このキーワード
友達に教える
URLをコピー

大阪証券取引所とは?

(大阪証券取引所から転送)
種類
株式会社
【略称】
OSE
【本社所在地】
日本
541-0041
大阪府大阪市中央区北浜一丁目8番16号
北緯34度41分29秒 東経135度30分26秒 / 北緯34.691404度 東経135.507219度 / 34.691404; 135.507219
【設立】
2012年9月25日
業種
その他金融業
法人番号
4120001173102
金融機関コード
0904
【事業内容】
市場デリバティブ取引に必要な取引所金融商品市場の開設を目的とし、取引の管理に関する業務、取引参加者の管理に関する業務、その他新商品・新制度の導入・調査研究等を行う。
【代表者】
代表取締役社長 山道 裕己
【資本金】
47億23百万円(2018年1月1日現在)
【主要株主】
株式会社日本取引所グループ
【外部リンク】
日本取引所グループ,会社概要(大阪取引所)
特記事項:株式会社東京証券取引所グループとの経営統合により、1949年4月1日設立の旧・株式会社大阪証券取引所は株式会社日本取引所グループとなり、市場部門は現法人(現・株式会社大阪取引所)に承継された。

株式会社大阪取引所(おおさかとりひきじょ、英語: Osaka Exchange, Inc.、略称:OSE)は、株式会社日本取引所グループの子会社で、市場デリバティブ取引を扱う金融商品取引所である。

本ページでは大阪証券取引所等、#記載対象の法人と商号に記した法人・時代について主に記載するほか、大阪証券取引所ビルについても記載する。

記載対象の法人と期間

本ページでは、主に以下に記した法人・時代について記載する。

商号としては、大阪証券取引所の時代
商号としては、新大証設立準備株式会社、大阪証券取引所、または大阪取引所の時代

概説

大阪堂島米会所
大阪取引所前の五代友厚銅像

蔵屋敷があった江戸時代大坂の米穀取引所を起源に、五代友厚らが発起人となって設立された大阪株式取引所が前身である。なお、1730年(享保15年)に設立された堂島米会所で行われた帳簿上の差金の授受によって決済を行う「帳合米取引」が、世界で最初の公設の商品先物取引であると言われる。この伝統から、大阪株式取引所の草創期から帳合米取引をベースにした定期取引(および後の清算取引、現行法でいう先物取引(futures)の方法にあたる)が行われていた。

戦後は東京証券取引所(東証)とともに日本の株式市場の一翼をなしていた。ただし、大阪証券取引所(大証)の株式市場においては、株式の電子化が進んだ結果、東京証券取引所との重複上場銘柄の多くは東証での取引が中心となり、大証では出来高が少なかったり、一日の取引が成立しないこともあった。一方、任天堂京セラなど、京都に本社を置く企業の中には大証での出来高が東証での出来高を上回るものも存在した。

2011年以降の東証との経営統合により、日本取引所グループ(東証・大証の経営統合後に設立された持株会社)での市場デリバティブ専門取引所に位置付けられることとなった。それに伴い、旧大証の現物市場は東証に移管された一方、東証が持っていたデリバティブ市場の移管を受けた。最終的に2014年3月24日に現社名に改名している。

大阪株式取引所創立株主人員

大阪株式取引所設立出資者の上位は下記の6名である。

【株数】
【出資額】
【氏名】
【属籍】
出自・備考など
150 | 1万5000円 | 五代友厚 | 薩摩藩士 | 参与・大阪府判事
150 | 1万5000円 | 鴻池善右衛門 | 鴻池財閥 | 鴻池家第11代当主
150 | 1万5000円 | 三井元之助 | 三井財閥 | 京都三井伊皿子家第7代当主
150 | 1万5000円 | 平瀬亀之助 | 大阪千種屋 | 第三十二国立銀行創立者
150 | 1万5000円 | 住友吉左衛門 | 住友財閥 | 住友家第15代当主
150 | 1万5000円 | 笠野熊吉 | 薩摩藩士 | 広業商会総裁

先物取引の大証

大阪は旧大証時代から指数先物・オプション市場において重要な地位にあった。具体的には、日経225先物等、株価指数先物の日本における取引シェアは約60%を占め、同オプション取引においてはほぼ100%を占めていた。また、デリバティブ取引の売買高ランキング(2008年)では大証は世界15位であり、26位の東京金融取引所や33位の東京証券取引所などを抜いて日本では最も上位にあった。

上場投資信託(ETF)の上場にも意欲的で、日本で初めて株式以外の商品を対象にした金ETFを、2007年8月10日に上場し、同年10月23日には、上海証券取引所に上場している主要50銘柄の株価で算出する上証50指数に連動する海外株価指数連動型ETFを上場した。海外の株価指数に連動するETFの日本国内上場はこの例が最初であった。

新興市場の創設とJASDAQ統合

2000年に新興企業向け株式市場であるナスダック・ジャパン市場を創設したのを皮切りに、各取引所が新興市場を創設。店頭市場(JASDAQ)とナスダック・ジャパン市場が2003年3月末の統合に向けた協議に入る。

システム障害や災害等の対応策として、2008年3月31日に兵庫県中部にデリバティブ取引の売買システムのバックアップ施設を設置した。また、現物株の売買システムについては、ジャスダック証券取引所と提携し、どちらかのシステムが稼働不能になった場合、相手方のシステムで取引を執行させる体制を引いた。 一方、ジャスダック証券取引所の大株主である日本証券業協会は、証券取引所の再編の一環として、経営体力の低下したジャスダック証券取引所を、売買システムのバックアップ体制で提携関係にある大証と経営統合させることを検討した。

その後、大証はジャスダック証券取引所に対して2008年11月19日から12月17日までの間に株式公開買い付けを行い、発行済み株式の76.1%を取得、連結子会社とした。2010年4月1日には大証を存続会社としジャスダック証券取引所を吸収合併、そして同年10月、旧JASDAQ・NEO・ヘラクレスの3市場を統合し、新JASDAQが発足した。

デリバティブへの取組み

2006年7月18日に、日経225先物取引を10分1に小口化した日経225miniの取引を開始した。

2007年9月18日に、株価指数先物・オプション取引の夜間取引であるイブニング・セッション(16時30分から19時までの取引時間)を開始した。(その後も段階的に時間延長を行い、2011年に「ナイト・セッション」に名称を変更。2016年7月以降は翌朝午前5時30分まで延長)

2009年7月21日には、国内の証券取引所としては初となる、外国為替証拠金取引(FX)を扱う市場「大証FX」を開設した。これは、国内初の原則オークション方式による外国為替取引である (東京金融取引所のくりっく365は、マーケットメイカー方式。なお、大証FXは現在取引休止)。

2010年3月16日、大証は2011年1月〜3月中に行うデリバティブの新売買システム導入に伴い、日経平均先物などのデリバティブ取引の午前立会いと午後立会いの間に設けていた、午前11時〜午後0時半の間の昼休みを廃止、日中取引は午前9時から午後3時10分までの「一場制」とすることを発表した。ただし、現物株取引に関しては従来どおり昼休みを設けていた。

日本取引所グループ発足、大阪取引所へ

2013年1月1日、株式会社東京証券取引所グループと株式会社大阪証券取引所が合併し、日本取引所グループが発足。

2013年7月12日を以て現物市場を東京証券取引所に統合。同年7月16日からはデリバティブ(金融派生商品)に特化。デリバティブ取引に係る清算機関を日本証券クリアリング機構(JSCC)に一本化。

2014年3月24日、東証の国債先物取引やTOPIX先物取引などのデリバティブ市場を吸収し、商号を「株式会社大阪取引所」に変更した。

東証との経営統合については、東京証券取引所グループ#大証との経営統合を参照のこと。

取扱い商品の拡大

2020年7月を「目処」とし、東京商品取引所の貴金属市場(金現物は除く)、ゴム市場及び農産物・砂糖市場(休止中の粗糖は除く)の各商品が大阪取引所へ移管される予定。

立会時間

デリバティブ

かつては前場の株式取引時間が東京証券取引所より10分早い午前8時50分から始まっていたが、その後午前9時00分に改められている。

デリバティブ取引は、2011年2月14日に導入された新売買システム(J-GATE)によって前場と後場の区別がなくなり、09:00 - 15:10 の連続取引となった。さらに、2011年7月19日より夕場(イブニング・セッション)が延長され、翌3:00までとなり、ナイト・セッションとなった。

2016年7月19日のデリバティブ売買システム「J-GATE」のリプレース時に、株価指数先物の日中立会の開始時刻を8時45分へ繰り上げるとともに、デリバティブのナイト・セッションの終了時刻を5時30分まで延長した。

現物(現在は廃止)

システム

かつて取引システムのプログラム改修や開発は、大阪府吹田市佐井寺4丁目1(大阪証券業協会が所有する大阪証券業協会総合運動場(証券グラウンド)内)に位置する取引所電算センターの中で日夜行われていた。

取引システムには、2006年よりAIXを使った日立製作所のオープンシステムが使われていたが、先物取引システムについては、2011年2月14日にNASDAQ OMXのパッケージソフトを使ったシステム「J-GATE」に更改された。

2016年7月19日にデリバティブ売買システム「J-GATE」がリプレースされた。

沿革

大阪株式取引所

大阪株式取引所

詳細は「大阪株式取引所」を参照

証券会員制法人 大阪証券取引所

株式会社 大阪証券取引所(初代)

株式会社 大阪証券取引所(2代)

株式会社 大阪取引所

旧上場会社

上場銘柄の数

2013年7月12日時点の上場会社数は以下の通り。

【分類】
銘柄数
市場第一部 | 502
市場第二部 | 190
JASDAQ スタンダード | 858
JASDAQ グロース | 49
外国株券 | 1
外国投資証券 | 1
内国投資証券(ベンチャーファンド) | 2
上場投資信託受益証券 | 19
出資証券 | 1

最終単独上場会社

以下は2013年7月12日の大阪証券取引所現物市場最終日時点での上場企業である。これらはそのまま2013年7月16日の東京証券取引所への現物市場取引統合後も、そのままのカテゴリーで配置転換上場されている。

()内は証券コード

市場第一部

市場第二部

出典:wikipedia
2020/04/03 10:05

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「大阪証券取引所」の意味を投稿しよう
「大阪証券取引所」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

大阪証券取引所スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「大阪証券取引所」のスレッドを作成する
大阪証券取引所の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail