このキーワード
友達に教える
URLをコピー

大野智とは?

受賞受賞歴参照
【備考】

アイドルグループのメンバー(リーダー)

大野 智(おおの さとし、1980年11月26日 - )は、日本歌手俳優タレントアイドルであり、男性アイドルグループ のリーダーである。愛称は「大ちゃん」「リーダー」「大野さん」など。

東京都三鷹市出身。ジャニーズ事務所所属。

目次

  • 1 略歴
  • 2 人物
    • 2.1 アート
  • 3 音楽
    • 3.1 ソロ曲
      • 3.1.1 CD収録曲
      • 3.1.2 CD未収録曲
      • 3.1.3 カバー曲
    • 3.2 ユニット曲
    • 3.3 参加楽曲
      • 3.3.1 Junichi&JJr
    • 3.4 作詞を手がけた曲
    • 3.5 振り付けを手がけた曲
    • 3.6 ソロコンサート
  • 4 受賞歴
  • 5 出演
    • 5.1 テレビドラマ
    • 5.2 映画
      • 5.2.1 テレビアニメ
    • 5.3 テレビ番組
    • 5.4 ドキュメンタリー
    • 5.5 舞台
    • 5.6 ラジオ
    • 5.7 CM
    • 5.8 映像作品
    • 5.9 コンサート・イベント
    • 5.10 映像作品
  • 6 作品
    • 6.1 書籍
    • 6.2 CD
    • 6.3 外部リンク
  • 7 脚注
    • 7.1 注釈
    • 7.2 出典

略歴

人物

嵐のリーダーであり、メインボーカル

嵐結成前にCDデビューをしている(#CDを参照)。CM曲を担当したり、別名義でソロシングルをリリースしている(#音楽を参照)。嵐のコンサートでは、曲の振り付けも手がける(#振り付けを手がけた曲を参照)。

ジャニーズ事務所入りを勧めたのは母親。あまり芸能界には興味はなかったものの、ジャニーズの仕事をするうちダンスの楽しさに目覚め、1997年から2年間、実家を離れて京都の舞台『KYO TO KYO』に出演するなどしてダンスの技術を磨いた。

大野の翌年に事務所に入所したV6岡田准一と仲が良く、お互い「大野」「岡田」と呼び捨てで呼び合っていた。しかし、岡田が先にデビューしたために大野は「岡田」と呼びづらくなり、以降「岡田っち」と呼ぶようになった。現在では2人は「同期」と結論付けているが、このような経緯を嵐によく「大野・岡田問題」と揶揄されている。

中学生時代はバドミントン部に所属。練習のサボりすぎにより二度退部させられているが、試合時に「大野がいないと勝てない」という理由から復帰している。 温厚な性格で、自身ではあまり怒らない理由として「イラッとしてもその時間がもったいないから引きずらない」と言っている。また、涙もろいため、コンサートの挨拶などで感激の涙を流すことがある。口数はあまり多い方ではないが、発言がユニークで、番組スタッフにも「もの凄い瞬発力があって、その場が一気に全部解決するようなひと言っていうのを言う」「追い詰められたときにでる一言がとんでもなく面白い」などと評されている。コンサートや歌番組のパフォーマンスでは、細かくリズムをきざむキレのあるダンスと情感豊かに響く歌声を披露し、バラエティなどで見せる飾らない姿とのギャップに驚いたという声もよく聞かれる。

また、釣りを趣味にしており、「カジキマグロを釣る」ことを目標にしていることを語っている。

2018年4月、二級小型船舶免許に合格。

アート

友達の影響で小学校3年生のころからドラゴンボールの模写絵を描き始め、イラストレーターを目指していた時期もあった。芸能活動と並行して創作活動を続け、公式携帯サイトではイラストを公開。また、小学生の時に書道を習い、2年間で四段をとるまでになった。その腕前はテレビ番組や雑誌の企画などで披露しており、自身のアート作品にも取り入れている。

好きな画家は20世紀の米画家・ノーマン・ロックウェルや江戸時代の京都の絵師・伊藤若冲

音楽

嵐としての楽曲については「嵐 (グループ)#作品」を、タイアップについては「ジャニーズ タイアップ一覧」を参照

ソロ曲

CD収録曲

CD未収録曲

カバー曲

ユニット曲

参加楽曲

Junichi&JJr

作詞を手がけた曲

振り付けを手がけた曲

CDシングル収録曲

CDアルバム収録曲

映像作品収録曲

ソロコンサート

受賞歴

出演

嵐としての出演については「嵐 (グループ)#出演」を参照

役名を太字で示しているものは主演作品。

テレビドラマ

映画

テレビアニメ

テレビ番組

ドキュメンタリー

舞台

ラジオ

CM

映像作品

コンサート・イベント

映像作品

作品

書籍

CD

外部リンク

脚注

注釈

  1. ^ 20th Centuryがカバーしたものを大野がカバーした。
  2. ^ KinKi Kidsがカバーしたものを大野がカバーした。
  3. ^ 新エンディングテーマとなった「ナイスな心意気」の紹介として本編前に少しだけ登場。

出典

  1. ^ 大野智のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2013年1月閲覧。
  2. ^ PROFILE(大野智)-Johnny's web”. Johnny's web. 2017年5月27日閲覧。
  3. ^ Johnny's net > ARASHI > Profile”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2017年3月閲覧。
  4. ^ 『POTATO』(2013年4月号)、学研パブリッシング pp. 11-13
  5. ^ 大野智TOWER RECORDS ONLINE 2014年12月28日閲覧
  6. ^ 『アラシゴト : まるごと嵐の5年半』 集英社2005年、101頁。
  7. ^ Myojo』(1996年1月号)、集英社 pp. 103
  8. ^ 映画 怪物くん - 映画・映像”. 東宝. 2017年6月10日閲覧。
  9. ^ TVnavi』(2013年2月号)、扶桑社 pp. 1-2『TV fan』(2013年2月号)、共同通信社 pp. 1-2
  10. ^ 嵐・大野智デザインのJAL FLY to 2020 特別塗装機就航 - 初便は羽田~那覇”. マイナビニュース. 2015年10月29日閲覧。
  11. ^ 大野智の個展、上海にも進出”. 日刊スポーツ. 2015年11月24日閲覧。
  12. ^ an・an』No.1669(2009年7月29日号)、マガジンハウス pp. 92。また、リードボーカルと表現されることもある。(『ARASHI AROUND ASIA』 M.Co.、2007年、107頁。)
  13. ^ 『アラシゴト : まるごと嵐の5年半』 集英社2005年、101頁。ISBN 978-4087804164。
  14. ^ 『FREESTYLE』 M.Co.、2008年、94頁。
  15. ^ 週刊TVガイド』(2013年8月2日号)、東京ニュース通信社 pp. 8
  16. ^ 嵐、デビュー10周年記念全国ツアー開幕 リーダー大野が男泣き”. オリコン. 2015年11月22日閲覧。嵐 原点のハワイで15周年記念ライブ”. デイリースポーツ. 2015年11月22日閲覧。
  17. ^ 『+act.mini』(Vol.10)、ワニブックス pp. 12
  18. ^ 『週刊ザテレビジョン』(2015年 No.41)、角川書店 pp. 23
  19. ^ 『オリスタ』(2015年 No.2)、オリコン・エンタテインメント pp. 17
  20. ^ 『ASIAN POPS MAGAZINE』(第104号)、A-studio pp. 6『週刊ザテレビジョン』(2012年 No.22)、<
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/19 20:33

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「大野智」の意味を投稿しよう
    「大野智」のコンテンツはまだ投稿されていません。

    大野智スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「大野智」のスレッドを作成する
    大野智の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
2010Happy Mail