook Page
  17. ^ 防衛省・自衛隊、小野寺防衛大臣の動静
  18. ^ 防衛省・自衛隊:大野防衛大臣政務官のアメリカ合衆国訪問(概要)” (日本語). www.mod.go.jp. 2018年9月20日閲覧。
  19. ^ 大野, 敬太郎. “フィリピン出張:平和を築く礎は一人ひとりの思い | 大野敬太郎オフィシャルサイト|自民党香川3区衆議院議員” (日本語). 2018年9月20日閲覧。
  20. ^ 日本経済新聞「若手議員 新分野で旗振り」2017年6月14日夕刊
  21. ^ ビジネスジャーナル2014年11月12日
  22. ^ 『情報の収集』 大野敬太郎オフィシャルサイト 2013年11月27日
  23. ^ 『広島68回目の原爆忌』 大野敬太郎オフィシャルサイト 2013年8月6日
  24. ^ 『農産品の輸出目標先送り?』 大野敬太郎オフィシャルサイト 2011年6月28日
  25. ^ 『自尊心を擽る生活保護』 大野敬太郎オフィシャルサイト 2012年1月21日
  26. ^ 『社会保障と生活保護と生活困窮者と』 大野敬太郎オフィシャルサイト 2013年12月6日
  27. ^ 『防衛計画の大綱の議論』 大野敬太郎オフィシャルサイト 2013年5月21日
  28. ^ 朝日新聞2013年5月31日朝刊
  29. ^ 『尖閣諸島』 大野敬太郎オフィシャルサイト 2010年9月28日
  30. ^ 『現代版アレキサンドリア図書館の建設を!』 大野敬太郎オフィシャルサイト 2012年2月15日
  31. ^ 日本農業新聞2013年1月24日
  32. ^ 毎日新聞2012年12月12日
  33. ^ 『外国人参政権』 大野敬太郎オフィシャルサイト 2010年2月6日
  34. ^ 『ヒュースケンと伊藤博文とケビンメアと』 大野敬太郎オフィシャルサイト 2011年9月20日
  35. ^ 『自民党衆院香川3区候補者公募応募論文』 大野敬太郎オフィシャルサイト 2012年10月4日
  36. ^ 『Wikileaks(ウィキリークス)とマスコミ政治』 大野敬太郎オフィシャルサイト 2011年2月28日
  37. ^ 毎日新聞、2012年衆院選候補者アンケート
  38. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  39. ^ 『【善然庵閑話】トルコとタバコ』”. 大野敬太郎オフィシャルサイト (2017年3月9日). 2018年8月4日閲覧。
  40. ^ About Me! - 大野敬太郎プロフィール”. 大野敬太郎オフィシャルサイト. 2018年8月4日閲覧。
  41. ^ 九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  42. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  43. ^ 自由民主党 役員表”. 自由民主党. 2019年7月28日閲覧。
  44. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク

公職
先代:
小林鷹之
宮澤博行 |  防衛大臣政務官
福田達夫と共同

2017年 -2018年 | 次代:
山田宏
鈴木貴子
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/10/11 08:05

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「大野敬太郎」の意味を投稿しよう
「大野敬太郎」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

大野敬太郎スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「大野敬太郎」のスレッドを作成する
大野敬太郎の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail