このキーワード
友達に教える
URLをコピー

完全試合とは?

移動先: 案内検索
2009年7月23日シカゴ・ホワイトソックスマーク・バーリーメジャーリーグベースボール18人目の完全試合を達成した際、偉業を称えて喜ぶチームメイト達。後方、タンパベイ・レイズのベンチではレイズの選手達が肩を落としている

完全試合(かんぜんじあい、かんぜんしあい)とは、野球ソフトボールの試合における記録のひとつで、相手チームの打者を一度も出塁させずに勝利することである。パーフェクトゲーム(: perfect game)やパーフェクト(西: perfecto)とも呼ばれる。

少なくとも野球では9イニング27人、ソフトボールでは7イニング21人の打者を全て凡退させる必要がある。安打はもちろんのこと、四死球失策なども許されない。延長戦に突入した場合は、試合に勝つまで継続して走者を出さないことが達成条件となる。コールドゲームによる勝利や、完全を継続したまま引き分けた場合は公式の記録とは認められず、参考記録として扱われる。四死球や失策などで出塁を許しながらも無安打無失点に抑えた場合はノーヒットノーラン、安打で出塁を許しても一人も生還させなかった場合は完封となる。

本項目では、主に野球で達成された完全試合について述べる。

目次

  • 1 メジャーリーグベースボール
    • 1.1 その他
  • 2 日本野球
    • 2.1 プロ野球
      • 2.1.1 備考
      • 2.1.2 継投による記録
      • 2.1.3 参考
      • 2.1.4 二軍
    • 2.2 社会人野球
      • 2.2.1 都市対抗野球
      • 2.2.2 日本選手権
    • 2.3 大学野球
      • 2.3.1 全日本大学野球選手権
      • 2.3.2 東京六大学野球
      • 2.3.3 東都大学野球
        • 2.3.3.1 1部リーグ戦
        • 2.3.3.2 2部リーグ戦
        • 2.3.3.3 3部リーグ戦
      • 2.3.4 首都大学野球
      • 2.3.5 関西学生野球連盟
    • 2.4 高校野球
      • 2.4.1 選抜高等学校野球大会
      • 2.4.2 全国高等学校軟式野球選手権大会
    • 2.5 リトルリーグ
  • 3 キューバの野球
    • 3.1 セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル
  • 4 準完全試合
    • 4.1 日本プロ野球
    • 4.2 選抜高校野球
    • 4.3 全国高等学校野球選手権
    • 4.4 社会人野球日本選手権大会
  • 5 他競技での用法
  • 6 脚注
    • 6.1 注釈
    • 6.2 出典
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

メジャーリーグベースボール

メジャーリーグベースボール(MLB)は、完全試合を以下のように定義している。

An official perfect game occurs when a pitcher (or pitchers) retires each batter on the opposing team during the entire course of a game, which consists of at least nine innings. In a perfect game, no batter reaches any base during the course of the game.
訳:完全試合は、9イニング以上の試合を通して一人(あるいは複数)の投手が、相手チームの打者を凡退させ続けることで公式に認められる。完全試合においては、試合の開始から終了まで打者は一人も出塁できない。

この条件を満たした完全試合は19世紀に2度、20世紀に14度、21世紀に7度の計23度が記録されている。1876年に最初のメジャーリーグとしてナショナルリーグが創設されて以来137シーズンで23度ということは、単純計算では6年ほどに一度の割合ということになる。ただし1980年代に入ってからは、それ以前より達成頻度が上がっている。1922年にチャーリー・ロバートソンが達成してから30年以上完全試合が出なかった時期がある一方で、2009年から2012年にかけての4年間で6度も達成されたこともある。特に2012年には1年で3度の完全試合があり、これは史上最多である。完全試合数が達成されやすくなってきている原因としては、三振数が増加傾向にあるため打球がインプレイになりにくくなり、守備のミスによる出塁の機会が減っていることや、1961年以降のエクスパンションによって球団数が16から30まで増えたことで試合数も増加する一方、優れた実力を持つ選手が1球団に集中しにくくなったことなどが挙げられる。

上記の定義のとおり継投による完全試合も認められるが、これまでMLBで達成されたものはいずれも一人の投手によるものであり、継投によるものはない。達成者の顔ぶれを見ても、アメリカ野球殿堂入りした投手もいれば、通算勝利数が50に満たないうえに負け越してる投手もいて、彼らの実績は一定していない。2010年にはニュージャージー工科大学准教授のBruce Bukietが数理モデルを用いた分析をしており、その結果によれば通算311勝で殿堂入りのトム・シーバーは完全試合達成の可能性が史上7番目に高かったというが、シーバーも彼より上の6投手も実際には達成できていない。史上唯一となるポストシーズンでの完全試合を1956年のワールドシリーズ第5戦で成し遂げたドン・ラーセンも、殿堂入りはおろかオールスター選出経験すら一度もない投手である。また、同じ投手が複数回達成したこともない。審判員ではテッド・バレットが、完全試合での球審を2度(1999年のデビッド・コーンによるものと、2012年のマット・ケインによるもの)務めたことがある。

2010年に完全試合を成し遂げたダラス・ブレイデンは、自分の前に達成したマーク・バーリーから「これがしきたりかどうかは分からないんだけど、ようこそ(完全試合)クラブへ」と祝福の電話をもらったという。

【達成日】
【投手】
【所属】
【スコア】
【対戦相手】
【球場】

1880年06月12日 |  リー・リッチモンド | ウースター・ルビーレッグス | 1-0 | クリーブランド・ブルース | ウースター・アグリカルチュラル・フェアグラウンズ
1880年06月17日 |  モンテ・ウォード | プロビデンス・グレイズ | 5-0 | バッファロー・バイソンズ | メッサー・ストリート・グラウンズ
1904年05月05日 |  サイ・ヤング | ボストン・アメリカンズ | 3-0 | フィラデルフィア・アスレチックス | ハンティントン・アベニュー・グラウンズ
1908年10月02日 |  アディ・ジョス | クリーブランド・ナップス | 1-0 | シカゴ・ホワイトソックス | リーグ・パーク
1922年04月30日 |  チャーリー・ロバートソン | シカゴ・ホワイトソックス | 2-0 | デトロイト・タイガース | ネビン・フィールド
1956年10月08日 |  ドン・ラーセン | ニューヨーク・ヤンキース | 2-0 | ブルックリン・ドジャース | ヤンキー・スタジアム
1964年06月21日 |  ジム・バニング | フィラデルフィア・フィリーズ | 6-0 | ニューヨーク・メッツ | シェイ・スタジアム
1965年09月09日 |  サンディー・コーファックス | ロサンゼルス・ドジャース | 1-0 | シカゴ・カブス | ドジャー・スタジアム
1968年05月08日 |  キャットフィッシュ・ハンター | オークランド・アスレチックス | 4-0 | ミネソタ・ツインズ | オークランド=アラメダ・カウンティ・コロシアム
1981年05月15日 |  レン・バーカー | クリーブランド・インディアンス | 3-0 | トロント・ブルージェイズ | クリーブランド・スタジアム
1984年09月30日 |  マイク・ウィット | カリフォルニア・エンゼルス | 1-0 | テキサス・レンジャーズ | アーリントン・スタジアム
1988年09月16日 |  トム・ブラウニング | シンシナティ・レッズ | 3-0 | ロサンゼルス・ドジャース | リバーフロント・スタジアム
1991年07月28日 |  デニス・マルティネス | モントリオール・エクスポズ | 3-0 | ロサンゼルス・ドジャース | ドジャー・スタジアム
1994年07月28日 |  ケニー・ロジャース | テキサス・レンジャーズ | 4-0 | カリフォルニア・エンゼルス | ザ・ボールパーク・イン・アーリントン
1998年05月17日 |  デビッド・ウェルズ | ニューヨーク・ヤンキース | 4-0 | ミネソタ・ツインズ | ヤンキー・スタジアム
1999年07月18日 |  デビッド・コーン | ニューヨーク・ヤンキース | 6-0 | モントリオール・エクスポズ | ヤンキー・スタジアム
2004年05月18日 |  ランディ・ジョンソン | アリゾナ・ダイヤモンドバックス | 2-0 | アトランタ・ブレーブス | ターナー・フィールド
2009年07月23日 |  マーク・バーリー | シカゴ・ホワイトソックス | 5-0 | タンパベイ・レイズ | USセルラー・フィールド
2010年05月09日 |  ダラス・ブレイデン | オークランド・アスレチックス | 4-0 | タンパベイ・レイズ | オークランド=アラメダ・カウンティ・コロシアム
2010年05月29日 |  ロイ・ハラデイ | フィラデルフィア・フィリーズ | 1-0 | フロリダ・マーリンズ | サンライフ・スタジアム
2012年04月21日 |  フィリップ・ハンバー | シカゴ・ホワイトソックス | 4-0 | シアトル・マリナーズ | セーフコ・フィールド
2012年06月13日 |  マット・ケイン | サンフランシスコ・ジャイアンツ | 10-0 | ヒューストン・アストロズ | AT&Tパーク
2012年08月15日 |  フェリックス・ヘルナンデス | シアトル・マリナーズ | 1-0 | タンパベイ・レイズ | セーフコ・フィールド

その他

さまざまな理由で完全試合を逃した例がある。

一度は完全試合として認定されながら後に取り消された例
アーニー・ショア(右)とベーブ・ルース

以前は完全試合として認められていながら、条件を満たしていなかったとして後に認定取り消しになった事例が2つある。

  • 1917年6月23日のボストン・レッドソックスワシントン・セネターズとの試合で、レッドソックスの先発投手ベーブ・ルースがセネターズの先頭打者レイ・モーガン与四球で出塁させたあと、判定への不満から球審に抗議して退場処分となった。その後、2番手として登板したアーニー・ショアが、モーガンの盗塁死のあと試合終了まで26打者を全て凡退させた。これは当初はショアによる完全試合と認定されていたが、1991年にルースとショアの継投によるノーヒットノーランに訂正された。
  • 1959年5月26日のピッツバーグ・パイレーツミルウォーキー・ブレーブスとの試合で、パイレーツの先発投手ハービー・ハディックスはブレーブス打線を9回終了まで完全に抑えたものの、味方打線も無得点だったためそのまま延長戦に入った。ハディックスはその後も後続を完全に抑え続け、延長12回終了まで36打者を連続して凡退させたが、延長13回に先頭打者フェリックス・マンティーヤを三塁手 ドン・ホーク送球エラーで出塁させ、この回でサヨナラ負けを喫した。この試合は当初、最初の9イニングを完全に抑えたため完全試合と認定されていたが、完全試合の要件が変更された1991年に取り消された。
9回終了まで完全に抑えながら延長で完全試合を逃した例
【達成日】
【投手】
【所属】
【スコア】
【対戦相手】
【球場】
【備考】

1959年05月26日 |  ハービー・ハディックス | ピッツバーグ・パイレーツ | 0-1 | ミルウォーキー・ブレーブス | カウンティ・スタジアム | 詳細は上記
1995年06月03日 |  ペドロ・マルティネス | モントリオール・エクスポズ | 1-0 | サンディエゴ・パドレス | ジャック・マーフィー・スタジアム | 10回無死からビップ・ロバーツに初安打
9回2死まで完全に抑えながら完全試合を逃した例
【達成日】
【投手】
【所属】
【スコア】
【対戦相手】
【球場】
【備考】

1908年07月04日 |  フックス・ワイルズ | ニューヨーク・ジャイアンツ | 1-0 | フィラデルフィア・フィリーズ | 不明 | ジョージ・マッキランに初死球
ノーヒットノーランは達成(延長10回)
1932年08月05日 |  トミー・ブリッジス | デトロイト・タイガース | 13-0 | ワシントン・セネターズ | ネビン・フィールド | デーブ・ハリスに初安打
1958年06月27日 |  ビリー・ピアース | シカゴ・ホワイトソックス | 3-0 | ワシントン・セネターズ | コミスキー・パーク | エド・フィッツ・ジェラルドに初安打
1972年09月02日 |  ミルト・パパス | シカゴ・カブス | 8-0 | サンディエゴ・パドレス | リグレー・フィールド | ラリー・スタールに初四球
ノーヒットノーランは達成
1983年04月15日 |  ミルト・ウィルコックス | デトロイト・タイガース | 6-0 | シカゴ・ホワイトソックス | コミスキー・パーク | ジェリー・ヘアストン・シニアに初安打
1988年05月02日 |  ロン・ロビンソン | シンシナティ・レッズ | 3-2 | モントリオール・エクスポズ | リバーフロント・スタジアム | ウォレス・ジョンソンに初安打
後続にも打たれ降板
1989年08月04日 |  デーブ・スティーブ | トロント・ブルージェイズ | 2-1 | ニューヨーク・ヤンキース | スカイドーム | ロベルト・ケリーに初安打
後続にも打たれ完封も逃す
1990年04月20日 |  ブライアン・ホルマン | シアトル・マリナーズ | 6-1 | オークランド・アスレチックス | オークランド=アラメダ・
カウンティ・コロシアム
 | ケン・フェルプスに初本塁打
完封も逃す
2001年09月02日 |  マイク・ムッシーナ | ニューヨーク・ヤンキース | 1-0 | ボストン・レッドソックス | フェンウェイ・パーク | カール・エバレットに初安打
2010年06月02日 |  アーマンド・ガララーガ | デトロイト・タイガース | 3-0 | クリーブランド・インディアンス | コメリカ・パーク | ジェイソン・ドナルドに初安打
(安打の判定を下した一塁塁審が後に誤審を認める)
詳細は「アーマンド・ガララーガの幻の完全試合」を参照

2013年04月02日 |  ダルビッシュ有 | テキサス・レンジャーズ | 7-0 | ヒューストン・アストロズ | ミニッツメイド・パーク | マーウィン・ゴンザレスに初安打
直後に降板
2013年09月06日 |  ヤスメイロ・ペティット | サンフランシスコ・ジャイアンツ | 3-0 | アリゾナ・ダイヤモンドバックス | AT&Tパーク | エリック・チャベスに初安打
2015年06月20日 |  マックス・シャーザー | ワシントン・ナショナルズ | 6-0 | ピッツバーグ・パイレーツ | ナショナルズ・パーク | ホセ・タバタに初死球
ノーヒットノーランは達成

日本野球

プロ野球

日本プロ野球では、これまで15度記録されている。

チーム名・球場名は達成当時のもの。

【達成日】
【投手】
【所属】
【スコア】
【対戦相手】
【球場】
【備考】

1950年06月28日 | 藤本英雄 | 巨人 | 4-0 | 西日本 | 青森市営野球場 | NPB史上最年長記録(32歳1ヶ月)、かつ史上初
1955年06月19日 | 武智文雄 | 近鉄 | 1-0 | 大映 | 大阪球場 | 同年8月30日の大映戦でも9回1死までパーフェクトに抑えている。
1956年09月19日 | 宮地惟友 | 国鉄 | 6-0 | 広島 | 石川県営兼六園野球場 | 最小投球数(79球)
1957年08月21日 | 金田正一 | 国鉄 | 1-0 | 中日 | 中日球場 | 抗議と観客乱入で9回1死から43分間中断。NPBでの達成者では唯一の左腕投手。
1958年07月19日 | 西村貞朗 |  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/04/25 01:31

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「完全試合」の意味を投稿しよう
「完全試合」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

完全試合スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「完全試合」のスレッドを作成する
完全試合の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail