このキーワード
友達に教える
URLをコピー

女真文字とは?

【類型:】
未解読文字 (表語文字表音文字の両方が認められる)
【言語:】
女真語
【発明者:】
完顔希尹熙宗
【時期:】
12世紀-15世紀
【親の文字体系:】
契丹文字(?)と漢字(?)
  • 女真文字

Unicode範囲: 割り当てなし
ISO 15924 コード: Jurc
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。
音素文字の歴史

青銅器時代中期 前19–15世紀


メロエ 前3世紀
カナダ先住民 1840年
注音 1913年

女真文字(じょしんもじ、女真文: 、発音: [dʒu ʃə bitxə])は、中国華北東北部(アルチュカ)を建てた女真族が使用した文字女真大字女真小字の2種類の文字があるとされる。

目次

  • 1 概要
  • 2 歴史
  • 3 女真文字に関する日本の記録
  • 4 近代における研究
  • 5 研究者
  • 6 脚注
  • 7 参考文献
  • 8 関連項目
  • 9 外部リンク

概要

現在残されている文字が、女真大字であるか女真小字であるかは今のところ判明していない。現時点では、大字とする説が有力である。また、小字は、(下記の『吾妻鏡』や銀簡に見られるような)大字の組み合わせ文字のことであろうとされる。それだけでなく、大字を基礎にして、音を表す部品を加えるなどの修正が行われている。

字形は、全体に正方形に収まる形をし、漢字と共通した部品が使われているなど、全体の構造が漢字に似ている。『女真訳語』に見られる文字の画数は10画未満で、隣国西夏西夏文字のような複雑さはない。明らかに漢字から借用されたと思われる文字と、契丹文字由来と思われる文字、由来不明の文字等が混淆しているように見える。また、表音文字表語文字が混在しており、表音表記も必ずしも一音節を表すとは限らず、音節文字としての法則は明らかではない。日本の国字とは相互に影響し合ってはいないと見られるが、「凩」に似た文字もある。書体には、楷書の他に草書も存在する。

文献資料として、代に編纂されたとされる華夷訳語のひとつ『女真訳語』があり、また女真文字を記した碑文や遺物も比較的(契丹文字よりは)多く存在する。

現存の12件の女真大字石刻のうち、11件は12世紀から13世紀の金代に集中しており、1件は明代に属するものである。

  1. 慶源郡女真大字碑(天眷元年または皇統元年7月26日(1138年9月2日または1141年8月29日))
  2. 海龍女真大字石刻(大定7年(1167年)3月)
  3. 大金得勝陀頌碑(大定25年7月28日(1185年8月29日))
  4. 昭勇大將軍同知雄州節度使墓碑(大定26年4月26日(1186年5月16日))
  5. 金上京女真大字勸學碑(世宗の治世)
  6. 蒙古九峰石壁女真大字石刻(明昌7年(1196年)6月)
  7. 奧屯良弼詩石刻(承安5年(1200年))
  8. 奧屯良弼餞飲碑(大安2年7月29日(1210年8月11日))
  9. 北青女真大字石刻(興定2年7月26日(1218年8月18日))
  10. 女真進士題名碑(正大元年6月15日(1224年7月3日))
  11. ヒリジャラ謀克孛菫女真大字石函(金代中晩期)
  12. 永寧寺記碑(永楽11年9月22日(1413年10月16日))…明代の石碑

歴史

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年4月)

14世紀に金王朝の歴史を編纂した正史の『金史』によれば、1119年(天輔3年)に金の太祖阿骨打の命令により、完顔希于(完顔希尹)や葉魯らが契丹文字や漢字を参考に女真大字を作成したとされる。女真小字の方は、1138年(天眷元年)に金の第3代皇帝熙宗が制定し、1145年(皇統5年)に公布したという。大字小字共に『金史』に具体的な文字の詳細は述べられていない。

金の公的な文字として西京に官立学校を建てて学ばせ、普及が図られた。『史記』『白氏策林』『論語』『孟子』『老子』などの女真文字を用いた翻訳もなされたらしいが、全て佚書となっており、内容は明らかではない。

1234年(天興3年)の金滅亡以降も、中国東北部の女真族の間ではしばらく使われていたらしく、1413年(永楽11年)に作成されたと思われる碑文(奴児干都司永寧寺碑)には、漢文チベット文字モンゴル文字に並んで女真文字も記されている。このことから、少なくとも代、15世紀初頭の段階ではまだ女真文字を使用できる人々が暮らしていたと考えられている。

女真族は後にモンゴル文字を参考にした満州文字を使用することとなるが、満州文字の使用された最も早い時期の碑文は1630年(崇禎三年)に作成されたものであり、少なくともこの時点までには既に女真文字は使用されなくなっていたと思われる。

女真文字に関する日本の記録

日本の『吾妻鏡』の中に、貞応3年2月29日(1224年3月20日)の記述として、女真の船が越後国寺泊(現在の新潟県長岡市寺泊)に漂着して、その際に乗船していた一行が持っていた銀簡に意味不明の4文字が記されていたことが書かれており、その文字が模写されている。江戸時代林羅山朝鮮通信使の文弘績にこの文字について尋ね、文弘績は「王国貴族」と読んだ、という逸話がある。

明治になって、書かれている文字が女真文字であることは判明したが、内容は不明のままであった。後の研究により、この文字は「国之誠」と読め、銀簡は金国の通行証に当たるものであることがわかっている。1976年に、当時のソ連沿海地方のシャイギン城址で、『吾妻鏡』に書かれた文字と同じ文字を記した銀簡が発掘され、『吾妻鏡』の記述が正しかったことが明らかになった。

近代における研究

一般にも手に入りやすい女真文字の研究資料としては、

がある。

研究者

脚注

  1. ^ 古典籍資料のなかの『外国語』 - 大阪府立中之島図書館
  2. ^ 信州発考古学最前線vol39~52 - vol.50-52 『女真の『パイザ』発見』、清瀬義三郎則府の論文に関する言及あり(『契丹女真新資料の言語学的寄与』『日本語学とアルタイ語学』明治書院, 1991年)

参考文献

関連項目

外部リンク


文字体系の一覧
ピクトグラム | 

表意文字 | 
  • ブリスシンボル

  • 表語文字 | 
  • ヒエログリフ
  • ヒエラティック
  • デモティック
  • アナトリア象形文字
  • 楔形文字
  • 漢字
  • 甲骨文字
  • 西夏文字
  • チュノム
  • カイダ文字
  • トンパ文字
  • マヤ文字
  • 琉球古字

  • 音節文字 | 
  • 線文字B
  • 仮名
  • 神代文字
  • 彝文字
  • 女書
  • ゴバ文字
  • ヴァイ文字
  • バムン文字
  • メンデ文字
  • クペレ文字
  • ロマ文字
  • チェロキー文字
  • ユグトゥン文字
  • アファカ文字
  • ウォレアイ文字

  • アブジャド | 
  • ウガリット文字
  • フェニキア文字
  • アラム文字
  • ヘブライ文字
  • サマリア文字
  • ティフィナグ文字
  • 南アラビア文字
  • シリア文字
  • アラビア文字
  • マンダ文字
  • パフラヴィー文字
  • ソグド文字
  • マニ文字
  • テングワール

  • アルファベット | 
  • ギリシア文字
  • 古イタリア文字
  • リュキア文字
  • リディア文字
  • カリア文字
  • ゴート文字
  • ラテン文字
  • コプト文字
  • キリル文字
  • グラゴル文字
  • ロヴァーシュ文字
  • ルーン文字
  • オガム文字
  • 古ペルム文字
  • グルジア文字
  • アルメニア文字
  • 古代ペルシア楔形文字
  • アヴェスター文字
  • ウイグル文字
  • モンゴル文字
  • トド文字
  • ガリック文字
  • 満州文字
  • シベ文字
  • ワギンダラー文字
  • 突厥文字
  • オスマニヤ文字
  • オル・チキ文字
  • バサ文字
  • ンコ文字
  • フレイザー文字
  • ソラング・ソンペング文字
  • ワラング・クシティ文字
  • デザレット文字
  • ショー文字
  • ムーン文字
  • 改良アラビア文字 (ウイグル語、中国におけるキルギス語など)
  • 注音符号

  • アブギダ | 
  • ゲエズ文字(エチオピア文字)
  • カナダ先住民文字
  • カローシュティー文字
  • ブラーフミー文字
  • 悉曇
  • デーヴァナーガリー
  • グルムキー文字
  • ランダー文字
  • グジャラーティー文字
  • カイティー文字
  • マハージャニー文字
  • チベット文字
  • レプチャ文字
  • パスパ文字
  • リンブ文字
  • ベンガル文字
  • マイティリー文字
  • シロティ・ナグリ文字
  • オリヤー文字
  • グランタ文字
  • タミル文字
  • テルグ文字
  • カンナダ文字
  • マラヤーラム文字
  • トゥル文字
  • シンハラ文字
  • ピュー文字
  • モン文字
  • ビルマ文字
  • シャン文字
  • カレン文字
  • アーホム文字
  • カムティー文字
  • チャクマ文字
  • ラーンナー文字
  • ノラー文字
  • クメール文字
  • タイ文字
  • ラーオ文字
  • タイ・ヴィエト文字 / 黒タイ文字
  • タイ・ナ文字
  • タイ・ロ文字
  • カヤー文字
  • チャム文字
  • ジャワ文字
  • バリ文字
  • スンダ文字
  • ブギス文字
  • ルジャン文字
  • バタク文字
  • バイバイン文字
  • ハヌノオ文字
  • ブーヒッド文字
  • タグバヌワ文字

  • 素性文字 | 
  • ハングル

  • 未解読文字 | 
  • 線文字A
  • インダス文字
  • 契丹文字
  • 女真文字
  • ロンゴロンゴ
  • 賈湖契刻文字
  • ヴィンチャ文字
  • 半坡陶符
  • ウルク古拙文字
  • 原エラム文字
  • エラム線文字
  • クレタ聖刻文字
  • ワディ・エル・ホル文字
  • ビブロス文字
  • キュプロ・ミノア文字
  • オルメカ文字
  • 地峡文字
  • サポテカ文字
  • ミシュテカ文字
  • 結縄

  • 文字の系図は原シナイ文字から派生した文字体系を参照

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/13 20:24

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「女真文字」の意味を投稿しよう
    「女真文字」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    女真文字スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「女真文字」のスレッドを作成する
    女真文字の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail