このキーワード
友達に教える
URLをコピー

大阪市高速電気軌道四つ橋線とは?

【基本情報】

【国】
日本
【所在地】
大阪府大阪市
【種類】
地下鉄
【路線網】
Osaka Metro
【起点】
西梅田駅
【終点】
住之江公園駅
【駅数】
11駅
【路線記号】
Y
【路線番号】
3号線
路線色
縹色(青、ビクトリアブルー)
【開業】
1942年5月10日
【最終延伸】
1972年11月9日
【所有者】
大阪市高速電気軌道(軌道経営者)
【運営者】
大阪市高速電気軌道
車両基地
緑木検車場
【使用車両】
車両の節を参照
【路線諸元】

【路線距離】
11.4 km
営業キロ
11.8 km
軌間
1,435 mm(標準軌)
【線路数】
複線
電化方式
直流750 V 第三軌条方式
閉塞方式
自動閉塞式
保安装置
WS-ATC
最高速度
70 km/h
【路線図】



停車場・施設・接続路線
凡例

距離の上段は実キロ、下段は営業キロ


 |  |  | 
 |  | 阪急:宝塚本線
 |  |  | 
 |  |  御堂筋線
 |  |  |  |  | 
 |  | JR西:東海道本線(JR京都線)
 |  |  |  |  | 
 |  | ←JR西:山陽新幹線
 |  |  |  | 
 | 
 |  | JR東海:東海道新幹線
 |  | 
 | 
 |  | 

 |  | 新大阪駅
 |  |  | 
 |  | 
 |  | 西中島南方駅 / 南方駅
 |  |  |  | 
 | 
 |  | ←阪急:神戸本線 / 京都本線
 | 
 |  |  |  | 
 |  | 十三駅
 |  |  |  |  | 
 |  | 淀川
 | 
 |  |  |  | 
 |  | 中津駅(阪急)
 | 
 |  | 
 | 
 | 
 |  | 梅田貨物線
 |  |  |  |  | 
 |  | 中津駅(地下鉄)
 |  |  |  |  | 
 |  | 
 |  |  |  |  | 
 |  | 北梅田駅 (仮称)
 |  |  |  |  | 
 |  | 梅田信号場
 |  |  | 
 | 
 | 
 |  | 阪急 梅田駅
 |  | 
 | 
 |  | 
 |  | 大阪駅
←JR西:東海道本線
(JR神戸宝塚線)

 |  |  | 
 |  | 
 |  | ↙JR西:大阪環状線
 |  | 
 | 
 |  | 梅田駅 M16
 | 
 | 
 | 

 |  | 阪神:本線(梅田駅)
 |  |  | 

 |  | 東梅田駅 T20
 |  |  | 
 | 
0.0
0.0
 | Y11 西梅田駅
 |  |  | 
 |  |  谷町線
 | 
 |  | 
 |  | 北新地駅 JR西:JR東西線
 |  |  | 
 |  | 堂島川
 |  |  | 
 |  | 京阪:中之島線
 |  |  |  |  | 
 |  | 渡辺橋駅 / 大江橋駅
 |  |  |  |  | 
 |  | 土佐堀川
 | 
 |  |  |  | 
 | 
1.3
0.9
 | Y12 肥後橋駅
 |  |  | 
 |  | 淀屋橋駅 京阪:京阪本線
 |  | 
 | 
 | 
1.9
2.2
 | Y13 本町駅 M18, C16
 | 
 | 
 |  |  | 
 |  |  中央線
 |  |  | 
 |  | 連絡線
 |  | 
 | 
 |  | 心斎橋駅 N15, M19
 | 
 |  | 
 |  |  長堀鶴見緑地線
 |  |  | 
 | 
2.9
3.2
 | Y14 四ツ橋駅
 |  |  | 
 |  | 道頓堀川
 | 
 |  | 
 |  |  千日前線
 | 
 | 
 | 
 | 
3.7
4.1
 | Y15 難波駅 M20, S16
 |  |  | 
 |  | ←阪神:阪神なんば線
 | 
 |  | 
 |  | 大阪難波駅 近鉄:難波線
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 |  | 左:JR難波駅、右:難波駅(南海)
 |  |  |  |  | 
 |  | 南海本線高野線
 |  |  |  |  | 
 |  | JR西:関西本線(大和路線)
 |  |  |  |  | 
 | 
4.9
5.3
 | Y16 大国町駅 M21
 |  |  |  |  | 
 |  | 
 |  |  |  |  | 
 |  | 今宮駅
JR西:大阪環状線
関西本線(大和路線)

 | 
 |  |  御堂筋線
 | 
 | 
6.2
6.6
 | Y17 花園町駅
 | 
 | 
7.3
7.7
 | Y18 岸里駅
 | 
 | 
8.6
9.0
 | Y19 玉出駅
 | 
 | 
9.7
10.1
 | Y20 北加賀屋駅
 |  |  |  |  | 
 |  | 緑木検車場
 | 
 | 
11.4
11.8
 | Y21 住之江公園駅 P18
 | 
 |  |  南港ポートタウン線

四つ橋線(よつばしせん)は、大阪府大阪市北区西梅田駅から同市住之江区住之江公園駅までを結ぶ大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro) の路線。正式名称は高速電気軌道第3号線と称し、『鉄道要覧』では3号線(四つ橋線)と記載されている。駅番号を表す際に用いられる路線記号は「Y」。

路線愛称の由来は、四つ橋筋の地下を走ることから。ラインカラーは、大阪市の大動脈である御堂筋線に対して静脈の意味や、また同線より海沿いを走っているため、縹色(はなだいろ、、ビクトリアブルー )となっている。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 路線データ
  • 2 運行形態
  • 3 車両
    • 3.1 過去の車両
  • 4 歴史
  • 5 延伸計画
    • 5.1 西梅田・十三連絡線
    • 5.2 堺市方面
  • 6 利用状況
  • 7 駅一覧
  • 8 輸送実績
  • 9 駅別乗車人員
  • 10 脚注
  • 11 参考文献
  • 12 関連項目
  • 13 外部リンク

概要

大阪市中心部では四つ橋筋の地下を南北に走る。住之江公園駅で南港ポートタウン線(ニュートラム)に連絡している。当初は大国町駅を結節点とする御堂筋線の支線的性格を持っていたが、1965年に西梅田駅 - 大国町駅間が開通して以降は同線のバイパスとしての使命を持つようになった。四つ橋線の西梅田駅 - 大国町駅間は御堂筋線梅田駅 - 大国町駅間よりも距離・所要時間が短いが、御堂筋線の各駅間の中心部から西に300 - 400m離れていることや、御堂筋線と比べて他の路線との乗り換えに距離を要する駅が多いこと(特に四つ橋線西梅田駅と阪急電鉄梅田駅との乗り換えには15 - 20分程度の時間を要する)を反映してか乗客の流れは今でも大国町駅で入れ替わることが多く、花園町駅以南から難波駅本町駅梅田駅(西梅田駅)への移動であっても大国町駅で四つ橋線から御堂筋線へと乗り換える乗客が多い。

自動放送設備に関しては、1995年より四つ橋線だけ接近メロディは方向に関係なく(他線における)下り線のものを、発車メロディは他線と上下線で逆のものを使用していた。これは同一ホーム内にある大国町駅での御堂筋線との誤乗防止を目的としたものである。2012年5月に自動放送が一新され、他線と同じ旋律が使用されるようになり、列車到着後には中央線や堺筋線同様、日本語での案内の後に英語による案内放送が流れるようになった。ただし、接近メロディは他線と同一のものだが、発車メロディは自動放送が一新された後も他線と上下線で逆のものを使用している。接近メロディは途切れることなく、なんば駅の西梅田方面行きが2回しか鳴らない以外は、3回鳴る。なお大国町駅だけは他駅とは異なり、下り2番のりばが「男性アナウンサー・上り接近メロディ・他線の上り発車メロディ」、上り3番のりばが「女性アナウンサー・下り接近メロディ・他線の下り発車メロディ」の組み合わせである。

当線の線名は四橋線と、「つ」が平仮名表記であるが、当線にある同音の駅名は四橋駅と、片仮名表記する。これは路線名が通過する街路の名前(四つ橋筋)に由来するのに対し、駅名は地名を採用したという経緯である。

四つ橋線は歴史的経緯(後述)により、距離を示すキロポストが2つに分かれている(矢印の方向にキロ数が増える)。

路線データ

運賃計算には、西梅田駅 - 大国町駅間のキロ数が御堂筋線梅田駅 - 大国町駅間と同じになるよう調整された営業キロに対応する区数を用いる。

運行形態

ほとんどの列車が西梅田駅 - 住之江公園駅間の運転であり、朝ラッシュ時は2 - 3分間隔、日中は6 - 7.5分間隔、夕方は3 - 4分間隔、夜間5 - 10分間隔、早朝・深夜は約10分間隔となっている。なお、朝と夕方(土曜・休日は夕方のみ)のラッシュ時には、車両基地の緑木検車場につながっている北加賀屋駅を始発・終着とする北加賀屋駅 - 西梅田駅間の列車も運転される。このほか、住之江競艇ナイター開催の日(日曜を除く)には、21時台に1本臨時列車が増発される。

基本的には住之江公園駅でニュートラムとの接続が考慮されている。

2013年(平成25年)3月23日に、堺筋線をのぞく大阪市営地下鉄全線でダイヤ改正を行い、四つ橋線ではそれまで終電後車庫まで回送運転していた列車を活用し、上り列車の終電は20分、下り列車の終電は10分(住之江公園行き)・26分(北加賀屋行き)、それぞれ遅らせた。また、利用実態に合わせて、平日10時 - 12時台の5分間隔を6分間隔へ、土曜・休日10時 - 15時台の5 - 6分間隔を7 - 7.5分間隔へ、それぞれ変更した。

2016年以降、Osaka Metro(大阪市営地下鉄)の第三軌条路線の車両の定期検査は全て緑木検車場で実施しているため、御堂筋線・谷町線・中央線・千日前線の車両が回送で四つ橋線を走行することがある。

車両

過去の車両

歴史

20世紀初頭における大阪市の大動脈であった大阪市電南北線は、地下鉄の登場によってその座を御堂筋線に譲った。四つ橋線の難波駅以北の区間はこの南北線を継承する。また、大阪市電難波木津線を継承する難波駅 - 大国町駅間の線形が御堂筋線より直線的で、上述の通り大国町駅以北の所要時間は四つ橋線に分がある。

2010Happy Mail