このキーワード
友達に教える
URLをコピー

奉重根とは?

【国際大会】

【代表チーム】
大韓民国
五輪
2008年
WBC
2006年2009年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


オリンピック
男子 野球
 | 2008 | 野球
【ポン・ジュングン】

【各種表記】

ハングル: 봉중근
漢字: 奉重根
【発音:】
ポンジュングン
英語表記: Bong Jung-Keun

奉 重根(ポン・ジュングン、韓国語:봉중근、1980年7月15日 - )は、大韓民国ソウル特別市出身の元プロ野球選手(投手)。左投げ左打ち。

経歴

アマチュア時代

信一高校の1年生の時からKBOのスカウトから目を付けられていた。投手ながら打者勝りの打撃力は韓国の高校野球歴史上1・2を争うほどで守備も一流の5ツールプレイヤー。投球も制球を武器にするスタイルでエースで4番タイプだった。実際は1番や3番を務める事が多かった。

1997年、2年生の5月には自身の活躍もあって、全国選手権に出場。選手権でもその実力は遺憾なく発揮され、投手としては最多勝を記録。打者としては最も多く打点を挙げ、打率も.668と脅威的な数字を残し、トーナメントMVPと満場一致で命名された。8月にはカナダで開催された、AAA世界野球選手権大会に韓国代表として出場。投球成績は大会通じて4本塁打を打たれるなど結果を残せなかったが、打者としては打率.500・4本塁打・14打点を記録し、外野手として大会ベストナインに選出された。

メジャー時代

高校卒業後、1998年にアマチュアFAとしてアトランタ・ブレーブスと契約。

3年間のマイナー暮らしを経て、2002年4月23日、谷間の先発メジャーリーグデビューを果たした。しかし、デビュー戦の相手があいにく当時全盛期だったカート・シリングで、結局6イニング5失点で敗戦投手になり、それきりで再びマイナーリーグに戻される。

2003年には、メジャーに昇格して主に中継ぎとして44試合に登板し、6勝を挙げた。2004年シンシナティ・レッズに移籍したものの、同年は3試合登板したのみで以後はマイナー暮らしが続く。

2005年8月3日リハビリ中に滞在していたフロリダ州モーテルで夫人暴行容疑で逮捕された。翌日、保釈金なしで釈放された。

2006年第1回WBC韓国代表に選ばれ、リリーフとして登板した全試合で無失点に抑え活躍した。さらにこの大会でチームがベスト4まで進出したため、特例で兵役を免除されている。シーズンでは一度もメジャー昇格のないまま、5月12日にレッズを解雇となった。

LGツインズ時代

その後韓国にいる父の病状のため、韓国プロ野球でのプレーを希望し、2006年一次ドラフトでの指名という形でLGツインズに入団。韓国プロ野球を経験せずに海外プロ野球に進出した選手に対する特例が適用され、2006年シーズンは二軍戦出場のみで一軍公式戦の試合に出場するのは2007年シーズンからとなった。

2007年シーズンは5月まで好投を見せたが、以後不振に陥った。シーズン途中に二軍落ちも経験するなどして6勝7敗、防御率5.32という物足りない成績でシーズンを終了。当初の期待とは程遠い内容だった。このため、シーズンオフの契約更改では入団当初3億5千万ウォンから1億ウォンが削減され、2億5000万ウォンになった。

2008年シーズンは、前年とは見違えるような好投を続け、クリス・オクスプリングとともに最下位に沈んだチームのエースとして孤軍奮闘した。防御率もチーム1の2.66を記録。そのおかげで翌年の年俸も3億6000万ウォンと回復した。

また同年には、チームで唯一北京オリンピック野球韓国代表にも選ばれている。北京オリンピックでは、初戦の対アメリカ合衆国戦と対チャイニーズタイペイ戦など予選ラウンドの行方を決めかねない重要な試合に先発を務めた。チームは勝利したが、両試合とも勝利投手にはなれなかった。

2009年第2回WBC韓国代表にも選ばれた。当初は先発、中継ぎ、抑えと全てに登板する予定だった。1回目の対日本戦で金廣鉉が滅多打ちにされ、対戦したいと思い志願登板した。対日本戦に3度先発を含む4試合に登板して2勝0敗。2勝は優勝チームである日本相手の先発勝利であり、決勝戦でも先発として登板した。決勝戦では、日本の粘り強い攻めで毎回走者を出すなど、4回超で限界投球数である100球近くをなげる苦戦を強いられながらも非自責の1失点に止め、大会防御率0.51の好投で先発投手として表彰選手に選ばれた。

2009年シーズンも、7位と前年同様下位に低迷したチームのエースとして孤軍奮闘した。前年まで共に先発ローテーションを支えたオクスプリングが退団した中で、チーム内で唯一計算できる投手として荷が重かった一年だった。そういう中で、チーム最多の11勝を挙げたが、前年よりチーム打線の向上が著しかったにもかかわらず、彼が登板するとなぜか打線が沈黙する傾向が見られ、好投の中で見殺しになる試合も多く、勝利の数が投球の内容にはるか及ばない一年になった。

2010年も手薄な投手陣においてチーム最多の10勝、3年連続2ケタ勝利をあげたもののチームは6位にとどまった。同年の広州アジア大会では韓国代表の主将となり、1試合のみの登板だったが精神的支柱として優勝に貢献した。

だが2011年はひじの故障でトミージョン手術を受け早々と戦線を離脱したため、わずか1勝に終わった。2012年はチーム事情で抑えを任され、韓国初セーブを含む26セーブを記録した。

第3回WBCの代表候補に選ばれたが、2012年末に肩の手術を受けリハビリに時間を要するため外された。2013年も前年同様抑えを任され、38セーブを記録した。2014年は2年連続30セーブを記録し、仁川アジア大会韓国代表にも選ばれ、韓国チームのアジア大会2連覇に貢献した。2015年シーズン途中まで抑えを任されたものの、2016年はその座を林廷宇に譲りセーブなしに終わった。

2017年以降は故障で一軍登板がなく、2018年9月19日、現役引退を表明した。同年9月28日、LGの本拠地・蚕室野球場で引退セレモニーが開かれた。

現役引退後

2019年より韓国のスポーツ専門テレビ局KBS Nスポーツの解説委員となった。

プレースタイル

投球スタイルは、球種の出どころが分かりづらい変則的なスリー・クォーターから、最速151km/hの直球とブレーキの効いた変化球を駆使する。直球中心の組み立てで変化球で緩急をつけつつ低目のコーナーを突き、タイミングを外し打たせて取る丁寧なピッチングが持ち味。主な球種は、ツーシームスライダーカーブチェンジアップなど。

