このキーワード
友達に教える
URLをコピー

太田昭宏とは?

日本政治家
太田 昭宏
おおた あきひろ

2013年9月5日、第8回APEC交通大臣会合時

【生年月日】
(1945-10-06) 1945年10月6日(73歳)
【出生地】
日本 愛知県新城市
【出身校】
京都大学大学院工学研究科土木工学専攻
【前職】
公明新聞記者
【所属政党】
(公明党→)
(公明新党→)
(新進党→)
(新党平和→)
公明党
【称号】
工学修士
【公式サイト】
公明党議長 衆議院議員 太田あきひろ|東京12区総支部長
第18・19代 国土交通大臣

【内閣】
第2次安倍内閣
第2次安倍改造内閣
第3次安倍内閣
【在任期間】
2012年12月26日 - 2015年10月7日
第2代 公明党代表

【在任期間】
2006年9月30日 - 2009年9月8日
衆議院議員

【選挙区】
(旧東京9区→)
(比例東京ブロック→)
東京12区
【当選回数】
8回
【在任期間】
1993年7月19日-2009年7月21日
2012年12月19日 - 現職

太田 昭宏(おおた あきひろ、1945年10月6日 - )は、日本政治家公明党所属の衆議院議員(8期)、公明党全国議員団会議議長。北区ボディビル・フィットネス連盟最高顧問。

新進党副幹事長、公明党幹事長代行、公明党国会対策委員長公明党代表(第2代)、国土交通大臣(第1819代)、水循環政策担当大臣(第12代)などを歴任した。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 生い立ち
    • 1.2 衆議院議員
    • 1.3 公明党代表
    • 1.4 落選・党代表辞任
    • 1.5 国政復帰・国土交通大臣
  • 2 人物
    • 2.1 発言
  • 3 不祥事
    • 3.1 燃料費過大請求
  • 4 政策
  • 5 著書
  • 6 脚注
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

経歴

生い立ち

愛知県新城市に生まれ、生後間もなく豊橋市へ転居する。

愛知県立時習館高等学校京都大学工学部土木工学科卒業。京大在学中は相撲部に所属した。

京都大学大学院工学研究科修士課程を修了した後、1971年4月に公明党機関紙局に就職し、公明新聞で国会担当記者を務める。

1982年創価学会青年部長に就任。公明党の「プリンス」とよばれる。

衆議院議員

1990年第39回衆議院議員総選挙に公明党公認で旧東京8区から出馬するも、落選。

1993年第40回衆議院議員総選挙では旧東京9区に国替えして出馬し、初当選した。同年8月、当時の公明党委員長石田幸四郎の下で党副書記長、政策審議副会長に就任。早くから「公明党のプリンス」と目された。

1994年、公明党解党により公明新党を経て新進党結党に参加する。新進党では副幹事長に就任した。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された第41回衆議院議員総選挙では比例東京ブロック単独で出馬し、再選。

1998年、新進党解党により、旧公明党系議員が結成した新党平和に参加した後、新党平和・黎明クラブ・公明の合併による公明党再結成に伴い、党幹事長代行に就任。

2000年第42回衆議院議員総選挙では比例東京ブロック単独で出馬し、3選。

公明党代表

2003年第43回衆議院議員総選挙では比例単独から東京12区に国替えし、初めて小選挙区で当選。この選挙では自由民主党保守新党の推薦を受けた(保守新党は選挙後自民党へ合流)。

2005年第44回衆議院議員総選挙では、郵政民営化法案の採決で反対票を投じた八代英太(自民党の公認が得られず無所属で出馬)らを破り、5選。

2006年神崎武法の退任に伴う公明党代表選挙に立候補し、太田以外に立候補者がいなかったため無投票で党代表に選出された。

落選・党代表辞任

2009年第45回衆議院議員総選挙で従来通り重複立候補を辞退し東京12区のみに立候補したが、民主党青木愛に僅差で敗れ現職の与党党首でありながら落選した。公明党で党首が落選するのは立党以来初めてであった。総選挙後、9月3日の党常任役員会で党代表辞任を表明し、了承された。なお、同じく落選した党幹事長の北側一雄も併せて辞任した。

同年9月8日の公明党全国代表者会議において、太田の辞任と山口那津男の新代表就任が正式に決まる。これに併せて党規約が改正され、太田は新設ポストである全国代表者会議議長に就任、執行部に残留した。

同年12月6日2010年7月の第22回参議院議員通常選挙における比例区候補として公明党から公認された。しかし、2010年2月2日には一転、公明党は太田の公認を取り消し、党ホームページの参院選立候補予定者欄から太田の名前を削除した。太田の参議院への出馬に対し、創価学会婦人部など学会内部から否定的な意見が多かったことが遠因といわれる。

国政復帰・国土交通大臣

2013年9月5日、第8回APEC交通大臣会合時(前列中央)

この公認取り消しの混乱で政治生命の衰えも一部で指摘されたが、その後も党議長として党内序列2位を維持し、参院選や地方選挙の候補者応援などの政治活動を継続。

2011年11月17日、公明党中央幹事会は太田を第46回衆議院議員総選挙の東京12区候補予定者に決定。なお、太田の出馬は議員在任中に66歳を超えないとする党の内規に抵触するが、党は太田を例外扱いとすることを認めた。

2012年12月16日に行われた総選挙の結果、太田は民主党から日本未来の党に移籍した青木を破り当選、国政に復帰した。

12月26日第2次安倍内閣において国土交通大臣として初入閣。

2013年5月26日、ミャンマー訪問中の内閣総理大臣安倍晋三の代理として大相撲夏場所総理大臣杯を白鵬に授与した。

2014年5月20日、国土交通大臣と兼務して初代水循環政策担当大臣に就任。9月3日に発足した第2次安倍改造内閣でも同職に再任された。

同年9月21日、公明党全国代表者会議の廃止に伴い、衆参両院議員団と全国地方議員団会議で構成する公明党全国議員団会議の初代議長に就任した。

同年12月14日に執行された第47回衆議院議員総選挙で7期目の当選を果たし、12月24日に発足した第3次安倍内閣では国土交通大臣及び水循環政策担当大臣に再任される。

2015年10月7日第3次安倍第1次改造内閣発足に伴い、党政務調査会長の石井啓一に後を託し、大臣職を退任した。

2017年第48回衆議院議員総選挙で8選。

人物

発言

不祥事

燃料費過大請求

政策

著書

脚注

  1. ^ 平成24年(2012年)12月19日東京都選挙管理委員会告示第168号(衆議院(小選挙区選出)議員選挙における東京都各選挙区の当選人)
  2. ^ 朝日新聞デジタル:2009総選挙《党首がゆく:公明党・太田昭宏代表》重ねた辛抱 問い直す原点(asahi.com)
  3. ^ FACTA online:太田公明党代表に囁かれる「不人気短命説」
  4. ^ NIKKEI NET(日経ネット):太田公明代表が辞任表明、後任8日に選出 北側幹事長も辞任(2009年9月3日)
  5. ^ 公明党ホームページ:第1次公認 9氏を発表(2009年12月6日)
  6. ^ 産経新聞:公明、太田前代表衆院選へ(2010年2月2日、2010年3月2日閲覧)
  7. ^ 日本経済新聞:公明の太田前代表返り咲き「日本再建の先頭に」(2012年12月16日)
  8. ^ 朝日新聞デジタル:新設「水循環担当相」に太田国交相 水資源政策を調整
  9. ^ 公明新聞:中央幹事会を議決機関に
  10. ^ 朝日新聞デジタル:太田・公明代表「菅氏、小泉氏、坂口氏、みんな悪い」(2007年6月16日)
  11. ^ 週刊ポスト:2007年8月30日号
  12. ^ 聖教新聞:2007年8月10日 「寸鉄」
  13. ^ 時事通信:元公明党委員長、創価学会を提訴 「言論活動を妨害」 東京地裁(2008年5月12日配信)
  14. ^ 週刊文春:2008年5月28日号
  15. ^ 朝日新聞東京本社:北林慎也・野村雅俊「公明・太田氏が不適正請求 05年総選挙ガソリン代 伊藤元金融相らも」(朝日新聞43730号 31面、2008年1月13日)
  16. ^ 公明党 衆議院議員 太田あきひろ Web Site:衆院選における選挙用燃料費について(2008年1月14日)
  17. ^ 毎日新聞:2014衆院選 東京12区 太田昭宏(2014年12月)
  18. ^ 朝日新聞:2014年衆院選 朝日・東大谷口研究室共同調査(2014年)

関連項目

外部リンク

公職
先代:
羽田雄一郎 |  国土交通大臣
第18・19代:2012年 - 2015年 | 次代:
石井啓一
党職
先代:
(新設) | 公明党全国議員団会議議長
初代:2014年 - | 次代:
(現職)
先代:
(新設) | 公明党全国代表者会議議長
初代:2009年 - 2014年 | 次代:
(廃止)
先代:
神崎武法 | 公明党代表
第2代:2006年 - 2009年 | 次代:
山口那津男
公明党
支持母体:創価学会
歴代代表 | 
公明党委員長 | 
原島宏治 - 辻武寿 - 竹入義勝 - 矢野絢也 - 石田幸四郎

公明代表 | 
藤井富雄 - 浜四津敏子

公明党代表 | 
神崎武法 - 太田昭宏 - 山口那津男


閣僚経験者 | 
細川内閣 | 
郵政大臣:神崎武法 - 労働大臣:坂口力 - 総務庁長官:石田幸四郎 - 環境庁長官:広中和歌子

羽田内閣 | 
運輸大臣:二見伸明 - 郵政大臣:日笠勝之 - 建設大臣:森本晃司 - 総務庁長官:石田幸四郎 - 科学技術庁長官:近江巳記夫 - 環境庁長官:浜四津敏子

小渕内閣第2次改造内閣
第1次森内閣
第2次森内閣 | 
総務庁長官:続訓弘

第2次森改造内閣 (中央省庁再編前) | 
厚生大臣労働大臣:坂口力

第2次森改造内閣 (中央省庁再編後)
第1次小泉内閣
小泉再改造内閣
第2次小泉内閣 | 
厚生労働大臣:坂口力

第2次小泉改造内閣
第3次小泉内閣
第3次小泉改造内閣 | 
国土交通大臣:北側一雄

第1次安倍内閣
第1次安倍改造内閣
福田康夫内閣
 | 
国土交通大臣:冬柴鐵三

福田康夫改造内閣
麻生内閣 | 
環境大臣:斉藤鉄夫

第2次安倍内閣
第2次安倍改造内閣
第3次安倍内閣 | 
国土交通大臣:太田昭宏

第3次安倍第1次改造内閣
第3次安倍第2次改造内閣
第3次安倍第3次改造内閣
第4次安倍内閣
第4次安倍改造内閣 | 
国土交通大臣:石井啓一


関連人物 | 
戸田城聖 - 池田大作 - 公明党国会議員一覧

歴史 | 
大阪事件 - 言論出版妨害事件 - 日本共産党と創価学会との合意についての協定 - 自公連立 - 三党合意

政権構想 | 
中道革新連合政権構想 - 公民連合政権構想 - 社公連合政権構想 - 社公民路線 - 自公連立

結党時の理念 | 
王仏冥合 - 仏法民主主義 - 国立戒壇

関連項目 | 
公明新聞 - KOMEIブラウザ - ワン・ワン・ライス - 宗教政党 - 聖教新聞社 - 聖教新聞

カテゴリ | 
公明党 - 創価学会


創価学会
歴代会長・著名な幹部
名誉会長 | 
池田大作(1979.4.24-)

歴代会長 | 
三代会長 | 
牧口常三郎(初代:1930.11.18-1944.11.18) - 戸田城聖(2代:1951.5.3-1958.4.2) - 池田大作(3代:1960.5.3-1979.4.24)

その他 | 
北条浩(4代:1979.4.24-1981.7.18) - 秋谷栄之助(5代:1981.7.18-2006.11.9) - 原田稔(6代:2006.11.9-)

会長代行 | 
小泉隆(1958.4.2-1960.5.3)

総務 | 
池田大作(1958.6.30-1960.5.3)


歴代理事長(兼宗教法人代表役員) | 
戸田城聖 - 小泉隆 - 原島宏治 - 和泉覚 - 北条浩 - 森田一哉 - 青木亨 - 正木正明 - 長谷川重夫



前身・関連団体・埋葬施設・教育機関・関連企業
前身 | 
創価教育学会(同会の前身となる母体団体は大日本皇道立教会)

関連団体 | 
創価学会インタナショナル - 公明党 - 聖教新聞社 - 民主音楽協会 - 東京富士美術館 - 富士美術館 - 東洋哲学研究所 - 創価教育研究センター - 戸田記念国際平和研究所 - ボストン21世紀センター

埋葬施設 | 
墓地公園・墓苑 | 
戸田記念墓地公園 - 東北池田記念墓地公園 - みちのく池田記念墓地公園 - ひたち平和記念墓地公園 - 富士桜自然墓地公園 - 中部池田記念墓地公園 - 関西池田記念墓地公園 - 中国平和記念墓地公園 - 山光平和記念墓地公園 - 四国池田記念墓地公園 - 九州池田記念墓地公園 - 沖縄平和記念墓地公園 - はるな平和墓苑

納骨堂 | 
長期収蔵型 | 
東北十和田多宝納骨堂 - 富士桜多宝納骨堂 - 中部多宝納骨堂 - 関西白浜平和納骨堂 - 九州多宝納骨堂 - はるな平和納骨堂

永久収蔵型 | 
戸田常楽納骨堂 - 東北常楽納骨堂 - みちのく常楽納骨堂 - ひたち常楽納骨堂 - 富士桜常楽納骨堂 - 中部常楽納骨堂 - 北陸常楽納骨堂 - 関西常楽納骨堂 - 中国常楽納骨堂 - 山光常楽納骨堂 - 四国常楽納骨堂 - 福岡常楽納骨堂 - 九州常楽納骨堂 - 沖縄常楽納骨堂 - はるな常楽納骨堂



教育機関 | 
学校法人創価大学 | 
創価大学(創価大学の人物一覧 - 創価大学硬式野球部 - 創価大学ゴールデンベルリンガーズ) - 創価女子短期大学

学校法人創価学園 | 
創価中学校・高等学校 - 関西創価中学校・高等学校 - 東京創価小学校 - 関西創価小学校 - 札幌創価幼稚園

海外 | 
アメリカ創価大学 - インド創価池田女子大学 - 中国楼園創価友誼小学校 - 中国潮山創価友誼小学校 - ブラジル創価幼稚園 - 香港創価幼稚園 - マレーシア創価幼稚園 - シンガポール創価幼稚園


関連企業 | 
潮出版社 - 第三文明社 - シナノ企画 - 鳳書院 - 東西哲学書院 - 東弘 - 日本図書輸送 - 日栄(日本図書輸送) - 日光警備保障 - 信濃施設管理 - 創造社 - 栄光建設 - 富士白蓮社 - 金剛堂



組織体制
年齢別(基本組織) | 
多宝会 - 壮年部 - 婦人部 - 青年部(男子部 - 女子部 - 学生部 - 女子学生部 - 未来部 - 高等部 - 中等部 - 少年少女部)

人材育成・職業別グループ
太字:活動内容など
[ ]内:組織員の職業など | 
壮年部 | 
王城会(会場警備) - 輪廻会(最高幹部の参加する会合での会場設営) - 守る会(会館清掃) - 桂冠勇勝会 [男性理美容師]

婦人部 | 
香城会(会場整理および受付) - 白樺会 [女性看護師] - 華峯会 [理美容師、エステティシャン、ネイリストなど美容関係に従事する婦人部]

青年部 | 
男子部 | 
創価班(会場および駐車場整理、前身は「輸送班」) - 金城会(最高幹部警護) - 牙城会(会館警備) - サテライトグループ(衛星中継設営) - 水滸会(幹部男子部員育成) - 桂冠会 [男性理美容師]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/10/13 11:52

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「太田昭宏」の意味を投稿しよう
「太田昭宏」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

太田昭宏スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「太田昭宏」のスレッドを作成する
太田昭宏の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail