このキーワード
友達に教える
URLをコピー

孫六兼元とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年10月)

孫六兼元(まごろくかねもと)は、室町後期に美濃国武儀郡関郷(岐阜県関市)で活動した刀工である。兼元の名は室町時代から江戸時代を経て現代にまで続いているが、そのうち2代目を特に「孫六兼元」と呼ぶ。「関の孫六」の名でもよく知られる。尚、孫六は、兼元家の屋号である。後代兼元には「まこ六」などとかな文字で銘を切るものもある。古刀最上作にして最上大業物

目次

  • 1 概要
  • 2 作刀期間
  • 3 作刀の特徴
  • 4 大衆とともにある名工の代表者

概要

末関物を代表する刀工の一人である。和泉守兼定(2代目兼定)と共に名を知られる。美濃三阿弥派出身。2代目兼元が著名で、永正の頃に初代兼定のもとで修行し、その息子2代目兼定と兄弟の契りを結んだという伝説もある。戦国時代 に武田信玄豊臣秀吉黒田長政前田利政青木一重など多くの武将が佩刀し、実用性をもって知られる。特に青木一重所持の青木兼元は朝倉家の真柄直隆を討ち取った刀として、前田家伝来の二念仏兼元は、身体を斬られた人が念仏を二度唱えて死すなど斬れ味で著名である。2代目兼元(孫六兼元)以降、現代まで門跡が続く。

作刀期間

作刀期間は大永3年(1523年)2月から天文7年(1538年)2月までの年期作が認められる。

作刀の特徴

大衆とともにある名工の代表者

「孫六」という縁起の良い名から孫六酒・孫六煎餅・孫六温泉・映画・時代小説等々「孫六」に肖った名称は数多く、また日本の刃物(包丁・ナイフ)の代名詞としてドイツゾーリンゲンと二分するほど海外で知られている。

三島事件の際三島由紀夫の介錯に用いられた一振りは当時は関孫六であると言われたが、実際は元禄時代の刀という説もあり、これが事実ならば後代兼元の作である。三島はこれを軍刀拵え(日本陸軍の軍刀)にして所持していた。

【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/18 00:01

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「孫六兼元」の意味を投稿しよう
「孫六兼元」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

孫六兼元スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「孫六兼元」のスレッドを作成する
孫六兼元の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail