このキーワード
友達に教える
URLをコピー

安城市とは?

あんじょうし
安城市

上段:安城七夕まつり
下段:安城産業文化公園デンパーク

 | 
安城市旗 | 安城市章
1960年5月5日制定

【国】
日本
【地方】
中部地方東海地方
【都道府県】
愛知県
市町村コード
23212-2
法人番号
5000020232122
【面積】
86.05km

【総人口】
189,198[編集]
(推計人口、2020年5月1日)
人口密度
2,199人/km
【隣接自治体】
豊田市岡崎市西尾市刈谷市碧南市知立市高浜市
【市の木】
クロマツ
【市の花】
サルビア
【安城市役所】

【市長】
神谷学
【所在地】
446-8501
愛知県安城市桜町18-23
北緯34度57分31.4秒東経137度4分49.2秒座標: 北緯34度57分31.4秒 東経137度4分49.2秒

【外部リンク】
公式ウェブサイト

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村



ウィキプロジェクト
安祥城址
安城市のスカイライン。遠景は養老山地伊吹山
三河安城駅周辺のビル群と通過する東海道新幹線

安城市(あんじょうし)は、愛知県にある西三河地方に含まれる。人口は愛知県において春日井市に次いで7位である。

愛知県西三河地方に位置する自治体であり、愛知県では7番目の人口を有する。1906年(明治39年)に碧海郡安城村と周辺8村で町制を施行、1952年(昭和27年)に愛知県で13番目に市制を施行した。毎年夏には安城七夕まつりが開催される。

明治時代明治用水の開通により大規模な開墾が行われ、農業の先進的な取り組みが行われたことから、1920年代から1930年代にかけて、農業先進国のデンマークになぞらえて「日本デンマーク」と呼ばれた。現在は、名古屋市豊田市の衛星都市であり、自動車工業を中心とする機械工業が盛んである。

市名の由来

地名は安祥→安静→安詳→安城(読みはいずれも「あんじょう」)と変わったという。存覚の『袖日記』によれば、1255年に朝円親鸞の肖像画を書き、「参河国安城照空房」が所蔵していた。これが「安静御影(安城御影)」と呼ばれることから、既に鎌倉時代初頭には安静(安城・安祥)と呼ばれていたことが分かる。

地名の由来は定かになっていないが、一説には京都の安祥寺荘園があったからと言われている。

地理

安城市中心部周辺の空中写真。
1987年撮影の6枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

名古屋市の南東約30kmに位置し、南北に14.7 km、東西に10.0kmの市域を有する。

岡崎平野の中央、矢作川の西岸に位置し、市域の大半を旧藤岡町から三河湾へと続く洪積台地がなだらかな傾斜を描いて縦断している。一方、市南東部は矢作川や矢作古川によって形成された沖積平野が広がっている。そのため、市内の最高標点が27.7m、最低標点が0.5mと高低差は極めて小さい。

河川は猿渡川高浜川、矢作川の水系から成る。市内には、一級河川が3、二級河川が9、準用河川が29河川ある。市の東には西鹿乗川が流れ、市南東部で鹿乗川と合流する。また、市の各所には明治時代に開削された明治用水の4本の幹線・支線が流れ、それぞれ刈谷市知立市西尾市などの近隣都市まで続く。市南西部の碧南市との市境には汽水湖油ヶ淵があり、長田川や稗田川、朝鮮川などが流れ込む。

市街地は安城駅を中心とする市北部に形成されており、それ以外の地域には集落が点在している。交通は、国道1号国道23号といった幹線道路が東西を横断し、東海道新幹線東海道本線名鉄名古屋本線という県内の東西を結ぶ鉄道路線も通る。

土地利用では、2017年の統計によると、面積86.01 kmのうち、田が31.48 kmと市全体の約40%弱を占め、畑は6.00 kmで約7%になり、市域の半分弱が田畑に利用されていることになる。しかし、近年は宅地の造成が進んでおり、田畑の減少に代わって宅地の土地利用が増えている。宅地面積は23.21 kmで27%を超えている。

本市は旧碧海郡の市(碧海5市)で唯一、他の旧碧海郡の市全てと境を接する。

地形

平野

河川

主な川

湖沼

主な湖

気候

1987年から2016年までの30年間での1年の平均気温は16.1℃で、最高気温は37.2℃、最低気温は-3.5℃程度を記録し、県内の他市に比べて、夏は暑く、冬は冷え込む内地性の気候である。また、年間平均降水量は1,346mmである。

1922年以降に市内で記録された最高気温は40.0℃(1995年8月5日)、最低気温は-10.5℃(1989年12月28日)で、1日あたりの最大降水量の記録は364.5mm(1971年8月30日)である。

町名

安城市の町名を参照。

人口

愛知県の人口上位自治体(1921年末)
【#】
【自治体】
【人口】
【#】
【自治体】
人口
1 | 名古屋市 | 633,274 | 11 | 渥美郡高師村 | 14,405
2 | 豊橋市 | 65,033 | 12 | 丹羽郡古知野町 | 13,965
3 | 岡崎市 | 41,684 | 13 | 渥美郡田原町 | 13,831
4 | 一宮市 | 30,558 | 14 | 海部郡津島町 | 13,772
5 | 東春日井郡瀬戸町 | 23,092 | 15 | 中島郡祖父江町 | 13,300
6 | 碧海郡安城町 | 19,607 | 16 | 西加茂郡挙母町 | 12,317
7 | 知多郡半田町 | 17,141 | 17 | 渥美郡福江町 | 12,256
8 | 幡豆郡西尾町 | 15,511 | 18 | 宝飯郡蒲郡町 | 12,120
9 | 知多郡亀崎町 | 15,170 | 19 | 東春日井郡小牧町 | 12,101
10 | 幡豆郡一色町 | 15,114 | 20 | 碧海郡矢作町 | 11,345
人口推移

緑色で示したものが、安城町及び安城市の人口
また、青色を加えたものが現在の市域の人口
括弧内の数字は合併前の安城町・市の人口
<参考 - #市域の変遷>

1920年 |  36,959 (18,520)
1925年 |  39,309 (21,033)
1930年 |  42,421 (22,965)
1935年 |  44,413 (24,206)
1940年 |  46,737 (26,355)
1945年 |  58,264 (33,344)
1950年 |  61,037 (35,188)
1955年 |  64,495 (52,820)
1960年 |  66,793 (56,787)
1965年 |  76,152 (66,088)
1970年 |  94,307
1975年 |  111,047
1980年 |  123,843
1985年 |  133,059
1990年 |  142,251
1995年 |  149,464
2000年 |  158,824
2005年 |  170,250
2010年 |  178,738
2015年 |  184,140
人口統計

安城市と全国の年齢別人口分布(2005年) | 安城市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 安城市
緑色 ― 日本全国
 | 
青色 ― 男性
赤色 ― 女性


安城市(に相当する地域)の人口の推移

総務省統計局 国勢調査より

隣接している自治体

愛知県

歴史

原始・古代

二子古墳

現在の市域に陸地ができたのは、東部の沖積平野完新世、中西部の台地は更新世最後に海面低下と台地の相対的な上昇が起きたことによる。古代の市域南部は、現在の油ヶ淵から桜井町付近まで深く海が入り込んでいた。このことは、堀内貝塚や東端貝塚の存在から確認することができる。また、矢作川矢作古川が本筋であり、今日の西尾市とは陸続きになっていた。

現在の市域で、初めて人の行動が確認できるのは晩期旧石器時代で、市内15か所の遺跡から30点の有舌尖頭器が出土しているが、定住地というよりは狩猟の場となっていたと考えられている。晩期縄文時代の遺跡では、堀内貝塚や東端貝塚が確認されている。

弥生時代中期中葉頃から、豊田市の川原遺跡や西尾市の岡島遺跡など、矢作川流域に大規模な集落が見られるようになる。市内で集中的に遺跡が確認されているのは市域東部の沖積平野で、全長2.5 km、幅0.75kmの鹿乗川流域遺跡群と呼ばれる弥生時代後期から古墳時代前期にかけての遺跡群がある。また古墳時代には、市南東部に二子古墳姫小川古墳などの大規模な古墳も建造され、それらを含めた19基の古墳が2.4kmの範囲に集中する桜井古墳群がある。

律令制が敷かれると、市域は三河国碧海郡となった。『和名類聚抄』には、碧海郡内には15、16のがあったと記述されているが、そのうち桜井郷(桜井町)、小河郷(小川町)、大岡郷(大岡町)が、現在も地名として残っているため市内と比定されている。このほか、和志取郷なども市内と推定されている。また、別郷廃寺・寺領廃寺といった古代寺院の跡地も確認できる。

中近世

安祥城址

11世紀には、寄進地系荘園の志貴荘や碧海荘が誕生した。志貴荘は藤原氏平氏などによって支配され、今日の安城市域のほとんどと碧南市高浜市域や岡崎市域の一部を領地としていた。一方、碧海荘は豊田市南部から岡崎市西部・南部にかけて支配下に置き、一部が安城市域にかかっていたとみられている。

13世紀後半の鎌倉時代には、浄土真宗が伝えられた。矢作川流域には、円善の嫡子や弟子による和田門徒と呼ばれる集団が形成され、各地に道場を創設した。戦国時代には、蓮如の布教により本願寺派に改宗する寺院が急増し、信徒を増やした。

室町時代中期の1440年には、安祥城畠山一族和田親平によって築城されたが、1471年に松平信光が攻め取り、三男・親忠を置いた。親忠と長親信忠の安祥松平家(徳川本家)3代に渡る経営により、加茂郡南部・額田郡・碧海郡・幡豆郡北部を支配権とする体制を確立した。安祥松平家時代の家臣は、安祥譜代と呼ばれ徳川最古参の家臣とされている。また、長親の子は福釜桜井藤井といった市域の村々を領した。この頃、松平親忠に臣従した玄海、大行日吉法印によって三河万歳が創作・伝承されている。1524年には清康は、安祥城から山中城そして岡崎城へ居城を移す。安祥城は、1540年に今川松平連合軍と織田氏との争奪戦(安祥合戦)が繰り広げられた結果、織田氏の手に落城し、織田氏の三河進出の前線根拠地となったが、1549年に再び今川・松平によって奪取されている。そして、織田氏と徳川氏の間で清洲同盟が結ばれた後の1562年に廃城となったとされる。

本證寺

1563年には、三河における浄土真宗3か寺のひとつだった本證寺三河一向一揆の拠点となり徳川家康と戦い、家康を苦しめた。

江戸時代には、主に市域の東部は岡崎藩領、西部に刈谷藩領となった。残りは、旗本御家人の知行地で、寺社領も一部あった。しかし、江戸時代を通して同じ領主に支配され続けた村はほとんどなく、領主の変動は激しかった。市域の村は東部の沖積平野に3分の2が集中し、台地上の村々は集落間の距離が長かった。また、1575年に今川家の家臣によって東海道と大浜街道の交点には大浜茶屋が設けられた。

碧海台地上には溜池が多く作られ、各地で新田開発が進んだ。1605年には矢作新川(現在の矢作川)の開削が行われて油ヶ淵が造成され、1666年に伏見屋新田が開発された。17世紀後半から18世紀にかけては綿作が発展した。

18世紀後半になると、寛政一揆の影響で、市域西部の8村が一部を除き刈谷藩から福島藩に領地替えされ、重原陣屋により支配された。18世紀末になると、東海道の人馬の往来が盛んになり、池鯉鮒宿岡崎宿助郷を担当している村々の負担が厳しくなった。

都築弥厚像

19世紀には、和泉村の豪農・都築弥厚によって、安城が原に矢作川から用水路を引いて土地を開墾する計画が立てられ幕府の許可を得て測量まで着手されたが、村々・領主の反対や都築の病死により頓挫した。同時期には、鹿乗川延長工事が竣工した。また、五箇野ヶ原の一部が検地されて石井新田が開発された。

近代

1869年の版籍奉還により、重原藩静岡藩が成立した。廃藩置県を経て1871年に額田県が成立し、市域の村々が初めて同じ支配下に入った。

明治時代に入ると、石井新田の岡本兵松が都築弥厚の計画を再び実現に向けて動き出した。一方で、阿弥陀堂村(現在の豊田市)の伊豫田與八郎が、現在の豊田市南部の低湿地の水害対策として矢作川から衣浦へ至る排水計画を練っていた。それぞれの計画は、愛知県の誕生した後の1875年に一本化。1878年1月には建設が着手され、4月に一部開通した。用水路は1881年に明治用水と命名された。明治用水は1885年までに280kmが開削され、それまで生産性の低かった碧海台地が大きく開墾されることとなった。

また、1889年には東海道本線岡崎駅刈谷駅の中間に位置した安城村内に安城駅が誘致され、駅前集落が形成された。安城駅は、近隣の箕輪村や榎前村などと道路で結ばれ、それまで結びつきの弱かった村とのつながりが生まれた。安城村長となる岡田菊次郎が誘致した結果、1901年には安城村に愛知県立農林学校(現・愛知県立安城農林高等学校)が開校。1906年には安城村と周辺8村を合併して町制が施行され、碧海郡で人口最大の都市となった。このことから、知立町から1910年に警察署、1914年に郡役所が移転し、郡の行政中心地としての機能を持つようになる。また、1923年に愛知電気鉄道(現・名鉄名古屋本線)が開通し、今村駅(現・新安城駅)が開業。1926年には、碧海電気鉄道(現・名鉄西尾線)が開通した。1934年、都市計画法が小都市にも適用されることとなり、安城町全域が適用範囲となった。

安城町には農林学校の他にも、多くの農業指導機関が移転・設置され、農業の多角化・共同化が実施されたことから、日本の農業先進地域として1920年代から1930年代にかけて「日本デンマーク」と呼ばれた。また、1910年頃より製糸工場が次々と建てられたことから、製糸業が発展したが、製糸業の衰退とともに工場も廃業していった。替わって1930年代に紡績業が隆盛したが、1940年代に紡績工場は軍需工場へと転換していった。

1943年には明治村(現在の市南西部)に海軍明治航空基地が設置された。また、矢作町(現在の岡崎市。一部は安城市に編入)から上郷村(現在の豊田市南部)にかけては岡崎航空基地が設置された。太平洋戦争中の1944年には東南海地震が、1945年には三河地震が発生し、桜井町や明治村では大きな被害を出した。また、戦争末期には岡崎と明治の航空基地の中間地点に安城が位置していたことから、たびたび銃撃や焼夷弾を落とされることはあったものの、被害はほとんどなく、大都市からの疎開児童数は安城町内で515人に達した。戦災を逃れて工場を移転する企業もあった。

現代

戦後は、戦災被害のなかった安城町には工場が移転してきたが、軍需工場の閉鎖などにより不況が訪れた。そこで安城町は復興のために、1951年に名古屋大学農学部、倉敷紡績を誘致した。名古屋大学は1966年に名古屋市に移転している。

1952年には人口が3万5千人に達し、市制を施行した。その後、「昭和の大合併」により、1955年に明治村依佐美村の一部を、1960年に岡崎市の一部を編入合併し、同年5月5日に市章を制定した。しかし、合併した村の赤字を引き継いだことや、合併した地域のインフラを安城市と同等にまで引き揚げようとした結果、1960年に地方財政再建促進特別措置法の適用を受け、財政再建団体となった。安城市は4ヶ年計画を提出したが、同年に施行された工場誘致条例による工場増加などで市民税固定資産税が大幅に増加し、1962年に計画より2年早く財政再建を果たした。1967年には桜井町を合併し、現在の市域が確定している。

工場誘致条例で多数の工場が誘致されたことにより、安城市は工業都市として発展していくこととなる。また、都市化の流れを受けて、農村人口が減少する一方で、都市人口が増加するようになった。農地も次々と潰され、市営住宅や市内企業の社宅などが建てられた。都市化は国道1号名鉄名古屋本線東海道本線が通る市北部で急速に進み、人口増加は「北高南低」だった。人口は増加の一途を辿り、1972年に10万人を突破した。

1969年の都市計画法の改正を受け、安城市でも安城駅周辺から今村(市北部)、二本木(市西部)に至る範囲を市街化区域とし、根崎、東端(市南西部)を工業用市街化区域とした。これを受けて、市は1971年に安城駅前の駅前改造事業を行い駅前を整備、1988年には市西部に東海道新幹線三河安城駅が開業した。市では、安城駅前を中心市街地とし、三河安城駅を広域拠点、新安城駅桜井駅周辺を地域拠点として土地区画整理事業を進めるなどの開発を進めている。

市域の変遷

郡 明治22年以前 明治22年10月1日 明治23年 - 明治45年 大正元年 - 大正15年 昭和元年 - 昭和64年 平成元年 - 現在
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/06/30 01:21

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「安城市」の意味を投稿しよう
「安城市」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

安城市スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「安城市」のスレッドを作成する
安城市の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail