このキーワード
友達に教える
URLをコピー

大阪大学とは?

移動先: 案内検索
【大阪大学】

大阪大学吹田キャンパス

【大学設置】
1931年
【創立】
1838年
【学校種別】
国立
【設置者】
国立大学法人大阪大学
【本部所在地】
大阪府吹田市山田丘1番1号
北緯34度49分7秒 東経135度31分26秒 / 北緯34.81861度 東経135.52389度 / 34.81861; 135.52389座標: 北緯34度49分7秒 東経135度31分26秒 / 北緯34.81861度 東経135.52389度 / 34.81861; 135.52389
【キャンパス】
吹田(大阪府吹田市)
豊中(大阪府豊中市)
箕面(大阪府箕面市)
【学部】
人間科学部
文学部
外国語学部
法学部
経済学部
理学部
医学部
歯学部
薬学部
工学部
基礎工学部
【研究科】
人間科学研究科
文学研究科
法学研究科
国際公共政策研究科
経済学研究科
理学研究科
医学系研究科
歯学研究科
薬学研究科
工学研究科
基礎工学研究科
言語文化研究科
情報科学研究科
生命機能研究科
高等司法研究科
連合小児発達学研究科
【ウェブサイト】
大阪大学公式サイト

大阪大学(おおさかだいがく、英語: Osaka University)は、大阪府吹田市山田丘1番1号に本部を置く日本国立大学である。1931年に設置された。大学の略称阪大(はんだい)。

文部科学省が実施しているスーパーグローバル大学事業のトップ型指定校である。

目次

  • 1 概観
    • 1.1 大学全体
    • 1.2 モットー
    • 1.3 教育および研究
    • 1.4 取り組み
  • 2 沿革
    • 2.1 年表
  • 3 基礎データ
    • 3.1 所在地
    • 3.2 象徴
      • 3.2.1 学章
      • 3.2.2 スクールカラー
      • 3.2.3 学歌
      • 3.2.4 マスコットキャラクター
  • 4 教育および研究
    • 4.1 組織
      • 4.1.1 学部
      • 4.1.2 大学院
      • 4.1.3 附属機関
        • 4.1.3.1 附属図書館
        • 4.1.3.2 附置研究所
        • 4.1.3.3 学内共同教育研究施設
        • 4.1.3.4 全国共同利用施設
        • 4.1.3.5 学部附属施設
        • 4.1.3.6 大学院研究科附属施設
        • 4.1.3.7 その他
    • 4.2 研究
      • 4.2.1 21世紀COEプログラム
      • 4.2.2 グローバルCOEプログラム
      • 4.2.3 免疫学の世界的拠点
    • 4.3 教育
      • 4.3.1 採択されているプログラム
  • 5 学生生活
    • 5.1 部活動・サークル活動
    • 5.2 学園祭
      • 5.2.1 いちょう祭
      • 5.2.2 まちかね祭
      • 5.2.3 中之島祭
      • 5.2.4 夏まつり
      • 5.2.5 吹田祭
      • 5.2.6 間谷祭・語劇祭
      • 5.2.7 その他
    • 5.3 スポーツ
  • 6 大学関係者と組織
    • 6.1 大学関係者組織
      • 6.1.1 生活協同組合
      • 6.1.2 同窓会
      • 6.1.3 大阪大学出版会
      • 6.1.4 学士会
    • 6.2 大学関係者一覧
  • 7 施設
    • 7.1 キャンパス
      • 7.1.1 吹田キャンパス
        • 7.1.1.1 キャンパス内交通
      • 7.1.2 豊中キャンパス
        • 7.1.2.1 歴史
        • 7.1.2.2 サークル
        • 7.1.2.3 豊中キャンパスの門・出入口
      • 7.1.3 箕面キャンパス
        • 7.1.3.1 箕面キャンパスの門
      • 7.1.4 スクールバス
      • 7.1.5 以前のキャンパス
    • 7.2 寮
      • 7.2.1 留学生・外国人研究者用宿舎
  • 8 対外関係
    • 8.1 海外拠点
    • 8.2 他大学との協定
    • 8.3 行政との包括協定
    • 8.4 産学連携
    • 8.5 広報活動(ラジオ番組)
    • 8.6 国際交流協定校
  • 9 附属学校等
  • 10 不祥事
    • 10.1 地震データ捏造問題
    • 10.2 個人情報漏洩
    • 10.3 入学試験における出題ミス
    • 10.4 センター試験における教授の居眠り
    • 10.5 AO・推薦入試における出題ミス
  • 11 脚注
  • 12 Wiki関係他プロジェクトリンク
  • 13 公式サイト

概観

大学全体

豊中キャンパスの正門
医学部附属病院

大阪大学は、1838年(天保9年)に緒方洪庵により設立された適塾を直接の源流としている。適塾は1868年(明治元年)に閉鎖されるが、翌1869年(明治2年)設立の浪華仮病院および仮医学校に教師・塾生が移籍し、これが改組・改称を経て現在の大阪大学医学部となっている。当時、長崎へ遊学した慶應義塾創立者である福澤諭吉蘭学では適塾が最先端を行っているということを教えられ、この塾へ入門し1857年(安政4年)には第10代塾頭となっている。なお、大阪大学は、懐徳堂(1724年 享保9年 設立)とも関係がある。懐徳堂は1869年に閉鎖されるが、1910年(明治43年)に懐徳堂記念会の設立(後に財団法人化)、最後の預人中井桐園の嫡子中井天生(中井木菟麻呂)らの尽力で、1916年(大正5年)の重建懐徳堂の設立により再興を果たした。戦後の1949年(昭和24年)になり、懐徳堂記念会が懐徳堂蔵書を大阪大学に寄贈したことで両者の繋がりができた。現在、財団法人懐徳堂記念会事務局は大阪大学文学部内にあり、大阪大学が初期の懐徳堂に関するものも含めて管理している。しかし、懐徳堂と重建懐徳堂との間には半世紀近い空白があり、教育機関としての歴史的連続性がないため、大阪大学は懐徳堂を同大の学問的系譜とは言うものの、同大の前身とは言及していない。大阪医学校を母体に1915年(大正4年)に府立大阪医科大学へ改称、1931年(昭和6年)にへ移管されると同時に、台北帝国大学に続く第8番目の帝国大学となる。

1933年(昭和8年)には旧制大阪工業大学を合併、戦後の新制大学への改組を経て、2004年に国立大学法人化、2007年10月に大阪外国語大学と統合した。国立大学法人として外国語学部を設置しているのは、大阪大学と東京外国語大学の2大学しかない。また統合後の1学年あたりの学生定員は、国立大学で最多の3245人となった(2位は東京大学で3053人)。

モットー

「地域に生き世界に伸びる」(英語:Live Locally, Grow Globally)

教育および研究

タイムズ紙系の教育専門誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」による世界大学ランキングに毎年ランクインしている。2016-2017 では、第251-300位、アジア第19位、国内第3位である。

上海世界大学学術ランキング (ARWU) では、2016年は第96位、国内第4位である。

クアクアレリ・シモンズ社「QS世界大学ランキング」では、第55位(2014年)、「2015年アジア大学ランキング」では、アジア全体で第13位、国内第2位である。

世界大学ランキングセンター (CWUR) によるCWUR世界大学ランキング2015年では、第45位、国内6位である。

取り組み

男女共同参画社会基本法に基づくポジティブ・アクションに取り組んでおり、「理工系部局における常勤女性研究者の人数を3年以内に現在より3割増加させる」との数値目標を掲げて達成した。

沿革

年表

適塾(大阪市中央区北浜)
大阪帝国大学 (大阪市北区中之島)

基礎データ

所在地

全て大阪府内に所在。

象徴

学章

大阪大学の学章(校章)は、大阪の象徴である銀杏の葉を題材にしたもので、制作は田中一光(グラフィックデザイナー)。1991年に創立60周年を記念して制定された。大学関係者からは、しばしば「銀杏マーク」と称される。

なお、現学章の制定以前には、交差した二枚の銀杏の葉の意匠に「大学」の文字が重ねられた紋章(以下「旧学章」という)が存在した。これは、旧制大阪医科大学で用いられていた銀杏マークを基にして、大阪帝国大学時代に制作されたもので、正式の学章として定められたものではなかったが、体育会系クラブの部旗や学生証の刻印等、随所に多く用いられ、正式なものに準じた扱いであった。この旧学章は、現在でも人間科学部正面玄関の屋根部レリーフに見ることができる他、歯学部附属病院のエレベータ扉にも類似の意匠が施されている。

スクールカラー

スクールカラーは、スカイブルー。現学章の銀杏マークの色もこのスカイブルーを採用している。Munsell Book of Color(マンセル色体系)の色番7.5PB3/12が標準とされる(この色番は、現行の大阪府旗の地色と同じであり、実際には群青色に近い)。学章と同じく、平成3年に制定。

学歌

大阪大学には、正式に定められた学歌(校歌)は存在しない。入学式等では、代わりに「大阪大学学生歌」が歌われる。その他、主に体育会関係者に愛唱される幾つかの応援歌がある。

マスコットキャラクター

大阪大学のマスコットキャラクターは「ワニ博士」である。豊中キャンパス内の待兼山で出土した化石「マチカネワニ」を題材としている。

教育および研究

人間科学部校舎(吹田キャンパス)
医学部校舎(吹田キャンパス)
大型レーザー実験装置激光XII号
(レーザーエネルギー学研究センター)

組織

学部

  • 文学部
    • 人文学科
      • 学科目
        • 人文基礎学
          専修:哲学・思想文化学、倫理学、中国哲学、インド哲学
        • 歴史文化学
          専修:日本史学、東洋史学、西洋史学、考古学
        • 地域文化学
          専修:日本学、人文地理学
        • 言語基礎学
          専修:日本語学、日本文学・国語学、英米文学・英語学
        • 文学表現学
          専修:日本文学・国語学、比較文学、中国文学、英米文学・英語学、ドイツ文学、フランス文学
        • 芸術文化学
          専修:美学・文芸学、音楽学・演劇学、美術史学
      • 注:2年次に各専修に分かれる
  • 人間科学部
    • 人間科学科
      • 学科目
        • 行動学科目
          研究分野:基礎心理学、応用認知心理学、社会心理学、臨床死生学・老年行動学、認知脳心理学・環境心理学、安全行動学、ボランティア行動学、比較発達心理学、行動生理学、行動統計学、生物人類学、比較行動学
        • 社会学科目
          研究分野:文化グループ、理論グループ、調査グループ、福祉社会グループ、人類学グループ、現代人間学グループ
        • 教育学科目
          研究分野:臨床心理学、教育心理学、教育コミュニケーション学、教育工学、教育人間学、教育文化学、教育制度学、生涯教育学、教育社会学
        • 共生学科目
          研究分野:未来共生学講座(共生の人間学、共生行動論、共生社会論、共生教育論),グローバル共生学講座(国際協力学、多文化共生学、地域創生論、コンフリクトと共生)
  • 外国語学部
  • 法学部
    • 法学科
      学科目:公法学、私法学、国際関係法学、基礎法学、政治学
    • 国際公共政策学科
      学科目:グローバル法学、グローバルガバナンス、グローバルエコノミー
  • 経済学部
    • 経済・経営学科
      学科目:理論経済、経済政策、経済史・経営史、日本経済、企業経済・会計、マネジメント・サイエンス、経営情報
  • 理学部
  • 医学部
    • 医学科(6年制)
      学科目:解剖学、生理学、薬理学、病態情報内科学、生化学・分子生物学、ゲノム生物学、分子制御内科学、加齢医学、感染症・免疫学、病理学、分子病態内科学、皮膚科学、生体情報医学、神経機能医学、小児発達医学、生体機能調節医学、機能制御外科学、病態制御外科学、器官制御外科学、神経機能制御外科学、感覚器外科学、社会医学
    • 保健学科
      • 看護学専攻
      • 放射線技術科学専攻
      • 検査技術科学専攻
      • 学科目:基礎看護学、母性・小児看護学、成人・老人看護学、地域看護学、医用物理学、医用工学、基礎生体情報学、病態生体情報学
  • 歯学部
    • 歯学科(6年制)
      学科目:口腔形態情報学、口腔機能生理学、口腔分子生化学、口腔分子薬理学、口腔病理病態学、口腔微生物学、口腔医用工学、口腔予防保健学、口腔感染免疫治療学、口腔機能再建補綴学、口腔病態外科学、顎顔面発育制御学、小児歯科保健学、顎口腔麻酔学、顎口腔放射線学
  • 薬学部
    • 薬学科(6年制)
      学科目:医療・生命薬学
    • 薬科学科
      学科目:分子・有機科学、生命・情報薬学
  • 工学部
    • 応用自然科学科
      • 学科目
        • 応用化学
          履修コース:応用化学、化学・生物学複合メジャーコース
        • 応用生物工学
          履修コース:応用生物工学、化学・生物学複合メジャーコース
        • 精密科学
          履修コース:精密科学
        • 応用物理学
          履修コース:応用物理学
    • 応用理工学科
      • 学科目
        • 機械工学
          履修コース:機械工学
        • マテリアル生産科学
          履修コース:マテリアル科学、生産科学
    • 電子情報工学科
      • 学科目
        • 電気電子工学
          履修コース:システム・制御・電力、先進電磁エネルギー、量子電子デバイス
        • 情報通信工学
          履修コース:情報通信工学
    • 環境・エネルギー工学科
      • 学科目
        • 環境・エネルギー工学
          履修コース:環境・エネルギー工学
    • 地球総合工学科
      • 学科目
        • 船舶海洋工学
          履修コース:船舶海洋工学
        • 社会基盤工学
          履修コース:社会基盤工学
        • 建築工学
          履修コース:建築工学
    • 注:2年もしくは3年進級時に各履修コースに分かれる。
  • 基礎工学部
    • 電子物理科学科
      • エレクトロニクスコース
      • 物性物理科学コース
      • 学科目:エレクトロニクス、物性物理科学
    • 化学応用科学科
      • 合成化学コース
      • 化学工学コース
      • 学科目:合成化学、化学工学
    • システム科学科
      • 機械科学コース
      • 電子システム学コース
      • 生物工学コース
      • 学科目:機械科学、知能システム学、生物工学
    • 情報科学科
      • 計算機科学コース
      • ソフトウェア科学コース
      • 数理科学コース
      • 学科目:計算機科学、ソフトウェア科学、数理科学
    • 学科単位で募集し、2年次に各コースに分かれる
  • 学部英語コース(英語のみで受講、卒業できるコース)
    • 化学・生物学複合メジャーコース(実施学部:理学部、工学部、基礎工学部)
    • 人間科学コース(実施学部:人間科学部)

大学院

以下、特記していない専攻は博士前期課程博士後期課程である。講座は、「大阪大学プロフィール 2015」による。

  • 文学研究科
    • 文化形態論専攻
      • 専門分野:文化基礎学専門分野、地域社会論専門分野、哲学哲学史専門分野、現代思想文化学専門分野、臨床哲学専門分野、中国哲学専門分野、インド学・仏教学専門分野、日本学専門分野、日本史学専門分野、東洋史学専門分野、西洋史学専門分野、考古学専門分野、人文地理学専門分野
      • 講座:広域文化形態論、哲学、日本学、日本史、世界史、考古学、人文地理学
    • 文化表現論専攻
      • 専門分野:言語文芸学専門分野、文献情報学専門分野、異文化交流論専門分野、日本文学専門分野、比較文学専門分野、中国文学専門分野、英米文学専門分野、ドイツ文学専門分野、フランス文学専門分野、国語学専門分野、日本語学専門分野、英語学専門分野、美学・文芸学専門分野、音楽学・演劇学専門分野、美術史学専門分野
      • 講座:広域文化表現論、国文学・東洋文学、西洋文学・語学、日本語学、芸術学、芸術史
    • 文化動態論専攻(修士課程)
      • コース:共生文明論コース、アート・メディア論コース、文学環境論コース、言語生態論コース
      • 講座:共生文明論、アート・メディア論、文学環境論、言語生態論
  • 人間科学研究科
    • 人間科学専攻
      • 講座:先端人間科学、人間行動学、行動生態学、社会環境学、基礎人間科学、臨床教育学、教育環境学
    • グローバル人間学専攻
      • 講座:人間開発学、地域研究
  • 法学研究科
    • 法学・政治学専攻
      • 講座:総合企画法政、比較法政、公共法政、地域開発(連携講座)、政策研究(連携講座)
  • 経済学研究科
    • 経済学専攻
      • 博士前期課程のコース:経済学コース、歴史コース、応用経済コース
      • 講座:理論分析、政策分析、歴史分析、応用経済、数理経済学(協力講座)、計量経済学(協力講座)、市場システム(協力講座)、産官学プロジェクト(連携講座)
    • 経営学系専攻
      • 博士前期課程のコース:経営研究コース、ビジネス・コース、MOTコース、グローバル・マネジメントコース
      • 講座:モデル解析、経営情報、技術経営、ビジネス
  • 理学研究科
    • 数学専攻
      • 講座:代数学、幾何学、解析学、大域数理学、実験数学、応用数理学、統合数理科学(連携講座)
    • 物理学専攻
      • カリキュラムは、Aコース(理論系:基礎物理学・量子物理学コース)、 Bコース(実験系:素粒子・核物理学コース)、Cコース(実験系:物性物理学コース)の各コースの授業科目に加え、各専攻共通の授業科目、A・B・Cコース共通の講義から構成。
      • 講座:物性物理学、素粒子・核物理学、基礎物理学、量子物理学、学際物理学、素粒子・核反応学(協力講座)、クォーク核物理学(協力講座)、加速計測学(協力講座)、極限科学(協力講座)、先端光科学(協力講座)、先端物理学(連携講座)
    • 化学専攻
      • カリキュラムは、Aコース(無機及び物理化学)、Bコース(有機化学)の各コースの授業科目に加え、各専攻共通の授業科目、化学・生物化学・高分子科学専攻共通の授業科目から構成。教員もAコース、Bコースに分かれ指導。各コースの前期課程の入学定員はそれぞれ約30人としている。
      • 講座:無機化学、物理化学、有機化学、学際化学、機能物質合成化学(協力講座)、無機化合物機能学(協力講座)、生体分子構造学(協力講座)、高機能材料物性学(連携講座)、機能ペプチド学(連携講座)
    • 生物科学専攻
      • 前期課程の新入生は入学後、Aコース(生命理学)、Bコース(生物化学)に分かれる。各コースの入学定員は特に決められていない。両コースは授業選択の仕方で違いがあるが、研究室は4つのAコース専任研究室を除き、両コースを担当する。
      • 講座:分子細胞生物学、細胞生物学、適応生物学、相関生物学、生物物質学、蛋白質機能学(協力講座)、細胞情報制御学(協力講座)、細胞機能構造学(連携講座)、生命誌学(連携講座)、生物分子情報学(連携講座)
    • 高分子科学専攻
      • 講座:高分子合成・反応化学、高分子構造・物性・機能論、高分子凝集系科学、情報高分子科学(協力講座)
    • 宇宙地球科学専攻
      • 講座:宇宙惑星進化学、自然物質学、極限物質学
    • 国際化拠点整備事業(グローバル30)のコース
      • 国際物理特別コース
      • 統合理学特別コース
  • 医学系研究科
    • 医科学専攻(修士課程)
      • コース:医科学コース、公衆衛生学コース
    • 医学専攻(4年制博士課程)
      • がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン教育コース
        先端的がん薬物治療専門医・研究者養成コース、集学的放射線治療専門医・研究者養成コース、高度臨床医学物理士養成コース、全人的緩和医療専門医・研究者養成コース、がん治療先端外科コース、がん病理診断医・研究者養成コース、がん予防・疫学研究者養成コース
      • 講座:解剖学、生理学、神経科学、生化学・分子生物学、病理学、薬理学、医用工学、社会医学、感染症・免疫学、ゲノム生物学、健康スポーツ科学、内科学、情報統合医学、放射線統合医学、外科学、生体統御医学、器官制御外科学、脳神経感覚器外科学、情報機能医学(協力講座)、治療情報学(協力講座)、生体防御医学(協力講座)、健康増進医学(協力講座)、感染制御医学(協力講座)、発生・再生医学(連携講座)、病態制御基礎医学(連携講座)、免疫アレルギー医学(連携講座)、免疫・感染制御学(連携講座)、循環微小画像医学(連携講座)、細胞認識機構学(連携講座)、腫瘍感染免疫学(連携講座)、分子イメージング解析学(連携講座)、循環制御医学(連携講座)、腫瘍医学(連携講座)、医薬品医療機器評価学(連携講座)、エイズ先端医療学(連携講座)、感染症疫学(連携講座)、がん診療開発学(連携講座)
    • 保健学専攻
      • がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン教育コース
        • 前期課程のコース:がん看護高度実践看護師コース、先端医学物理コースI、先端医学物理コースII、細胞検査高度診断コース
        • 後期課程のコース:先駆的がん看護開発研究者養成コース、先駆的医学物理研究コース、先駆的病理細胞診研究者養成コース
      • 講座:看護実践開発科学、生命育成看護科学、総合ヘルスプロモーション科学、機能診断科学、医用物理工学、生体情報科学、分子イメージング学(連携講座)、血栓症診断学(連携講座)、先進医療・臨床試験科学(連携講座)、粒子線治療学(連携講座)、画像誘導放射線治療学(連携講座)、多職種チーム医療に基づくがん看護学(連携講座)
  • 歯学研究科
    • 口腔科学専攻(4年制博士課程)
      • 専攻分野:顎口腔病理病態学、薬物療法学、顎口腔腫瘍学、顎顔面口腔外科学、生体材料学、クラウンブリッジ補綴学、有床義歯補綴学・高齢者歯科学、高次脳口腔形態統合学、高次脳口腔機能統合学、歯科麻酔学、顎口腔機能治療学、分子病原口腔微生物学、歯科保存学、小児歯科学、分子細胞生化学、予防歯科学、歯周病分子病態学、顎顔面口腔発生生物学、顎顔面口腔矯正学、口腔顎顔面放射線学、先端生物学、顎口腔総合医療学、障害者歯科学、頭蓋発生遺伝学
      • 講座:顎口腔病因病態制御学、顎口腔機能再建学、高次脳口腔機能学、口腔分子感染制御学、口腔分子免疫制御学、口腔分化発育情報学、顎口腔病態検査治療学(協力講座)、療護歯科保健学(協力講座)、頭蓋顎顔面発生発育機構学(連携講座)、次世代口腔医療創薬開発科学(連携講座)
  • 薬学研究科
    • 創成薬学専攻
      • 前期課程のコース:化学系コース、生物系コース、環境系コース
      • 講座:医薬品創製化学、生命分子薬科学、環境衛生薬学、薬用資源学(協力講座)、細胞生物学(協力講座)、創薬科学(協力講座)、医薬基盤科学(連携講座)
    • 医療薬学専攻(4年制博士課程)
      • 講座:臨床薬物治療科学、生命医療薬物科学、医薬品情報科学、実践薬学(協力講座)、伝統医薬解析学(協力講座)、循環器病態学(連携講座)、環境病因病態学(連携講座)、薬事戦略講座(連携講座)、レギュラトリーサイエンス講座(連携講座)
    • 主な研究領域
      • 基幹分野:高分子化学、薬品製造化学、分子合成化学、分子反応解析学、生物有機化学、天然物化学、生体機能分子化学、分子生物学、細胞生理学、神経薬理学、薬剤学、臨床薬効解析学、生命情報解析学、医療薬学、毒性学、衛生・微生物学、情報・計量薬学、応用環境生物学、先進医薬学
      • 協力・連携分野:細胞生物学、生体分子科学分野、遺伝子機能解析学、創薬ナノデザイン学、伝統医薬解析学、環境病因病態学、遺伝子細胞医薬学、核酸医薬学、バイオ医薬学、機能性製薬学、化学物質等安全性評価学、食品安全学、薬食衛生微生物学、医療機器安全学、医薬品医療機器評価学、バイオ創薬学、幹細胞制御学、臨床免疫学、ワクチン材料学、アジュバンド学、霊長類医科学、薬用植物資源学、創薬標的探索学、抗体医薬設計学、核酸医薬設計学、核輸送動力学、創薬情報科学、分子生理病態学、先進医療技術開発推進学、病態代謝学、生体医工学
  • 工学研究科
    • 生命先端工学専攻
      • コース:物質生命工学コース、生物工学コース
      • 講座:物質生命工学、生物工学、生体分子機能科学(協力講座)、応用微生物学(協力講座)、分子微生物学(協力講座)
    • 応用化学専攻
      • コース:分子創成化学コース、物質機能化学コース
      • 講座:分子創成化学、物質機能化学、分子素子化学(協力講座)、励起反応化学(協力講座)、環境化学(協力講座)、量子分子工学(協力講座)、複合材料工学(協力講座)
    • 精密科学・応用物理学専攻
      • コース:精密科学コース、応用物理学コース
      • 講座:精密科学、応用物理学、量子デバイス工学(協力講座)、レーザーテラヘルツ(協力講座)
    • 知能・機能創成工学専攻
      • 講座:先導的融合工学
    • 機械工学専攻
      • 講座:複合メカニクス、マイクロ機械科学、知能機械学、統合デザイン工学、熱・量子加工プロセス学(協力講座)、複合化機構学(協力講座)
    • マテリアル生産科学専攻
      • コース:マテリアル科学コース、生産科学コース
      • 講座:材料物性学、材料エネルギー理工学、構造機能制御学、材料機能化プロセス工学、生産プロセス、構造化デザイン、システムインテグレーション、材料機能物性研究(協力講座)、金属材料プロセス研究(協力講座)、物質極微プロセス研究(協力講座)、機能性診断学(協力講座)、エネルギー変換機構学(協力講座)、溶接・接合機能設計(協力講座)、プラズマ工学(協力講座)、接合デザイン(協力講座)、生産・加工プロセス解析(協力講座)、プラズマ物性(協力講座)、エネルギー形態制御(協力講座)
    • 電気電子情報工学専攻
      • コース:システム・制御・電力工学コース、先進電磁エネルギー工学コース、情報通信工学コース、量子電子デバイス工学コース、総合コース
      • 講座:システム・制御工学、先進電磁エネルギー工学、通信ネットワーク工学、通信システム工学、光電波工学、創製エレクトロニクス材料、エレクトロニクスデバイス、集積エレクトロニクス、レーザーエネルギー学(協力講座)、知能システム工学(協力講座)、光・電子材料科学(協力講座)、極限科学・量子科学(協力講座)
    • 環境・エネルギー工学専攻
      • 講座:量子エネルギー工学、共生エネルギーシステム学、環境資源・材料学、環境システム学、共生環境デザイン学、放射線物性工学(協力講座)、量子ビーム材料プロセス(協力講座)、レーザー応用工学(協力講座)
    • 地球総合工学専攻
      • コース:船舶海洋工学コース、社会基盤工学コース、建築工学コース
      • 講座:船舶工学、海洋システム工学、社会基盤工学、社会システム学、建築構造学、建築・都市デザイン学、数理解析学(協力講座)、信頼性設計学(協力講座)
    • ビジネスエンジニアリング専攻
      • 講座:テクノロジーデザイン、技術知マネジメント
  • 基礎工学研究科
    • 物質創成専攻
      • 領域・講座:物性物理工学領域(電子相関物理講座、ナノ量子物理講座、量子物性科学講座)、機能物質化学領域(合成化学講座、機能化学講座、太陽エネルギー化学講座)、化学工学領域(反応化学工学講座、環境・エネルギーシステム講座、生物プロセス工学講座、太陽エネルギー化学講座)、未来物質領域(新物質創製講座、微小物質ダイナミクス講座、極限量子科学講座、量子物性科学講座)
    • 機能創成専攻
      • 領域・講座:非線形力学領域(熱流体力学講座、材料構造工学講座)、機能デザイン領域(推進工学講座、制御生産情報講座)、生体工学領域(生体機械科学講座、生物工学講座、生体計測学講座)
    • システム創成専攻
      • 領域・講座:電子光科学領域(固体電子工学講座、量子機能エレクトロニクス講座、光エレクトロニクス講座、先端エレクトロニクス講座)、システム科学領域(システム理論講座、知能システム構成論講座)、数理科学領域(数理モデル講座、統計数理講座)、社会システム数理領域(数理計量ファイナンス講座、システム数理講座)
  • 言語文化研究科
    • 言語文化専攻
      • 履修分野:履修分野Ⅰ、履修分野Ⅱ、履修分野Ⅲ
      • 講座:言語文化比較交流論、言語文化システム論、現代超域文化論、言語コミュニケーション論、言語文化教育論、言語情報科学、言語認知科学
    • 言語社会専攻
      • 前期課程のコース:アジア・アフリカ言語文化コース、ヨーロッパ・アメリカ言語文化コース、中国語教員リカレント・コース、英語教員リカレント・コース
      • 講座:アジアⅠ、アジアⅡ、アジアⅢ、アジア・アフリカ、ヨーロッパⅠ、ヨーロッパⅡ、ヨーロッパ・アメリカⅠ、ヨーロッパ・アメリカⅡ
    • 日本語・日本文化専攻
      • 前期課程のコース:日本語・日本文化実践コース、日本語・日本文化専修コース
      • 講座:日本語・日本文化
  • 国際公共政策研究科
2010Happy Mail