このキーワード
友達に教える
URLをコピー

宋津宇とは?

この存命人物の記事には、出典が全くありません信頼できる情報源の提供に、ご協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります
出典検索: "宋津宇"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2020年7月)
 | 本来の表記は「宋津宇」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
宋 津宇 (ソン・ジヌ)
Song Jin-Woo
ハンファ・イーグルス 投手コーチ #21

2009年の宋津宇

【基本情報】

【国籍】
大韓民国
【出身地】
忠清北道曽坪郡
(出生当時は槐山郡曽坪邑)
【生年月日】
(1966-02-16) 1966年2月16日(54歳)
【身長
体重】
180 cm
75 kg
【選手情報】

【投球・打席】
左投左打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
1987年 1次ドラフト
【初出場】
1989年4月12日
【最終出場】
2009年9月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


コーチ歴


【国際大会】

【代表チーム】
大韓民国
五輪
2000年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


オリンピック
男子 野球
 | 2000 | 野球
【ソン・ジヌ】

【各種表記】

ハングル: 송진우
漢字: 宋津宇
【発音:】
ソンジヌ
ローマ字: Song Jin-Woo

宋 津宇(ソン・ジヌ、韓国語:송진우1966年2月16日 - )は、大韓民国忠清北道槐山郡曽坪邑(現在の曽坪郡)出身の元プロ野球選手(投手)。東国大学校卒業。2020年現在、韓国プロ野球唯一の200勝投手である。

経歴

1982年、高校2年生時に世光(セグァン)高校を黄金獅子旗全国高校野球大会で優勝に導き、翌83年には大統領杯で準優勝の経歴をもち、東国大学へ入学。大学でもチームを大統領杯に導いたが、一時期ひじの負傷で野球ができなかった。1987年ビングレ・イーグルスの指名を受けたが、1988年ソウルオリンピック参加のため、入団が1年見送られ、卒業後、実業団野球チームに進む。ソウル五輪代表でも活躍し、1989年、プロ野球のビングレ・イーグルスに入団した。

新人だった1989年には、デビュー戦となった4月12日のロッテ戦を完封勝利で飾ると、この年9勝10敗9セーブと活躍し投手陣の柱となった。キャリア序盤は主に抑えとして使われた。1990年には最優秀救援(27セーブポイント)、1992年には最多勝(19勝)、最優秀救援(25セーブポイント)のタイトルに輝き、ビングレの黄金時代を支えた。1991年には日韓プロ野球スーパーゲームにも出場し、甲子園球場で登板した際には、阪神のコーチから入団を勧誘されたほどだった。長良川球場で行われた第5戦では先発し、勝利投手になった。

投球スタイルは韓国プロ野球随一の技巧派として知られていた。左のスリークォーター気味のフォームから投じられるストレートは時速135km前後だが、スライダー、カーブなどの変化球がさえ、卓越した投球術で打者に凡打の山を築かせる。そのため奪三振率は高くないが、非常に安定した投球内容を続け、先発した試合のテンポも速い。

1994年にチーム名がビングレ・イーグルスからハンファ・イーグルスに変更された後も、右の鄭珉哲(チョン・ミンチョル)と共にチームのエースとして君臨し続けた。1997年、1998年はともに6勝どまりと不振だったが、1999年は15勝を記録しチームの韓国シリーズ優勝にも貢献した。2000年5月18日のヘテ・タイガース戦でノーヒットノーランを記録し、この年シドニー五輪にも韓国代表として出場して銅メダルを獲得。

2000年に設立された韓国プロ野球選手会の初代会長にも選ばれ、2005年までその職を務め、このとき「会長様」のニックネームがついた。2000年5月18日、ヘテ・タイガース戦で韓国プロ野球史上11人目のノーヒット・ノーランを記録した(これは2017年シーズン終了時点で韓国プロ野球で韓国人選手による最後のノーヒット・ノーランである)。30代中盤を過ぎてもその投球には衰えが見られず、2002年には18勝を記録して最多勝争い2位と活躍した。またこの年には宣銅烈の持つ韓国プロ野球個人通算勝利記録(146勝)を抜き、史上初の個人通算150勝も達成した。

2006年8月29日の起亜タイガース戦で、史上初の個人通算200勝を達成した。2007年5月には韓国プロ野球史上最年長登板、最年長セーブ記録(いずれも41歳3ヶ月)、9月には史上最年長勝利記録(41歳7ヶ月)を更新。これらの記録は彼が記録を重ねる度に更新されている。2008年シーズン、韓国プロ野球史上初めて実働20年を記録する選手になった。また、2008シーズン開幕時に満42歳を超えて、2007年のフェリックス・ホセの41歳11ヶ月を抜き、史上最年長現役選手となった。2009年まで韓国プロ野球現役最年長であり、1980年代入団選手の中で最後の生き残りでもあった。

2008年は先発ローテーションに復帰して個人通算2000奪三振を記録して、規定投球回数を満たすなど奮闘したが、成績は6勝止まり。プロ入り21年目、満43歳になる2009年も現役を続行し、開幕間もない4月9日に個人通算3000投球回を達成。だが力の衰えは隠しようもなく、その後すぐに2軍へ降格。チームが早くから最下位に転落してベテラン優遇から若返りに方針転換。夏場まで再び1軍へ昇格することのないまま、ベテラン組への戦力外通告が相次ぐ中で8月16日、2009年シーズン限りで現役引退を表明し、21年のプロ生活に幕を閉じることになった。そして背番号21は、ハンファでは3人目となる永久欠番となることが決まった。9月23日、ハンファの本拠地・大田で引退試合を行い、現役最後の試合で先発登板したが打者1人だけを相手にして降板し、その功績をたたえて球場のバックスクリーン横に背番号21のモニュメントも建てられた。

引退後は2010年3月から日本プロ野球・読売ジャイアンツの2軍で、同じ韓国出身の金玄旭とともにコーチ研修を受けた。2011年からは古巣・ハンファの2軍投手コーチに就任。2012年7月より1軍投手コーチに配置転換となった。2014年10月でハンファを退団し、野球解説者として活動する。2015年、WBSCプレミア12の韓国代表コーチに就任し優勝に貢献した。2017 ワールド・ベースボール・クラシックでも韓国代表の投手コーチを務めた。2017年10月、ハンファに投手コーチとして復帰することが発表された。

韓国プロ野球で個人通算最多勝利数以外にも、最多敗戦、投球回数、奪三振、四死球など数々の通算個人記録の持ち主である。

2009年にはプロ野球界の名選手たちによる「星球会」を設立しその会長に就任。慈善事業にも積極的に携わる。

息子の宋佑賢キウム・ヒーローズ所属のプロ野球選手。

詳細情報

宋の引退試合に掲げられたボード。左から「210勝・2048奪三振・3003投球回数」を表す

年度別投手成績





|




















|
ブ


|

ド



























W
H
I
P

1989 | ビングレ
ハンファ
 | 35 | 9 | 10 | 5 | 2 | 2.81 | 9 | 0 | 156.2 | 116 | 57 | 49 | 7 | 93 | 97 | 5.57 | 1.33
1990 | 50 | 11 | 7 | 0 | 0 | 1.82 | 27 | 0 | 128.1 | 80 | 29 | 26 | 2 | 54 | 103 | 7.22 | 1.04
1991 | 36 | 11 | 10 | 11 | 1 | 2.78 | 11 | 0 | 184.1 | 142 | 67 | 57 | 13 | 72 | 126 | 6.15 | 1.16
1992 | 48 | 19 | 8 | 4 | 1 | 3.25 | 17 | 0 | 191.1 | 157 | 79 | 69 | 17 | 101 | 130 | 6.12 | 1.35
1993 | 25 | 7 | 7 | 0 | 0 | 3.72 | 8 | 0 | 72.2 | 64 | 40 | 30 | 8 | 35 | 53 | 6.56 | 1.36
1994 | 33 | 9 | 10 | 3 | 0 | 3.92 | 10 | 0 | 133.0 | 119 | 90 | 76 | 10 | 64 | 90 | 6.09 | 1.38
1995 | 26 | 13 | 8 | 7 | 1 | 3.20 | 0 | 0 | 183.0 | 165 | 78 | 65 | 11 | 79 | 121 | 3.89 | 1.33
1996 | 31 | 15 | 9 | 5 | 0 | 3.25 | 0 | 0 | 213.0 | 185 | 80 | 77 | 18 | 94 | 160 | 6.76 | 1.31
1997 | 27 | 6 | 12 | 5 | 1 | 4.60 | 0 | 0 | 146.2 | 156 | 85 | 75 | 17 | 61 | 73 | 4.48 | 1.48
1998 | 24 | 6 | 10 | 1 | 0 | 4.79 | 0 | 0 | 114.1 | 125 | 66 | 61 | 19 | 46 | 72 | 5.65 | 1.50
1999 | 35 | 15 | 5 | 8 | 2 | 4.00 | 6 | 0 | 186.2 | 180 | 99 | 83 | 24 | 64 | 132 | 6.36 | 1.31
2000 | 28 | 13 | 2 | 2 | 1 | 3.40 | 4 | 1 | 135.0 | 121 | 60 | 51 | 19 | 61 | 105 | 7.00 | 1.35
2001 | 37 | 10 | 8 | 1 | 0 | 3.84 | 2 | 0 | 185.1 | 181 | 99 | 79 | 20 | 95 | 139 | 6.75 | 1.49
2002 | 31 | 18 | 7 | 8 | 1 | 2.99 | 0 | 0 | 220.0 | 199 | 82 | 73 | 16 | 65 | 165 | 6.75 | 1.20
2003 | 42 | 14 | 9 | 1 | 0 | 3.12 | 5 | 2 | 129.2 | 111 | 48 | 45 | 9 | 46 | 93 | 6.46 | 1.21
2004 | 28 | 11 | 8 | 1 | 0 | 3.61 | 1 | 0 | 172.0 | 162 | 73 | 69 | 19 | 51 | 100 | 5.23 | 1.24
2005 | 23 | 11 | 7 | 1 | 1 | 3.81 | 0 | 0 | 127.2 | 126 | 61 | 54 | 13 | 49 | 88 | 6.20 | 1.37
2006 | 26 | 8 | 8 | 0 | 0 | 3.60 | 0 | 0 | 147.1 | 147 | 64 | 59 | 10 | 56 | 94 | 5.74 | 1.38
2007 | 42 | 2 | 2 | 0 | 0 | 4.54 | 1 | 10 | 35.2 | 34 | 19 | 18 | 5 | 11 | 29 | 7.32 | 1.26
2008 | 31 | 6 | 8 | 1 | 0 | 4.48 | 0 | 2 | 132.2 | 141 | 72 | 66 | 13 | 68 | 73 | 4.95 | 1.58
2009 | 14 | 1 | 0 | 0 | 0 | 7.36 | 0 | 2 | 7.1 | 7 | 7 | 6 | 2 | 7 | 6 | 7.36 | 1.91
通算成績:21年 | 672 | 210 | 153 | 64 | 11 | 3.51 | 103 | 17 | 3003 | 2718 | 1341 | 1170 | 272 | 1272 | 2048 | 6.14 | 1.29

タイトル

永久欠番となっているハンファ・イーグルスの背番号21

表彰

関連項目

ハンファ・イーグルス 2020
【監督】

【コーチ】
  • 83 鄭慶培(首席兼打撃)
  • 77 鄭鉉錫(打撃補助)
  • 21 宋津宇(投手)
  • 84 金基南(バッテリー)
  • 87 秋承佑(作戦・走塁)
  • 86 金南亨(守備補助)
  • 75 朴正眞(ブルペン)

【二軍監督・コーチ】
  • 78 全商烈(監督)
  • 72 金ヘニム(投手)
  • 79 馬一英(ブルペン)
  • 88 李陽基(打撃)
  • 81 車一木(バッテリー)
  • 71 全炯道(作戦)
  • 80 高東鎮(走塁)
  • 73 蔡鍾國(守備)

【三軍コーチ】
  • 35 張鍾勲(総括)
  • 75 李熙槿(バッテリー)
  • 76 鄭珉台 (投手)
  • 74 白承龍(守備)
  • 70 金聲來(打撃)
  • 89 丘東宇(リハビリ)

【投手】
2010Happy Mail