牽制も得意であり、左投手独自の素早い牽制であるため、走者盗塁が仕掛けづらい。

人物

詳細情報

年度別投手成績




【球

団】























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

2002 | ATL | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | .000 | 27 | 6.0 | 8 | 0 | 2 | 0 | 0 | 4 | 0 | 0 | 5 | 5 | 7.50 | 1.67
2003 | 44 | 0 | 0 | 0 | 0 | 6 | 2 | 1 | 3 | .750 | 247 | 57.0 | 56 | 8 | 31 | 6 | 2 | 47 | 6 | 1 | 32 | 32 | 5.05 | 1.53
2004 | CIN | 3 | 3 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 0 | 0 | .500 | 75 | 15.1 | 17 | 3 | 10 | 0 | 0 | 11 | 1 | 0 | 13 | 8 | 4.70 | 1.76
2007 | LG | 24 | 22 | 0 | 0 | 0 | 6 | 7 | 0 | 0 | .462 | 498 | 111.2 | 121 | 6 | 53 | 0 | 7 | 56 | 11 | 0 | 71 | 66 | 5.32 | 1.56
2008 | 28 | 28 | 0 | 0 | 0 | 11 | 8 | 0 | 0 | .579 | 674 | 186.1 | 153 | 13 | 68 | 0 | 12 | 140 | 6 | 0 | 66 | 55 | 2.66 | 1.19
2009 | 26 | 26 | 0 | 0 | 0 | 11 | 12 | 0 | 0 | .478 | 75 | 16.1 | 160 | 13 | 57 | 0 | 14 | 127 | 7 | 0 | 70 | 63 | 3.29 | 1.26
2010 | 28 | 28 | 0 | 0 | 0 | 10 | 9 | 0 | 0 | .526 | 752 | 178.1 | 166 | 13 | 69 | 2 | 14 | 130 | 11 | 1 | 74 | 71 | 3.58 | 1.32
2011 | 4 | 3 | 0 | 0 | 0 | 1 | 2 | 0 | 0 | .333 | 75 | 16.1 | 13 | 1 | 9 | 0 | 5 | 7 | 0 | 0 | 5 | 5 | 4.96 | 1.35
2012 | 40 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 26 | 0 | .000 | 152 | 38 | 26 | 1 | 10 | 0 | 4 | 36 | 1 | 0 | 5 | 5 | 1.18 | 0.95
2013 | 55 | 0 | 0 | 0 | 0 | 8 | 1 | 38 | 0 | .889 | 241 | 61 | 44 | 2 | 27 | 3 | 3 | 54 | 3 | 0 | 10 | 9 | 1.33 | 1.16
2014 | 50 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 4 | 30 | 0 | .333 | 216 | 49.2 | 51 | 2 | 17 | 2 | 4 | 45 | 6 | 0 | 16 | 16 | 2.90 | 1.37
2015 | 47 | 2 | 0 | 0 | 0 | 5 | 2 | 15 | 0 | .714 | 223 | 49.1 | 60 | 10 | 23 | 4 | 6 | 39 | 3 | 0 | 28 | 27 | 4.93 | 1.68
2016 | 19 | 5 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 2 | 1.000 | 175 | 36.1 | 41 | 4 | 22 | 0 | 2 | 20 | 0 | 0 | 23 | 20 | 4.95 | 1.73
2017 | 一軍登板なし
2018
MLB:3年 48 | 4 | 0 | 0 | 0 | 7 | 4 | 1 | 3 | .636 | 349 | 78.1 | 81 | 11 | 43 | 6 | 2 | 62 | 7 | 1 | 50 | 45 | 5.17 | 1.58
KBO:12年 321 | 114 | 0 | 0 | 0 | 55 | 46 | 109 | 2 | .545 | 3818 | 899.1 | 835 | 65 | 355 | 11 | 71 | 654 | 48 | 1 | 372 | 341 | 3.41 | 1.32

脚注

  1. ^ 奉重根、夫人暴行容疑で逮捕 中央日報
  2. ^ https://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/03/18/2009031801036.html
  3. ^ Ichiro everything one fan imagined
  4. ^ WBC:韓日決戦、予告先発は奉重根と岩隈
  5. ^ 奉重根、WBC韓日戦で米国人審判に話した言葉は?

関連項目

外部リンク

2009 ワールド・ベースボール・クラシック 表彰選手
【MVP】

松坂大輔


【優秀選手】


野球韓国代表
野球韓国代表 - 2009 ワールド・ベースボール・クラシック 2 準優勝
【監督】

81 金寅植


【コーチ】
  • 80 金城漢(ヘッド)
  • 71 孫奕(コンディショニング)
  • 75 姜盛友(バッテリー)
  • 76 金敏浩(守備)
  • 77 柳仲逸(守備走塁)
  • 78 李順喆(打撃)
  • 79 楊相汶(投手)

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】


野球大韓民国代表 - 2008 北京五輪 1 金メダル
【監督】

74 金卿文


【コーチ】
  • 76 趙啓顯(投手)
  • 77 金光洙(走塁)
  • 88 金杞泰(打撃)

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】


野球韓国代表 - 2006 ワールド・ベースボール・クラシック
【監督】

81 金寅植


【コーチ】

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/09/30 21:52

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「奉重根」の意味を投稿しよう
「奉重根」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

奉重根スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「奉重根」のスレッドを作成する
奉重根の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail